「ご賢察」の意味とは?ビジネスでの使い方や活用シーンを例文付きで解説

公開日: 更新日:
ビジネスチャット
  • facebookシェアボタン
  • twiterシェアボタン
  • はてなブックマークボタン
  • pocketボタン
「ご賢察」の意味とは?ビジネスでの使い方や活用シーンを例文付きで解説

目次

ビジネスシーンでは、日常生活ではあまり聞きなれない表現の言葉を使う場面があります。

尊敬語の「ご賢察」もそのひとつでしょう。

「ご賢察」とは、「相手を敬ってその人が推察すること」という意味をもつ言葉で、目上の人に対して、配慮を求める際などに使われています。

この記事では、「ご賢察」の意味、使い方や例文、使う際の注意点、類語・言い換え表現などについてわかりやすく解説します。

「ご賢察」の意味とは

「ご賢察」とは、相手が推察することを敬って表現した言葉です。

「推測」や「推察」などの意味をもつ「賢察」に、尊敬を表す接頭語の「ご」をつけて、目上の人に対して配慮を求める「お察しください」と同じニュアンスで使用できます。

「ご賢察」の活用シーンとは

「ご賢察」は、目上の人に対して、推察や推測を求める際に使われる言葉です。

たとえば、上司や取引先などの目上の人に対して、配慮を求めたい場面で丁寧に依頼するときなどです。

「ご賢察」は、やや堅苦しい表現のため、口頭で使われるケースは少ないです。

ビジネスシーンにおいて、取引先や上司などの目上の人に敬意を払いたい際などに活用しましょう。

「ご賢察」の使い方と例文

「ご賢察」の代表的な使い方を例文付きで解説します。

  • ご賢察いただく
  • ご賢察のうえ
  • ご賢察ください
  • ご賢察のほど
  • ご賢察いただければ幸いです

それぞれの使い方を例文付きで解説します。

ご賢察いただく

「ご賢察いただく」は、相手に察して欲しいことを丁寧にお願いするときの使い方です。

例文は以下のとおりです。

  • 弊社の現在の状況をご賢察いただき、適切なアドバイスをいただければ幸いです。
  • 本案件の事情をご賢察いただき、ありがとうございます。

ご賢察の上

「ご賢察の上」とは、相手にこちらの事情などを察してもらったうえで、協力して欲しいときなどに使用する表現です。

例文は以下のとおりです。

  • 営業時間の変更につきまして、ご不便をおかけしますが、ご賢察の上、ご理解くださいますようお願い申し上げます。
  • ご迷惑をおかけして申し訳ございませんが、ご賢察の上、ご理解賜りますようお願い申し上げます。

