コミュニケーションに疲れる原因と仕事のコミュニケーション疲れの対処法

公開日: 更新日:
ビジネスチャット
  • facebookシェアボタン
  • Xシェアボタン
  • はてなブックマークボタン
  • pocketボタン
コミュニケーションに疲れる原因と仕事のコミュニケーション疲れの対処法

目次

仕事の環境や人間関係が理由で、コミュニケーションに疲れる状況が起こる場合があります。

コミュニケーションに疲れてしまうようになると、本来の能力を発揮しづらくなってしまい、業務の生産性が落ちる結果につながりやすい懸念もあるでしょう。

業務の効率化には適切なコミュニケーションが欠かせないため、本来の能力を発揮して仕事に取り組むためにも職場全体や業務体制の見直しが重要です。

仕事のコミュニケーションに疲れる原因と対処法を理解して、適切な職場環境に改善していきましょう。

仕事のコミュニケーションに疲れる原因

仕事のやりとりや人間関係のコントロールが難しくなると、心身に負荷がかかり疲れを感じてしまいます。

仕事のコミュニケーションに疲れる原因を見ていきましょう。

相手の都合に引っ張られる

取引先とのやりとりで課題にあげられるのは、締め切りや納品が毎回スケジュールどおりにいかない状況です。

取引先の都合で直前まで進行が決まらなかったり、締め切りが急遽早まってしまうなどの状態があげられます。

相手の都合に引っ張られる関係性が続くと思うように進められなくなるので、仕事のコミュニケーションで疲れる原因になるのです。

職場の人間関係でネガティブな言動が多い

職場の上司が高圧的な態度で指導したり、仲間同士で悪口が多かったりすると、心が落ち着かずにストレスを感じます。

コミュニケーションの軸がネガティブな言動が中心になると、未来につながる意見交換ができずに生産性も落ちやすくなるでしょう。

職場の雰囲気がよくないと、仕事のコミュニケーションに疲れる原因になるため、建設的に話し合える関係性が望ましいといえます。

連絡のレスポンスが遅い

取引先との業務連絡で返信がとどこおる機会が多いと、メールの再度送信や電話対応の必要性から二度手間になります。

コミュニケーションコストがかかってしまい、心理的な負担やタスクにつながるでしょう。

業務のやりとりがスムーズにいかないと、仕事の進行が止まりやすくなるため、コミュニケーションで疲れる原因になります。

完璧主義の傾向

仕事の細かい部分まで気にしすぎてしまうと精神的な負荷がかかり、自分や相手に対しても完璧を求めがちになります。

また、相手の言動に注意が向きすぎてしまう場合もあり、相手を信頼して仕事を任せられなくなるかもしれません。

完璧主義の傾向があると仕事の負担が増えてしまいやすいため、仕事のコミュニケーションで気を張りすぎて疲れる原因になります。

コミュニケーション手段が不適切

仕事の業務連絡では、職場の作業効率化につながるツールかどうか再検討が必要です。

たとえば、コミュニケーション手段が職場に合わず、メールや電話対応に時間がかかると、仕事の進行がストップしてしまう状況につながり業務に支障が出やすくなります。

それぞれの業界や職種に合った手段を導入できていないと、コミュニケーションコストがかかって疲れる原因になるのです。

気軽にコミュニケーションが取れない

職場の社風によっては、仕事以外のやりとりがしづらい状況があげられます。

上層部の意見が絶対で部下の意見を受け入れないなど、適切に意見交換ができないと職場の体制が不適切なまま運用される場合もあるでしょう。

気軽にコミュニケーションを取れない環境は、職場に緊張感がただよってしまい疲れる原因になるのです。

仕事のコミュニケーションに疲れる状態になりやすい例

職場の環境や意見交換が適切にできない状態は仕事の負担を減らすためにも改善が必要です。

仕事のコミュニケーションに疲れる状態になりやすい例を見ていきましょう。

電話対応が多い

業務連絡のやりとりが多い場合を始め、顧客からの問い合わせで電話対応が多いとストレスにつながります。

本業に集中できなくなるため、仕事があとまわしになって残業時間が増えやすくなります。

取引先や顧客からの電話対応を減らす対策を取り入れない状況は、仕事のコミュニケーションに疲れる例につながるので改善策が必要です。

仕事を引き受けすぎる

担当以外の仕事を引き受けすぎてしまうと、仕事量の調整が難しくなってしまい負担がかかります。

仕事を断るのが苦手な方だけでなく、職場の体制が整っていない状況でも仕事量が分散できず、仕事が集中してしまう場合があるでしょう。

