電話営業がつらい理由や原因と電話営業がつらいを軽減する方法

公開日: 更新日:
ビジネスチャット
  • facebookシェアボタン
  • Xシェアボタン
  • はてなブックマークボタン
  • pocketボタン
電話営業がつらい理由や原因と電話営業がつらいを軽減する方法

目次

「営業電話をかけるのがつらい」「営業電話で毎日が憂鬱」と感じている営業職の方は少なくないかもしれません。

実際に営業電話をかけることは、顧客を獲得するためにも重要な手段ですが、営業電話により毎日が憂鬱になってしまい、仕事に身が入らなくなってしまうこともあるでしょう。

電話営業がつらいと感じる理由や原因、営業電話のつらさを軽減するための方法を解説します。

電話営業がつらい理由

電話営業につらさを感じている人の理由はさまざまあるでしょう。

人によって電話営業がつらいと感じる理由は異なりますが、具体的にはどのような理由があるのか見ていきましょう。

非対面なのでなかなかアポイントが取れない

電話営業は、電話口の音声でのみのコミュニケーションになってくるので、アポイントを取ることは難しいものです。

100件かけて1件のアポイントが取れる、と言われるほど、成果につながりにくいため、かけている営業のメンタルにも負担がかかります。

「一生懸命かけているのに、アポイントが全然取れない。自分には向いていないのかな」とネガティブな気持ちになってしまうことで、つらさをかんじてしまうことにつながるのかもしれません。

社内でおこなうので息抜きが難しい

電話営業を自分のデスクの前で日々おこなう場合は、なかなか息抜きがしづらく根気詰まる原因になりがちです。

外回りの営業であれば、出先で少し息抜きをすることもできますが、電話営業ではそれができません。

さらに、周囲で電話営業をしているのが自分を含め少数であれば、周囲の他のメンバーに聞かれているのではないかと思い集中できないとストレスを感じてしまうこともあるでしょう。

電話営業のストレスは、電話をする環境も要因になることを考えておかなければいけません。

相手の対応が冷たく精神的なダメージがある

営業電話はかけたとたんに電話を切られるケースや、時には冷たい言葉や態度であしらわれてしまうケースも多々あります。

毎日頑張ってかけていても全然つないでもらえないということも少なくはないでしょう。

受ける側からすると、日々頻繁に営業電話がかかってくると「またか。面倒くさいな」と嫌悪感を示してしまうことも理解ができますが、かける側からするとつらい点でもあります。

仕事とは言え、毎回冷たい態度を取られると精神的に疲弊してしまう原因になるでしょう。

厳しいノルマが課せられている

電話営業の場合、「1日〇〇件電話」「月〇件の成約」といったノルマが課せられがている場合があり、アポイントがなかなか取れない、成約件数にも追われている、などから精神的なダメージが重くのしかかります。

心が疲弊してしまうと、電話をかける頻度も下がってしまい、よりアポイントが取りづらくなり、さらなる焦りの原因になってしまうこともあるでしょう。

電話営業がつらいを軽減する方法

電話営業は、まだまだ有効な手段として多くの企業に受け入れられていますが、電話営業のつらさを軽減させるための方法を取り入れる必要があります。

電話営業のつらさを軽減させるための方法を詳しく見ていきましょう。

いちいち落ち込まず気持ちを切り替える

どんなにポジティブな人でも日々冷たい態度を取られていると、気持ちも落ち込んでしまうものです。

次の日に新たな気持ちで働くためにも、なるべく素早く気持ちを切り替えることは非常に重要です。

そもそも、アポイントの取りづらさや、冷たい態度を取られることは当たり前のことなので、「電話営業はそういうものだ!」と認識をしておくと気持ちも切り替えやすくなるでしょう。

