コミュニケーションの苦手を克服する方法と克服するメリット

公開日: 更新日:
ビジネスチャット
  • facebookシェアボタン
  • twiterシェアボタン
  • はてなブックマークボタン
  • pocketボタン
コミュニケーションの苦手を克服する方法と克服するメリット

目次

プライベートとは違い、仕事でのコミュニケーションに苦手意識を感じる人は多くいることでしょう。

しかし、仕事を進めるうえではコミュニケーションは重要であり、必要不可欠です。

コミュニケーションの苦手意識を克服する必要性や、克服することで得られるメリットについて考えてみましょう。

コミュニケーションが苦手だと感じる理由を考え、自分に合った克服方法を見つけることで、コミュニケーションだけでなく仕事に対する意識も効果的に変化するかもしれません。

コミュニケーションが苦手を克服する必要性

まずは、ビジネスでコミュニケーションの苦手意識を克服する必要性と、苦手意識を克服することで得られるメリットについて考えてみましょう。

仕事をするうえで、人とコミュニケーションは多岐にわたり、勤務開始の挨拶、進捗状況の報告や顧客対応など、一日の業務時間内では多くのことを伝えたり、お願いしたりする場面でコミュニケーションは発生します。

その際のコミュニケーションの質によって、内容の伝わり方や印象が大きく変わることを認識しましょう。

コミュニケーションが苦手だからといって、相手と視線も合わさずに、「これ、お願いします」と伝えるのと、ちゃんと相手の目を見て同じ言葉を口にするのでは、大きく印象が変わります。

適切にコミュニケーションをとることは、役割分担を明確にしたり、報告の行き違いを起こさないようにするために必要な行為です。

また、仕事の合間に交わす何気ない会話や、仕事の相談をすることで、組織への帰属意識を持つこともできます。

しかし、コミュニケーションの苦手意識を克服するといっても、会話のテンポをよくしたり、気の利いた冗談をいったりするような高いコミュニケーション能力を仕事をするうえでは身につける必要はありません。

まずは、仕事の基本となる「報連相」をきちんと相手に伝えられることが、苦手意識を克服する第一歩となります。

コミュニケーションが苦手を克服するメリット

コミュニケーションの苦手意識を克服することで、得られるメリットには以下のようなものがあります。

  • 情報共有が円滑化される
  • 人間関係や信頼関係の構築につながる
  • 作業効率がよくなる
  • 評価の向上やスキルアップにつながる

コミュニケーションの苦手意識を克服することで、丁寧な説明ができるようになり、周囲から信頼される人になります。

また、こまめにコミュニケーションをとることで作業効率が上がり、チーム内のメンバーは働きやすい環境だと感じるでしょう。

チーム全体のコミュニケーションが円滑になれば、高いパフォーマンスが発揮されて大きな成果へとつながります。

さらに、コミュニケーションの苦手意識を克服した結果、チームビルディングの成功を担った人物として、評価が上がりスキルアップやキャリアアップへの道が開けるかもしれません。

コミュニケーションが苦手な理由

人とコミュニケーションをとることが苦手だと感じるには、それぞれの理由があると思われます。

コミュニケーションが苦手だと感じる理由を自覚することで、コミュニケーションが苦手を克服する方法のヒントが見つけられるかもしれません。

何を話せばいいかわからない

コミュニケーションをとることが苦手だと感じる理由として、仕事以外の会話では何を話していいかわからないというものです。

質問されたことに対する返事や仕事の報告などは話せても、いざ自分から話しかけるとなると、何も頭に浮かんでこないという理由で、コミュニケーションに苦手意識を持ってしまう人は少なくありません。

自分がどう思われているか気になる

何かを話そうと思っても、「話しかけたことで自分はどう思われるのだろう」「こんな話をしてつまらない人だと思われないかな」と、自分への評価を気にしすぎることが理由で、コミュニケーションをとることをやめてしまう人もいます。

このようなケースでは、過去に自分の発言が原因で不快な思いをした経験がある人もいるようです。

自分の発言に自信がない

自分の発言が間違っていないかと思いこんでしまうことが理由で、自分から提案をしなかったり、質問に対して明確に答えられなかったりした際に、うまくコミュニケーションがとれないと感じてしまうこともあるようです。

間違った発言をしたことで失敗をしてしまわないかと不安を感じる人は、新しいことにチャレンジするにも躊躇してしまい、せっかくのチャンスを逃してしまうことも少なくありません。

