営業電話の時間は何時まで?営業電話をするのに適した時間帯

ビジネスチャット
  • facebookシェアボタン
  • twiterシェアボタン
  • はてなブックマークボタン
  • pocketボタン
AWAY

目次

営業電話に適した時間は何時までになるのでしょうか。

営業電話の基本的なマナーのなかでも、特に重要なのが電話をかける時間帯です。

営業電話をかける時間やタイミングを間違えてしまうと、相手に迷惑をかけてしまうことや印象の悪化に繋がる場合があります。

適切な営業電話をかける時間について考えていきましょう。

営業電話に適切な時間帯の原則

営業電話をかけたとしても問題になることがない、営業電話に適切な時間帯を確認しておきましょう。

営業電話をする時間帯として問題がない時間帯以外に電話をかけてしまうと、相手に迷惑をかけてしまい、トラブルに発展する可能性も考えられます。

法人営業の場合

法人に営業の電話をかける場合、適切な時間帯は相手の営業時間内です。

あらかじめ許可を得ることなく、営業時間外に電話をかけることは失礼にあたります。

逆の立場で考えてみても、営業時間外に営業電話の対応はしたくないものですし、営業時間外に対応を求めるのも配慮が欠けた行為です。

このため、顧客の営業時間は早い段階で確認をし把握しておくのがよいでしょう。

個人営業の場合

個人に営業の電話をかける場合、適切な時間帯は午前8時から午後9時までです。

一般的に、午後9時以降は、入浴をするなど、リラックスをして就寝の準備に入る時間帯と考えられます。

また、午前8時までは、朝の仕度で忙しい時間帯のため、営業電話をかけることはマナー違反にあたります。

そのような時間に営業電話をかけたとしても、とりあってはもらえず、双方にとっても時間の無駄にしかなりません。

営業電話を避けた方がよい時間帯

法人営業の場合、原則として、相手の営業時間内に電話をかけるべきであることは説明しましたが、営業時間内であっても、避けた方がよいとされる時間帯があります。

避けるべき時間帯の電話は営業電話に限らず、好ましく思わない人は多いので、避けるべき時間帯の把握は重要です。

始業から30分以内

始業からすぐは、当日の予定確認や、朝の打ち合わせ、メールの確認など、慌ただしい時間帯です。

この時間帯に電話をしても、電話に出てもらえない可能性が高いでしょう。

また、仮に出てもらえたとしても、相手の貴重な時間を奪い、業務の邪魔をしてしまうことになりかねません。

落ち着く時間帯まで待ってから営業の電話をする方が効果的かつ好印象です。

昼休み中

昼休みは食事や休憩をして業務から離れている時間帯です。

顧客の携帯電話に電話をかければ、出てもらえるかもしれませんが、食事中に営業の電話を受けるのでは、落ち着いて食事ができずに、不愉快な思いを抱かせてしまうかもしれません。

オフィスの電話は、お昼の時間帯でも待機している方がいる場合がありますが、担当者が不在で、折り返しの対応になると、手間をかけさせてしまうことになります。

いずれにしても、昼休みは、電話を控えるべき時間帯です。

終業前の30分

終業間際も、避けた方がよい時間帯でしょう。

一日のまとめとして、報告書を作成したり、片付けを始めたりしている時間帯だからです。

電話には出てもらえるかもしれませんが、相手は終業時間を気にしなければならず、時計を見ながら話をすることになり、落ち着いて話ができない恐れがあります。

終業間際の時間帯に電話をかけるよりも、翌日の午前中に電話をかけた方が効果的といえるでしょう。

営業電話に最適な時間帯

相手の負担が少なく、その結果として、効果的な電話となりやすい、営業電話に最適な時間帯を見ていきましょう。

法人営業:午前中の早めの時間

始業からすぐの時間帯をはずした午前中の早めの時間が、営業電話には適しています。

朝の打ち合わせなどが終われば一息つけますし、一般的に、外出の予定は午後に入れている人が多いためです。

まずはこの時間帯に電話をして、もし担当者が不在のようであれば、担当者が戻る時間帯を教えてもらい、その時間帯に電話をかけ直すとよいでしょう。

法人営業:夕方の時間

午前中に次いで、夕方の時間も電話をかけやすい時間帯です。

夕方の時間であれば、担当者が外出から戻っている可能性が高いことが理由です。

終業間際にならないように気をつけて電話をすれば、担当者は外回りを終えているため、落ち着いて話を聞いてもらえる確率が高まります。

個人営業:平日の勤務時間後

個人営業の場合、相手が企業に勤めている方であれば、平日の勤務時間後、午後5時から午後7時頃までが相応しい時間帯です。

日中の勤務時間内は、私用の電話には出づらいものですし、午後7時以降になると食事や家族と過ごす時間になるので、リラックスしている時間帯の営業電話を不快に思う人が増えてきます。