ご賢察ください

「ご賢察ください」は、相手を敬りつつ、推察を求める際に用いる表現です。

  • 本案件の機密性について、くれぐれもご賢察ください。
  • ご迷惑をおかけしますが、ご賢察くださいますようお願い申し上げます。

ご賢察のほど

「ご賢察のほど」は、相手に推察してもらうことを丁寧に依頼するときに適切な表現です。

  • 先週ご説明いたしました事情について、ご賢察のほどよろしくお願い申し上げます。
  • 弊社の事情につきまして、ご賢察のほどよろしくお願い申し上げます。

ご賢察いただければ幸いです

「ご賢察いただければ幸いです」は、とくに丁寧に相手へ推察を求める際に用いる表現です。

顧客や取引先など、目上の相手に対して使う際の例文は以下のとおりです。

  • 納期が来月以降となりますが、事情をご賢察いただければ幸いです。
  • プロジェクトが中止となった背景に関しまして、事情をご賢察いただければ幸いです。

「ご賢察」を使う際の注意点

「ご賢察」は、目上の人にも問題なく使える敬語表現ですが、やや堅苦しい印象を与える表現でもあるため、使用する相手やシーンには注意が必要です。

円滑なコミュニケーションを実現するためにも、「ご賢察」を使用する際の注意点を確認しておきましょう。

目下や親しい間柄の人には使わない

「ご賢察」は、目下や親しい同僚などには使わない表現です。

前述したとおり「ご賢察」は尊敬語であり、相手への敬意を示す表現だからです。

尊敬語を使う必要がない目下や親しい間柄の人に使うと、かえって慇懃無礼な印象を与える可能性もあるため、注意しましょう。

自分に対しては使わない

「ご賢察」は、尊敬語の表現のため、自分自身の行為に対して使うことは不適切です。

「ご賢察」は、自分ではなく、上司や取引先など、目上の相手が推察することへ敬意を示す際に用いるようにしましょう。

「ご賢察」の類語・言い換え表現

最後に「ご賢察」の類語・言い換え表現を紹介します。

  • ご高察
  • ご推察
  • ご明察

それぞれ細かなニュアンスが異なる言葉のため、正しく使い分けられるように確認しておきましょう。

ご高察

「ご高察(ごこうさつ)」とは、「ご賢察」と同じく、相手が推察することを敬う表現です。

「ご賢察」と「ご高察」は、どちらも相手を敬う表現ですが、「ご高察」の方が、やや相手をほめるニュアンスが強い言葉です。

「ご賢察」は「賢い推測」、「ご高察」は「優れた推測」という細かなニュアンスが異なることを覚えておきましょう。

ご推察

「ご推察(ごすいさつ)」とは、相手の事情や気持ちを思いやるという意味をもつ「推察」の尊敬語表現です。

「ご賢察」と同様に、相手の事情などに配慮をする、理解するといったニュアンスが含まれているため、類語として使用しやすい表現です。

ご明察

「ご明察(ごめいさつ)」とは、相手の優れた推察を敬う表現です。

「明察」には、真相や事情を見抜くという意味があります。

たとえば「ご明察のとおり」は、「そのとおりです」というニュアンスを丁寧に表現することができます。

円滑なビジネスコミュニケーションに「Chatwork」

「ご賢察」とは、相手が推察することを敬う表現で、「ご高察の上」「ご高察いただき」などの使い方で、目上の相手に対して察して欲しいことや、配慮して欲しいことを丁寧に伝えることができます。

尊敬語にあたるため、取引先や上司などの目上の人に対して使い、目下や親しい間柄の人、自分自身に対しては使わないように注意しましょう。

言葉の正しい意味を理解し、使用することは、円滑なコミュニケーションを目指すうえで、必要不可欠な要素です。

何気なく使っている表現が、正しい言葉遣いになっているかを改めて確認してみましょう。

円滑なビジネスコミュニケーションを後押しするツールとして、ビジネスチャット「Chatwork」の活用がおすすめです。

「Chatwork」は、チャット形式でコミュニケーションが取れるビジネスツールで、1対1はもちろん、グループチャットを作成することで、複数人でも円滑なコミュニケーションが実現できます。

また、一度送信したメッセージを編集・取り消しすることもできるため、誤送信やミスコミュニケーションの防止にも効果を発揮します。

「Chatwork」は、社内外問わずに活用することができ、無料ではじめることができます。

ぜひ、円滑なビジネスコミュニケーションを実現する方法として、「Chatwork」をご活用ください。

  今すぐChatworkを始める(無料)

Chatwork(チャットワーク)は多くの企業に導入いただいているビジネスチャットです。あらゆる業種・職種で働く方のコミュニケーション円滑化・業務の効率化をご支援しています。

Chatwork新規登録

ビジネスチャット選びに迷っている方におすすめの資料
ビジネスチャット比較表

ビジネスチャットの導入を検討している方向けに、ビジネスチャット導入にあたっての目的、課題の整理し比較のポイントをまとめました。選ばれている主要なビジネスチャット4社の比較表もご覧いただけます。

主な内容

  • ビジネスチャットを選ぶ5つのポイント
  • 選ばれているビジネスチャット4社を大胆比較!

ダウンロード
Chatwork

Chatwork

Chatworkのお役立ちコラム編集部です。 ワークスタイルの変化にともなう、働き方の変化や組織のあり方をはじめ、ビジネスコミュニケーションの方法や業務効率化の手段について発信していきます。

  • facebookシェアボタン
  • twiterシェアボタン
  • はてなブックマークボタン
  • pocketボタン

関連記事