マネジメント能力の向上に必要なスキルと向上方法を解説

公開日: 更新日:
業務効率化
  • facebookシェアボタン
  • twiterシェアボタン
  • はてなブックマークボタン
  • pocketボタン
マネジメント能力の向上に必要なスキルと向上方法を解説

目次

企業では、管理職に就くとマネジメント能力が求められます。

しかし、どのようなマネジメント能力を身につければいいのか、悩む人も少なくないでしょう。

管理職がマネジメントをする対象は多岐にわたるため、マネジメント能力を向上させるためには、さまざまなスキルを獲得する必要があります。

マネジメント能力を向上させるために必要なスキルと、マネジメント能力向上の方法について解説します。

マネジメント能力の向上とは?

マネジメントとは、目標を達成するために組織を管理し、運営することをいいます。

また、マネジメント能力とは、組織の管理と運営をするためのスキルなので、複合的な要素で成り立つものです。

そのため、マネジメント能力を向上させるためには、マネジメント能力を構成するひとつひとつのスキルを獲得して、伸ばしていくことが必要です。

例えば、組織を運営して目標を達成するためには、経営資源であるヒト、モノ、カネなどを扱いますが、経営資源を適切に管理し活用できれば、成果を伸ばすことができるでしょう。

とくに、経営資源の運用では、ヒトをどれだけ活かせるかが重要なため、部下に配慮した働きやすい職場環境づくりや、部下がやりがいを感じながら仕事に取り組めるよう、マネジメントすることも大切です。

企業に利益をもたらす経営をするために、マネジメント能力の向上は不可欠であるといえます。

マネジメント能力の向上に必要なスキル

組織を運営して目標を達成するためには、主に5つのスキルが重要です。

これらのスキルを身に着けることで、マネジメント能力が向上します。

マネジメント能力の向上に必要なスキルを見ていきましょう。

現状分析と業務改善の能力

目標を達成するためには、実現が可能な計画を立てて、実行していきます。

しかし、計画どおりに進まないこともあるので、現状分析をして問題を発見することが欠かせません。

問題や課題点を洗い出すことができれば、改善する方法を考えて実行することが可能になるので、成果を高めることができます。

目標設定の能力

組織の目標を達成するために立てた計画が、計画どおりに実行できるかどうかは、部下ひとりひとりに設ける目標が、重要な要素になります。

部下の目標設定が高すぎたり、不適切なものであったりすると、業務の進捗状況が悪くなり、目標達成の実現が難しくなる可能性があります。

そのため、部下のスキルやキャパシティなどを考慮して、目標を設定する必要があります。

適切な目標が設定できると、目標を達成できるだけでなく、部下にとっては自分の役割が明確になるため、モチベーションの向上にもつながるでしょう。

スケジュール管理能力

組織の目標には、達成までの期間が定められています。

そのため、計画どおりに目標を達成していくためには、スケジュール管理が必要不可欠です。

スケジュールに遅れがある場合は、遅延の原因を明らかにし、どのように対応をすればスケジュールどおりに進められるかを考えるようにしましょう。

また、全体のスケジュールだけではなく、部下ひとりひとりのスケジュールに遅れがある場合も、適切なサポートをおこない、計画どおりに進められるよう努める必要があります。

