仕事のミス報告が怖いのはなぜ?仕事のミス報告が怖いを解消する方法

公開日: 更新日:
ビジネスチャット
  • facebookシェアボタン
  • twiterシェアボタン
  • はてなブックマークボタン
  • pocketボタン
仕事のミス報告が怖いのはなぜ?仕事のミス報告が怖いを解消する方法

目次

仕事のミスを報告する際、怖いと感じてしまうことはあるでしょう。

仕事のミス報告は、仕事を円滑におこなうために迅速にしなければいけません。

しかし、「怒られたくない」と仕事のミス報告を先延ばしにしてしまうこともあるでしょう。

ときには職場の雰囲気や上司の態度が要因となり、仕事のミス報告がスムーズにおこなわれないこともあります。

仕事のミス報告を怖いと感じるままでいると、自分だけではなく会社や取引先に迷惑をかけることにもなりかねません。

円滑なミスの報告ができるように、仕事のミス報告が怖い理由や解消方法について見ていきましょう。

仕事のミス報告が怖い理由

仕事のミス報告が怖いと感じる理由は人によって異なりますが、そもそもなぜ怖いと感じてしまうのでしょうか。

具体的に仕事のミス報告を怖いと感じてしまう理由を見ていきましょう。

怒られたくないから

職場によっては、仕事でミスをしたときに部下を怒鳴りつける上司がいます。

ときには同僚や後輩のいる場所で怒られ、恥ずかしい思いをした経験がある人もいるかもしれません。

過去に怒鳴られた経験があると、「また怒られる」とミスの報告を怖いと感じてしまう原因になるでしょう。

上手く話せないから

仕事のミスの報告をするときに上手く話がまとまらず、上司から「結局何が言いたいの?」と言われてしまうこともあるでしょう。

とくにミスの報告では焦りや不安があるので、自分でも途中から何を伝えたいのか分からなくなってしまい、頭が真っ白になった経験がある人もいるのではないでしょうか。

「また上手く話をまとめられないかもしれない」と不安を感じてミスの報告が怖い場合は、伝える内容をメモしたり手順や方法を見直すことで改善が望めるでしょう。

上司が威圧的で怖いから

会社にはさまざまな人がおり、普段から「口調が厳しいな」「態度が乱暴だな」と感じる人もいるかもしれません。

上司が日ごろから相手を怖がらせるような態度や口調の場合、ミスの報告に限らず部下が委縮して話かけづらくなる原因になりやすく、報告の際の威圧的な態度がミスの報告を遠ざける要因になっているかもしれません。

仕事のミス報告が怖いままでいるデメリット

仕事のミス報告が怖いままでいると、さまざまデメリットがあります。

仕事のミス報告が怖いままでいるデメリットについて具体的に見ていきましょう。

報告の度に辛い思いをする

ミスの報告が怖いことばかりに意識がいき、怖くても乗り切れる方法などを考えて改善しないと、今後も報告のたびに辛い思いをすることになってしまいます。

また、ミスの報告が怖いということよりも、ミスの報告をしないことでより大きなトラブルに発展する可能性もあります。

すぐに改善するのは難しいので、まずは自分が怖いと感じる理由を知ることからはじめてみましょう。

信用を失ってしまう

ミスの報告は対応の仕方や言葉選びなど、神経を使う作業です。

報告するタイミングが遅れたり対応の仕方を間違えたりすると、ミス以上に深刻な状況を招いてしまう可能性もあります。

ミスの報告を怖がって適切に対応できないことで、上司や同僚に迷惑をかけることで、信用を失なってしまう可能性もあるかもしれません。

会社や取引先に迷惑を掛ける

ミスは誰でもするものですが、怖いのを理由に報告を後回しにすると、状況が悪化してしまうでしょう。

自分の会社に迷惑をかけるだけでなく、取引先に不必要なリスクや損害を負わせてしまう可能性もあります。

ミスの報告が早ければ状況が悪化するのを防げるため、ミスに気づいたら怖いと感じたとしても迅速に報告しなければなりません。

仕事のミス報告が怖いのは上司や環境にも原因がある

仕事のミスの報告が怖い理由のすべてが部下など報告する側にあるわけではありません。

普段から上司がミスをした部下を怒ったり必要以上に責めているような環境だと、怖がられる原因を作っていることになります。

また、ミスをした人以外にも、怒られている場面を目撃した他の社員のハードルも上げてしまうことになるでしょう。

このような原因だけでなく、社内でのコミュニケーション不足やコミュニケーションが取りにくい状態も報告をしにくい環境を作っている場合もあります。

円滑なコミュニケーションが取れるような工夫を職場全体ですることが、仕事のミス報告が怖いを解消するためには重要です。

仕事のミス報告が怖いを解消する方法

怖いと感じる仕事のミスの報告も、向き合い方や手順を知ることで解消できるようになります。

仕事のミス報告が怖いのを解消する具体的な方法を紹介します。

ミス報告は自分のためだと知る

  

