情報共有の改善方法と情報共有を効率化する効果

公開日: 更新日:
ビジネスチャット
  • facebookシェアボタン
  • Xシェアボタン
  • はてなブックマークボタン
  • pocketボタン
情報共有の改善方法と情報共有を効率化する効果

目次

仕事の情報共有は、スムーズな流れができるように工夫を取り入れると、業務全体の作業効率化につながります。

しかし、職場の環境改善やデジタル化が進まず、適切な情報共有の方法が採用できていないと職場のコミュニケーションが活性化できず、課題が放置されるリスクを抱えるでしょう。

職場の情報共有が効率化できないないことには、どのような原因が考えられるのでしょうか。

情報共有が効率化の効果、情報共有の改善方法を解説します。

情報共有の改善や効率化が必要な理由

仕事の情報共有は、作業効率化や生産性をあげるために必要な取り組みです。

情報共有の不足が起きると、社内の雰囲気が悪くなって仕事に影響が出てしまうリスクを抱えます。

たとえば、情報共有の効率化が図れなくなると、仕事の進捗が把握できなくなってしまい、仕事のミスやトラブルが起きやすくなるのです。

状態が改善されないまま放置されると、会社の商品やサービスを利用する顧客への対応が遅れる原因にもなるでしょう。

情報共有の効率化が必要な理由には、仕事の生産性や作業効率化を図るために欠かせない課題になります。

情報共有の改善や情報共有の効率化ができない原因

職場の環境や仕事の進め方に無駄が多いと、情報共有がスムーズに進められない状況が発生しやすくなります。

情報共有の改善や情報共有の効率化ができない原因を見ていきましょう。

暗黙の了解や無駄なルールが多い

長年働く社員や発言力が強い社員がいると、部署内の社員同士でしか通用しない暗黙の了解で情報共有のルールが決められているケースがあります。

部署全体の効率化につながらず、連絡の二度手間や無駄な手順を踏まなければいけないなど、改善から遠ざかる原因になるので会社側から介入の必要があるでしょう。

情報共有の効率化ができない原因には、仕事の情報交換に時間がかかるルールが多く、スムーズに共有ができない背景が考えられます。

紙媒体の情報交換に依存している

仕事の情報共有は、アナログよりもデジタルの方法を採用すると作業全体の流れがスムーズに進みます。

社内のペーパーレス化が進んでいないことが原因で、紙媒体の情報交換を利用する機会を削減できないのです。

書類の代わりにオンラインを使ってデータ化の方法を取り入れる改善が必要でしょう。

仕事の情報共有を紙媒体に依存する状態は、情報共有の効率化ができない原因にあげられます。

デジタル化が進んでいない

従来のコミュニケーションツールだけに依存してしまうと、業務連絡やコミュニケーションが円滑に進まず、情報共有の妨げになります。

たとえば、FAXや電話対応が中心で社内にITツールを導入していないことが原因でデジタル化が遅れると、コミュニケーションコストがかかって業務全体の流れが遅くなる可能性が考えられるでしょう。

