意思の疎通ができないリスクと仕事で意思の疎通ができない状態をなくす対策

公開日: 更新日:
ビジネスチャット
  • facebookシェアボタン
  • twiterシェアボタン
  • はてなブックマークボタン
  • pocketボタン
意思の疎通ができないリスクと仕事で意思の疎通ができない状態をなくす対策

目次

仕事はコミュニケーションの好循環ができると、職場全体の作業効率化につながります。

しかし、意思の疎通ができない状態では、職場のコミュニケーション不足で人間関係が悪化するリスクを抱えるでしょう。

どのような状態が意思の疎通ができない状態といえ、職場の人間関係の対応がスムーズにいかなくなるのでしょうか。

意思の疎通ができない状態をなくす対策を解説します。

仕事で意思の疎通ができない例

コミュニケーション不足や確認不足が起きると、仕事でのやりとりがうまく進まなくなります。

仕事で意思の疎通ができない例を見ていきましょう。

報連相の不足でコミュニケーションが取れていない

仕事の報告や連絡が不足すると、連携が取れずに作業が円滑に進まなくなります。

緊急度や重要度の高い作業の対応が後手にまわってしまいやすく、職場全体に影響が出る懸念があるでしょう。

従業員同士の報連相が行き届かないとストレスを感じる原因になり、意思の疎通ができない例につながります。

質問ができずにトラブルや問題を抱える

仕事の進め方でわからない部分があるときは、先輩社員に質問を投げる必要があります。

自力で問題を解決する姿勢は大切ですが、ひとりで抱え込んでしまうと作業全体に遅れが出てしまい、部署全体に迷惑をかける場合もあるからです。

適切な場面で質問せずに作業を進めてしまうと、仕事でミスやトラブルが起きてしまい、意思の疎通ができない例につながります。

最後まで相手の話を聞かずに遮断する

お互いのコミュニケーションを円滑に進めるには、相手の話を決めつけずに耳を傾ける姿勢が必要です。

とくに上司が部下の意見を聞くときは、途中で話に割り込む機会が多いと相談ができない相手だと感じてしまい、不満感が残りやすくなるでしょう。

仕事で会話のレスポンスがうまく進められずに一方的になると、仕事で意思の疎通ができない例につながり、職場の人間関係に影響が出てしまいます。

言葉の意図がくみ取れずにミスにつながる

思い込みで仕事を進めてしまうと、相手の意図とは違う意味で内容を受け取る場面が出てきます。

伝える側の言葉が足りないことや受け取る側の配慮が足りないとすれ違いが起きてしまい、作業の二度手間につながるでしょう。

意思の疎通ができないと感じるときは、言葉に対する解釈を読み間違えて仕事のミスが起きる例があげられます。

仕事の手順をメモに取らない

職場によってメモの取り方や対応は変わりますが、先輩社員が仕事の手順を教えるときにメモを取らないと、コミュニケーションを取る気がない部下だと思われます。

仕事に馴染むためには、仕事の手順を引き出すためのメモが重要になり、先輩社員とのコミュニケーションを取る気がある意思表示にもなるでしょう。

先輩社員からの指導があるにもかかわらずメモを取らないと、意思の疎通ができない例につながり、仕事のやる気がないと認識されてしまいます。

仕事で意思の疎通ができないリスク

従業員同士のコミュニケーション不足は、職場全体に影響が出る懸念があります。

仕事で意思の疎通ができないリスクを見ていきましょう。

トラブルやミスが増える

職場の仕事は、最新の情報受け取りながら調整を進めるため、お互いに問題が起きないように声をかける配慮が求められます。

報連相を意識せずに確認ミスが起きると、取引先や顧客からのクレーム対応に追われる原因になるでしょう。

仕事で意思の疎通ができないとコミュニケーション不足から対応が遅れてしまい、トラブルやミスが増えるリスクにつながります。

人間関係が悪化する

職場でコミュニケーションを取りながら作業を進められない場合、仕事のやる気がないと勘違いされます。

たとえば、仕事の質問ができずに放置する状態が続くと、対応が遅れてしまい周りの従業員に仕事の負担がかかってしまうのです。

仲間同士で連携して取り組むつもりがないと認識されると、職場の人間関係が悪化するリスクを抱えます。

仕事が覚えられない

仕事の手順やノウハウは、職場の先輩社員と報連相を取ってメモを振り返りながら少しずつ覚えていきます。

お互いのコミュニケーション不足で会話の機会が減ってしまうと、作業の全体像を把握する情報共有ができない状況につながるでしょう。

仕事の理解が進められないと職場に馴染めなくなる点でも、意思の疎通ができないリスクにあげられます。

職場の作業効率化が図れない

仕事は連携を取り合って無駄のないように作業を進める必要があるため、コミュニケーションが取れないと仕事が進まなくなります。