報告は現状を上司に伝え、共有することが目的です。

適切な報告により上司はミスの状況を把握できるため、改善策や対処に必要な判断を下せるようになります。

入社年数が浅い人は、自分でミスに対処することが難しい場合もあるでしょう。

報告するまでは怖いかもしれませんが、報告をしてしまえば上司やメンバーの力を借りて、自分の負担を減らせることも覚えておきましょう。

最初に結果から報告する

ミスの報告が怖いときは、最初に「○○の件でミスをしました」と伝えるのもひとつです。

そうすることで報告の目的は果たせたことになるので、その後がずっと楽になります。

また、端的にミスの内容を最初に伝えることで、話が散らばってまとまらなくなるのを防げるでしょう。

改善策を考えておく

自分で改善策を考えられる場合は、報告の前に自分なりの改善策を考えておくのもよいでしょう。

もしも上司からミスにどのように対処するのかを聞かれたとき、改善策を言えるか否かで仕事への向き合い方の印象も変わります。

しかし、改善策を考えている間に状況が悪化するのを避けるため、考える時間は最小限にして、報告までの時間を空けないように注意しましょう。

「怖い」のピークは報告までだと知っておく

報告前はどれだけ怖いと感じていても、いざ終わってしまうと怖さは徐々に薄れていくものです。

ミスの報告が怖い気持ちは、報告するまでがピークである場合がほとんどです。

報告までの時間が長くなるほど怖いと感じる時間も長くなり、早ければ短くて済みます。

「さっさと終わらせよう!」と勇気を出して、不安や恐怖を感じる時間を短くしましょう。

再発防止策を考える

ミスは誰でもするものです。大切なのは、同じミスをくり返さないように原因や再発防止策を考えることではないでしょうか。

たとえば、「寝不足で注意力が散漫になっていた」「確認を怠った」など、ミスの原因を考え、改善のために必要なことを知っておくことで、今後のミスを減らせるようになります。

また報告の際にも「○○が原因だと思うので、今後は改善します」と一言添えられるようになり、よりスムーズに報告ができるでしょう。

上司は報告しやすい環境を作る

部下がミスの報告を怖がったり先延ばしにしたりする一因に、コミュニケーション不足があげられます。

普段から何気ない雑談がされておらず、コミュニケーションが業務連絡だけの職場では、報告をする心理的ハードルが高くなりがちです。

上司は日ごろからコミュニケーションを活発にとり、部下が安心して報告できる環境をつくることも大切でしょう。

上司は怒らないよう気をつける

上司にとってミスの指摘や指導は必要でしょう。

しかし、ミスを大声で非難したり、他の社員の前で叱責したりすると、部下はミスの報告を躊躇するようになるかもしれません。

冷静で穏やかな対応を心がけることで、ミスをしても報告しやすい環境になります。

結果として仕事がスムーズにおこなえるようになり、目標の達成や生産性の向上にも繋がるでしょう。

仕事のミス報告が怖いを解消して円滑に報告しよう

仕事のミスの報告は現状の把握をするにあたり必要であり、報告が円滑におこなわれないとミス以上の深刻な状況を招きかねません。

仕事のミス報告が怖い理由は、怒られることが怖い場合や上手く話せない場合などさまざまですが、自分に合った解消方法を見つけることで、円滑な報告ができるようになるでしょう。

また、ミスの報告が怖い理由として、上司の言動や社内の雰囲気が要因になっていることも考えられます。

対面で会話をする必要のないビジネスチャット「Chatwork」は、対面で報告するときの恐怖の軽減や、事前に報告を文章にすることで話が上手くまとまらないなどの悩みの解消にも繋がるでしょう。

仕事のミス報告を円滑におこなうための改善策、普段の社内コミュニケーションツールとして、Chatworkの導入をご検討ください。

「報連相」できる組織づくりのヒントとは
部下が報連相をしやすくなるためのポイント

組織の中で仕事をするために欠かせない「報連相」(報告・連絡・相談)を、効率よくおこなうポイントを紹介します。

部下にどう「報連相」させるべきかお悩みの上司のみなさま必見です。

主な内容

  • 「報連相」が必要な理由
  • なぜ部下は「報連相」ができないのか?
  • 部下に「報連相」を根付かせる3つのポイント

ダウンロード
Chatwork

Chatwork

Chatworkのお役立ちコラム編集部です。 ワークスタイルの変化にともなう、働き方の変化や組織のあり方をはじめ、ビジネスコミュニケーションの方法や業務効率化の手段について発信していきます。

  • facebookシェアボタン
  • twiterシェアボタン
  • はてなブックマークボタン
  • pocketボタン

関連記事