情報共有の効率化ができない原因には、社内のデジタル化が進んでいない事例があげられます。

情報共有の改善や情報共有の効率化で期待できる効果

情報共有をスムーズな流れに改善すると、仕事内容の改善や働きやすい職場づくりができるメリットがあります。

情報共有の効率化や改善に期待できる効果を見ていきましょう。

顧客に提供するサービスが向上する

顧客のクレームや問い合わせが多いときは、社内で内容を共有して改善策を取り入れる対応が必要です。

意見に耳を傾けて改善策を取り入れることで、顧客満足度やサービスの質が向上して売り上げアップが期待できます。

情報共有の効率化で期待できる効果には、顧客の課題を解消できる工夫を日々取り入れることが大切です。

仕事の作業時間が増やせる

情報共有の流れがスムーズになると、業務連絡に無駄がなくなって時短につながり作業時間を増やせるメリットがあります。

仕事がスムーズに処理できれば、ミスやトラブルを起こさない取り組みにつながり、職場の生産性や仕事の集中力があがって最大限に能力を発揮しやすくなるのです。

作業時間が増やせて社員が仕事に感じる負担を減らせることも、情報共有の効率化で期待できる効果にあげられます。

コストカットや職場の環境改善ができる

社内の情報共有がスムーズになり、仕事にかけられる時間が増えると残業時間の改善で会社のコストカットに期待ができるでしょう。

また、情報共有を改善できるツールの導入や環境を整備すると経費の節約だけでなく、コミュニケーション不足の解消につながるでしょう。

情報共有の効率化で期待できる効果には、働きやすい職場の環境改善やコストカットを進めやすくなるメリットがあげられます。

情報共有が効率化できる改善策やツール

情報共有の流れを活性化するには、業務連絡の見直しやコミュニケーションツールを上手に活用しましょう。

情報共有が効率化できる改善策やツールを解説します。

業務連絡の流れを見直して簡略化する

職場内で暗黙の了解やルールがあるときは、作業効率化が図れる環境か管理職や会社側が介入して改善する必要があります。

たとえば、社内で申請する書類に押印の習慣がある場合は、本当に必要性があるのか再検討し、デジタル署名の導入で作業の承認時間を短縮する対策があるでしょう。

情報共有が効率化できる改善策には、業務の確認や申請などにかかる無駄な習慣や流れを簡略化する方法があげられます。

情報共有のルールを設ける

情報共有するときに個別のルールがあると混乱する原因になるため、マニュアルやルールを決めて統一化しておきましょう。

たとえば、情報共有で進捗を報告するときはタスク管理表を使ったり、問い合わせ内容や意見をデータ化して共有したりするなど、情報の取りこぼしがないように工夫します。

各部署や社内で情報共有のルールを設定しておくことで、伝える人が迷わずに情報共有が効率化できる改善策につながるのです。

ファイル共有ツールを使う

仕事のやりとりで資料をデータ共有するときは、ファイル転送サイトやオンラインストレージを使って安全に送受信する方法があげられます。

データを専用のURLで送信したり、閲覧制限をかけたりしながらセキュリティ対策を踏まえた共有方法で便利に活用できるでしょう。

オンライン上で簡単にデータの送信ができるファイル共有ツールを使うことで、情報共有の効率化や改善策につながるのです。

タスク管理表を作る

仕事の進捗状況をわかりやすく社員同士で共有するには、デジタルやアナログのタスク管理表を部署内に作成しましょう。

デジタルで共有するには、カレンダーのToDo機能やビジネスチャットのタスク管理機能を使う方法があげられます。

また、アナログで共有するには、ホワイトボードを使ってふせんでタスクを管理する方法がおすすめです。

情報共有が効率化できる改善策やツールの活用には、部署でタスク管理表をつくって上司や仲間で確認しやすい工夫を取り入れてみてください。

社内掲示板を設置する

インターネットのツールや掲示板を部署に設置し、仕事に関連する広報などを掲載する方法があげられます。

コミュニケーション活性化につながり、部署の垣根を越えた交流につながるメリットがあるでしょう。

社内掲示板は思いついたタイミングで見られるため、社内の情報をわかりやすく伝えて共有が効率化できるツールに使えます。

ビジネスチャットを使う

社内のデジタル化や紙媒体の依存をなくす情報共有には、業務連絡にビジネスチャットを使う方法が効果的です。

  • 業務連絡にかかるコミュニケーションコストが削減できる
  • 情報共有できるデータの種類が多くて便利
  • タスク管理の機能を使ってお互いの進捗状況が把握できる

情報共有を改善する機能が充実しており、チャットを使って会話すると共有の流れが早くなってコミュニケーション活性化につながります。

情報共有が効率化できるツールには、ビジネスチャットの導入をご検討ください。

情報共有の改善や情報共有の効率化にChatwork

情報共有の流れを活性化させることで、仕事の作業時間が増えてコストカットにつながるだけでなく、顧客満足度の高い会社の対応につながる効果が期待できます。

情報共有が効率化できる改善策には、共有に関するルールを統一して業務連絡の流れを簡略化する対策を取り入れましょう。

また、効率化ができるツールには、ファイル共有ツールやタスク管理表の作成、社内掲示板の設置を取りあげました。

ほかにも、ビジネスチャット「Chatwork」を使って情報共有の流れを活性化する方法も効果的です。

データの共有やタスク管理機能など、コミュニケーション活性化に役立つ便利なツールを使って情報共有や仕事を進められるように、Chatworkの導入をご検討ください。

  今すぐChatworkを始める(無料)

Chatwork(チャットワーク)は多くの企業に導入いただいているビジネスチャットです。あらゆる業種・職種で働く方のコミュニケーション円滑化・業務の効率化をご支援しています。

Chatwork新規登録

情報共有、本当にできていますか?
見えない危険度を簡単診断 組織の情報共有不足チェック!
ダウンロード
Chatwork

Chatwork

Chatworkのお役立ちコラム編集部です。 ワークスタイルの変化にともなう、働き方の変化や組織のあり方をはじめ、ビジネスコミュニケーションの方法や業務効率化の手段について発信していきます。

  • facebookシェアボタン
  • Xシェアボタン
  • はてなブックマークボタン
  • pocketボタン

関連記事