コミュニケーションに疲れる例には、仕事を引き受けすぎてしまう状態があげられます。

会議や打ち合わせが多い

会議や打ち合わせが多いと仕事の時間が奪われるため、担当する仕事に集中できなくなる場合があります。

仕事の効率化に向けた取り組みやコミュニケーション活性化のつもりが本末転倒になるのです。

会議や打ち合わせの準備に手間がかかること、意見交換の時間が長すぎるなど、内容によってはコミュニケーションに疲れる状態の例に当てはまります。

適切に自己主張ができない

仕事のやりとりで相手の主張に合わせすぎたり、意見交換の機会が少なかったりすると、コミュニケーション不足につながります。

自分ばかりが我慢していると感じてしまい、場合によっては心身に悪い影響が出てしまい、離職や休職になりかねません。

職場の取引先や仲間と適切な自己主張ができない状態も、コミュニケーションで疲れる状態の例につながります。

仕事のコミュニケーションに疲れるときの対処法

コミュニケーション疲れをなくすためにも、職場環境の調整が必要です。

仕事のコミュニケーションに疲れるときの対処法を見ていきましょう。

上司や同僚に相談する

仕事の相談がしやすい相手に、自分の気持ちを言葉にして伝えると心が休まります。

仕事の環境面でコミュニケーション疲れを感じているときは、上司に協力をあおぐために意見交換の機会をつくりましょう。

仕事のコミュニケーション疲れを解消するためにも、上司や同僚に相談することで悩みの本題が整理できて対処法につなげられます。

仕事量は適切に調整する

依頼された仕事を引き受けすぎてしまうと、職場の仲間とコミュニケーションを取るのが億劫になってしまいます。

心身が疲れる状況を避けるためにも、仕事の依頼を適度に断るスキルを身につけるのが得策です。

仕事を断りづらい場合は、上司に相談して仕事量が適切になるように調整してもらうなど、コミュニケーション疲れの対処法には仕事量を調整しましょう。

管理職が職場の体制を見直す

職場の環境や人間関係の雰囲気が原因で、コミュニケーションに疲れる状況が起こる場合もあります。

取引先とのコミュニケーションで疲れる要因はないか、職場の人間関係でネガティブな言動が多くないかなど、課題がないか管理職が再検討しましょう。

管理職が職場の体制を見直すことで適切なコミュニケーションがしやすくなり、仕事に感じる負担が減らせる対処法につながります。

ビジネスチャットを導入する

仕事の連絡手段が適切でないときは、お互いにコミュニケーションコストがかかる無駄が生じやすいのでビジネスチャットの活用がおすすめです。

  • ビジネスチャットを使って会議や打ち合わせができる
  • 電話やメールの代わりに取引先と交流できる手段につながる
  • 連絡のやりとりがスムーズになって時短につながる

社内や取引先とのやりとりが時短できれば、コミュニケーションに疲れる要因を解消できる対処法につながります。

コミュニケーションに疲れる原因の解消にChatwork

仕事のコミュニケーションに疲れる原因には、職場の人間関係が悪いことや適切な自己主張ができないことがあげられます。

コミュニケーションに疲れるときの対処法には、上司や同僚に相談して話を聞いてもらうことや体制の見直しがあげられるでしょう。

ほかにも、ビジネスチャットの導入で意見交換の活性化につなげて、コミュニケーションコストを減らす方法があります。

ビジネスチャット「Chatwork」を利用することで、気軽な社内コミュニケーションや情報共有の円滑化を実現できます。

コミュニケーションコストの削減、コミュニケーションに疲れる原因の改善策として、Chatworkの利用をご検討ください。

  今すぐChatworkを始める(無料)

Chatwork(チャットワーク)は多くの企業に導入いただいているビジネスチャットです。あらゆる業種・職種で働く方のコミュニケーション円滑化・業務の効率化をご支援しています。

Chatwork新規登録

ビジネスチャットとは?効果が簡単にわかる!
マンガでわかる!「ビジネスチャット」
ダウンロード
Chatwork

Chatwork

Chatworkのお役立ちコラム編集部です。 ワークスタイルの変化にともなう、働き方の変化や組織のあり方をはじめ、ビジネスコミュニケーションの方法や業務効率化の手段について発信していきます。

  • facebookシェアボタン
  • Xシェアボタン
  • はてなブックマークボタン
  • pocketボタン

関連記事