コミュハラとは?コミュニケーションハラスメントが起きる原因と対策

公開日: 更新日:
ビジネスチャット
  • facebookシェアボタン
  • twiterシェアボタン
  • はてなブックマークボタン
  • pocketボタン
コミュハラとは?コミュニケーションハラスメントが起きる原因と対策

目次

仕事での人間関係において、コミュニケーション不足や決めつけるような言動などから、ハラスメントにつながる事例があります。

仕事を円滑に進められる働きやすい職場をつくるためにも、職場でハラスメントを起こさせないための対策は企業にとって重要です。

コミュニケーションハラスメントの例やコミュニケーションハラスメントに該当するような場面はを知ることで、職場や仕事での言動を見直すきっかけにできるでしょう。

職場でコミュニケーションハラスメントが起きる原因と対策を解説します。

コミュニケーションハラスメント(コミュハラ)とは?

コミュニケーションをするうえで、強要するような発言や嫌がらせにつながる言動は「コミュニケーションハラスメント(コミュハラ)」に該当する場合があります。

たとえば、コミュニケーションに苦手意識を感じる人に対して、会話の強要や個人の性格を決めつけて指摘する言動などは、コミュハラにあたる可能性があります。

人によって感じ方や価値観が違ってくるため、多くの人にとっては流せるような言動でも「不愉快な気持ちを感じて傷つく人がいる」という配慮や思いやりの気持ちがコミュニケーションハラスメントの予防に求められます。

また、コミュニケーションは仕事のやりとりに重要ですが、強制するような言動でコミュハラにつながると社員の休職や離職につながりかねません。

相談できないままの状態では、コミュハラから仕事に支障をきたして心の病気につながる懸念もあります。

コミュニケーションハラスメントを放置すると、社員が働きづらい職場環境につながり、社員が定着しないリスクが考えられるでしょう。

コミュハラとされる可能性がある例

仕事でコミュニケーションを取るときは、思い込みの言動や態度が相手を不快にさせてしまったり、嫌がらせと捉えられてしまう場合もあります。

コミュニケーションをするうえで言動に配慮するためにも、コミュハラとされる可能性がある例を見ていきましょう。

性格に対し決めつける発言

コミュハラにつながる可能性のある例として、相手の性格を否定的に評価する言動があると起こりやすくなります。

「おとなしい」「静かすぎる」など、仕事に関係のある内容の有無に関わらず、相手の嫌がらせにつながる言動は避けましょう。

どうしても伝えなければいけない場面では、コミュハラのように決めるつける言い方でなく、建設的な伝え方で相手との信頼関係を築いた上で言葉を選びながら伝えるようにしてください。

仕事を一度で聞き取ることを強制する

仕事の内容や業界によっては、仕事を覚えるまでのスピード感が重視される職場もあるかもしれません。

しかし、「仕事の手順は一度で聞き取って覚えなければいけない」と、聞き返せない態度や雰囲気があり、覚えることを強要する姿勢はコミュハラの可能性につながる一例にあげられます。

自分の価値観が当たり前だという言動で指導すると、コミュハラを生む事例につながりかねないため、強制する言動でなく教育期間や制度を設けて適切に指導して伝えることが重要です。

立場の違いの強調や強要につながっている

コミュハラの可能性にあたる言動は、上司や部下などの上下関係のある立場で起こりやすくなります。

上司の何気ない雑談や仕事のやりとりで「気の利いた話で場を盛りあげて」と、本人の意思に関係なくコミュニケーションを強要する雰囲気や言動が一例にあげられるでしょう。

親交を深めるための発言だとしても、会話に苦手意識を感じる部下の気持ちを無視してしまう状況は避けるべきなので、コミュハラの例につなげないためにも配慮の姿勢が必要です。

