職場の馴れ合いとコミュニケーションの違いと職場の馴れ合いの改善方法

公開日: 更新日:
ビジネスチャット
  • facebookシェアボタン
  • twiterシェアボタン
  • はてなブックマークボタン
  • pocketボタン
職場の馴れ合いとコミュニケーションの違いと職場の馴れ合いの改善方法

目次

職場で馴れ合いが当たり前になると、仕事で成果を出すために必要な意見交換が活性化しないリスクを抱えます。

職場で馴れ合いが横行すると、組織としての成長が見込めなくなるため、業務が非効率になり生産性が低下する懸念も生じます。

職場の人間関係で適切なコミュニケーションが取れるように改善方法を取り入れることは、会社の信頼を守りながら事業を安定的に継続するためにも重要です。

職場の馴れ合いとコミュニケーションの違いとは何か、職場の馴れ合いの改善方法を解説します。

職場の馴れ合いの状態とは?

職場で指導や意見交換が求められる場面で、適切な意見が伝えられずに関係性の維持を優先してしまう状況であれば、その職場は馴れ合いの状態であると考えられます。

職場では仕事の成果を出すことが優先されるため、否定的な意見を相手に伝える場面も出てくるでしょう。

意見交換で業務の工程を改善する案やアイデアを出し合うことで、業務で発生する失敗やリスクを回避できるようになりますが、職場が馴れ合いの状態だと適切な意見交換がおこなわれません。

適切に意見が伝えられない馴れ合いの状態では、組織や事業のためになる提案が失われてしまい、仕事での成果があげられない状態つながるため、職場全体から馴れ合いの状態を見直さなければいけません。

職場が馴れ合いの状態になる原因

職場が馴れ合いの状態になる原因とは何なのでしょうか。

不適切な関係性やコミュニケーションが続くことで、職場の人間関係やコミュニケーションが馴れ合いになっていきます。

組織のコミュニケーション不足

会社の上層部から現場で働く人たちの意思疎通や連携がとれていないと、事業目標が共有されず、職場の馴れ合いが増えてしまう可能性があります。

たとえば、管理職の指導や職場の管理が行き届いていないと、部下が仕事を効率よく進められず、成果が出せないまま生産性が下がる原因につながるでしょう。

上層部が現場に甘えてしまい組織コミュニケーション不足になると、職場がうまく機能せずに馴れ合いの状態につながります。

人間関係の派閥がある

会社の気が合う人同士で社員同士の結束ができてしまうと、業務よりも人間関係が優先で仕事に影響を与える場合があります。

仕事の案件や話し合いで決断するときも派閥を気にしてしまい、組織にとって有益になる意見交換がしづらくなるのです。

人間関係の派閥が多い会社では、トラブルや揉めごとが多くなる懸念を避けるために、馴れ合いが続く悪循環が生まれやすい状態になります。

暗黙の了解が多い

職場の馴れ合いが多い環境では、社員同士が勝手に決めてしまったルールが多くなりがちです。

個人の主観で決められている場合もあるので、仕事のノウハウが教える人で違っている、仕事全体の効率化が図れていないなど、業務における無駄が増えてしまう可能性があります。

暗黙の了解が多くなると社員同士の雰囲気が息苦しいものになってしまい、社員が定着せずに働きづらい状態にもなりますし、一部の社員による馴れ合いが強まっていることの兆候とも考えられるでしょう。

職場の馴れ合いが仕事に与えるリスクや悪影響

職場では、仕事の成果をあげるために集中しながら働ける環境や適切に意見交換ができる環境が望ましいといえます。

職場の馴れ合いが仕事に与えるリスクや悪影響を見ていきましょう。

仕事の時間に集中できない

馴れ合いの関係性ができてしまうと、仕事よりも個人同士のつき合いの優先順位が高くなります。

たとえば、仕事中の適度な雑談は大切ですが、会話に参加して肯定しないといけない空気感ができてしまうなど、本業に集中できなくなるリスクを抱えるかもしれません。

職場の馴れ合いが仕事に与えるリスクや悪影響には、仕事の時間がおざなりになって集中できず、仕事の品質や成果を下げてしまう懸念があげられます。

意見交換ができず組織の成長が止まる

作業効率化を図って仕事の品質をあげるには、業務工程の無駄を省いたり、新しいアイデアを取り入れたりする意見交換が必要です。

しかし、職場の馴れ合いが続くと新しい意見を伝えづらくなり、改善がないまま課題が放置されるリスクを抱えてしまうなど、業績悪化の可能性が考えられます。

組織として成長できるチャンスを失ってしまうなど、職場の馴れ合いが仕事にリスクや悪影響を与えてしまいます。

イエスマンが増える

職場での関係性が良好だとよい影響もありますが、馴れ合いになっている場合は、否定的な意見が伝えづらくなります。

たとえば、仕事の会議で意見交換が求められる場合、本来なら反対意見を伝えてもよい場面で周りの空気を気にしてしまい、適切に意見が発信できない状況が当てはまるでしょう。

