内定者フォローの必要性と内定者フォローを効果的にする方法

ビジネスチャット
  • facebookシェアボタン
  • twiterシェアボタン
  • はてなブックマークボタン
  • pocketボタン
AWAY

目次

内定者の辞退を避ける取り組みとして、内定者フォローは安定的に人材を確保するために重要です。

内定者フォローをするなかで、会社の魅力や仕事内容が十分に伝わらないと、別の会社を選んでしまって人材確保ができないリスクを抱えてしまうでしょう。

会社の仕事を通して成長したいと感じてもらうためにも、実際に内定者フォローに取り組むときはどのような点に注意して工夫するとよいのでしょうか。

内定者フォローを効果的に取り組む方法と注意点を解説します。

内定者フォローとは?

採用面接で新しい人材の内定を決めたあと、内定の辞退が発生しない工夫や取り組みを実施する活動を内定者フォローと呼びます。

たとえば、会社の仕事内容を伝える取り組みや入社後に関わる先輩たちとの交流などを内定者フォローでおこなえば、新入社員が入社後に働く姿をイメージしやすくなり、会社の魅力を伝えて辞退を減らせるメリットがあるでしょう。

内定者フォローは、会社と新入社員のミスマッチの予防や長く働ける人材を確保する取り組みとして重要です。

内定者フォローの必要性

会社の魅力や仕事内容を伝えながら、新しい人材を確保できるように会社側から工夫を取り入れる必要があります。

どのような点で内定者フォローの必要性があるのか見ていきましょう。

会社の仕事内容や魅力を伝える機会にできる

就職先の職場は、将来のキャリアプランや人生設計を考える上でも重要な選択につながります。

求職者にとって事業活動や仕事内容に魅力が感じられないと、別の職場を選ぶべきなのかと迷う原因になるため、会社側は優秀な人材を逃さないように積極的にアピールする必要があるでしょう。

求職者と会社がコミュニケーションを取りながら、入社後に働くメリットや仕事内容の魅力を十分に伝える内定者フォローが必要です。

入社後のイメージを固められる

どのような会社なのか、働く社員とうまく仕事に取り組めるかどうかは、入社するまでわからない部分が多いと感じる方が多くおられます。

内定者フォローで先輩社員と交流の機会をもったり、実際に現場で就業体験をしたりするなど、未来の姿をイメージしやすい工夫を取り入れましょう。

内定者フォローの必要性には、入社後のキャリアプランや働く姿のイメージを固めやすくなり、求職者が会社で働いてみたいと感じられる点があげられます。

横のつながりでコミュニケーションが活性化できる

入社前から会社の先輩社員と交流する機会ができると、横のつながりが活性化されて仕事に関する不安や疑問を解消しながら入社できます。

とくに年齢の近い先輩社員と交流できれば、実際に仕事を始めるまでに感じていた不安や入社後に感じた思いなど、実体験からのリアルな声を聞けるメリットがあるでしょう。

仕事の基本はコミュニケーションの活性化が重要になるため、事前に横のつながりがつくれて仕事に馴染みやすい点が内定者フォローの必要性にあげられます。

内定者フォローを実施する際の注意点

会社側の視点ばかりでサポートを進めないためにも、内定者の視点になって取り組みを進める必要があります。

内定者フォローを実施する際の注意点を見ていきましょう。

内定者の予定や立場に配慮する

内定者フォローで研修や懇親会などのイベントを実施するときは、相手の予定に配慮しながら強制しないように心がけましょう。

参加しないと評価が下がるのではないかといったイメージがつかないように、会社と内定者の間でコミュニケーションをとって事前に説明して伝えておくことが大切です。

内定者を獲得するためのサポートにするためにも、相手の予定や立場を考えながら押しつけにならない形で工夫することは、内定者フォローを実施する際の注意点として意識しましょう。

