社内チャットツールにChatworkが適している6つの理由!

ビジネスチャット
AWAY

目次

社内でのコミュニケーションは、意外と限られた人同士でしかおこなわれないものです。従業員の人数が多い会社であれば話したことがない人や接点がない人もいるでしょう。

社内のコミュニケーションは重要ですが、内容によっては電話やメールだけでは気軽にできないことも多く、その場合は社内チャットツールの利用が適しているといえます。

また、リモートワークや在宅勤務の場合は連絡手段として、社内チャットツールの導入を検討している企業も多いかもしれません。

ただ、多くのチャットツールが存在しているため、どのツールを選べばよいのか悩むのも事実です。そこで社内チャットツールにChatworkが適している理由を紹介します。

そもそも社内チャットツールってなに?

社内チャットツールとは、電話やメールに代わるコミュニケーションツールのことで、ビジネスチャットツールなどと呼ばれることもあります。

PCのブラウザ上でログインしたり、スマートフォンのアプリを起動したりして、気軽に利用できるのが大きな特徴です。

社内チャットツールは、仕事やビジネスに役立つようにしたチャットツールといえるでしょう。

Chatworkに限らずさまざまな社内チャットツールが開発されていますが、ファイルの共有機能やメッセージの検索機能が基本的な機能として共通した部分になります。

社内チャットツールの3つの効果

社内チャットツールを導入すれば、リアルタイムで気軽にコミュニケーションができ、複数の社員と同時に連絡が取れるようになります。

社内チャットツールがもたらす効果について詳しく見ていきましょう。

リアルタイムでコミュニケーションを取れる

リアルタイムで気軽にコミュニケーションを取れることは、社内チャットツールの特徴です。

いつ開封されるかわからないメールと比較すると、すぐに見てもらえる可能性の高いチャットツールのほうが素早い返信を期待できます。

また、気軽なコミュニケーションが前提であるため、メールのような堅苦しい文章ではなく気軽に声をかけることができます。

わざわざ内線電話をかけたり、直接話しに行ったりするほどではない内容を気軽に聞けることも、社内チャットツールの大きなメリットです。

複数の社員と同時に連絡が取れる

複数の社員と同時に連絡が取れることも社内チャットツール導入の効果といえるでしょう。

1対1の会話はもちろん、グループを作成して複数人でコミュニケーションができるチャットツールも多いため、電話やメールなどで個別に連絡する手間が省けます。

グループ内で会話をすれば、それぞれの社員からの意見や提案などもリアルタイムで共有できるため、さまざまな意見を取りまとめて結論を再度連絡する、といった必要もありません。

また、複数人がいる中での連絡をおこなうことで、反応がない場合や情報の漏れを複数人で補うことができる利点もあります。

テレワークやリモートワークに対応しやすい

社内チャットツールは、テレワークや在宅勤務を実現するうえでも役立ちます。

社員が離れた場所で働くには、業務連絡や情報共有が大きな課題となる場合もあります。近くにいれば簡単に伝えられる情報も、いちいち電話やメールをしなければなりません。

チャットツールを活用すれば、自宅にいながらオンライン会議に参加したり、必要なデータを送受信できたりするため、リモートで働く際のコミュニケーションを大幅に効率化できます。

社内チャットツールにChatworkが適している6つの理由

さまざまな社内チャットツールがリリースされていますが、これから導入を進める社内チャットツールとしてChatworkが最適な6つの理由を紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