職場の馴れ合いが仕事に与えるリスクや悪影響には、反対意見を言えないイエスマンが増えてしまう懸念があげられます。

問題が放置される

職場では管理職を中心に仕事や人間関係の問題を調整する役割が重要になるため、馴れ合いが増えてしまうと問題が放置されがちになります。

部下が上司に人間関係のトラブルで相談してきた場合も、先延ばしにするリスクが生まれやすく、社員の休職や離職が増える悪影響が出る場合もあるでしょう。

組織として機能するために重要な問題が放置されるのも、職場の馴れ合いが仕事に与えるリスクや悪影響にあげられます。

職場でのコミュニケーションと馴れ合いの違い

周りの人間関係を円滑に進める姿勢は大切ですが、馴れ合いにならないためには、適切に意見を伝え合うことも重要です。

職場でのコミュニケーションと馴れ合いの違いを見ていきましょう。

反対意見や改善案を伝え合える

仕事の意見交換では会社の未来を考えるためにも、反対意見や改善案を述べなければいけな い場面が出てきます。

馴れ合いがない職場では、相手の立場や派閥に関係なく、仕事に関わる課題や問題に対して意見を伝えやすい体制が整っているのです。

職場の目標は事業で成果を出すことなので、売り上げを安定させるための意見交換や新しいアイデアを募る機会が事業継続の鍵を握っています。

仕事に対する意見が言い合える環境かどうかが、職場でのコミュニケーションと馴れ合いの違いです。

仕事のミスやトラブルを放置しない

仕事での関係性が適切であると、業務のミスやトラブルが起きたときに隠蔽する行動につながりにくいメリットがあります。

部下から上司に報告や連絡を欠かさないなど、業務の質の低下を予防できるため、取引先や顧客から信用されやすくなるでしょう。

職場でのコミュニケーションと馴れ合いの違いには、仕事のミスやトラブルを放置せずに対策につなげるための報告や連絡があるかどうかがあげられます。

組織のためになる行動ができる

個人の意見や気分に左右されるのではなく、会社の事業を優先して行動できる社員の存在が必要です。

たとえば、成果を出せるような工夫を部署で取り入れるなど、事業を継続するために求められる結果を出せると、従業員と会社の両方が長く働ける会社づくりにつながります。

周りの目を気にすることが中心でなく、組織全体の役割や成果を考えて行動できるかどうかが、職場でのコミュニケーションと馴れ合いの違いです。

職場の馴れ合いをやめる改善策

職場では、仕事とプライベートの時間をわけて考えながら、適切な意見交換ができると馴れ合いを防ぐコミュニケーションにつながります。

職場で取り組める馴れ合いをやめる改善策を見ていきましょう。

仕事とプライベートの時間でメリハリをつける

事業を継続するために集まる職場では、業務中と私情の対応をわける必要があります。

仕事に取りかかっている間はプライベートとは違い、お互いが意見交換を進めたり、指示を受けたりしながら、成果を出すために作業効率化を図る流れが重要です。

仕事とプライベートの時間にメリハリをつけると、やるべきことを終わらせながら作業に取りかかれるため、職場の馴れ合いをやめる改善策につながります。

報告・連絡・相談を欠かさない

仕事のやりとりでは作業効率化を図るためにも、仕事の進め方や処理状況の報告や連絡が重要です。

上司に意見交換や相談の機会を取り入れるなど、業務の課題や問題を解消できるようにコミュニケーションを活性化させる必要があります。

職場の馴れ合いをやめる改善策には、仕事の成果からミスやトラブルをとどこおりなく報告し合うための報連相が大切です。

指導が求められるときは適切に意見を伝える

職場の人間関係がうまく機能しているときは、上司から部下に必要な場面で適切に指導できます。

部下が間違った仕事の進め方を実行していると気づいた場合も、見て見ぬふりをせずに今後のために言い方を考えて成長するための言葉を投げられるのです。

相手のミスやトラブルを指摘するのは勇気がいるものの、指導が必要な場面で適切に意見を伝えられると、職場の馴れ合いをやめる改善策につながります。

適切なコミュニケーションが職場の馴れ合いを改善する

馴れ合いとは違って適切に意見交換ができている職場は、組織のためになる反対意見や改善案を伝え合えるため、仕事のミスやトラブルを放置せずに済みます。

職場の馴れ合いを改善するには、仕事とプライベートの関係性をわけて考えながら、お互いに報連相を欠かさないように意識し、適切に意見を伝え合える職場づくりが重要です。

社内の円滑なコミュニケーションを実現するためには、ビジネスチャット「Chatwork」が効果的です。

適切かつ迅速な相談や報告などのコミュニケーションや情報共有をChatworkを利用しておこなうことで、職場の馴れ合い状態を防ぐことができるでしょう。


Chatworkを始める(無料)

Chatwork(チャットワーク)は多くの企業に導入いただいているビジネスチャットです。あらゆる業種・職種で働く方のコミュニケーション円滑化・業務の効率化をご支援しています。

Chatwork新規登録

職場環境を改善したい方におすすめの資料
風通しの良い職場環境をデザインする方法

風通しの良い職場環境をつくる方法を、組織と従業員の2つの視点から具体的に紹介します。

主な内容

  • 風通しの良い職場環境はなぜ必要なのか?
  • コミュニケーションの見直しから始める
  • 「継続」が成功の条件

ダウンロード
Chatwork

Chatwork

Chatworkのお役立ちコラム編集部です。 ワークスタイルの変化にともなう、働き方の変化や組織のあり方をはじめ、ビジネスコミュニケーションの方法や業務効率化の手段について発信していきます。

  • facebookシェアボタン
  • twiterシェアボタン
  • はてなブックマークボタン
  • pocketボタン

関連記事