コミュニケーションハラスメントが起きる原因

仕事でのすれ違いなどの問題は、決めつける言動や環境的な要因で起こりやすくなります。

コミュニケーションハラスメントが起きる原因を見ていきましょう。

社風や職種の影響

縦社会の雰囲気が強いことやコミュニケーション能力の高さが求められるなど、社内の雰囲気や社風がコミュハラにつながる場合があります。

営業職では仕事で取引先と円滑な関係性が進められる能力が必要になり、とくにハッキリした会話が求められるような社風の場合は、上司から厳しい指導を受ける可能性もあるかもしれません。

コミュニケーションハラスメントが起きる原因には、仕事内容や企業における社風や雰囲気に影響される場合もあります。

決めつけの言動が多い

相手の価値観や発言を決めつける言葉や態度が多いと、職場の関係性がうまくいかない状況が増えて誤解を生みます。

本人にとっては何気ない指導の一言も、相手にとっては傷つく言動の可能性もあるからです。

「もしかしたら嫌なことを伝えているかもしれない」と振り返る機会や配慮が足りないと、コミュニケーションハラスメントが起きる原因につながります。

コミュニケーションが不足している

相手の立場を思いやる言動がお互いに足りないと、仕事のやりとりで意思疎通が難しくなり、人間関係にストレスや負荷がかかりやすくなります。

たとえば、仕事の手順を説明するときに雑な伝え方をするなど、相手の能力や理解力に配慮しないような言動が当てはまるでしょう。

コミュニケーションハラスメントが起きる原因には、コミュニケーション不足で仕事の些細な言動から誤解につながることがあげられます。

上司の人間性や考え方に問題がある

コミュニケーションハラスメントは上下関係がある場合に特に起こりやすいので、上司にあたる人物の人間性や考え方に問題があると起こりやすいでしょう。

好き嫌いで人を判断してしまう、機嫌に左右される、依怙贔屓などをしている、といった上司であれば、コミュハラとしか言いようがない言動が多い可能性すらあるでしょう。

また、業務上の注意や指示も伝え方によってはコミュハラになり、パワハラとも言える場合がありますので、立場が上であることで横柄な態度をとるような人物であれば、コミュハラに該当するシーンは多くなるかもしれません。

コミュニケーションハラスメントが起こりやすい場面

相手の嫌がらせにつながるような言動は、本人が気づかないうちにコミュハラとなってしまう可能性があります。

仕事や職場で、コミュニケーションハラスメントが起こりやすい場面を見ていきましょう。

飲み会など業務外の場面

本人にとって上の立場にあたる存在からコミュニケーションを強要されやすい場面には、飲み会の場があげられます。

従業員同士の場合は上司から「何か面白い話題を話して」と、本人が望まない形で無理やり交流を図るような言動が当てはまるでしょう。

上司にとっては親交を深めるための言動だったとしても、部下にとっては苦痛を感じる可能性が高いといえます。

お酒が入る場面では羽目を外した言動につながりやすいため、飲み会の場はコミュニケーションハラスメントが起こりやすい場面として上司にあたる立場の方は言動に注意が必要です。

上司が部下に仕事を指導する場面

仕事に関わるコミュニケーションでは、価値観や言動の押しつけがあるとコミュハラが起こりやすくなります。

たとえば、仕事の手順を覚えるときのメモで聞き取りづらい点があり質問したときに、上司が部下に対して「一度で聞き取るのが当たり前」という言動を取ることが当てはまるでしょう。

