オンライン懇親会の方法は?活用例と実施のメリットを解説

ビジネスチャット
  • facebookシェアボタン
  • twiterシェアボタン
  • はてなブックマークボタン
  • pocketボタン
AWAY

目次

オンライン懇親会は、社内や社外の人と交流を深める機会に活用できます。

オフラインの懇親会に比べて、企業にとっては経費削減につながり、参加者にとっては移動する必要がなく途中抜けしやすいなどのメリットがあるでしょう。

オンライン懇親会を実施する方法や活用例、メリットをわかりやすく解説します。

オンライン懇親会の活用例

オンライン懇親会の活用例を見ていきましょう。

新入社員と交流する

オンライン懇親会は、新入社員との交流を深めるときに活用できます。

企業側の意図としては、新入社員同士の横のつながりを作る機会を設けることで、内定者の辞退を出さない目的で実施する場合もあるでしょう。

また、入社後にお世話になる先輩社員や上司と話す機会も得られるため、入社前に関係性を構築する機会につながります。

取引先と交流する

オンライン懇親会は、仕事の取引先と交流を深める際にも活用できます。

オフラインの場合、全員の日程が合う日を探すのに手間がかかりますが、オンラインの場合お店の予約や移動がないため、お互いのスケジュールを調整しやすいメリットがあります。

オンライン懇親会で取引先と交流することで、相手の価値観を改めて知る機会につながり、仕事を円滑に進めやすくなるでしょう。

社内の社員同士で交流する

オンライン懇親会は、社員同士のコミュニケーション活性化やチームワークを高める際に活用できます。

部署を超えて交流することができれば、今後他部署と連携が必要になった際にもスムーズに仕事を進められるでしょう。

オンライン懇親会を実施するメリット

オンライン懇親会を実施するメリットを見ていきましょう。

経費削減につながる

オンライン懇親会では、会場を確保する手間や準備、飲食物の手配の必要性がなくなります。

そのため、企業にとって懇親会にかかる経費を削減できるメリットがあります。

コミュニケーション活性化になる

オンライン懇親会をおこなうことで、普段仕事で関わる機会が少ない人やあまり話す機会がなかった人とも交流できるメリットがあります。

相手との関係性が築けると、仕事でやりとりを進めるときに意見を伝えやすくなったり、仕事を円滑に進めやすくなったりするメリットが期待できます。

途中抜けしやすい

オンライン懇親会は画面上で会話を進めるため、通常の懇親会よりも気軽に参加しやすい側面があります。

途中で用事があるときも、場の雰囲気を気にせずに抜けやすいところがメリットです。

移動距離や時間を気にせず参加できる

オンライン懇親会は自宅のPCやスマートフォンから参加できるため、場所の移動距離や時間を気にせずに済みます。

移動に必要な交通費がかからず、帰りの電車の時間などを気にしなくてもいいため、オフラインに比べて懇親会参加へのハードルが低くなるでしょう。

オンライン懇親会に取り組む方法

オンライン懇親会に取り組む方法を見ていきましょう。

参加者の予定を調整・連絡する

オンライン懇親会の参加者を募り、各自の予定が合うように調整を進めていきます。

多くの参加者を集めるには、参加しやすい時間帯を選ぶことがポイントです。

参加者に向けてメールやビジネスチャットで募集の連絡をする際には、途中参加や途中離脱ができる旨を伝えておくと、参加へのハードルが低くなるでしょう。

ツールを導入・準備を整える

オンライン懇親会には、オンラインで通話ができるツールのダウンロードや登録、準備などを済ませておく必要があります。

事前にツールの使い方を共有しておくと、当日スムーズに進められるでしょう。

各自で飲食物を準備する

オンライン懇親会では、各自で好きな飲食物を準備することが多いです。

とくに、お酒が飲めない人はまわりを気にして無理に飲む必要がないため、通常の懇親会よりも自由度の高い形で実施できるでしょう。

簡単に参加できるゲームを用意する

オンライン懇親会を盛り上げるためにも、簡単に取り組めるゲームを企画しましょう。

たとえば、以下のような内容があげられます。

  • 絵しりとりゲーム:参加者同士で絵を描いてしりとりを進める
  • オンラインビンゴ:アプリなどを利用してオンラインでビンゴ大会ができる
  • 人狼ゲーム:人狼と市民にわかれて人狼が誰かを探り当てる

10~20分程度の短い時間や40~60分程度の長い時間で取り組めるゲームや、少人数から大人数向けのゲームなど、さまざまな内容があります。

参加者のメンバーや実施する目的に合わせてゲームを選んでみてください。

オンライン懇親会をするときの注意点

企画者と参加者がオンライン懇親会で注意したいポイントを見ていきましょう。

通信環境を整える

オンライン懇親会では、ビデオ通話に対応できる通信環境を整えておく必要があります。

通常よりもデータの使用量が多くなるため、Wi-Fiの速度制限がかかっていないかなど、環境を確認しておくことが大切です。

事前に進行役を決めておく

オンライン懇親会の流れがスムーズに進められるように、事前に進行役を決めておきましょう。

会話に参加しづらい人をサポートしたり、場の雰囲気を盛り上げて調整したりするなど、参加者が楽しめる空間づくりを意識するようにしてください。

同居人や隣人とのトラブルに注意する

オンライン懇親会が盛り上がると、周囲への配慮を忘れてしまう場合があります。

基本的に自宅から参加する人が多いため、イヤホンやヘッドフォンを装着して騒音につながらないように配慮しましょう。

企画する側もなるべく遅い時間帯は避けるようにしてください。

オンライン懇親会をおこなうときはChatworkを活用

オンライン懇親会は、企業にとっては経費削減につながり、参加者にとっては場所を移動せずに済んだり、途中抜けしやすかったりなど、さまざまなメリットがあるでしょう。

オンライン懇親会を実施する際のツールに、ビジネスチャット「Chatwork」が活用できます。

ビジネスチャット「Chatwork」は、ビデオ通話機能はもちろんのこと、メールよりもカジュアルにやりとりができるチャット機能も備わっているため、オンライン懇親会を進めるときの連絡手段としても活用できます。

グループチャット機能を使って参加者の確認や予定調整もできるため、オンライン懇親会をスムーズに進めるときに役立つでしょう。

オンライン懇親会をおこなうときは、ぜひ「Chatwork」の活用をご検討ください。

Chatworkを始める(無料)

Chatwork(チャットワーク)は30万社以上の企業に導入いただいているビジネスチャットです。あらゆる業種・職種で働く方のコミュニケーション円滑化・業務の効率化をご支援しています。

Chatwork新規登録
テレワークをもっと活用したい方へ
明日から使えるオンラインコミュニケーション

オンラインコミュニケーションがますます一般的になる中、課題も明らかになっています。

オンラインコミュニケーションの課題と、課題に対する解決策を紹介します。

ダウンロード
Chatwork

Chatwork

Chatworkの中の人です。お役立ちコラムの編集者として、ワークスタイルの変化に伴うコミュニケーションと組織のあり方など発信していきます。

  • facebookシェアボタン
  • twiterシェアボタン
  • はてなブックマークボタン
  • pocketボタン

関連記事