従業員満足度とは?従業員満足度を高めるメリットと方法

働き方改革
AWAY

目次

働き方の多様化や労働力の不足にともない、企業が重要視すべき指標のひとつとして「従業員満足度」が知られています。しかし、そもそも従業員満足度とは何か、また従業員満足度を高めるためには何をすべきなのか分からない方もいるのではないのでしょうか。

従業員満足度とは、従業員満足度を高める要素や具体的な取り組みを紹介します。

従業員満足度とは

従業員満足度とは「Employee Satisfaction」のことで、通称ESとも呼ばれています。従業員満足度とは、その名称のとおり、従業員の企業に対する満足度を示す指標のです。

従業員満足度は、給与や福利厚生などの待遇だけではなく、社内の人間環境や、従業員自身が感じている働きがいなどにも影響されます。

従業員満足度を高める取り組みは、従業員だけではなく、人材の確保をはじめとした企業の利益にもつながります。そのため、特に近年の少子高齢化、労働人口の減少を受けて、ますます注目が集まっているのです。

従業員満足度を高めるメリット

それでは、あらためて従業員満足度を高めることで企業が得られるメリットをみていきましょう。

業務効率の向上

ひとつ目は業務効率の向上です。従業員満足度は、従業員の働くモチベーションに直結するといわれています。

モチベーションが向上すれば、従業員ひとりひとりが業務に前向きに取り組み、目標達成や業務効率の向上につながりやすくなるでしょう。

また、自ら進んでアイデアを出したり、自主的に行動することにもつながるといわれています。

SPC(サービス・プロフィット・チェーン)の実現

従業員満足度が向上すると、提供するサービスや商品の品質が高くなり、結果として顧客満足度が向上することも期待できます。

働くモチベーションが高くなることで、企業への貢献意識が強まり、積極的にいいサービスや商品を提供しようと従業員ひとりひとりが意識しながら業務に取り組めるようになるためです。

従業員は「自社の魅力を知ってほしい」「もっとアピールする方法を考えたい」など、自主的に価値の高いサービスや商品を提供するようになるでしょう。

従業員満足度と似たような用語に、顧客満足度(CS)がありますが、従業員満足度が高まると、顧客満足度の向上にもつながります。顧客満足度が高まりリピーターが増えると、さらなる企業の成長や収益を生むのです。

この一連のサイクルはSPC(サービス・プロフィット・チェーン)とも呼ばれています。従業員満足度の向上は、SPCの実現につながるといえるでしょう。[※1]

採用・教育コストの削減

従業員満足度の高さは、採用や教育コストの削減に貢献します。その企業で働くことに満足しているため、人材の流出を防ぐことができるためです。

また、社員が生き生きと働いているような職場の雰囲気であれば「一緒に働いてみたい」と思う応募者も増加するでしょう。また応募者が増加することで、候補者の中から自社で必要としている優秀な人材を採用できる可能性が高まります。

さらに、従業員が安心して知り合いや友人に自社を紹介できるようになるため、紹介による採用(リファラル採用)なども増加する可能性があります。

一方、従業員満足度が低く従業員がすぐにやめてしまう場合には、採用や教育に大きなコストがかかります。従業員満足度を高めると、これらのコストを削減し、事業への投資に回すことができるようになります。

従業員満足度向上にむけた取り組み

それでは、従業員満足度を向上させるために、どのような取り組みをおこなえばよいのでしょうか。

現状を把握する

従業員満足度を高める要素にはさまざまなものがあります。従業員満足度を向上させようとするのであれば、まずは現在の満足度がどうなっているかを把握した上で、従業員がどのような点に満足し、どのような点に不満があるのかを分析しておきましょう。

その上で、たとえば多くの従業員が満足をしていない要素から優先的に改善をはかると効果的です。

給与や福利厚生を充実させる

従業員満足度を上げるために、もっとも手をつけやすいのは給与や福利厚生を充実させることかもしれません。給与や福利構成は、従業員やその家族の生活の質向上に直結するため、これらを充実させることで、企業への信頼感を向上させることにもつながりやすいといえます。

