Reception Terms

Chatwork 電話代行利用規約

第1条(用語の定義)

本利用規約における主な用語の定義は、主たる利用規約に定める他、次の各号に掲げるとおりとします。

  1. 「主たる利用規約」とは、本サービス全般に関する利用規約(https://go.chatwork.com/ja/terms/)をいいます。

  2. 「Chatwork 電話代行」とは、登録電話番号宛に入電者より電話があった際の一次対応を当社が行い、契約者の業務支援を提供する受電対応代行サービスをいいます。

  3. 「Chatwork 電話代行利用契約」とは、Chatwork 電話代行の利用に係る当社と契約者との間の契約をいいます。

  4. 「登録電話番号」とは、Chatwork 電話代行の対象として登録された、契約者保有に係る電話番号をいいます。

  5. 「オペレーター」とは、契約者に対してChatwork 電話代行の提供を行うための窓口及び業務遂行者となる者をいいます。

  6. 「入電者」とは、登録電話番号宛に入電する者をいいます。

  7. 「一次対応」とは、入電者より登録電話番号宛に電話があった際に、オペレーターが契約者の名称を名乗り、架電者の事業者名、個人名、電話番号、宛先、用件を聞き取りの上、Chatworkで契約者に聞き取った内容を通知する対応をいいます。

  8. 「コール数」とは、入電者より登録電話番号宛に電話があった際に、オペレーターが電話をとった件数をいい、「間違い電話」「無言電話」「FAX」「契約者自身による転送テスト」等もコール数に含めるものとします。

第2条(目的)

  1. 本利用規約は、Chatwork 電話代行利用契約の内容を定めることを目的とします。

  2. 本利用規約は、主たる利用規約第2条第2項の「その他の規定」として位置づけられます。

  3. Chatwork 電話代行利用契約の内容は、本利用規約で定める他、主たる利用規約の規定に従うものとします。なお、Chatwork 電話代行は本サービスの内容に含まれるものとし、「本サービス」という用語には「Chatwork 電話代行」が含まれるものとします。

  4. 主たる利用規約の規定のうち、本利用規約第3条以下で規定する箇所については、本利用規約第3条以下の内容が、Chatwork 電話代行利用契約の内容として適用される(本利用規約第7条の規定は、主たる利用規約第22条の規定に追加され、本利用規約第8条の規定は、主たる利用規約第26条の規定に追加され、本利用規約第9条の規定は、主たる利用規約第29条の規定に取って代わられる)ものとします。また、主たる利用規約第27条第2項の規定における「利用料金」とは、Chatwork 電話代行の利用料金を意味するものとします。

第3条(本サービスの提供)

  1. 契約者がChatwork 電話代行を利用して行う取引は、その業務の内容を問わず、契約者の事業を遂行するための事業取引となります。

  2. Chatwork 電話代行利用契約の締結により、当社と契約者間において成立する契約は、善良なる管理者の注意義務に従い一次対応を行い、契約者の業務を支援することを目的とした準委任契約が成立するものであり、一定の仕事の完成を目的とした請負契約ではないため、一次対応によって契約者の業務が完遂しない場合であっても、利用料金は生じるものとし、また、当社は一切の責任を負いません。

  3. 登録電話番号は、契約者保有に係る電話番号に限るものとする。すなわち、当社は、契約者以外の者が保有する電話番号でのChatwork 電話代行の提供は行わないものとする。

  4. 当社は、当社が指定する当社が指定するオペレーター及び契約者が所属する一つのグループチャットを作成の上、当該グループチャット上にて、一次対応の内容を、オペレーターがチャットにて契約者に報告するものとします。ただし、「間違い電話」「無言電話」「FAX」「契約者自身による転送テスト」等契約者に報告すべき内容がないと当社が判断した架電については、契約者に報告はしないものとします。

  5. オペレーターは、一次対応のみを行うこととし、これを超えた対応は行わないこととします。また、契約者の希望の有無にかかわらず、オペレーターから架電はしないものとします。

  6. 一次対応は、一回あたり5分を上限の目安とします。当該上限を超える場合、オペレーターの判断で一次対応を途中で打ち切ることがあります。その場合でも、コール数として算定されます。

  7. 同一の入電者から同一の用件で複数回の入電があった場合でも、全体として一件ではなく、各一件のコール数として算定されます。

  8. Chatwork 電話代行は、Chatwork 電話代行利用契約が成立することにより、当社の定めた1単位の期間(原則として1ヶ月とします。)ごとに、一定のコール数が与えられますが、当該期間内に当社が定める時間帯にいつでも役務提供を受ける機会が与えられていることも、Chatwork 電話代行の一部を構成しております。契約者が、当社の定めた1単位の期間内に、コール数を全て行使せず、未行使のコール数が存在していたとしても、当該期間を経過したことをもって未行使のコール数を行使する権利は消滅し、未行使のコール数は翌期間に繰り越すことはできないものとします。具体的には、1ヶ月を超える利用契約を締結したとして、当社の定めた1単位の期間が1ヶ月とされている場合は、最初の1ヶ月間においてコール数を全て行使していないときであっても、当該未行使のコール数を行使する権利は当月の経過をもって消滅するため、翌月に未行使分が繰り越すことはできないものとし、以降も同様とします。

