仕事の質問ができない状況の解消方法と適切な仕事の質問の仕方

公開日: 更新日:
ビジネスチャット
  • facebookシェアボタン
  • twiterシェアボタン
  • はてなブックマークボタン
  • pocketボタン
仕事の質問ができない状況の解消方法と適切な仕事の質問の仕方

目次

職場の雰囲気が悪い、社内コミュニケーションが活性化ができないと、仕事の質問ができない状況が生まれやすくなります。

仕事の質問ができないことで、業務理解が進まない、確認不足、連絡ミスなどの問題が引き起りやすくなるリスクがあるでしょう。

仕事の質問ができない状況の解消方法と適切な仕事の質問の仕方を見ていきましょう。

仕事の質問ができない状況が起こる原因とは

仕事の質問ができない状況には、環境や管理側の課題が解消できていない場合に起こりやすくなります。

仕事の質問ができない状況が起こる原因につながる状況はどのようなものなのか見ていきましょう。

上司の指導が高圧的

教育で上司が部下に厳しい対応で指導を続けると、部下は萎縮してしまい質問ができない悪循環につながります。

本来は質問で得られるメリットがあると理解していても、部下が心理的な負担を抱えやすい点ではデメリットに感じられる状況になるでしょう。

仕事の質問ができない状況につながる原因には、指導の意味で接する上司の態度が高圧的であり、そもそも仕事の質問を躊躇してしまいやすくしているのかもしれません。

社内のコミュニケーション不足

仕事場の環境が全体的に交流が少なかったり、コミュニケーションを図る気持ちがなかったりする場合、業務に関わる質問がしづらいといえます。

お互いの立場になって配慮の言葉や姿勢がなく、教育体制が整っていないと社員が成長できる機会を逃してしまい、離職率が高まるリスクもあるでしょう。

社内のコミュニケーション不足は仕事の連携が取りづらくなるため、仕事の質問ができない原因につながります。

周りの仕事が忙しく質問しづらい環境

企業によっては人手不足で教育体制が整っていないなど、社員が少しずつ段階を踏んで仕事を覚えるのが難しい環境も考えられます。

上司や先輩の仕事量が多いと、気軽に質問しづらいと感じてしまって作業がスムーズに進まない可能性もあるでしょう。

仕事の質問ができない状況の原因には、教育を担当する部署の社員全体が忙しい環境である点もあげられます。

仕事の質問ができないことで起こる問題点

質問ができない状況は、個人だけでなく部署全体に影響を与える可能性が考えられます。

仕事の質問ができないことで起こる問題点を見ていきましょう。

スキルアップできずに成長の機会を失う

仕事の上達には、業務でわからないところを上司や先輩と交流してヒントを得るなど、改善に取り組む姿勢が求められます。

上手に質問できれば、現状よりも成長できてスキルを向上できる機会につながりますが、質問の機会を失うと成長がストップしやすくなるのです。

仕事の質問ができないことで起こる問題点には、現状維持を優先してスキルアップができないところがあげられます。

部署の業務効率化が図れない

個人の能力をアップさせると部署全体と連携が取り合えるメリットがありますが、仕事の質問ができない状況があると、心理的な負担がかかって作業が非効率になりがちです。

業務の改善点が質問を通して見える場合もあるため、質問は周りにとっても有益な情報とも考えられます。

部署の業務効率化が図れない点も仕事の質問ができないことで起こる問題点です。

仕事のミスやトラブルが増える

業務の進め方でミスやトラブルを防ぐには、上司や先輩に確認して指示をあおぐ姿勢が大切です。

業務の進め方を理解できておらず、質問をためらってしまうと確認不足で仕事全体に影響が出てしまう懸念があります。

個人のミスだけでなく全体のトラブルにつながる可能性があることも、仕事の質問ができないことで起こる問題点です。

仕事をうまく進めるための仕事の質問の仕方

適切な質問をすることや質問にかかる負担を減らす工夫を取り入れることで、お互いのコミュニケーションがスムーズに進められます。

仕事で使える上手に伝えられる仕事の質問の仕方を見ていきましょう。

メモを取りながら確認する

同じ質問を繰り返してしまうと質問しづらい状況ができる場合もあるため、その都度メモを取りながら質問するとよいでしょう。

職場の仕事内容によってはメモを取るのが難しい場合もありますが、上司に仕事を覚える気がある姿勢を伝える方法にできます。