福利厚生の例として代表的なものは、住宅補助や子育て支援金などの金銭的なものです。これだけではなく、バースデー休暇や女性・男性社員ともに育児休暇を取得できるような仕組みづくりも重要です。

職場にカフェスペースを設けたり、スポーツジムを併設したりすることもオンとオフのメリハリがつくため、モチベーションアップにつながるでしょう。

良好な人間関係を築く

さらに、職場で良好な人間関係が築けるようにすることも大切です。ひとりが安心して働ける職場の雰囲気をつくりましょう。

良好な人間関係を築くために重要な要素がコミュニケーションです。コミュニケーションの機会を意識的に増やし、従業員間の信頼関係を構築するなど、一緒に働くチームとして周りの人のことを知れるとよいでしょう。特に、普段接する機会の少ない他部署や経営者とは、より積極的にコミュニケーションの機会をもつことが望ましいです。

また、スムーズなコミュニケーションを実現するためにはビジネスチャットなどのITツールの導入も役にたちます。

十分にコミュニケーションがとれており、信頼関係が構築できていれば、気軽な相談やアイデアの提案なども容易になるでしょう。

企業理念を浸透させる

また、従業員が一丸となって企業の発展・成長に取り組むことができれば、ひとりひとりが仕事に対してやりがいを感じることができます。企業のビジョンを浸透させ、同じ目標を共有することも従業員満足度を向上させる方法のひとつです。

反対に、経営陣の意図しているビジョンや戦略が伝わっていなければ、従業員は指示されたことをこなすだけの仕事しかできなくなる可能性があります。

ビジョンを共有して方向性を明示することで、自ら考え自主的に業務に取り組むことができるようになり、社内全体のチームワークも向上するでしょう。

さらに、自分の仕事が企業の業績や収益に関わっているという責任感につながり、仕事に取り組む意欲も向上します。

評価基準を明確にする

最後に、従業員が自らのことを「公平・公正にあつかわれている」と感じられることも、従業員満足度を高めるために重要な要素です。

人事評価の際は、評価基準を明確にし、業績や貢献度合いに応じて適切に評価できるようにしましょう。評価制度を整備し、評価をおこなう人によって左右されないようにすることで、従業員は自分の働きを正当に評価してもらっているという実感を得ることができるでしょう。

またなにをどれだけ頑張る必要があるのか、どのような行動が評価されるのかが従業員に伝わりやすくなるので、目標をもって働ける環境を提供することができます。

また、人事評価は一方的におこなうのではなく、フィードバックとセットでおこなうようにしましょう。なぜその評価にいたったのかを理由とともに社員ひとりひとりに伝えられると、より納得感を高められるからです。

従業員満足度を高め利益向上につなげよう

従業員満足度は、従業員ひとりひとりのやる気・意欲に直結するものであるばかりでなく、結果として企業全体の利益や成長を左右する重要な指標です。

従業員満足度を向上させるためには、まず第一歩として現状を把握し、改善できるところから改善をしていきましょう。

[※1]参考:サービス・プロフィット・チェーン(SPC) | ミチタリ by オリコン顧客満足度 https://cs.oricon.co.jp/michitari/article/112/

見えない危険度を簡単診断 組織の情報共有不足チェック!

見えない危険度を簡単診断 組織の情報共有不足チェック!

このお役立ち資料では組織の情報共有不足を診断し、実態に合った解決方法を知ることができます。

  • 情報共有不足チェック
  • 診断結果詳細
  • 情報共有がもたらす効果

などを解説します。自社の現状を認識し、改善するための材料として活用してください。

ダウンロード
Chatwork

Chatwork

Chatworkの中の人です。お役立ちコラムの編集者として、ワークスタイルの変化に伴うコミュニケーションと組織のあり方など発信していきます。

関連記事