ICTの問題点やICTの課題とは?企業でICTの課題を解決する方法

業務効率化
AWAY

目次

デジタル化が進み必要性も高まるなかで、企業でもビジネス用途としてICTを取り入れる動きが目立つようになりました。

しかし、ICTツールを取り扱うにあたり、多くの企業では問題点や課題を抱えているのが現状です。

社内でICTを適切に活用できるようにするためにも、どのようなことがICTの問題点となり、ICTの課題が生じやすいのかを把握し、改善を進めるようにしましょう。

ICTの問題点やICTの課題とは

ICTの問題点やICTの課題とは、どのようなことなのでしょうか。

企業がICTを運用する際に、問題点や課題となりやすいポイントから解説します。

ICTの整備にコストがかかる

ICT導入における課題として、ICTを整備するのに大幅なコストがかかる点が挙げられます。

そもそも、ICTとは、PCやタブレットといったハードウェアに加え、アプリケーションやソフトウェア、OA機器などが該当します。

社内でICTを整備するだけで、多額の費用が発生することから、十分な予算を確保しなければなりません。

気軽に導入できるようなものではなく、数年単位で金銭的な投資を続ける必要性があるので計画的に進める必要性があります。

ICTを扱える人材の不足

ICT環境を構築しても、扱える人材がいなければ効率的な運用はおこなえません。

とくに、これまでICTデバイスやソフトウェアに触れる機会が少ない高齢者層には、一から教育をする必要があります。

また、デジタル分野を苦手とする従業員に対しても、ICTを業務で扱えるように研修を実施することも大切です。

社内にICTに精通していない人材がいないと、保守・運用も難しくなることから、新たに人材を採用する必要も出てきます。

ICT導入のための方法がわからない

ICTに関する情報が不足している企業では、導入までの方法が出てこない可能性も考えられます。

どのような手順でICT化を導入すればいいのか、どのハードウェアとソフトウェアを購入すればいいのかといった課題を抱えることとなり、思いどおりに計画が進まなくなります。

自社でICT化を実現するためにも、経営層がICTを理解し、現場の声を聞きながらトップダウンで進める必要があります。

ICTの問題点や課題を抱えることによる弊害

企業がICTの問題点や課題を抱えたままにしておくと、さまざまな弊害が生まれる可能性があります。

日常的な業務だけでなく、経営面でのリスクにつながり、将来的なビジネスへの影響が出てしまうかもしれません。

業務効率の低下

ICTの課題を抱えることで、業務効率が低下する危険性があります。

社内でICT化を実現したけれど十分に活用できていない、ICTを適切に取り扱える人材がいないなどの課題があると、ICTを導入した意味が薄れます。

結果として、満足にICTを運用できなくなり、従来のやり方とICTの活用が混在することで、効率性にも悪影響を与えます。

ICTの効果を最大限に得るためにも、早期に課題を解決しなければなりません。

柔軟性のある働き方を実現できない

働き方改革が進むなかで、テレワークを導入する企業が増加しています。

テレワークでは、PCやインターネット環境の構築、さらにソフトウェアの利用など、自宅でもICTを活用できる状態が必要です。

しかし、ICTを扱える人材がいなかったり、導入方法に問題点があったりすると、テレワークの実現が難しくなります。

柔軟性をある働き方を実現するためにも、ICTを問題なく活用できよう準備しましょう。

市場での競争力が劣る

ICTに課題を抱えたままにしておくことで、市場における競争力の低下にもつながります。

たとえば、マーケティングを強化するために、マーケティングツールや顧客管理システムなどを導入しても、うまく活用できないのであれば効果が出ません。

企業としての競争力が低下し、ライバル企業との差が開いてしまうこととなります。

デジタル技術を活用したマーケティングが必要になった現代、ICTの性能を最大限に引き出せるように進めなければなりません。

ICTの問題点や課題を解決する方法

ICTの問題点や課題を解決するためには、どのような方法を取ればよいのでしょうか、

企業全体で工夫しながら、ICTの課題を解決しましょう。

IT人材を採用する

IT人材の採用は、ICTの問題点や課題を解決につながります。

社内にICTに詳しい人物を確保していないと、多様化する働き方の対応しにくくなるほか、セキュリティ関係にも危険性が生じます。

さらに、ICTツールを導入しても、適切に使えない可能性が出ることから、社内の効率化や生産性にも悪影響を及ぼしかねません。

ICT分野に関して、自社に足りない人材を見極めながら、採用活動をおこないましょう。

社内でITリテラシーを高める

人材を新しく採用するだけでなく、既存の従業員に対してもICTリテラシーを高めるようにしましょう。

定期的に社内で勉強会を実施したり、外部からICTに精通した人物を招いたりし、企業全体での取り組みが大切です。

また、教育をおこなう際には、各従業員のICTリテラシーに合わせながら進めていきましょう。

もともとICTリテラシーが低い従業員に対して、高度な教育を実施しても、教養としての意味が不十分となってしまいます。

段階的にICTツールを導入する

従業員向けに教育を実施する一方で、段階的に社内環境にICTツールを導入していきましょう。

ICTの勉強はもちろん大切ですが、実際に業務のなかでICTツールを使い、経験することがリテラシー強化にもつながります。

なお、ICTツールを導入する際には、自社の課題を把握し、解決できるような環境を構築します。

たとえば、情報共有に問題点や課題を抱えている場合には、チャットツールを活用するのが選択肢に挙げられます。

これまで以上に、従業員同士のコミュニケーションが活性化され、業務のやりとりにもプラスになります。

ChatworkでICTの問題点や課題を解決しよう

ICTの問題点や課題を抱えたままにしていると、日常的な業務だけでなく、経営にもダメージを与える可能性が出てしまいます。

人材の強化や日々の業務からICTツールを導入し、現状の課題を解決しましょう。

ビジネスチャットの「Chatwork」は、コミュニケーションや情報共有の向上に期待できます。

Chatworkを利用することで、チャット形式でのコミュニケーションが可能になり、操作方法も難しくなく、ICT導入の始めのステップにも最適です。

Chatworkは、無料で始めることができますので、ICTの問題点や課題を解決するため、社内のコミュニケーションの円滑化やデジタル化をご検討であれば、ぜひご活用してください。

これからデジタル化を進めたい方へ

中小企業の「デジタル化」

デジタル化にはさまざまなメリットがあります。DX(デジタルトランスフォーメーション)に先立つ取り組みとしてもデジタル化の推進は重要です。

一方、デジタル化を進める具体的な取り組みは、各企業や組織によって異なります。自社が進めるべき「デジタル化」とは何か、質問リストで確認しましょう。

【主な内容】

  • 「デジタル化」の課題と目的
  • 「デジタル化」が可能な業務を知る質問リスト
  • 「デジタル化」の習慣を身につける

ダウンロード
Chatwork

Chatwork

Chatworkの中の人です。お役立ちコラムの編集者として、ワークスタイルの変化に伴うコミュニケーションと組織のあり方など発信していきます。

関連記事