連絡先交換の断り方とは?気まずくならない連絡先交換の断り方

公開日: 更新日:
ビジネスチャット
  • facebookシェアボタン
  • twiterシェアボタン
  • はてなブックマークボタン
  • pocketボタン
連絡先交換の断り方とは?気まずくならない連絡先交換の断り方

目次

職場の人や取引先の人とは連絡先を交換したくないと思っていても、相手から連絡先交換を申し込まれ断り方に悩む方も多いと思います。

連絡先交換を断るという選択肢があってもいいはずなのに、断ったほうが悪いような雰囲気や気まずい空気になるということはありがちです。

連絡先交換をしたくないのに、相手とのその後の関係性や仕事のしやすさに影響が出てしまうのではないかという懸念から、連絡先交換をすることになるというケースも少なくないでしょう。

相手から連絡先交換をしたいと言われたときに、気まずくならない断り方とポイントについて考えていきましょう。

職場や取引先の人と連絡先を交換しなくてはいけない?

職場や取引先の人と、必ずしも連絡先交換をしなくてはならないというわけではありません。

連絡先を教えるということは、必然的にプライベートな時間にも連絡をとることができるようになりますが、仕事とプライベートはまったく別にしたほうが自分らしく過ごせる人も多くいるでしょう。

連絡先を交換したくない人にとって、無理矢理に連絡先交換をするということはストレスになる可能性もあるので、したくないと思うならばしないことが望ましいです。

しかし、連絡先を交換したい人にとっては、はっきりと連絡先交換を断られると、少し残念で気まずいような、マイナスな印象を受ける可能性があることも事実です。

無理に連絡先の交換をする必要はないですが、お互いが気まずくならないように連絡先交換の断り方を考慮して、今後も気持ちよく仕事ができる環境を作ることが大切だといえるでしょう。

連絡先交換の断り方のポイント

連絡先交換を断ることは、決して失礼なことではありませんが、断り方によっては仕事中でも相手との距離ができてしまう可能性があります。

連絡先を交換したかった相手との気まずさを感じにくい断り方をするには、どのようなポイントに気をつければよいのでしょうか。

 

深刻になりすぎない雰囲気で応対する

深刻な顔をして「交換したくないんです...」と答えてしまうと、気まずい空気にしてしまったと思わせてしまう可能性が高いです。

断りの言葉を伝えるだけではなく、連絡先を知りたいと思ってくれた気持ちに感謝を伝えられるようにできると、雰囲気を壊すことなく話ができる可能性が高まります。

深刻すぎない雰囲気を出せるように、「そんなふうに思ってくださってありがとうございます」というような感謝の言葉と、気まずくならない断り方を選んで応対できるようにしましょう。

 

角がたたない断り方をする

断られたという事実は、相手にとってはよい印象の出来事ではありません。

さらに相手の気分を害すような断り方をすると、場合によってはよくない印象の話がめぐり、悲しいことですが自分の評判に関わってくる可能性も考えられます。

「彼氏がいるので...」のような少し自意識過剰ともとれる断り方や、「教えたくないので」のようなあまりにストレートな言い方は避けるのがよいでしょう。

 

わかりやすい嘘は使わない断り方をする

スマートフォンを持っていない、連絡ツールを使っていないなどの、現代ではなかなか考えられない状況の嘘は、すぐに嘘をついているとバレる可能性が高いです。

嘘をつくということはよい印象を与えるものではなく、むしろ人間性を問われたりその結果として仕事としても信用が失われる可能性も考えられます。

状況的にありえないと思われてしまうような嘘は、断り方として使わないほうが好ましいと言えるでしょう。

気まずくならない連絡先交換の断り方

連絡先交換の断り方のポイントでご紹介したことを踏まえて、気まずくならない連絡先交換の断り方を考えていきましょう。

 

「通知を切っているので気が付かない」と断る

仕事以外の連絡は通知を切っていてすぐ気が付かないと言い、連絡先交換をしてもやりとりに繋がらないと伝えましょう。

趣味に没頭したくて通知を切っているなどともっともらしい理由をつけることで、相手も納得しやすくなります。

 

「こまめな連絡が苦手でやめてしまった」と断る

仕事中とは違い、普段はこまめな連絡を取ることが苦手だと伝えます。

あまり返事ができずに申し訳ないからと、相手を気遣っているようなひとことを添えた断り方をすると、悪い印象を与えづらくなるでしょう。

 

「忙しくてなかなか返事ができない」と断る

普段は忙しくて、スマートフォンは見ても返事をすることまで手がまわらないと伝えます。

忙しい理由として、子どもと遊んでいる、趣味で登山に行っているなど、そのまま違う話題に話を持っていくことで、連絡先交換の話題からさりげなくフェードアウトすることができます。