人材育成能力

人材育成能力も、マネジメント能力の向上に必要なスキルです。

人材育成によって、部下がもつ能力や部下の可能性を引き出すことができれば、組織の生産性向上につながります。

また、部下にとっても、自分がもつ能力を発揮できることは、仕事のやりがいになつながり、業務に意欲的に取り組むことができるようになるでしょう。

対人関係能力

組織の管理と運営には、組織の内外の人と調整したり、交渉をしたりする場面が多くあります。

そのため、ほかの人の価値観も尊重しながら、信頼関係を築いて、良好な関係で業務を円滑に進めることができる対人関係能力が求められます。

関わる人やその状況によって、適切なコミュニケーションができるよう、臨機応変に対応できる対人関係能力を備えることが重要です。

マネジメント能力が向上しない原因

思うようにマネジメント能力が向上せず、悩んでしまう方もいると思います。

マネジメント能力が向上しない場合に、どのような原因があるのかを見ていきましょう。

仕事をひとりで進めてしまう

マネジメント能力が向上しない原因のひとつに、部下のことを信用していないことがあげられます。

部下を頼りにするよりも、自分でやってしまった方が効率がいいといった理由で、仕事をひとりで進めてしまっては、マネジメント能力は向上しません。

マネジメントには、人材の育成と適切な運用をおこない、最大限の効果を出すことも含まれているため、仕事を部下に任せることも重要になります。

部下のやり方を許容できない

部下は与えられた目標を達成することに責任をもちます。

目標の達成方法は、部下がもつスキルや特性によって異なるため、それぞれのスキルを活かしたやり方になるでしょう。

マネジメントをするにあたって、部下の考え方ややり方を許容できず否定をしてしまうと、部下の長所を活かせなくなってしまいます。

マネジメント能力を向上するためにも、部下のやり方を受け入れ、サポートする意識を持つ必要があります。

精神論に頼ってしまう

部下の成果が上がらないときに、「頑張れ」「なぜできない」というように、激励したり、叱ったり、精神論ば仮に頼っていると、マネジメント能力は向上しません。

精神論で部下と接していても、部下にとってはアドバイスになっていないので、部下の能力や成果はあがりません。

部下の成果が上がらない原因をきちんと明らかにし、成果が伸びるよう適切なフォローやサポートを心がけることが重要です。

問題点の批判ばかりする

会社や部署の問題点ばかりを批判していても、マネジメント能力は向上しません。

マネジメントに必要なのは、問題点を明らかにし改善していく能力です。

問題点を見つけることだけに満足するのではなく、問題点を見つけたら、その原因と対策を検討し、状況を改善し続ける努力が必要になります。

マネジメント能力を向上する方法

マネジメントにおける業務は多岐にわたるため、マネジメント能力の向上に求められるスキルもさまざまです。

マネジメント能力の向上に必要なスキルを高めるためには、どのようなことをすればいいのでしょうか。

マネジメント能力を向上する方法を説明します。

部下ひとりひとりの性格やスキルを把握する

組織をマネジメントするにあたっては、まずは部下ひとりひとりの性格やスキルを正確に把握する必要があります。

部下をきちんと理解できれば、部下の能力を引き出し、組織のために活用することができます。

また、部下ひとりひとりと向き合うことで、信頼関係も構築することができるでしょう。

部下の成長を考える

組織の生産性や目標の達成ばかりを考えるのではなく、部下の成長を考え、業務を進めることも重要です。

部下が成長することができれば、結果として組織の生産性を向上させることができ、組織の成長につながります。

また、部下自身が成長を感じることで、モチベーションの向上につながり、定着率の向上の効果も期待できるでしょう。

自身の感情をコントロールする

部下や上司だけでなく、他部署の管理職や社外の関係者など、マネジメントの業務では多くの人とのやりとりが発生します。

コミュニケーションをとる際は、分かりやすく正確に伝えることが必要ですが、そのためには感覚や感情に左右されることがないように、自身をコントロールすることが大切です。

感情的になってしまうと、ものごとを客観的にとらえて考えることができなくなってしまうので、適切な判断をするためにも、自身の感情をコントロールできるようにしましょう。

コミュニケーション能力を磨く

コミュニケーションをとる際は、言葉づかいだけでなく、声のトーンや表情といった非言語情報にも意識をしなければなりません。

どれだけ丁寧で正しい言葉づかいを使えていたとしても、声の大きさが小さかったり、表情が暗かったりすると、相手は不快な思いをしてしまう可能性があります。

また、対面以外にも、電話やメール、書面など、さまざまなコミュニケーションの方法があるので、適切に活用できるようになりましょう。

経営者視点を身に着ける

自分の部署だけではなく、経営者視点で組織のことを考えられるようになると、マネジメント能力が向上します。

マネジメントをおこなう際には、さまざまな経営資源を扱うため、業務で判断が必要な場面では、経営者の視点も取り入れて判断する必要があります。

ひとつの考え方だけにとらわれず、組織全体を客観的に考えられるようにするといいでしょう。

マネジメント能力を理解してマネジメント能力を向上させよう

マネジメント能力は複合的な要素で成り立っているため、必要なスキルは多岐にわたります。

短期間でマネジメント能力を向上させるのは難しいことですが、マネジメント能力を向上させるために、マネジメント能力を理解することから始めるとよいでしょう。

マネジメント能力を向上させる方法のひとつに、コミュニケーション能力を磨くことがあげられます。

コミュニケーションは、話す力や聞く力だけではなく、どのようなツールを使ってコミュニケーションをおこなうかによっても、必要なスキルが異なります。

ビジネスチャット「Chatwork」は、チャット形式でやりとりができ、気軽なコミュニケーションをとりやすいため、電話やメールに比べて、高度なコミュニケーションスキルを必要としません。

マネジメントの観点だけでなく、社内のコミュニケーション活性化にもつながるため、ぜひ「Chatwork」の導入をご検討ください。

Chatworkを始める(無料)

Chatwork(チャットワーク)は多くの企業に導入いただいているビジネスチャットです。あらゆる業種・職種で働く方のコミュニケーション円滑化・業務の効率化をご支援しています。

Chatwork新規登録
よりよいチームをつくりたい方へ
実力派リーダーを目指す人のチームマネジメント

チームをマネジメントする立場の方に、身につけておきたいスキルや活用したい取り組み、マネジメントに役立つツールを紹介します。

主な内容

  • チームマネジメントとは
  • リーダーが身につけたい「スキル5選」
  • テレワーク時代に実践したい「3つの取り組み」

ダウンロード
Chatwork

Chatwork

Chatworkのお役立ちコラム編集部です。 ワークスタイルの変化にともなう、働き方の変化や組織のあり方をはじめ、ビジネスコミュニケーションの方法や業務効率化の手段について発信していきます。

  • facebookシェアボタン
  • twiterシェアボタン
  • はてなブックマークボタン
  • pocketボタン

関連記事