部下に成長してほしい思いで厳しくあたっている場合でも、部下にとってはプレッシャーがかかる一言になります。

上司から部下に指導をする場面では、世代間の価値観が違うことや指導の一環でコミュニケーションハラスメントが起こりやすい場面だと心得ることが必要です。

会議で意見が求められる場面

仕事の会議では、社員同士で意見交換が求められる場面があげられるため、意見の強要や話を聞かないような言動もコミュハラに当てはまります。

たとえば、会議で発言の順番がまわってきたときに早いペースで話すことを求めたり、発言する機会を与えられなかったりするような言動があげられるでしょう。

会議中の発言に関して意見の強要や不快な言動につながっていないか、コミュニケーションハラスメントが起こりやすい場面だと認識しておく配慮や姿勢が求められます。

コミュニケーションハラスメントを起こさないための対策

相手に配慮する気持ちや心構えがあるだけで、ハラスメントにつながる言動を事前に避けやすくなります。

職場でコミュニケーションハラスメントを起こさないための対策を見ていきましょう。

挨拶や気軽な雑談から会話する

仕事での会話の機会が少ないと誤解を生みやすくなるため、まずは気軽に意思疎通が図れる挨拶や雑談から交流しましょう。

プライベートな話題は、信頼関係の度合いや人によっては不快感につながる可能性があるので、仕事やニュースに関する話題などの無難な話から会話を進めます。

コミュニケーションハラスメントを起こさない対策として、相手の反応を見て強制しないように配慮して会話することがポイントです。

相手の価値観を認めて否定的な言動はしない

仕事に関わる内容であったとしても、人格に関わる部分を指摘するのは本人を傷つけます。

どうしても仕事に関わる内容で伝えるべき場面がある場合は、日ごろからコミュニケーションを活性化させて信頼関係をつくった上で言葉に配慮して伝えましょう。

相手と自分の価値観が違うことを意識しながら、相手の存在を認める発言を加えた上でコミュニケーションを図ると、誤解を避けてコミュニケーションハラスメントを起こさない対策につながります。

ハラスメント防止の教育を実施する

部下を管理する立場にある管理職を中心に、ハラスメントを防止するセミナーや講習会を実施して社内でコミュハラに対する周知を進めましょう。

価値観の多様性に対する意識が低いことで、気づかないうちにハラスメントの言動につながる可能性があるからです。

どのような言動がコミュハラにあたるのか事前に知っておけば、部下と会話するときにコミュニケーションハラスメントを起こさない対策につながります。

相談窓口や目安箱の設置

社内でコミュハラやハラスメントに関わる相談ができるように、相談窓口や意見を提出できる目安箱をつくりましょう。

コミュハラを受けている側は「こんなことを気にしてはいけない」と、周りに言い出しづらい思いを抱えているかもしれません。

相談窓口や目安箱の設置は、周りの社員がコミュニケーションハラスメントに気づかないまま事態が悪化するのを防ぐ対策につながります。

コミュハラの対策は円滑なコミュニケーションが鍵

コミュハラが起こる原因には、社風や職種の影響、決めつけの言動が多いことやコミュニケーション不足で誤解が起こることが要因にあげられます。

仕事で取り組める対策には、挨拶や気軽な雑談から会話を進めながら、相手の価値観を認めて否定的な言動はしないことがあげられるでしょう。

企業側が準備を進めておきたい対策には、ハラスメント防止の教育を実施すること、相談窓口や目安箱の設置があげられます。

コミュニケーションハラスメントを事前に予防するためにも、相手の価値観や性格を決めつける言動は避けて配慮の気持ちを忘れないようにしましょう。

ビジネスチャット「Chatwork」は、社内のコミュニケーション活性化を実現するツールです。

職場や社内で気軽にコミュニケーションを取れるような環境づくりに、Chatworkを活用してください。


Chatworkを始める(無料)

Chatwork(チャットワーク)は多くの企業に導入いただいているビジネスチャットです。あらゆる業種・職種で働く方のコミュニケーション円滑化・業務の効率化をご支援しています。

Chatwork新規登録

職場環境を改善したい方におすすめの資料
風通しの良い職場環境をデザインする方法

風通しの良い職場環境をつくる方法を、組織と従業員の2つの視点から具体的に紹介します。

主な内容

  • 風通しの良い職場環境はなぜ必要なのか?
  • コミュニケーションの見直しから始める
  • 「継続」が成功の条件

ダウンロード
Chatwork

Chatwork

Chatworkのお役立ちコラム編集部です。 ワークスタイルの変化にともなう、働き方の変化や組織のあり方をはじめ、ビジネスコミュニケーションの方法や業務効率化の手段について発信していきます。

  • facebookシェアボタン
  • twiterシェアボタン
  • はてなブックマークボタン
  • pocketボタン

関連記事