課題解決プロセスとは?必要なプロセスや手法を身につける方法

公開日: 更新日:
業務効率化
  • facebookシェアボタン
  • twiterシェアボタン
  • はてなブックマークボタン
  • pocketボタン
課題解決プロセスとは?必要なプロセスや手法を身につける方法

目次

仕事を進めているなかで、解決が難しい課題に直面する機会も少なくありません。

課題を解決しなければ、次のステップに進むことはできないため、課題解決に向けて取り組みをおこなう必要があります。

しかし、課題を解決するためには、どのような課題解決の手法や方法を実践するべきなのでしょうか。

課題を解決するためには、課題解決プロセスを考えて、適切な課題解決の手法や方法で対処していく必要があります。

課題解決プロセスとは

課題解決に向けて動き出す前に、課題解決プロセスの意味をしっかりと理解しておきましょう。

課題解決プロセスとは、直面する課題に対して、どのようなアプローチを取るべきかを段階的に示したものです。

課題に直面したときに、なんとなく思いついた課題解決手法を適用したとしても、課題を解決できない可能性があります。

課題が発生してから解決するまでのプロセスを論理的に組み立てることで、適切な課題解決の手法や方法を選択する、発見することができます。

課題解決に向けて、適切な課題解決の手法や方法を利用するためにも、まずは課題解決プロセスをしっかりと考える必要があるといえるでしょう。

課題解決プロセスを組み立てるべき理由

課題を解決する際には、しっかりとした課題解決プロセスを組み立てることが大切です。

適切に課題を解決するためにも、課題解決に向けたプロセスが必要となる理由は何なのかを見ていきましょう。

正しい手順を踏まないと失敗するリスクが高まる

課題解決にプロセスを組み立てるべき理由は、正しい手順を踏まないと失敗するリスクが高まるためです。

たとえば、営業成績が落ち込んでいる際に、従来の方法を継続したところで期待した結果を得ることはできないでしょう。

もちろん、思いつきの方法だけで課題を解決できる場合もありますが、労力や時間を無駄にしてしまう可能性が高まります。

課題に対して、しっかりと向き合うためにも課題解決プロセスを考えなければ、場当たり的な対応や失敗が見えている方法を選択してしまう結果になるでしょう。

問題自体を見失う可能性がある

課題解決プロセスを組み立てないことで、問題自体を見失う可能性があります。

とくに、長期的なプロセスが必要となる課題では、すぐに結果が反映されない場合も考えられるため注意が必要です。

結果が出ていない状況が続くと、解決手法自体への不安を感じてしまい、問題や方向性を見失うという事態が出てきてしまいます。

悪循環になることを防ぐためには、本来の課題や問題以外の部分で疑心暗鬼にならないようにし、新たな問題を生まないように課題解決に向けたプロセスの組み立てが必要です。

とにかく何らかの対処をするような動きだけを求める傾向が強い場合は、このような本来の問題に向けた動き以外の要素に翻弄される可能性が高いでしょう。

改善案を立案できなくなる

課題解決プロセスを組み立てないと、課題に対する改善案自体を立案しにくくなる可能性も考えられます。

問題が大きくなればなるほど複雑さが増し、何が問題であるのか、解決するには何が必要であるのかを把握できなくなるためです。

また、課題が起きている根本的な原因を見つけられない限り、解決するための適切な手段を講じられません。

二次的、三次的と課題が広がってしまうことを防ぐためにも、課題解決プロセスを通じて、適切に処理することが求められます。

課題に対して根本的な解決をすることが目的であるので、どのような課題であっても解決に向けて必要なプロセスをクリアしていくことが重要です。

課題解決に必要なプロセス

課題を解決するためには、プロセスの組み立てが必要です。

課題の発見から、解決手法の立案、そして解決方法の実行までのプロセスを解説します。

どのような課題を抱えているのかを理解する

課題解決のプロセスでは、まずどのような課題を抱えているのかを理解することが重要です。

根本的な課題や問題を理解していないと、この先のプロセスが間違った方向に進んでしまう可能性があります。

また、課題は、「すでに発生している課題」、「将来的に発生する可能性がある課題」、「目標達成までの課題」の3種類に分けられます。

自身の判断だけでなく、同僚や上司からの客観的な意見を取り入れながら、原因を追求する姿勢が求められます。

課題となる原因の分析

次に、課題となる原因を分析します。

原因を分析する際には、原因の程度を明確にすることがポイントです。

たとえば、売り上げ目標を達成するために、どの程度数字を伸ばすべきか、顧客数がどれくらい足りないのかを分析します。

原因自体が判断しにくい場合や、複雑性の高い原因を分析する場合には、マインドマップと呼ばれる思考整理方法を試してみるのもいいかもしれません。

原因を特定できなければ、適切な課題解決には導くことができませんので、課題が生じてしまっている原因をしっかりと特定し分析することが重要です。

課題を解決するための方法を考える

原因が特定出来たら、実際に課題を解決するための方法や手法を考えます。

課題の内容にもよりますが、解決方法を考えられる限り挙げていくことが重要です。

もちろん、なかには解決できそうにない方法も挙げてしまう可能性もありますが、候補が多ければ多いほど、課題解決への可能性が高まります。

また、チーム内で話し合いの機会を設けると、多様な意見を取り入れることも効果的です。