直感的に操作できるため初心者でも使いやすい

誰でも簡単に操作できることは、Chatworkの大きな特徴のひとつです。

せっかく社内チャットツールを導入しても操作が難しかったり扱いにくいツールでは利用が定着しないことも考えられます。

Chatworkの操作画面は、メッセージの入力欄や送信ボタン、連絡先一覧などでシンプルに構成されています。

また、国産のチャットツールなので使い方を日本語で説明した文書やWebサイトも多く、慣れていない人でも使い方に悩むことは少ないでしょう。

気軽なコミュニケーションが取れる

Chatworkには、絵文字を送る機能や、相手からのメッセージに対して「ありがとう」「了解」といったリアクションマークを送る機能が付いています。

近い距離で気軽に会話するようなイメージで、円滑なコミュニケーションを実現できるでしょう。

また、直接話しにくいことや顔を合わせたことがない社員同士でもチャットを利用することで気軽に交流を深められます。

タスク管理が簡単にできる

タスク管理が簡単にできることも、Chatworkがおすすめの理由のひとつです。

仕事を進めるうえでは、複数のタスクを同時に進行させるケースも多くあります。誰にタスクをお願いしているのか、どのタスクがまだ残っているのか、管理するだけでも手間がかかる場合もあるでしょう。

Chatworkのタスク管理機能を使えば、グループチャットのメンバーのタスクも自分のタスクも表示され確認ができますし、期限の設定もおこなえるので進捗やスケジュールもチャット上で簡単に共有できます。

検索機能やピン機能でメッセージを管理できる

Chatworkにはメッセージの検索機能が付いているため、キーワードなどで検索して過去のやり取りを簡単に見返せます。また、ピン機能を使えば、よく連絡する相手やグループを上部に固定できます。

連絡先を探す手間やストレスが軽減でき、スムーズに連絡が取れるでしょう。
メッセージを遡って探すことができるということは情報の記録としても利用できますので、情報の共有や確認にも活用できます。

ビデオ通話やWeb会議ができる

Chatworkでは、ビデオ通話や音声通話も可能です。
PCやスマートフォンに付いているカメラやマイクで利用できるため、特別な装置は必要ありません。

Chatwork上の通話ボタンを押すだけで、誰でも簡単にビデオ通話やWeb会議ができます。チャット上での文章のやり取りだけでなく、オンラインではありますが顔を合わせて直接話すこともできるのでコミュニケーションの幅も広がり、必要に応じて使分けることで効率的に話し合いや情報共有を進めることができるでしょう。

ファイルを簡単に送受信できる

ワードやエクセル、画像などのファイルを簡単に送受信が可能です。

ファイルをChatwork上のエリアにドラッグ&ドロップするだけで送付できるため、手間もかかりません。

  • 過去にアップロードしたファイルを確認できる
  • アップロードした画像をプレビュー表示する
  • ワンクリックでダウンロードできる

といった機能をチャット画面から使うことができますので、チャット上でファイルの確認や意見交換もおこなえますし、データの共有という面でも簡単にできデータも保持されますので必要に応じてダウンロードできるというメリットもあります。

社外との連絡にもChatworkが適している

社内チャットツールとしてChatworkが適していると説明してきましたが、社外との連絡やコミュニケーションにも大いに活用できます。

Chatworkを使えば、クライアントとの1対1の連絡やプロジェクトメンバー内での情報共有も簡単におこなえます。

データの送受信、Web会議、タスク管理などの機能は社内だけでなく社外と業務を進めるうえでも活用できる機能ですので仕事をスムーズに進められるでしょう。

社内チャットツールならChatwork!

社内チャットツールに適したChatworkの機能やおすすめの理由などを紹介しました。

Chatworkを導入すれば、絵文字を使った気軽なコミュニケーションや、プロジェクトメンバー内での素早い情報共有を実現できます。
誰でも簡単にビデオ通話やWeb会議が可能なため、リモートワークにも最適です。

社内メンバーとの連絡だけでなく、社外のクライアントとのコミュニケーションにも活用できますので、導入をぜひ検討してみてください。

ビジネスチャット選びに迷っている方におすすめの資料

ビジネスチャット比較表

ビジネスチャットの導入を検討している方向けに、ビジネスチャット導入にあたっての目的、課題の整理し比較のポイントをまとめました。選ばれている主要なビジネスチャット4社の比較表もご覧いただけます。

主な内容

  • ビジネスチャットを選ぶ5つのポイント
  • 選ばれているビジネスチャット4社を大胆比較!

ダウンロード
Chatwork

Chatwork

Chatworkの中の人です。お役立ちコラムの編集者として、ワークスタイルの変化に伴うコミュニケーションと組織のあり方など発信していきます。

関連記事