言葉の意図を読み違えたり、配慮の気持ちが足りなかったりすると、思うように仕事の成果があげれなくなるでしょう。

仕事で意思の疎通ができないリスクには、職場の作業効率化が図れずに全体の生産性が落ちてしまう懸念があげられます。

意思の疎通ができない状態をなくす対策

職場ではコミュニケーションが取りやすい雰囲気づくりや工夫が重要です。

意思の疎通ができない状態をなくす対策を見ていきましょう。

上司から部下に声かけをする

部下から上司に話しかけづらい雰囲気を出さないためにも、職場では定期的に上司から声をかけて報連相の流れを強化しましょう。

仕事の進め方でわからないところがないか声をかけると、質問する機会が生まれて仕事のミスやトラブルを未然に防ぐ方法につながるのです。

コミュニケーションを取る機会が増えると、部下から上司に報連相を進める機会がつくりやすくなり、意思の疎通ができない状態をなくす対策にできます。

相手の話を決めつけずに最後まで聞く

職場内の人間関係を良好に進めるには、相手の話を決めつけずに耳を傾ける配慮が求められます。

部下から上司に相談してきたときは、否定的な態度や傷つける発言は避けながら、建設的な言動で会話を進めましょう。

相手の話について結論を決めつけずに最後まで聞く姿勢があると、意思の疎通ができない状態をなくす対策につながり、従業員同士で仕事の不満をなくす取り組みにできます。

質問や確認がしやすい雰囲気をつくる

職場の上司から部下に対して質問や確認が取りやすいように、社内でコミュニケーションを取る機会を増やすことが大切です。

たとえば、仕事を覚える段階の新入社員が質問しやすいように、休憩時間や仕事の合間に雑談を取り入れましょう。

意思の疎通ができない状態をなくすには、報連相やコミュニケーション不足の原因につなげないために、日ごろから職場の雰囲気づくりを意識する対策が求められます。

マニュアルの作成やメモを取る時間を設ける

新入社員とコミュニケーション活性化を図るために、仕事の手順を示したマニュアルを作成しましょう。

仕事の作業効率化を図れるように、ルーティーンの業務に関してマニュアルを作成しておくと、質問できずにミスやトラブルにつながる可能性を減らせます。

同時にメモを取る時間を設けておくと、質問の機会が増やせて職場に馴染むまでの時間を早められるだけでなく、意思の疎通ができない状態をなくす対策にできるでしょう。

ビジネスチャットを使う

職場のコミュニケーション活性化や作業効率化を図るには、連絡手段をビジネスチャットに切り替える方法がおすすめです。

先輩社員が仕事で忙しいときも、相談する機会がつくりやすいメリットがあり、ひとりでトラブルを抱え込まずに対応できる機会が生まれるでしょう。

意思の疎通ができない状態をなくすには、ビジネスチャットを使って社内の意見交換を効率化する対策を取り入れてみてください。

意思の疎通ができない状態をなくす対策にChatwork

仕事のコミュニケーションがとどこおりなく進むと、作業効率化を図りながら仕事に取りかかれます。

仕事で意思の疎通ができないと、トラブルやミスが増えて人間関係が悪化し、作業効率化が図れないリスクにつながるでしょう。

意思の疎通ができない状態をなくす対策には、職場の雰囲気づくりができる声かけを意識して、質問や確認不足が起きないような配慮が求められます。

ビジネスチャット「Chatwork」は、コミュニケーション不足を解消できるツールとして、マニュアルの共有やメモ代わりに使えて便利です。

仕事で意思の疎通ができない状態をなくす対策には、Chatworkの導入をご検討ください。

チームに足りないものはありませんか?
チームコミュニケーションの活性化

チームでの仕事には、コミュニケーションが必須です。

活発なコミュニケーションによって、チームメンバーが「意思疎通」できるようになるだけではなく、メンバー同士が「良好な関係性」を築き、チームとしての成果を最大化することにつながります。

一方、チームコミュニケーションを活性化するために、何から手をつければよいのか分からない方も多いのではないでしょうか。

本資料では、まずは簡単なチェックリストによって自分のチームの現状を把握した上で、「生産性」と「エンゲージメント」の2つの側面からチームコミュニケーションを活性化する手段をお伝えします。

ダウンロード
Chatwork

Chatwork

Chatworkのお役立ちコラム編集部です。 ワークスタイルの変化にともなう、働き方の変化や組織のあり方をはじめ、ビジネスコミュニケーションの方法や業務効率化の手段について発信していきます。

  • facebookシェアボタン
  • twiterシェアボタン
  • はてなブックマークボタン
  • pocketボタン

関連記事