課題解決の方法はひとつではない場合もあるので、実現可能なもの、早く効果が出るものなど状況に応じて適切な方法を選ぶことが重要です。

複数の解決方法から絞り込みをおこなう

複数の解決方法のなかから、絞り込みをおこないます。

解決方法を絞り込む際には、効果が出そうか、対費用効果、必要な時間、確実に実行できるかどうかを踏まえた上で、優先順位を付けましょう。

また、同時に実行できそうな解決方法に関しては、ひとつにまとめて試す、並行しておこなうなどの検討も必要です。

課題解決を精度の高いものとするためにも、仮説を立てて、シミュレーションしてみることも大切です。

課題解決策を実行する

解決策の絞り込みを終えたとは、実際に課題解決方法の実行に移ります。

課題解決方法を実行する際には、ある程度のシミュレーションが終わった段階で、早めに行動に移ることが重要です。

解決策を立案してから時間を置きすぎると、ビジネス環境や状況が変わってしまうことから、十分な効果を発揮できない恐れがあるからです。

もちろん、精度の高い状態まで見極めることは重要ですが、なるべく早い段階で課題解決に移り、不足がある部分に関しては、課題解決をしながら修正・補足するようにしましょう。

結果の検証をおこなう

最後に、課題解決策の内容と進捗状況を照らし合わせながら、検証をおこないます。

結果に対して、想定より効果が出ていない場合には、ほかの解決策を取り入れる、方向性を考え直すなどの対応が必要になるでしょう。

しかし、営業成績の改善や業務効率の向上といった課題については、初期段階で結果が出にくいこともあるため、すぐに判断をするのは避けたほうが無難なものもあります。

実行した課題解決方法の効果やプロセスを振り返ることで、次に課題が生じた際により精度の高い課題解決に向けた取り組みが進められるようにしましょう。

課題解決力を養うための手法・方法

課題が発生したときに、すぐに課題解決に向けたプロセスを組み立てて解決できるとは限りません。

適切なプロセスを踏めるようになるためには、日ごろから課題解決力を身につけるための手法を意識する必要があります。

常に物事に対する疑問を持つようにする

課題解決力を養うためには、日常的に物事に対して疑問を持つようにします。

たとえば、営業成績が落ち込んでいる際には、なぜ物が売れなくなったのか、競合の商品はなぜ売れているのかといった考察する癖が大切です。

繰り返し物事に対する疑問を考えるようになると、自然に思考力が身につき、課題解決プロセスを組み立てやすくなります。

失敗に対して真摯に向き合う

業務で失敗してしまった際に、真摯に向き合うことも必要です。

念入りに課題解決プロセスを踏んだ上で実行しても、期待したとおりに進むとは限りません。

なぜ失敗してしまったのかを分析し、次に向けての参考として役立てることこそが成功につながります。

客観的に物事をとらえる意識を付ける

課題に対して主観的にとらえるのではなく、客観的にとらえる癖を持ちましょう。

主観的な目線だと、課題の全体像を捉えにくいため、そもそもの原因を見誤ってしまったり、根本的に間違った解決策を立案してしまったりするリスクが高まります。

自分だけの考えだけでなく、周りの同僚や上司から意見を求め、あらゆる角度から物事を分析するようにしましょう。

課題解決のために正しいプロセスと手法を身につけよう

どのような仕事でもトラブルは付き物であり、すみやかに解決する能力が求められます。

また、適切に処理するためにも、課題解決プロセスを組み立てながら、論理的に対応するようにしましょう。

業務で発生する課題に取り組む際には、タスク管理機能を搭載している「Chatwork」が活用できます。

チャット上で、課題を共有し合えるため、客観的な解決方法を考え出しやすくなります。

また、課題の把握や課題解決に向けたプロセスや進捗の管理にも活用できるでしょう。

課題解決だけでなく、Chatworkを使って円滑なコミュニケーションをおこなえるようにすることで、課題の発見や情報共有にも活用できるので、さまざまな目的にChatworkを活用してください。


Chatworkを始める(無料)

Chatwork(チャットワーク)は多くの企業に導入いただいているビジネスチャットです。あらゆる業種・職種で働く方のコミュニケーション円滑化・業務の効率化をご支援しています。

Chatwork新規登録

ビジネスチャットの組織利用を考える方におすすめの資料
組織利用のメリットと実戦に向けた3ステップ

このお役立ち資料ではChatworkを企業や組織で利用することで得られるメリットをまとめました。

組織の業務効率化を実現するためには、皆が同じ情報を得ることができる環境を整える必要があります。加えてセキュリティの観点からも組織でアカウントの管理ができる状態にしておくことが理想的です。

  • Chatworkの組織利用のメリットや効果
  • 組織的なChatworkの利用事例
  • 組織的なChatwork利用に向けた3つのステップ

などを解説します。貴社の業務効率化実現の一助になれば幸いです。

ダウンロード
Chatwork

Chatwork

Chatworkのお役立ちコラム編集部です。 ワークスタイルの変化にともなう、働き方の変化や組織のあり方をはじめ、ビジネスコミュニケーションの方法や業務効率化の手段について発信していきます。

  • facebookシェアボタン
  • twiterシェアボタン
  • はてなブックマークボタン
  • pocketボタン

関連記事