一方通行にならない取り組みで同年代の社員を含める

内定者フォローに取り組むときは、求職者と近い年齢の社員を会社側から配置してコミュニケーションを取る方法がおすすめです。

内定者の悩みを想像しやすいだけでなく、同じような不安を感じていたことに共感しながら話し合えて、仕事内容全般に関する質問が気軽に進めやすくなります。

内定者フォローを実施する際の注意点として、会社側との仲介役になれる存在として同年代の社員を含めて取り組みを実施してみてください。

内定者が知りたい情報を提供する

会社側の都合ばかりを押しつけてしまうと、内定者にとって知りたい情報を掴めないまま、ほかの就職先を選ぶ原因につながるリスクを抱えやすくなります。

内定者の立場になって有益な情報を発信するときは、仕事と私生活が両立できる制度があるのか、入社した先輩のキャリアプランはどのような道に進んでいるのかなど、できる範囲で内定者の疑問や不安を解消できるように進めましょう。

適切な情報提供に取り組むことは、内定者フォローを実施する際の注意点にあげられます。

内定者フォローを効果的にする方法

社内で取り組める内容からスタートして、内定者を獲得する工夫につなげましょう。

内定者フォローを効果的に取り組む方法を見ていきます。

懇親会で交流する機会をつくる

会社内や会場を借りる形で、内定者と社員を含めた懇親会を開いて軽い飲食や雑談を交わす機会につなげる方法があげられます。

遠方の参加者を含めて簡単に交流する機会をつくるときは、オンラインのツールを活用して自己紹介やコミュニケーションを取る方法が便利です。

強制参加の雰囲気を作らないように工夫をしながら、参加者の日程調整を進めて実施すると、内定者フォローを効果的に取り組む方法につながります。

研修を実施する

内定後の予定や仕事に関する情報を共有しながら、仕事に関わる研修に取り組むと交流の機会にできます。

たとえば、事業に関わる話題について参加者同士で話し合う機会を設けたり、会社訪問や実際の仕事現場で就業体験をしたりする方法があるでしょう。

内定者フォローを効果的に取り組む方法には、入社前や入社後の流れや研修などの紹介を進めながら、実際に仕事に関わる体験に取り組むことがあげられます。

面談の機会を設ける

内定者が聞きたい話題には、実際に働く社員のリアルな本音や現場に関する話題があげられます。

どのような会社なのかが把握できるようにするためにも、面談の機会を設けて採用担当者を始め、若手の先輩社員や各部署の人たちと話せる機会をつくると相談する機会が生まれるでしょう。

内定者フォローを効果的に取り組む方法として、少しでも入社前の不安を減らすためにも、会社側から内定者にコミュニケーションをとって予定調整を進めながら面談の機会をつくってみてください。

社内広報を送る

会社の概要を内定者や家族に知ってもらう機会につなげるためにも、社内広報があるときは配布して自社の活動内容や取り組みを知ってもらう機会につなげましょう。

たとえば、社長のインタビュー記事や社員の仕事に対する姿勢などを掲載すると、新入社員にとってどのような事業に関わる会社なのか、あらためて明確になって仕事に関する情報をイメージしやすくなります。

社内広報があるときは、内定者に情報発信して内定者フォローを効果的に取り組む方法として実践してみてください。

内定者フォローの効果的な実施にChatwork

内定者の辞退を避けるための取り組みを実践するときは、同年代の社員を含めるなど、内定者の予定や立場に気遣いながら、相手が知りたい情報を提供して一方通行にならないように配慮して進めるように注意しましょう。

内定者フォローを効果的に取り組む方法として、懇親会や研修、面談の機会や社内広報の送付などが考えられます。

また、内定者とのコミュニケーションや交流を円滑に進めたいときは、オンラインでやりとりが進められるビジネスチャット「Chatwork」を使う方法が効果的です。

Chatworkにあ、オンラインで会話ができるビデオ通話を始め、チャットで気軽に情報交換やコミュニケーションがおこなえるため、Chatworkをご活用ください。

テレワークをもっと活用したい方へ
明日から使えるオンラインコミュニケーション

オンラインコミュニケーションがますます一般的になる中、課題も明らかになっています。

オンラインコミュニケーションの課題と、課題に対する解決策を紹介します。

ダウンロード
Chatwork

Chatwork

Chatworkのお役立ちコラム編集部です。 ワークスタイルの変化にともなう、働き方の変化や組織のあり方をはじめ、ビジネスコミュニケーションの方法や業務効率化の手段について発信していきます。

  • facebookシェアボタン
  • twiterシェアボタン
  • はてなブックマークボタン
  • pocketボタン

関連記事