マネジメントで大切なことは?7つの適切なマネジメントに大切なこと

公開日: 更新日:
業務効率化
  • facebookシェアボタン
  • twiterシェアボタン
  • はてなブックマークボタン
  • pocketボタン
マネジメントで大切なことは?7つの適切なマネジメントに大切なこと

目次

働き方の多様化が進み、マネジメントが必要な場面も拡大している中で、マネジメントに求められるスキルは、ますます高度なものになってきています。

適切なマネジメントのために大切なことをあらためて確認することで、適切なマネジメントをする方法や考え方につながるでしょう。

マネジメントに大切なことはなにか、適切なマネジメントに大切なことを見ていきましょう。

適切なマネジメントに大切なことは?

適切なマネジメントに大切なことをひと言でいえば、業務の効率性と部下への配慮といえるでしょう。

マネジメントとは、目標を達成するためにチームや組織を運営することですので、適切なマネジメントというのは、やはり効率的に目標を達成するためのマネジメントと考えることができるからです。

しかし、効率性というのは、業務の効率化だけではありません。

部下という人的リソースをどれだけ活かせるかということも重要です。

そのためには、部下に配慮した働きやすい環境づくりや、部下が仕事へのやりがいを感じ、向上心をもって仕事に取り組めるようにすることが必要です。

マネジメントで大切なこと:目標達成のための行動

業務効率化のためには、たえず目標達成のために行動することが必要です。

逆にいえば、目標を達成するために関係のない行動や、マイナスの影響を与えるような行動は、控えるべきでしょう。

しかし、目標には短期的なものと長期的なものがありますので、目先の目標だけで判断してしまうのは危険です。

たとえば、人材育成に時間を割くことは、目先の目標にとっては、一時的に生産性が低下して、マイナスの影響があるかもしれませんが、長期的に見れば、人材が育たなければ、生産性を向上させることができません。

また、退職者が出るなどで、業務を引き継ぐ人がいなくなってしまうこともあるでしょう。

短期の目標ばかりを見るのではなく、長期的な視線も取り入れながら、たえず目標達成のために行動することが求められます。

マネジメントで大切なこと:計画の立案と目標の設定

目標を達成するために、計画の立案には力を注ぎましょう。

無理なく目標を達成できる優れた計画を考えることができれば、あとは、その計画どおりに業務を進めていければ、目標が達成できるからです。

また、計画どおりに実行できるかどうかは、部下の目標が重要なファクターになります。

チームや組織の目標を達成するために、ひとりひとりの部下をどのように活用すればよいかを考えて、目標を設定します。

効果的な目標を設定することができれば、部下にとっては、そのチームや組織における自分の役割が明確になり、役割が明確になることで、モチベーションのアップにもつながるでしょう。

マネジメントで大切なこと:適切なフィードバック

部下のために効果的な目標を設定したあとは、その目標に向かって取り組む部下に対して、適切なフィードバックをすることが大切です。

適切なフィードバックは、部下のやる気を引き出し、成長を促します。

フィードバックには、ポジティブなものとネガティブなものがありますが、これは褒めたり叱ったりすることではありません。

フィードバックとは、フィードバックをする側が、相手の行動に対して、意見を伝える行為です。

たとえば、部下がミスをしてしまった場合でも、ミスをしたという結果を感情的になって責めたり、人間性を否定したりするようなことはあってはなりません。

部下が必要としているのは、どうしてミスをしてしまったのかという結果にいたる行動についての、上司からのアドバイスです。

よい成果を生み出すためにはどうすべきかという視点や、どの点が優れていたかなどを客観的にフィードバックできるようになれば、より効果的な動きを今後見せてくれるかもしれません。

