チームワークと仕事の関連性とは?仕事のチームワーク向上に必要なこと

公開日: 更新日:
業務効率化
  • facebookシェアボタン
  • twiterシェアボタン
  • はてなブックマークボタン
  • pocketボタン
チームワークと仕事の関連性とは?仕事のチームワーク向上に必要なこと

目次

仕事のチームワークを向上させるためには、チームリーダーの認識力と実行力などが求められます。

適切にチームワークを向上させるためにはリーダー自身がメンバーの特徴やチームの課題を把握することが必要です。

リーダーが適切にチームをマネジメントできるとメンバー各自のモチベーションや生産性の向上、協調性の強化などが期待できます。

チームワークと仕事の関連性や意味、チームワークが低い場合に起きがちな問題点、チームワークの向上のためにリーダーに役立つ情報を紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

仕事におけるチームワークとは

チームワークとは、組織に属するメンバーそれぞれが能力を補い合い、連携・協力することで相乗的効果を生み出す共同動作です。

チームワークを円滑に機能させれば、個人ではやり遂げられない大きな仕事を達成できます。

チームとグループの意味は似て非なるもの

「チーム」と「グループ」は、いずれも複数のメンバーから構成されることから似たような印象があります。

しかし、行動学ではふたつの用語をまったく違う意味として扱っています。

チーム グループ
成果過程の違い メンバー全員が一丸となり共同体として連携・協力し、各自のスキルや経験では解決できない課題をクリアして成果につなげる メンバー各自の能力を全力で発揮することを重視し、グループ全体の成果につなげる
行動の違い リーダーを中心に、メンバー全員が共同体として共通の目標に向けて協力して行動する メンバー各自の潜在的能力を引き出すことを目標に行動する

つまり、チームはメンバー全員の連携・協力により相乗効果を生み出して成果につなげるのに対し、グループは個人の能力を最大限に引き出して成果につなげることを重視しています。

チームワークを高めるには、各自の能力や特性を生かしながらも、補い合う意識をもつことが大切です。

仕事のチームワークが低いと起こりえる問題

チームワーク不足で起こりやすい問題には、コミュニケーション不足やチームの目標・方向性が定まらないことが大きく関係しています。

チームワーク不足がどのような問題を起こすのか把握しておきましょう。

協力関係を作りにくい

チームワークを高めるためには連携・協力体制が欠かせません。

しかし、チームメンバー間のコミュニケーションが不足していると、メンバー同士が協力し合うことは難しくなります。

コミュニケーションが不足することでチームワークの相乗効果が得られず、本来なら達成していたはずの目標への到達が難しくなってしまうのです。

メンバーのモチベーションが低下する

コミュニケーションがうまく取れていないと、リーダーやメンバーのちょっとした発言が悪い方向に捉えられ、ほかのメンバーの行動を制限したり勘違いが起きたりします。

チーム全体の士気や各自のモチベーション低下により、発言を控えるメンバーが増えてしまえば、チーム全体の生産性や成果効率が低下してしまいます。

目標達成までの時間がかかる

メンバー全員が明確な目標を共有できていないと、なにをいつまでにどの方向性で完成させればよいのかわからないメンバーが出てきます。

その結果、メンバー間における不均衡な業務が発生したり、各自に与えられた役割を十分に達成できなかったりなど、目標達成までの時間がかかってしまいます。

仕事のチームワーク向上のためにリーダーがやるべきこと

チームワーク不足で起こってしまう問題を生み出さないためには、日頃から社員同士が部署を超えたコミュニケーションを心がけるだけでなく、チームリーダーの心がけも大切です。

チームワークの向上は企業の売上や利益にも直結するため、チームリーダーとしてやるべきことを知っておきましょう。

目標・方向性を明確にしチーム全体で共有する

チームリーダーは、メンバーを取りまとめて目標や方向性を明確に伝える存在です。船の舵取り役を担う存在と例えることもできます。

プロジェクトなどの目標達成に向けた方向性を明確にし、チームメンバー全員に素早く共有しましょう。

情報共有により、勘違いや意見の対立などの問題を防ぐメリットがあります。

また、期限や目標内容を具体的な数値で示すとともに、中間目標の設置をおこなえば、方向性のブレを途中で修正できます。

しかし、あまりにもハードルが高い目標設定や非現実的で根拠のない目標などは、メンバーのモチベーション低下やストレスになり、リーダーや会社組織への不信感を生み出してしまう可能性がありますので、しっかりと根拠や道筋を責任をもって示すことが求められます。

