情報収集がうまい人の特徴とは?情報収集がうまい人になるメリットとコツ

業務効率化
AWAY

目次

インターネットの普及により、誰もが多くの情報を簡単に手に入れることができるようになりました。

しかし、多くの情報の中から有益な情報を見つけ出せる情報収集がうまい人は、そのあとの工程となる情報の共有・活用も円滑に進めることができます。

情報収集がうまい人には、どのような特徴があるのでしょうか。

情報収集がうまい人になることで得られるメリットや情報収集がうまい人になるコツを見ていきましょう。

情報収集がうまい人の特徴

どのような情報収集の仕方を、情報収集がうまい人はおこなっているのでしょうか。

情報収集がうまい人の特徴について見ていきましょう。

複数の情報源を活用している

情報収集がうまい人は、複数の情報源を活用しています。

インターネットの検索エンジンやSNSだけではなく、書籍や新聞、政府などの公的機関のサイトなども参考にしています。

さらに、文字による情報収集にとどまらず、ハッシュタグ検索による画像や動画からも情報収集をおこないます。

画像や動画は、文字から得られる情報と比較した際に、目に入る情報量が多いため、情報収集の際には圧倒的な時間短縮が可能です。

多方面からの視点で情報収集をしている

情報収集がうまい人は、収集する側だけではなく、情報を発信する側の意図や立場を念頭に置いて物事を見ています。

仮に有識者が発信した情報であっても、視点を変えれば発信者の主張とは異なる形で捉えられることもあります。

多方面からの視点で情報収集ができる人は、自社や業界に対する肯定的な情報だけではなく、ときには批判的な意見や情報も押さえています。

多様なコミュニティに属している

自分をとりまくコミュニティが常に一定であり、変化のない環境で長期間過ごしていると、思考が凝り固まってしまう傾向が多いです。

情報収集がうまい人は、他部署や異業種の人と積極的にコミュニケーションをとり、自分とは異なる思考があることをポジティブに捉えています。

新型コロナウイルス感染症の影響で、直接的に人と会ってコミュニケーションをとることが難しくなりましたが、一方でオンラインによるコミュニケーションは活性化されました。

人々のオンラインでの会話に対するハードルが下がったことは、情報収集がしやすくなったともえいます。

直接の対面よりも接する世界が広がったことで、多様な人々とコミュニケーションがとりやすくなったことは情報収集にプラスに働くでしょう。

デジタルツールを活用し情報収集を効率化している

ある分野について情報を収集する際に、検索サイトやSNSを利用し、ただ漠然と画面を眺めていても、質のよい情報は得られず時間だけがどんどん過ぎていきます。

情報収集がうまい人は、検索サイトやSNSを利用する際にも、検索するキーワードを絞り込むために、デジタルツールを潤沢に活用しています。

Google検索であれば、キーワードに「"」「-」「OR」「related:サイトのURL」をつけて検索することで、本当に必要な情報だけを表示させることができます。

また、情報収集がうまい人は、情報の鮮度が重要だということを知っています。

鮮度の高い情報を手に入れるため、デジタルツールの通知機能などを活用し、興味のある分野の情報が発信されると、通知される仕組みを取り入れています。

情報収集がうまい人になるメリット

情報収集がうまい人になることで、どのようなメリットがあるのでしょうか。

情報収集がうまい人になれば得られるメリットを見ていきましょう。

質の高い情報を取捨選択できる

インターネットの普及により多くの情報が溢れかえっています。

その中には信憑性の低い情報や人を意図的に操作するなどのネガティブな情報も増えてしまいました。

情報の真偽を問わないまま鵜呑みにしてしまうことで、トラブルに巻き込まれてしまうことも少なくはありません。

しかし、うまく情報収集ができれば、どんなに情報が多くても質の高い情報だけを取捨選択できます。

間違った情報を鵜呑みにしてしまうこともないので、金銭的・物理的な損害を受けることもないでしょう。

新しいアイディアを生み出しやすくなる

情報収集を繰り返すことで、必然的にインプットされる情報量は増えていきます。

有益な情報が多く集まると、情報の組み合わせができるため、新しいアイディアを生み出しやすくなります。

情報を組み合わせるためには情報の関連付けをおこなうため、得た情報の中からさらに必要な情報を自らの頭の中で整理します。

頭の中にある情報の整理をおこなうことで、思考に新たな道筋が作られ、柔軟で実用的なアイディアを発想することへとつながります。

仕事のスピードが上がる

情報収集がうまくできないまま情報収集を進めていくと、無駄な情報ばかりが蓄積され、情報の共有や発信をしたくても、どの情報から手をつければいいのかわからなくなってしまいます。