営業電話の時間以外で大切なこと

営業電話のマナーは、時間だけではありません。

営業電話の際、時間以外で大切なことを見ていきましょう。

社名と自分の名前を名乗る

営業電話をかけて、相手が電話に出たら、まずは社名と自分の名前を名乗ります。

基本的なマナーであると同時に、誰からの電話なのか分からないままでは、相手は信用して耳を傾けてはくれません。

担当者に電話を取り次いでもらう場合も、担当者が電話に出た時点で、あらためて、社名と自分の名前を名乗ることから始めましょう。

適切な相手と話をする

電話をかけて出た相手が、担当者であるとは限りません。

相手が電話に出たら、すぐに本題を話し始めるのではなく、まずは何のために電話をしているのか用件を伝えて、適切な相手と話をするようにします。

その際、担当者が所属部署や名前を名乗ってくれたなら、それをすぐメモにとります。

また、名乗ってくれなかった場合は、名前が分からないままでは失礼にあたるので、こちらから聞いて教えてもらいましょう。

用件を端的に伝える

用件を伝える際は、要点に絞って、端的に伝えます。

貴重な時間を割いてもらっているので、意味もなく長々と話すのはマナーに反します。

忙しい最中に電話対応をしてもらっているのに、話のまとまりがなく、何を言いたいのか伝えられないようでは、相手をイライラさせてしまうかもしれません。

スクリプトを用意するなど、スムーズに進められるような事前準備が必要です。

聞きやすい速さと声のトーンで話す

電話には聞きやすい速さのしゃべり方と、聞きやすい声のトーンがあります。

顔が見えない電話のコミュニケーションでは、情報は声しかありません。

営業電話をして、担当者に興味をもってもらうためには、話の内容だけではなく、話す速さや声のトーンにも注意を払って会話をしましょう。

相手の都合に合わせて話をする

話し始めたら相手から止められるまで話し続けるようなことはせずに、相手の都合にも配慮しながら、話を進めましょう。

相手の都合を伺い、相手が忙しくあまり時間がないようであれば、電話をかけ直すための約束をして、後日、あらためて電話をかけた方が、相手からの印象もよくなります。

電話以外の方法も取り入れる

電話に固執せずに、電話以外の方法も取り入れることが必要です。

電話以外にもコミュニケーションツールは多くあり、営業の手段は電話が最善というわけでもありません。

メールやビジネスチャット、そのほか多くのオンラインツールを相手の状況を考慮しながら、選択することが大切です。

営業電話以外にビジネスチャットも取り入れよう

営業電話は、避けた方がよい時間帯に注意をしながら、適切な時間帯に電話をかけることが必須です。

また、営業電話によってコンタクトが取れた後は、そのほかのツールも活用しながらコミュニケーションをとることができるとより効果的になります。

ビジネスチャットの「Chatwork」は、顧客とのコミュニケーションツールとしても利用可能です。

電話でやりとりをしたことがある相手とであれば、ビジネスチャットは気軽に連絡が取れるため、商談へと話を進めやすくなるでしょう。

効果的な営業活動や定期的な連絡、顧客フォローの手段として、ぜひChatworkの導入をご検討ください。


Chatworkを始める(無料)

Chatwork(チャットワーク)は30万社以上の企業に導入いただいているビジネスチャットです。あらゆる業種・職種で働く方のコミュニケーション円滑化・業務の効率化をご支援しています。

Chatwork新規登録

これまでの電話業務を大幅改善!
ビジネスチャットを併用する・電話業務の「超」効率化!

「電話」は、業務連絡ツールとしてビジネスに欠かすことのできない手段です。一方、闇雲に使用するとかえって業務効率を下げてしまうおそれがあります。

日々の業務の生産性を向上させるためは、電話の性質を十分に理解し、使い方を工夫するようにしましょう。

この資料では、「電話」の"得意"と"不得意"をふまえ、電話をビジネスチャットと併用して使う、新しい使い方を紹介します。

「電話」の良さを生かしながら業務を効率化する第一歩としてお役立てください。

ダウンロード
Chatwork

Chatwork

Chatworkのお役立ちコラム編集部です。 ワークスタイルの変化にともなう、働き方の変化や組織のあり方をはじめ、ビジネスコミュニケーションの方法や業務効率化の手段について発信していきます。

  • facebookシェアボタン
  • twiterシェアボタン
  • はてなブックマークボタン
  • pocketボタン

関連記事