第4条(利用資格)

  1. Chatwork 電話代行の利用を申し込む際には、先に当社との間で利用契約を結んでおり、かつ、当社所定のChatwork 電話代行利用資格を満たす必要があるものとします。

  2. Chatwork 電話代行の利用を申し込んだ時点で、当社所定の利用資格を満たしていたとしても、その後、当該資格を喪失した場合は、以降はChatwork 電話代行を利用できなくなります。

  3. Chatwork 電話代行は、契約者のみが利用できます。すなわち、契約者の親子会社その他グループ会社は、直接又は契約者を通して間接にChatwork 電話代行を利用することができません。

第5条(契約期間)

  1. Chatwork 電話代行利用契約の契約期間は、1ヶ月、3ヶ月又は任意の期間のいずれかの内、当社と契約者が合意した期間とします。以下、契約期間が1ヶ月の契約をライトプラン、3ヶ月の契約をカスタムプランといいます。

  2. 契約開始日が、契約開始日の属する月の初日でない場合でも、同月の末日までの期間をもって、1ヶ月と算定します。ただし、当社が特に認めた場合はこの限りでなく、その場合は、契約開始日の属する月の翌月の初日から、契約期間の算定を開始するものとします(すなわち、契約開始日の属する月は、第1項の契約期間の算定に含まれないものとします。)。

  3. 契約期間がライトプランにおいては、契約期間の満了日の2週間前までに、カスタムプラン及び契約期間が任意の期間においては、契約期間の満了日の1ヶ月前までに、契約者から当社に対し、更新を拒絶する旨の当社所定の方法による通知がなされない限り、同一条件で同一期間、契約が更新されるものとし、以降も同様とします。

第6条(利用料金)

  1. 契約者は、Chatwork 電話代行の利用の対価として、当社が別途定める利用料金を当社が別途定める方法により支払うものとし、銀行振込にて支払う場合の振込手数料は契約者の負担とします。なお、利用料金は原則として、Chatwork 電話代行利用契約が成立した時から当社の定めた1単位の期間ごとに発生するため、たとえ当該期間内に契約者に与えられたコール数を全て行使していない場合であっても、減額されるものではありません。具体的には、1ヶ月を超える利用契約を締結し、一括して前払いを行ったとしても、当社の定めた1単位の期間が1ヶ月とされている場合は、最初の1ヶ月間においてコール数を全て行使していないときであっても、当該未行使のコール数を行使する権利は当月の経過をもって消滅するため、利用料金は減額されないものとし、以降も同様とします。

  2. 契約者は、Chatwork 電話代行を利用する上で追加的に生じる支出又は費用については、当社の故意又は重過失に基づき生じた契約者の損失となるものを除き、いかなる内容及び金額であっても、契約者が負担するものとします。契約者は、立替経費を当社が別途定める方法により当社に対して支払うものとします。

  3. Chatwork 電話代行利用契約について、1ヶ月を超える利用契約を締結した場合でも、契約者は、その契約期間の途中でChatwork 電話代行利用契約を月の末日限りで解除することができます。その場合に契約者は、解除日までの利用料金の他、契約期間満了日までの月額利用料金相当額の違約金を支払うものとします。なお、当該契約における利用料金について前払いをしている場合は、当該前払分より違約金相当額を相殺の上、残額があれば契約者には返金するものとします。銀行振込にて返金を行う場合、銀行振込にかかる振込手数料は契約者の負担とします。

  4. 前項の違約金の定めは、1ヶ月を超える契約を締結した場合で、当社が主たる利用規約の定めに基づきChatwork 電話代行利用契約を解除した場合も準用します(すなわち契約者は、解除日までの利用料金の他、契約期間満了日の利用料金相当額の違約金を支払うものとします。)

  5. 契約者が第3項の解除を行う場合又は当社が前項の解除を行う場合において、契約者が利用料金の前払いと引き換えに利用料金の割引を受けている場合、契約者は当社に対し、Chatwork 電話代行利用契約の契約期間の開始日から解除日までの契約期間における利用料金の割引額の累積総額を支払うものとし、また、違約金の算定に当たって基準となる利用料金は、割引前の利用料金とします。

  6. 本サービスの利用料金に関する当社から契約者への個別の通知は、契約者が本サービスお申し込み時に当社に届け出をしたメールアドレスに対して、行うものとし、通知内容が送信された時点で通知が到達したものとみなします。

第7条(禁止事項)

  1. 契約者は、Chatwork 電話代行の利用に際して、故意又は過失の有無にかかわらず、自ら、又は第三者を利用して、以下各号に該当する行為を行ってはならないものとします。