マネジメントで大切なこと:コミュニケーションの重視

部下に仕事の指示を出すのも、フィードバックをするのも、コミュニケーションのひとつです。

コミュニケーションがうまくいかなければ、部下に指示の内容を理解してもらうことができませんし、部下のモチベーションを高めることもできません。

コミュニケーション能力は、話す力と聞く力のふたつを必要とします。

また、コミュニケーションでやりとりをしているのは、言葉だけではありません。

声のトーンや表情といった非言語情報でも、人はコミュニケーションをおこなっています。

さらにコミュニケーションは、1対1でする対面の会話だけではなく、会議のような複数でのやりとりもコミュニケーションになります。

コミュニケーションの方法も、対面以外に、メールやチャットツール、電話、書面などでおこなう場合もあり、それぞれに適した方法や内容を選択する必要もあります。

これらを考慮して、効果的なコミュニケーションを採用することが円滑なコミュニケーションやマネジメントにおいては重要です。

マネジメントで大切なこと:仕事の優先順位づけ

マネジメントの仕事は多岐にわたります。

また、企業の経営効率化や、人件費の削減によって、プレイングマネージャーとして、マネジメントにあたる場合は業務量は多くなってしまうものです。

業務過多の中で効率的に進めるためには、すべての仕事で完璧を目指すのではなく、仕事に優先順位を付けることが必要です。

優先順位を付けてリスト化することで、やらなければならない仕事が明確になりますし、やらなくてもいい仕事も分かりますので、整理がおこなえます。

優先順位を間違えずに、重要な仕事から取り組むことができるようになれば、自然と効率的に仕事ができるようになり、目標の達成にも近づけるでしょう。

マネジメントで大切なこと:部下を大切にする

チームや組織の目標を達成するためには、部下との信頼関係の構築が不可欠です。

信頼関係を構築するためには、部下ひとりひとりとの関係を大切にしなければなりません。

部下はそれぞれスキルも得意とすることも異なります。

部下ひとりひとりを理解することで、効果的な仕事の割り振りができるようになるでしょう。

また、日頃から部下の声に耳を傾けるようにしていれば、話をしやすい雰囲気作りにもつながり、部下がトラブルを抱えた際にも、早めの相談や大きな問題になる前に対策を打つことができるかもしれません。

注意が必要なのは、部下とは、上司と部下という立場の違いはありますが、人としては対等な関係だということです。

高圧的な態度で、部下と接するようなことはせずに、適切な態度や言動でコミュニケーションや人間関係の構築をするようにしましょう。

マネジメントで大切なこと:勉強を怠らない

移り変わりの激しい社会において生き抜くためには、スキルアップや勉強をすることが必要不可欠です。

目標を達成するために、常に情報をアップデートして、最新のデータを取り入れるのはもちろんですが、それだけではありません。

マネジメントをおこなう上司がスキルアップや勉強で部下に劣るようでは、部下が上司についてきてはくれません。

スキルアップや勉強に励む姿は、リーダーシップにもよい影響をもたらします。

また、自身の成長のためにもマネジメント部分に限らずスキルアップや勉強を続けることは大切な要素でしょう。

マネジメントで大切なことをマネジメントに活かそう

マネジメントは、業務の幅が広く、高度なスキルを求められますが、基本となる大切なことをおさえて、マネジメント能力の向上を目指しましょう。

マネジメントにおいて、コミュニケーションは大切なポイントです。

コミュニケーションの相手や目的を考慮して、コミュニケーションの手段を選択することで、効果的なコミュニケーションが実現できます。

部下との情報共有やコミュニケーションには、ビジネスチャット「Chatwork」が適しています。

Chatworkでは、1対1の対話はもちろん、グループチャットを利用して複数の人とやりとりをすることも可能です。

また、タスク管理機能やファイル共有機能、Web会議機能などマネジメントや業務管理に活用できる機能も備わっています。

Chatworkを始める(無料)

Chatwork(チャットワーク)は多くの企業に導入いただいているビジネスチャットです。あらゆる業種・職種で働く方のコミュニケーション円滑化・業務の効率化をご支援しています。

Chatwork新規登録

よりよいチームをつくりたい方へ
実力派リーダーを目指す人のチームマネジメント

チームをマネジメントする立場の方に、身につけておきたいスキルや活用したい取り組み、マネジメントに役立つツールを紹介します。

主な内容

  • チームマネジメントとは
  • リーダーが身につけたい「スキル5選」
  • テレワーク時代に実践したい「3つの取り組み」

ダウンロード
Chatwork

Chatwork

Chatworkのお役立ちコラム編集部です。 ワークスタイルの変化にともなう、働き方の変化や組織のあり方をはじめ、ビジネスコミュニケーションの方法や業務効率化の手段について発信していきます。

  • facebookシェアボタン
  • twiterシェアボタン
  • はてなブックマークボタン
  • pocketボタン

関連記事