ブレインストーミングの欠点とブレインストーミングの欠点を補う方法

公開日: 更新日:
ビジネスチャット
  • facebookシェアボタン
  • Xシェアボタン
  • はてなブックマークボタン
  • pocketボタン
ブレインストーミングの欠点とブレインストーミングの欠点を補う方法

目次

新しいアイデアを出し合う機会として、ブレインストーミングが効果的です。

ブレインストーミングは、多くのアイデアを自由に出しやすい手法であり、相手からの否定や決めつけの意見を伝えないルールを軸に進められるメリットがあります。

しかし、ブレインストーミングには、事業に適切なアイデアを出し切れない欠点もあるので事前に特徴を知ってから取り入れる必要があるでしょう。

ブレインストーミングを職場で取り入れる欠点とブレインストーミングの欠点を補うための方法を解説します。

ブレインストーミングには欠点がある?

ブレインストーミングとは、会議でお互いの意見を否定せずに自由にアイデアを出す手法になり、アイデアの数を出すことやそれぞれのアイデアを組み合わせられる点が特徴ですが、欠点もあります。

自由に発言ができるブレインストーミングにはコミュニケーションが活性化するメリットもありますが、同時に「事業に適切なアイデアを出し切れない」欠点もあります。

本質的なアイデアを出す場ではないという面もあるので、どのような場面であってもブレインストーミングをすればいいわけではありません。

職場の会議でブレインストーミングを取り入れる際の欠点を具体的に見ていきましょう。

ブレインストーミングの欠点:発言する人物が偏る

ブレインストーミングには向き不向きがあるため、参加者や議題によっては特定の人物が進行の中心になる可能性があります。

参加者が平等に発言できる機会を与えないと、意見交換の場でありながらも有益なアイデアが出せないまま会議が終了するかもしれません。

ブレインストーミングの欠点には、会議での発言が得意な人とそうでない人で発言量に偏りが出てしまう点があげられます。

ブレインストーミングの欠点:アイデアが少ないこともある

ブレインストーミングをすれば、自然とアイデアがたくさん湧き出てくるものではありません。

また、元からアイデアの数を出すのが得意な人もいれば、ひとつのアイデアをじっくり見極めてプレゼンしたいと思う方もいるでしょう。

ブレインストーミングでは質よりも数を重視したアイデアの出し方なので、企画の内容や議題によっては事前にアイデアを膨らませることが難しいこともあります。

持ち寄ったアイデアの数が少ないとメリットが発揮できない可能性があることは、ブレインストーミングの欠点です。

ブレインストーミングの欠点:発言しづらい場合もある

部署にこだわらずにさまざまな立場や価値観の人を集められるのがブレインストーミングの魅力ですが、会社の上層部が参加者にいると自由に発言しづらくなる場合があります。

上層部の参加者を含めるときは、ある程度お互いの信頼感がある人を選別すると、意見交換が活性化しやすくなるでしょう。

ブレインストーミングの欠点には、参加者に意見交換がしづらい雰囲気の上層部がいると、自由な発言が制限されやすくなる点があげられます。

ブレインストーミングの欠点:アイデアがまとまらない

ブレインストーミングでは、自由な発言で集めたアイデアをまとめて現実に活かせるものに落とし込む必要があります。

アイデアの数が出たからといっても、事業内容に反映させられる内容でない場合は、従来どおりに意見交換するほうが有益な結果を出しやすい場合もあるかもしれません。

意見交換の会議が再度必要になる可能性や課題が解消されない可能性があることは、ブレインストーミングの欠点です。

ブレインストーミングの欠点を補う方法

話し合いの場を効果的に進めるためにも、ブレインストーミングの欠点をカバーできる工夫を取り入れてみてください。

具体的にブレインストーミングの欠点を補う方法を見ていきましょう。

匿名で意見を書き出す

会議では直接意見を伝えるのが苦手な社員もいるため、紙を配布してアイデアを募って話し合う方法があります。

直筆だと特定されると感じる場合は、データで打ち込んだ内容をまとめて印刷する方法もあるでしょう。

意見を事前に書き出すことで発言しなければいけないプレッシャーを減らせて、緊張感をなくす工夫になります。

誰の発言であるかを掘り下げないように配慮することで、発言しづらい状況を防ぎながらじっくり話し合いができて、ブレインストーミングの欠点を補う方法につながります。

仲介や調整役の参加者を含める

参加者に上層部を含める必要があるときは、間に入って会議を進行できるポジションの人物を参加させるとアイデアがまとまりやすくなります。

適切な自己主張ができて調和を取るのが上手な社員を仲介に含めることで、参加者が平等に発言する機会を設けやすくなるメリットもあるでしょう。

ブレインストーミングの欠点を補う方法になり、参加者が安心して発言しやすい環境が整います。

アイデアを出し合う習慣をつくる

いきなりブレインストーミングの手法を取り入れると、慣れない進め方にかえってアイデアが出ない可能性があげられます。

たとえば、一週間に一回程度は企画やアイデアを書き留めてもらい発表し合う場を設けるなど、日ごろから発想をアウトプットする習慣に慣れておくのがおすすめです。

慣れてくるとアイデアを出すことが習慣化し、自由な発想が出しやすくなり「そもそもアイデアが思い浮かばない状態」を減らせて、ブレインストーミングの欠点を補う方法にできます。

ビジネスチャットでアイデアを出し合う

事前にビジネスチャットにグループチャットを作ってアイデアを投稿することで、ブレインストーミングで話し合う時間が足りないときの対策にできます。

ある程度まとめておけば、アイデアを選別できて会議で話し合う時間を短縮できるため、仕事の時間を奪わず作業に集中できます。

有益なアイデアがまとまらずに時間を無駄にしてしまう欠点を避けられて、ブレインストーミングの欠点を補う方法につながるでしょう。

ブレインストーミングの欠点を補う工夫をしよう

質よりも数を多く出すことを目標にしたブレインストーミングには、発言者の偏り、上層部の参加者がいると発言しづらいなど、事業に有益なアイデアを出し切れない欠点があげられます。

ブレインストーミングの欠点を補う方法には、匿名で意見を書き出す方法や調整役の参加、アイデアを出し合う習慣をつくるなど、会議でアイデアを出しやすい状況を整える工夫が必要です。

ビジネスチャットでアイデアを出し合う方法もあるので、会議の時短にある程度内容を絞りたいときは効果的に活用できます。

ビジネスチャット「Chatwork」は、作業効率化や気軽なコミュニケーションを実現できるコミュニケーションツールです。

企画やアイデアを出し合う機会やコミュニケーションの活性化に役立つChatworkの導入をご検討ください。

Chatworkを始める(無料)

Chatwork(チャットワーク)は多くの企業に導入いただいているビジネスチャットです。あらゆる業種・職種で働く方のコミュニケーション円滑化・業務の効率化をご支援しています。

Chatwork新規登録

ビジネスチャットとは?効果が簡単にわかる!
マンガでわかる!「ビジネスチャット」
ダウンロード
Chatwork

Chatwork

Chatworkのお役立ちコラム編集部です。 ワークスタイルの変化にともなう、働き方の変化や組織のあり方をはじめ、ビジネスコミュニケーションの方法や業務効率化の手段について発信していきます。

  • facebookシェアボタン
  • Xシェアボタン
  • はてなブックマークボタン
  • pocketボタン

関連記事