コミュニケーションが苦手を克服する方法

コミュニケーションに苦手意識を持ったままでは、仕事で行き違いが生じてしまう、疎外感を感じてしまうなど、モチベーションの低下へとつながってしまいます。

無理にコミュニケーションの苦手意識を克服して疲れてしまうのではなく、自分ができる克服方法から徐々にチャレンジしていくことが大切です。

自分が話しやすいと感じる人を思い浮かべる

会社の中で、「この人なら話しやすい」と思える人を思い浮かべてみましょう。

そして、コミュニケーションに苦手意識を感じる自分でも、その人ならなぜ話しやすいと感じるかを考えてみます。

口数は多くないけど必ず目を見て話してくれる、内容を話す前に「〇〇さん、この前の」と名前を呼んでから話し始めるなど、なにか話しやすいポイントがあるはずです。

ある日突然、積極的に話せるようになるのではなく、まずは自分が話しやすいと感じる人を真似ることから始めてみましょう。

まずは相手の目を見て話を聞く

「話し上手は聞き上手」ということわざにあるように、相手の目を見て話を聞いてくれる人は、たとえ口数は少なくても自然と周りに人が集まってきます。

また、常に話題に事欠かない人は、話を聞いてくれる人がいてこそ成り立つものです。

しかし、気をつけたい点として、どんなに話を聞いていても目線を合わさないままでは、「きちんと話を聞いていない」と印象を悪くしてしまいます。

相手の目を凝視する必要はありませんが、適度に目線を合わせる、相槌を打つなどを意識してみましょう。

相手に関心を持つ

相手が話す内容に関心を持って聞いてみましょう。

話の中には、共感や関心を覚える内容があるはずです。

例えば、相手が自分とは違う考えを述べたとしても、拒否感や嫌悪感を感じるのではなく、「そんな考え方もあるのか」という新たな気づきだと考えましょう。

自分の発言に自信が持てないことでコミュニケーションを避けてきた人は、自分が相手に関心を持つことで、同様に自分にも関心を持ってくれる人がいることを認識できるのではないでしょうか。

自分の意見は否定されないと知ることは、コミュニケーションに対してネガティブだった意識をポジティブに変化することができます。

コミュニケーションに対する意識がポジティブになっただけでも、苦手意識の克服のステップにおいては飛躍的な一歩です。

適度に相槌を打つ

「話し上手は聞き上手」の効果を感じられるようになったら、相手の話に対して適度に相槌を打ってみましょう。

共感できる部分には深く頷き、新たに知り得た話であれば「なるほど」と関心を示します。

多くの人は、自分の話に共感してくれる人に好印象を感じるものです。

仮に、共感できない話を聞いてしまったとしても、「それは違います」と頭ごなしに否定するのではなく、「そうなんですね」と受け流す対応力も必要です。

仕事で相手を否定することは、ある程度の人間関係が出来上がっている、または、お互いを信頼している関係性でない限り避けたほうがよいでしょう。

質問をしてみる

相手の話に気になる点があったら、ためらわず質問してみましょう。

質問をするということは、相手の話を聞いて関心を持っていることの証拠です。

どちらかが一方的に話してばかりでは、コミュニケーションとはいい難く、報告をしているかのように感じてしまいます。

自分の質問に対して相手が返答をするという流れを繰り返せば、自然とコミュニケーションが成立しており、コミュニケーションが苦手だということを、もはや気づかれもしないかもしれません。

テキストでのコミュニケーションは平気な人も

対面でのコミュニケーションは苦手でも、チャットやSNSなどのテキストによるコミュニケーションは平気だという人は少なくありません。

対面でのコミュニケーションが苦手な人は、思慮深い傾向が見られます。

そのため、じっくりと考えてから発言ができるテキストでのやりとりのほうが、コミュニケーションがとりやすいと感じることもあるようです。

仕事では、メインとなるコミュニケーションツールの多くがメールであることが多く、ビジネスチャットを導入する企業も増えてきています。

テキストでのコミュニケーションであれば平気だという人は、メールやビジネスチャットで積極的にコミュニケーションをとってみましょう。

また、テレワークなど対面のコミュニケーションが取れない場合においては、メールやチャットでこまめにコミュニケーションをとる人が有利になる場合もあります。

Chatworkでコミュニケーションが苦手を克服

Chatworkのようなビジネスチャットは、コミュニケーションが苦手だと感じる人でも使いやすいコミュニケーションツールです。

相手の話に共感や感謝を伝えたいのに、言葉でうまく表現できないときでも、Chatworkにあるリアクション機能を使えば、自分の感情を気軽に伝えることができます。

また、Chatworkのチャット機能ではテキストで会話ができるので、じっくりと考えてから発言できることも特徴です。

Chatworkでは、やりとりがテキストとして見える化できるので、対面で会話をする際の参考にもなるでしょう。

対面でのコミュニケーションの苦手意識を克服する練習として、チャット上で積極的に発言することから始めてみることもよいでしょう。

コミュニケーションの苦手意識克服や社内コミュニケーションの活性化を考えているのであれば、Chatworkの導入をご検討ください。

Chatworkを始める(無料)

Chatwork(チャットワーク)は多くの企業に導入いただいているビジネスチャットです。あらゆる業種・職種で働く方のコミュニケーション円滑化・業務の効率化をご支援しています。

Chatwork新規登録
テレワークをもっと活用したい方へ
明日から使えるオンラインコミュニケーション

オンラインコミュニケーションがますます一般的になる中、課題も明らかになっています。

オンラインコミュニケーションの課題と、課題に対する解決策を紹介します。

ダウンロード
Chatwork

Chatwork

Chatworkのお役立ちコラム編集部です。 ワークスタイルの変化にともなう、働き方の変化や組織のあり方をはじめ、ビジネスコミュニケーションの方法や業務効率化の手段について発信していきます。

  • facebookシェアボタン
  • twiterシェアボタン
  • はてなブックマークボタン
  • pocketボタン

関連記事