 

「仕事以外だとスマートフォンを見ない」と断る

仕事中以外は、スマートフォンを見ないようにしているという断り方です。

このときに、スマートフォンを見ないようにしている理由として、普段からPCなどで目を酷使しているから、肩こりがひどくて、休みの日くらいは体を休ませているなどの具体的な話をします。

相手からはそれ以上は深く話を聞かれないか、相手も同じような症状で悩んでいたときには、おすすめの薬や整体院を聞けるなど、次の話題にスムーズに行けるようなきっかけづくりができるでしょう。

連絡先交換を断る以外の対処方法

どうしても雰囲気的に連絡先交換を断りきれない場合もあるかもしれません。

連絡先交換を断る以外に有効な方法を知っておくことで、連絡先交換を断れなかったあとの対処がしやすくなる可能性が高まります。

 

ひとこと断りを入れてから教える

「仕事以外ではスマートフォンをあまり触らないので、頻繁にお返事などできませんがそれでもよろしいでしょうか...」と、連絡をあまり返さないということを宣言しておきます。

それだったら交換しなくてもいいか、となる場合もあれば、それでもいいと相手が言ってくれる場合には、返事をしないことへの抵抗がなくなりやすいです。

 

SNSの交換を提案する

どうしても連絡先は抵抗がある場合には、InstagramやX(旧Twitter)などのSNSアカウントを教えて、相手に繋がった気持ちになってもらうという方法もあります。

少々手間はかかりますが、プライベート用のアカウント以外に、仕事先の人との交換専用のアカウントを作ることで、プライベートと直結させなくて済むようにもなります。

「あまり頻繁に更新してはいないのですが」とひとこと添えて交換するようにすると、相手からも不審がられず、穏便にその場を済ませることができやすくなるでしょう。

 

仕事専用の連絡先を教える

連絡先交換をしようと言われたときに、プライベートの連絡先ではなくて仕事専用の連絡ツールなどを教えるようにします。

「プライベートではほとんど見ていないのであまり連絡は返せませんが、仕事中には頻繁に確認しているので、なにかあったらこちらに連絡ください」と、さも当たり前のような顔で仕事用の連絡先を差し出すと相手も突っ込みづらいです。

このときに、メールアドレスだと少し堅い感じがするため、仕事専用の連絡ツールの連絡先を教えることで、連絡先を交換したという感覚に陥りやすいのがポイントです。

 

仕事の連絡先交換の断り方に悩んだら「Chatwork」

連絡先交換の断り方は今後の仕事での人間関係にも少なからず影響してくる可能性があるため、教えない上でなるべく穏便にその場を済ませたいものです。

教えたくないと思っているのに、プライベートな連絡先を教えざるを得ない状況になってしまい、連絡先交換がストレスの原因になることは避けたいと考える人も多いでしょう。

どうしても連絡先交換をする状況になったときに、言葉での断り方のほかに有効な手段として仕事専用の連絡ツールを準備しておくことをご紹介しました。

仕事専用の連絡ツールとして、ビジネスチャットの「Chatwork」を使うことで、連絡先交換をスムーズにできる可能性が高まります。

チャット形式でメッセージのやりとりをしたり、タスクの管理やファイルの共有をしたりと便利な機能がさまざまあるので、普段の仕事中にも使いやすく、プライベートな時間になったら通知を個別に切ることもできるので、教えたくなかった相手からの連絡を気にすることなく過ごすことができます。

気軽に使い始められるChatworkを仕事用の連絡先に利用して、ストレスなくプライベートな連絡先交換を断われるようにしてみてください。

  今すぐChatworkを始める(無料)

Chatwork(チャットワーク)は多くの企業に導入いただいているビジネスチャットです。あらゆる業種・職種で働く方のコミュニケーション円滑化・業務の効率化をご支援しています。

Chatwork新規登録

チャットのセキュリティが気になる人におすすめの資料
プライベートチャットツールに潜むリスクとは

プライベートチャットツールの業務利用は、アカウント乗っ取りをはじめとする重大な情報漏洩のリスクをはらんでいます。プライベートチャットツールの利用リスクとその対応方法について説明します。

主な内容

  • プライベートチャットツールのリスク
  • プライベートチャットツールの非効率さ
  • お客さまの声

ダウンロード
Chatwork

Chatwork

Chatworkのお役立ちコラム編集部です。 ワークスタイルの変化にともなう、働き方の変化や組織のあり方をはじめ、ビジネスコミュニケーションの方法や業務効率化の手段について発信していきます。

  • facebookシェアボタン
  • twiterシェアボタン
  • はてなブックマークボタン
  • pocketボタン

関連記事