仕事で使える上手に伝えられる質問の仕方になり、あとから確認するときも手順をすぐに引き出せる手段につながるのです。

「念のための確認ですが」と前置きして質問

同じ内容を質問する場合は、クッション言葉の前置きを入れるとコミュニケーションが取りやすくなります。

仕事の手順に自信がないポイントがあるときに使える言葉で、ある程度の内容は理解できていると相手に伝えながら質問できる点でも便利です。

確認不足によるミスやトラブルを防ぐ対策にできて、仕事で使える上手に伝えられる質問の仕方にもつながります。

質問の要点はできる限りまとめておく

質問される側の負担を減らすために、質問内容はまとめておくか要点を押さえて簡潔に伝えましょう。

相手にスムーズに質問内容を伝える方法にもつながるため、コミュニケーションコストを減らしながら質問できます。

細切れに質問して相手に手間をかける状況を防げるため、仕事で質問上手になれる方法につながるでしょう。

仕事の質問ができない対策に企業が取り組める方法

社内で質問しやすい環境を整えるには、コミュニケーションが取りやすい工夫を実践する必要があります。

仕事の質問ができない対策に企業が取り組める方法を見ていきましょう。

社員の教育には建設的な言動を心がける

社員への対応は、穏やかな言葉や態度で接すると質問しやすい環境が整います。

上司の対応が穏やかであると、安心して仕事内容のメモを取って覚えられるため、長い目で見たときに効率よく仕事のノウハウを習得できるでしょう。

ベテランの上司や先輩が建設的な言動で仕事の手順を伝えられると、仕事の質問ができない状況を防ぐ対策につながります。

意見交換が気軽にできる職場環境を目指す

上司や先輩の姿を鏡にしながら部下の社員は成長できるため、日ごろから職場の交流を活性化する工夫が必要です。

  • 作業効率化が図れそうな工程はないか
  • 時間や負荷がかかる工程を削除できないか

仕事の改善点や効率化につながるポイントがあれば、話し合って調整できる関係性が求められます。

声をかけやすい習慣ができれば、仕事の質問ができない状況を防ぐ対策にできるのです。

ビジネスチャットを有効活用する

仕事の忙しさによっては、質問の機会が取りづらい可能性も考えられるため、ビジネスチャットで質問する活用法があげられます。

上司が出張で忙しいときは、チャットやビデオ通話の機能を使って業務の不明点を聞き出す流れです。

仕事の質問ができない状況を防ぐ対策になるだけでなく、社内コミュニケーション活性化の対策にもつながります。

また、直接会話よりも気軽に送れる、メールよりも素早いコミュニケーションになるなど、ビジネスチャットを活用することで質問以外の面でも効果的です。

仕事の質問ができない対策にChatworkの活用

仕事の質問ができない状況には、環境面の問題や企業の管理側がコミュニケーション不足の状況に対策を打たないと起こりやすくなります。

企業ができる対策として、社員の教育に建設的な言動を心がけることや意見交換が気軽にできる職場環境を目指すことがあげられます。

仕事の質問ができない対策にはビジネスチャットを有効活用して質問する方法もあるため、コミュニケーション不足の解消に役立てるために「Chatwork」の導入をご検討ください。


Chatworkを始める(無料)

Chatwork(チャットワーク)は多くの企業に導入いただいているビジネスチャットです。あらゆる業種・職種で働く方のコミュニケーション円滑化・業務の効率化をご支援しています。

Chatwork新規登録

「報連相」できる組織づくりのヒントとは
部下が報連相をしやすくなるためのポイント

組織の中で仕事をするために欠かせない「報連相」(報告・連絡・相談)を、効率よくおこなうポイントを紹介します。

部下にどう「報連相」させるべきかお悩みの上司のみなさま必見です。

主な内容

  • 「報連相」が必要な理由
  • なぜ部下は「報連相」ができないのか?
  • 部下に「報連相」を根付かせる3つのポイント

ダウンロード
Chatwork

Chatwork

Chatworkのお役立ちコラム編集部です。 ワークスタイルの変化にともなう、働き方の変化や組織のあり方をはじめ、ビジネスコミュニケーションの方法や業務効率化の手段について発信していきます。

  • facebookシェアボタン
  • twiterシェアボタン
  • はてなブックマークボタン
  • pocketボタン

関連記事