メンバ―各自の役割を設定する

チームワークの相乗効果を得るためには、メンバー各自に役割を設定する必要があります。

役割設定にあたり、メンバーそれぞれに備わる能力や特性などを理解したうえで、お互いに補い合えるメンバーの選出が求められます。

また、活発な意見交換や斬新なアイディアを柔軟に受け入れる雰囲気作りも大切です。

チームはグループと異なり、協調性が重要なことをメンバー全員に伝達しましょう。

各自が役割を果たせるようサポートし、存在価値に気づかせるのもリーダーの役目です。

メンバーへの平等性を保つ

チームリーダーだからといって、横柄な発言や振る舞いはNGです。

ほかにも、能力の高いメンバーだけを過剰に評価したり、気質のおとなしいメンバーを叱責したりするのもよくありません。

チームリーダーはメンバーと対等な立場なので、各メンバーへの平等な態度や対応が求められます。

リーダーとしての決断力と実行力を備える

リーダーには熱意と同時に、問題発生時などへの対応力や決断力も求められます。

状況に応じてプロジェクトの方向性や目標値の軌道修正、周りに迷惑や不快感を与えるメンバーの発言をたしなめるなど、リーダーとしてチームワークを向上させる決断力と実行力を備えましょう。

また、責任を担っている自覚を持ち、リーダー自身も成果や目標に向けてチームの一員としての行動も忘れないようにしましょう。

仕事のチームワーク向上にビジネスチャットが効果的な理由

メンバー間のコミュニケーションがチームワーク向上のためには必要不可欠な要素になりますが、ビジネスチャットを活用することがなぜ効果的なのかの理由を紹介します。

  • チームメンバー間の連帯感を高めやすい
  • リアルタイムでの受け答えが可能
  • コミュニケーションスピードが速くなり量も増加
  • チームの結束力が高まりプロジェクトが円滑に進む

会議での発言が苦手なメンバーでもビジネスチャットであれば発言しやすくなり、コミュニケーションが生まれ距離感も縮まりやすくなります。

また、ビジネスチャットはスピード感を持ったやりとりができますので、コミュニケーションの速度も上がり、気軽に連絡を取ることができるのでコミュニケーションの量も自然と増えていきます。

仕事にかかわるやり取りはもちろんですが、コミュニケーションが活発になることでビジネスチャットを通してメンバー間の交流も生まれ、結束力や連帯感が強まりチームワークの向上につながります。

仕事のチームワーク向上の鍵はコミュニケーション

仕事のチームワーク向上には、チームリーダーの決断力と実行力が不可欠ですが、コミュニケーションによる協力体制や人間関係を円滑にすることも重要なポイントです。

数名程度規模のプロジェクト推進なら、一定程度のサポートが可能ですが、メンバーが増えると目標や各自の役割、意思疎通、情報共有などが難しくなります。

チームワーク不足による問題を解決して目標を達成するには、コミュニケーションを円滑にするための部分から着手すると、諸々の問題も解決につながるかもしれません。


よりよいチームをつくりたい方へ
実力派リーダーを目指す人のチームマネジメント

チームをマネジメントする立場の方に、身につけておきたいスキルや活用したい取り組み、マネジメントに役立つツールを紹介します。

主な内容

  • チームマネジメントとは
  • リーダーが身につけたい「スキル5選」
  • テレワーク時代に実践したい「3つの取り組み」

ダウンロード
Chatwork

Chatwork

Chatworkのお役立ちコラム編集部です。 ワークスタイルの変化にともなう、働き方の変化や組織のあり方をはじめ、ビジネスコミュニケーションの方法や業務効率化の手段について発信していきます。

  • facebookシェアボタン
  • twiterシェアボタン
  • はてなブックマークボタン
  • pocketボタン

関連記事