    • 1)オペレーターに対し、弁護士法その他法令で認められない業務を行わせる行為
        電話代行への嫌がらせや、不良行為など業務の進行を妨げる行為

    • 2)オンライン、オフラインを問わず、オペレーターと個人的に接触しようとする行為

    • 3)オペレーターへの暴言・脅迫行為、又は当社の業務の遂行を妨げる行為

    • 4)オペレーターに当社の競合たりうるサービス・企業での勤務を勧誘する行為

    • 5)その他、当社が不適当と判断した場合

第8条(免責事項)

  1. 当社は次の事由により契約者に発生した損害についても、賠償の責を負わないものとします。

    • 1)一次対応において入電者が折り返しの連絡を希望したにも拘わらず、契約者がこれを怠ったことにより生じた損害

    • 2)契約者と入電者との個々の紛争やトラブルにより発生した損害

  2. 弁護士法、公認会計士法その他の法令に反するようなサービスの提供は、Chatwork 電話代行の範囲を超えるものであり、一次対応は、いかなる場合であっても法令に反しない範囲でなければなりません。これに反した契約者の行為について、当社は一切の責任を負わないものとします。

第9条(秘密保持)

  1. 本条において「開示者」とは、秘密情報を開示した側の当事者をいい、「受領者」とは、秘密情報を受領した側の当事者をいい、「秘密情報」とは、開示者の技術、営業、業務、財務、組織、その他の事項に関する全ての情報の内、情報が提供される媒体(書面、光ディスク、USBメモリ及びCD等を含むが、これらに限られません。以下同じ。)又は情報を含む電磁的データ(チャット、電子メール、電子ファイルの送信又はアップロード等により開示される場合のチャット、電子メール及び電子ファイルを含みますが、これらに限られません。以下同じ。)に秘密である旨が明示された情報をいいます。また、情報が口頭若しくは視覚的方法により開示される場合は、開示時点で秘密である旨が口頭又は視覚的方法により明示され、かつ当該開示の日から10日以内に、秘密であることが書面又は電子的手段で通知された情報をいいます。ただし、以下のいずれかに該当する情報は、秘密情報には該当しません

    • 1)開示された時点で公知である情報

    • 2)開示された後に受領者の責めに帰すべき事由なく公知となった情報

    • 3)開示される以前に受領者が正当に保持していた情報

    • 4)秘密情報を使用することなく受領者が独自に取得した情報

    • 5)受領者が権利を有する第三者から適法に取得した情報

    • 6)開示者から秘密保持の必要なき旨書面又は電子的手段で確認された情報

  2. 受領者は、善良なる管理者の注意義務をもって、受領した秘密情報の取扱及び保管を行います。

  3. 当社は、お客様から開示された秘密情報を当該お客様に対してChatwork 電話代行を提供する以外の目的では使用せず、お客様は、当社から開示された秘密情報を自己がChatwork 電話代行を利用する以外の目的では使用しないものとします(以下併せて「本目的」といいます。)。

  4. 受領者は、本目的の遂行のために客観的かつ合理的に必要な範囲に限り、秘密情報の複製を行うことができます。

  5. 受領者は、秘密情報を流出させてはならず、また、開示者の事前の書面又は電子的手段による承諾なしに、秘密情報を第三者に開示してはなりません。ただし、以下の各号に定める者に限り開示することができます。

    • 1)本目的遂行のために客観的かつ合理的に必要な範囲の自己の役員及び従業員

    • 2)弁護士、公認会計士等の法律上の守秘義務を負う専門家

    • 3)開示者が事前に書面又は電子的手段により承諾した第三者

    • 4)当社の再委託先及び当該再委託先の再委託先(ただし、本契約において当社が負う秘密保持義務を下回らない秘密保持義務を負わせることを前提とします。)

  6. 受領者に対する秘密情報の開示は、開示者による当該秘密情報に関する権利の譲渡又は実施の許諾とはみなされません。

  7. 受領者は、開示者から要求があった場合又はChatwork 電話代行利用契約が終了した場合には、開示者と協議の上、開示者から受領した全ての秘密情報を速やかに商業上合理的な方法により破棄するものとします。

  8. 受領者は、万一開示を受けた秘密情報が流出した場合には、速やかに開示者にその詳細を報告し、流出の拡大を防止するために商業上合理的な措置をとるものとします。当該措置に要する商業上合理的な費用は、受領者の負担とします。ただし、開示者の責めに帰すべき事由による場合は、この限りではありません。

  9. 受領者は、司法機関又は行政機関等から秘密情報の開示を求められたときは、速やかにその事実を開示者に通知し、開示者から要請がある場合には、その開示範囲を狭めるための努力を尽くした後、秘密情報を開示することができます。

以上

  1. 2017年11月27日 制定
  2. 2019年1月10日 改訂
  3. 2019年4月4日 改訂
  4. 2019年7月18日 改訂
  5. 2019年9月30日 改訂