トークスクリプトを作成する

電話営業をする際にはトークスクリプトを作成するといいかもしれません。

簡潔に伝えたいことが伝わる内容と、質問されうる内容を事前にまとめておくと電話口で焦る必要もなくなります。

自分が話しやすいようにオリジナルなトークスクリプトを用意しましょう。

顧客の反応に合わせて数パターン用意しておくことで、より業務効率の向上も期待できます。

質の高い顧客リストを作成する

候補先に片っ端から電話をかけるやり方もありますが、なるべく話を聞いてくれそうな先や、成約が見込める先といった質の高い顧客リストをあらかじめ用意しておきましょう。

できるだけ少ない電話の回数でアポイントや成約が取れる方が、精神的な負担も軽減されます。

電話営業以外の営業手段を利用する

営業の手段はその他にもたくさんあるので、電話営業以外の手段を利用することもひとつの方法です。

FAXや訪問営業などもあれば、最近ではビジネスチャットも活用されています。

電話では細かいニュアンスなども言葉だけで伝える必要がありますが、その他の手段をうまく活用することでより具体的に相手に響く営業をおこなうことができます。

つらい電話営業をうまくこなすコツ

つらい電話営業も、コツを掴むことでスムーズに、ストレスなくこなすことができるでしょう。

電話営業を上手くこなすためのコツを見ていきましょう。

電話をする時間帯やタイミングを考えてかける

突然の営業電話も忙しい時間帯や、就業間近のタイミングにかかってくると対応してもらえる可能性は低くなります。

営業電話をかけるタイミングは、かけるターゲットによって異なるので、事前にどういう職種でどのような勤務形態かを把握してかけると成功率もアップするでしょう。

特に、始業後の1時間以内は社内にいるケースも多いので狙い目です。

最初の説明を簡潔に端的に話す

かかってきた最初の説明が長く何を伝えたいのかが明確でなければ聞いている側も要点がわからず聞く気を失ってしまいます。

また、必死に売り込まれていると感じられてしまうと、すぐに切られてしまうかもしれません。

最初に一番伝えたい要点を端的に伝えることで、信頼を得ましょう。

最初の説明が最も肝心なので、最初の説明をまず完璧に用意をしておくことが重要です。

切られて当たり前と割り切った気持ちでかける

「切られたらどうしよう」と思って電話をかけると、必要以上に緊張してしまったり、必死感が相手にも伝わってしまうので、初めから「切られて当たり前」という気持ちでかけることで割り切った気持ちでいることができます。

「断られたら次!」と、前向きな気持ちで電話営業は取り組むこともコツです。

人の少ない落ち着ける環境でかける

社内でかけていると、どうしても周りのことが気になってしまい、集中して電話営業を進めづらい傾向にあります。

周囲に人がいない静かな会議室や、在宅ワークを活用して自宅でかけるなど、電話営業をしやすい環境づくりも重要です。

社内進捗をタイムリーで交換できるツールを活用する

社内で同じように電話営業をおこなっているメンバーがいるのであれば、コミュニケーションツールを使ってタイムリーな情報交換をおこなうことも有効です。

「〇〇の会社にはこう伝えたらよかった」「本日は〇件獲得ができた」など、重要となる情報や進捗を共有し合うことで社内でのモチベーション向上や効率化にも期待できます。

「頑張っているのは他のメンバーも一緒」というこがわかると、つらいと感じる電話営業でも前向きに取り組みやすくなるでしょう。

電話営業がつらいならほかの手段も検討しよう

電話営業がつらい場合は他の手段を取り入れることも効果的な方法のひとつです。

例えば、ビジネスチャット「Chatwork」を取り入れることで、導入部分を電話で説明をして、その他の説明や質疑応答はChatworkに移行しておこなえば、電話の負担の軽減になるでしょう。

Chatworkは外部のユーザーとも簡単につながることができ、データやファイルも共有できるので、電話よりも効果的なコミュニケーションがおこなえます。

電話営業の負担軽減や電話営業に加えて新たなコミュニケーション手段を検討しているのであれば、Chatworkをご活用ください。

  今すぐChatworkを始める(無料)

Chatwork(チャットワーク)は多くの企業に導入いただいているビジネスチャットです。あらゆる業種・職種で働く方のコミュニケーション円滑化・業務の効率化をご支援しています。

Chatwork新規登録

これまでの電話業務を大幅改善!
ビジネスチャットを併用する・電話業務の「超」効率化!
ダウンロード
Chatwork

Chatwork

Chatworkのお役立ちコラム編集部です。 ワークスタイルの変化にともなう、働き方の変化や組織のあり方をはじめ、ビジネスコミュニケーションの方法や業務効率化の手段について発信していきます。

  • facebookシェアボタン
  • Xシェアボタン
  • はてなブックマークボタン
  • pocketボタン

関連記事