営業における単純接触効果とは?単純接触効果を営業で活用する方法と注意点

公開日: 更新日:
業務効率化
  • facebookシェアボタン
  • twiterシェアボタン
  • はてなブックマークボタン
  • pocketボタン
営業における単純接触効果とは?単純接触効果を営業で活用する方法と注意点

目次

単純接触効果(ザイアンス効果)とは、人とのコミュニケーションや信頼関係の構築において、重要視されている効果です。

また、単純接触効果は営業活動にも効果的で、うまく活用することで成果に繋げられることもあります。

単純接触効果を営業で活用する方法や注意点を紹介します。

単純接触効果(ザイアンス効果)とは?

単純接触効果とは、相手に接する回数が増えることで、相手に対しての警戒心が薄れて好感度や評価が上がるという効果を指します。

最初は興味がなかったことや、警戒心を抱いていた事柄や人に対して、繰り返し接するうちに無意識に身近に感じてしまうなどの経験や現象は、単純接触効果が働いている可能性があります。

また、単純接触効果には、接する時間ではなく回数が関係していて、相手の目に触れる頻度が高い方が効果を発揮しやすい特徴があります。

 

身近にある単純接触効果の例

単純接触効果は多くの人が、知らず知らずのうちに日常で経験しています。

例えば、テレビや動画のCMを繰り返し見ることで、気づくとCMのセリフを口ずさんでいたり、CMを耳にしたりするだけで「あの企業のCMだ」と思うことがあるでしょう。

このような効果は、単純接触効果のひとつです。

また、スマートフォンやPCのアプリケーションでお知らせなどが届くプッシュ通知も、単純接触効果を狙った施策のひとつといえます。

これら以外にも日常で何気なく触れている広告にも、単純接触効果を活用している事例は多くあります。

単純接触効果の営業での活用法

単純接触効果を営業で活用するためには、どのようなシーンで活用するとよいのでしょうか。

営業での単純接触効果の活用方法を、具体例と合わせて見ていきましょう。

 

アポイント前のコンタクト

単純接触効果は、アポイント前に活用すると効果的です。

例えば、アポイントの前に資料を送付することや、事前の電話で確認事項をクリアにするなど、商談をおこなう前後にほかのアプローチを入れることを指します。

事前に接点を増やしておくことで、当日の話や提案がスムーズに進みやすくなり、その後の信頼関係の構築もしやすくなるでしょう。

 

ルート営業で何度も接点をもつ

ルート営業では、少しでも多く担当者と接触をすることで、印象アップにつなげられることができます。

ここでも、単純接触効果で重要な「回数」を意識するといいでしょう。

一度の営業に時間をかけるのではなく、商談の回数を増やすことやメールや電話で丁寧に連絡をとること、商談後にお礼のメールを送るなどして回数を意識することで、より効果的に営業活動を進めることができます。

 

定例会をセッティングする

ひとつのプロジェクトを一貫しておこなう案件がある場合は、毎週決まった曜日に顔を合わせる定例会などを、クライアントと決めておくことも効果的です。

毎週必ず顔を合わせる機会を設けることで、先方に安心感を抱いてもらうことができ、案件の進捗も確認しやすくなります。

対面での顔合わせに留まらず、日ごろからメールや電話で密なコミュニケーションをおこなうことも心がけましょう。

 

メールマガジンを送る

メールマガジンは、受信側がメールを読みたいときに読むことができ、相手の時間を拘束することもないので、単純接触効果が活用しやすいです。

定期的に情報を提供するので、何か困ったことがあったときに「相談してみよう」と思ってもらうきっかけにもなります。

顔合わせや電話と違い、メールマガジンは自動で定期的に配信できるツールもあるので、手間もかかりにくく効率的に進められるでしょう。

 

ビジネスチャットでマメなコミュニケーション

メールよりも気軽にやりとりができるビジネスチャットツールも、単純接触効果を生み出すことに適しています。

ビジネスチャットツールを活用すれば、聞きたいことや質問がある場合はをすぐに送ることができるため、その分接触の回数も増えます。

営業担当者とクライアントが、より近い距離でコミュニケーションをとれるので、単純接触効果を発揮するにはぴったりのツールです。

単純接触効果を営業で活用する際の注意点

単純接触効果を活用することは、営業側からすると有利ではありますが、受ける側からすると迷惑に感じられることあります。

単純接触効果を営業で活用する際の、注意点を見ていきましょう。

 

