マネジメントの課題とは?よくあるマネジメントの悩みごとの解決方法

公開日: 更新日:
業務効率化
  • facebookシェアボタン
  • Xシェアボタン
  • はてなブックマークボタン
  • pocketボタン
マネジメントの課題とは?よくあるマネジメントの悩みごとの解決方法

目次

マネジメントの課題や、マネジメントの悩みにはどのようなものがあるのでしょうか。

また、なぜマネジメントの課題や悩みは生まれてきてしまうのでしょうか。

よくあるマネジメントの課題と悩みとはどのようなものかを把握し、マネジメントの課題や悩みを解決するために必要なことについて考えていきましょう。

マネジメントの課題や悩みは出てくる

マネジメントは管理職の業務で中心となるものですが、マネジメントの対象は多岐にわたり、さまざまな能力が必要とされます。

そのため、管理職にとって、マネジメントをするうえで、課題や悩みはつきものといえるでしょう。

また、マネジメントの内容だけでなく、人間関係の調整やチームマネジメントの面でも課題や悩みは生じるものですので、課題や悩みも多岐にわたることが考えられます。

しかし、マネジメントの課題や悩みが出るのは当たり前といっても、課題や悩みを放置しておくことは得策ではありません。

よりよいマネジメントや適切なマネジメントをおこなうためには、発生した悩みや課題に対して適切に対処することが求められます。

よくあるマネジメントの課題と悩み

マネジメントをするうえでの課題や悩みは誰もが経験するものといえます。

よくあるマネジメントの課題と悩みを見ていき、対策に役立てましょう。

部下とのコミュニケーションがうまくいかない

部下が指示どおりに動いてくれなかった、説明をしても理解してもらえなかったなどのコミュニケーションに関する課題や悩みはマネジメントで発生しやすいでしょう。

また、年上の部下と信頼関係を構築することに、苦労する人もいます。

いずれにしても、部下の理解がなければ、チームや組織の目標を達成することは困難ですので、マネジメントをするうえでコミュニケーションは重要です。

部下の生産性が上がらない

仕事の指示を出して、進捗を確認しているけれども、部下の生産性が上がらないという悩みはタスク管理やスケジュール管理などのマネジメントに影響する部分です。

また、部下の生産性は、マネジメントの方法と関連しています。

指示を出すだけではなく、部下のモチベーションを高めるように、職場環境なども見直さなければなりません。

人により仕事量の偏りが出てしまう

メンバーのなかに能力が高い人がいると、スムーズに業務を進めるために、特定の人に仕事が集中してしまうことがあります。

しかし、これでは、ほかの人が経験を積むことができずに育ちません。

また、業務量に偏りが出ることで、不公平感も生まれてしまいます。

チームマネジメントの観点からも、適切な業務量や人員のバランスを考えなくてはいけませんので、大きな課題といえるでしょう。

管理職が業務を抱え過ぎてしまう

部下を信頼できない、または自分でやった方が早いなどの理由で、業務を抱え過ぎてしまう管理職がいます。

このようなマネジメントでは、いつになっても管理職の業務は軽減されませんし、管理職が多忙なために部下とのコミュニケーションが減ってしまい悪循環になるでしょう。

これらはマネジメントの課題や悩みというよりも、管理職自身の考え方の問題ともいうことができるかもしれません。

リーダーシップを発揮できない

管理職は先頭に立ち、チームや組織を統率することが求められる立場ですが、このリーダーシップに悩む人が多いようです。

リーダーシップを発揮できないと、信頼関係が構築できない、チームのモチベーションを高められないといった課題にもつながります。

また、リーダーシップを発揮できない管理職自身の悩みや課題ともいえ能力不足という印象を抱かれてしまう可能性もあるでしょう。

業務上の問題を解決できない

管理職は、自分が直面したトラブルだけではなく、部下のトラブルも解決しなければなりませんが、どのように問題を解決すればよいか分からないという悩みです。

自分で解決できないと思ったならば、関係部署とも連絡を取るなど、解決に向けた動きが求められます。

何か問題や課題が生じた際に解決できる能力がなければ、問題が解決されないだけでなく、より大きなトラブルを引き起こしてしまうかもしれません。

強いプレッシャーを感じる

マネジメントは強いプレッシャーを感じる仕事です。

適度なプレッシャーであれば、それがやる気になり、仕事への集中力にもつながることもあります。

しかし、過度なプレッシャーとなると心身への負担が増えてしまい、業務の遂行に問題が生じることもあります。

そのため、セルフマネジメントやセルフケアができていることも管理職には求められます。

マネジメントの課題や悩みの解決に必要な能力

マネジメントの課題や悩みを解決できるようになるためには、どのような能力があるとよいのでしょうか。

マネジメントに求められる能力のなかでも、特に必要な5つの能力を説明します。

コミュニケーション能力

マネジメントの仕事にはコミュニケーション能力が欠かせません。

部下へ仕事の指示、経営層への報告、他部署やクライアントと調整など、マネジメント業務では、人とのやりとりが大半を占めているからです。

適切なコミュニケーションを取ることができなければ、ミスやトラブルにつながることもあります。

発言や指示に責任をマネジメントをする場合は持たなければいけませんので、コミュニケーション能力を高めることは重要でしょう。

人材育成能力

部下を育てるためには、育成スキルが必要です。

同じ内容を教えるのであっても、人によって知識や理解力は異なるので、同じ説明では伝わらないこともあります。

また、長期的にチームや組織の生産性をあげていくためにも、人材育成は欠かせないポイントです。

目的を達成するためや限られた人材で業務を進めていくためにもマネジメントをするなかで、人材育成能力は求められるでしょう。

目標を設定する能力

部下の目標設定もマネジメント業務ですが、目標は、部下のモチベーションにも影響します。

また、部下が目標を達成するかどうかで、チームや組織の成績も左右します。

そのため、マネジメントをする際は、適切な目標を設定できる能力が必要です。

各メンバーに適切な目標を設定し達成に導くことで、全体の目標達成を実現することがマネジメントでは求められます。

進捗管理をする能力

適切な進捗管理ができれば、部下の仕事量のコントロールや、部下が抱えている問題を把握することができます。

単に業務がどこまで進んでいるかということだけではなく、仕事の負担がどの程度か、懸念事項がないかなどもあわせて確認できると、フォローやチーム内での協力体制を作り上げることもできるでしょう。

意思決定力

管理職には権限が与えられていますので、さまざまなところで、意思決定をしなければいけない場面があります。

部下の前でも、適切な判断を下せるようになると、部下からの信頼が芽生え、リーダーシップが発揮しやすくなるでしょう。

また、決断や決定をする権限があるということは、それらに対して責任を持たなければいけないということです。

自身が下した指示や決断に対して、しっかりと責任を持って取り組めるようにしましょう。

マネジメントの課題や悩みの発生を防ぐポイント

マネジメントに課題や悩みはつきものですが、課題や悩みの発生を防ぐことも考えることが重要です。

マネジメントの課題や悩みの発生を防ぐためのポイントを考えていきましょう。

トラブルが発生した原因を究明する

トラブルが発生したときに、場当たり的な対応をしているだけは、何度も同じトラブルに見舞われてしまいます。

業務が多忙だと、面倒な原因究明は後回しにしてしまいがちですが、原因究明をして、対策を考えることで、同じようなトラブルを今後は防ぐことができます。

課題や悩みになる原因を根本的に解決することで、新たな悩みや課題を生まないようにすることも重要です。

仮説と検証を繰り返す

はじめから課題の答えを見いだせる人はいませんし、答えがひとつであるとも限りません。

マネジメントをするうえで課題にであったならば、仮説を立てて、課題を解決できるかを検証してみましょう。

仮説と検証を繰り返すことで、類似の課題に向き合いやすくなり、素早い解決や対策につながります。

リスク管理をおこなう

あらかじめ、考えられるトラブルをすべてあげ、それぞれに対して、発生を防ぐための対策と、起きてしまった際の対応を考えてリスク管理をしておきましょう。

リスク管理を徹底しておくことで、事前にトラブルを防ぐことができますし、トラブルが起きてしまっても悩まずに対応できます。

マネジメントにおいて、課題や悩みが発生するのは当たり前であると言いましたが、当たり前だからこそ、事前にリスク管理をしておくことが求められます。

適切なタイミングで進捗を確認する

部下に仕事の指示を出しただけで、期待どおりの成果が期日までに返ってくることはありません。

適切なタイミングで声をかけて進捗を確認し、考えていた内容とズレがあるようなら、軌道修正をおこないましょう。

しかし、過剰な進捗確認は、部下の負担になるのでバランスやタイミングには虫害が必要です。

部下の声に耳を傾ける

部下とのコミュニケーションは、上司から部下への一方通行になりやすいものですが、部下の声にも、積極的に耳を傾けるようにしましょう。

定期的にコミュニケーションの場を持つことで、問題を事前に把握できることもありますし、自身のマネジメントの課題を発見できることもあります。

マネジメントを進めるなかでも改善を繰り返し、よりよいマネジメントをおこなえるように意識し工夫をしていきましょう。

マネジメントの課題や悩みを解決しよう

マネジメントに課題や悩みはつきものですが、適切なマネジメントスキルを身につければ、素早く解決できるようになるでしょう。

また、マネジメントにはコミュニケーションスキルが欠かせません。

マネジメントの課題解決や課題の把握にも、コミュニケーションが適切に取れているかはとても重要です。

マネジメントで必要となる部下とのコミュニケーションにはビジネスチャット「Chatwork」が効果的です。

Chatworkを利用することで円滑なコミュニケーションができるようになり、部下や社内のコミュニケーション活性化につながり、マネジメントの課題や悩みの解消に役立てることができるでしょう。

Chatworkを始める(無料)

Chatwork(チャットワーク)は多くの企業に導入いただいているビジネスチャットです。あらゆる業種・職種で働く方のコミュニケーション円滑化・業務の効率化をご支援しています。

Chatwork新規登録

よりよいチームをつくりたい方へ
実力派リーダーを目指す人のチームマネジメント
ダウンロード
Chatwork

Chatwork

Chatworkのお役立ちコラム編集部です。 ワークスタイルの変化にともなう、働き方の変化や組織のあり方をはじめ、ビジネスコミュニケーションの方法や業務効率化の手段について発信していきます。

  • facebookシェアボタン
  • Xシェアボタン
  • はてなブックマークボタン
  • pocketボタン

関連記事