接触の回数を多くし過ぎない

単純接触効果が発揮される回数は、10回が限度といわれており、10回を超えてしまうと、それ以降の印象に差異がでないといわれています。

逆に接触回数が増えすぎてしまうと、相手側から鬱陶しい存在になってしまい、好感度の向上どころか逆効果になり得ません。

接触の回数は多くなり過ぎないよう、10回という回数を目処に気を付けるようにしましょう。

 

相手との相性や関係性を注意する

単純接触効果を活用する際は、接触する相手との関係性も注意するようにしましょう。

一度悪い印象を与えていたり、嫌われているような相手の場合は、接触回数を増やすことは逆効果になる場合が多いです。

まずは接触回数を増やすことよりも、相手にあるマイナスなイメージを払拭することを優先し、関係性を修復してから接触回数を増やしていくようにしましょう。

 

接触のタイミングを考える

何度も接触をするほうが効果的という理由で、朝の早い時間帯や夕方以降の遅い時間帯、お昼休みの時間帯などに、連絡や訪問をすることは避けましょう。

いくらこちら側の都合がよいとしても、相手側からすると迷惑に感じられます。

相手に不快に思われないと想定される時間帯を選ぶことが、より好感度アップにつながるでしょう。

単純接触効果を営業で活用するための手段

単純接触効果を有効的に活用するためには、どのような方法でアプローチをするのかが重要です。

単純接触効果を営業で活用するためには、どのような手段があげられるでしょうか。

 

対面で接触

単純接触効果が効果的に活用できる手段のひとつは、対面での接触です。

実際に顔を合わせることで、相手の人となりや、会話に対する温度感を知ることができます。

電話ではできなかった話や、重要な話題なども生まれやすく、新たな営業につながるきっかけにもなり得ます。

 

電話をする

非対面で丁寧に接触する場合は、電話は有効な手段です。

メールだと見落としてしまいそうな内容や、念を推して確認をしたい内容に関しては、きちんと電話でアプローチを取るようにしましょう。

アポイントを取り付けたい場合も、メールではなく、電話で接触をすることでよりスピーディーに話を進めることができ、その場でアポイントが決まりやすいでしょう。

 

メールを送る

多くのクライアントを抱えていて、すべてを訪問するには難しい場合は、メールで接点を作ることも手段のひとつです。

細かな確認事項や、相手の役に立ちそうな内容を定期的にメールで送るなどして、なるべく接触回数を増やすようにしましょう。

メールであれば、相手側も自分の都合のよいタイミングで読むことができるので、時間を拘束せずに済むこともできます。

 

ビジネスチャットを使う

単純接触効果を活用するには、ビジネスチャットツールも有効です。

すぐに解決したい事柄についても、気兼ねなく連絡することができるので、より密なコミュニケーションが取れるようになります。

わざわざクライアントに訪問しなくても済むうえ、メールや電話よりも気軽にやりとりができるので、単純接触効果を活用するには最適な手段のひとつです。

Chatworkで単純接触効果を生み出し効率的に営業しよう

マーケティングや効果的な営業活動でも、単純接触効果は取り入れられています。

単に相手との接触回数を増やせばよいということではなく、相手との関係性や接触の回数にも注意するようにしましょう。

メールや電話よりも気軽に相手との接点を作りたい場合は、ビジネスチャット「Chatwork」を活用するようにしましょう。

「Chatwork」は、チャット形式で気軽にやりとりができるうえ、メッセージに対して絵文字でリアクションをする機能もあるので、より単純接触効果を高められます。

営業活動に単純接触効果を取り入れるためにも、「Chatwork」の導入をご検討ください。

Chatworkを始める(無料)

Chatwork(チャットワーク)は多くの企業に導入いただいているビジネスチャットです。あらゆる業種・職種で働く方のコミュニケーション円滑化・業務の効率化をご支援しています。

Chatwork新規登録

営業・マーケテイング担当者におすすめの資料
顧客エンゲージメントを高める!ビジネスチャット活用のススメ

売上を高めるためには、顧客への細やかなフォロー、適切な情報提供をおこない顧客エンゲージメントを獲得することが重要です。ビジネスチャット活用法を紹介します。

【主な内容】

  • ビジネスの「土台」を固める方法
  • 顧客の「信頼」を醸成する方法
  • コミュニケーションの「品質」を保つ方法

ダウンロード
Chatwork

Chatwork

Chatworkのお役立ちコラム編集部です。 ワークスタイルの変化にともなう、働き方の変化や組織のあり方をはじめ、ビジネスコミュニケーションの方法や業務効率化の手段について発信していきます。

  • facebookシェアボタン
  • twiterシェアボタン
  • はてなブックマークボタン
  • pocketボタン

関連記事