情報収集がうまくなると、すでに自分の中で質の高い情報だけがインプットされているので、アウトプットする際に情報を選別する手間が省けます。

そのため、チーム内で鮮度の高い有益な情報を効率よく共有できるため、仕事のスピードを上げることも可能になるのです。

仕事のキャパシティが広がる

情報収集がうまくなることで、周囲の人から「常に質の高い情報を発信する人だ」と認知されます。

多くの情報を得ようと周囲の人から話しかけられることも増えるため、より多くの人とのコミュニケーションをとるようになります。

コミュニケーションの幅が広がることで、大きな仕事を任されたり、これまで取り組んだことのなかった新たな仕事を任されたりするかもしれません。

仕事のキャパシティが広がることで、キャリアアップへの道が広がることも期待できるでしょう。

情報収集がうまい人になるコツ

情報収集がうまい人になるためには、ただやみくもに情報収集の回数を重ねることは非効率です。

効率よく情報収集がうまくなるためのコツを見ていきましょう。

目的から遡って考える

情報収集がうまくならないと悩む人に多い特徴として、情報収集が目的になってしまっていることが挙げられます。

単に情報量が多いだけでは、自分のキャリアアップや会社の利益にはつながりません。

そのため、「情報収集をおこなう目的は何か」ということから遡って考えてみましょう。

具体的に説明すれば、情報収集をおこなう際に「最終的に何がしたくて情報収集をおこなうのか」「この情報は誰がどのように活用するのか」を考えることから始めます。

情報収集はあくまでも手段であり、目的ではないことを認識しておくことが大切です。

情報源は信頼できるものを選ぶ

多くの検索エンジンにはAIの機能があるため、自分が打ち込んだキーワードに沿った情報を提供してくれます。

一見すると便利な機能に思われますが、知らず知らずのうちに自分が知りたい情報だけが表示されてしまい、多方面からの視点で情報を得ることからは遠ざかってしまいます。

そのため、検索サイトやSNSに依存しすぎず、信頼できる情報源を自らが意識的に選ぶことも必要です。

デジタルツールの活用で情報収集が便利になったとはいえ、反対意見も含め多様な意見や情報を得ることも大切です。

情報収集がうまくなるには、自らが信頼できる情報源を知っておくこともひとつのコツといえるでしょう。

必要な情報をカスタマイズする

現代には情報発信のための媒体が多くあふれており、その中から自分に必要な情報を探し出すことは時間も手間もかかる作業です。

そこで、デジタルツールやアプリなどのサービスを活用し、自分なりにカスタマイズすることで、情報収集にかかる時間を減らすことができます。

また、時間の経過とともに、興味のある分野や必要な情報は変化します。

その際にも、常に必要な情報を整理して自分なりにカスタマイズすることも、情報収集がうまくなるコツです。

ツールを使ってリマインドする

情報収集をするたびに、いくつものサイトを開いて目的の情報を探し出す作業は、情報収集の頻度が多いほど時間や手間がかかるものです。

そこで、デジタルツールを活用して情報収集の作業そのものを自動化してしまいましょう。

デジタルツールの多くは、通知の頻度や時間を指定することができます。

この機能を使い、自分が最も情報収集に集中できる時間を設定しておきましょう。

有益な情報を得た際は、忘れないようにリマインド機能を使うことで、知識として定着化させることも可能です。

リマインド機能を使いインプットとアウトプットを繰り返すことで、より深い情報を手に入れることもできるでしょう。

スキマ時間を逃さない

情報収集がうまくなるコツとして時間の有効活用が挙げられます。

スマートフォンや書籍を読むことができない満員電車や移動中、休日のジョギング中であっても、耳から情報を得ることは可能です。

最近は、ポッドキャストや本の朗読をおこなう音声アプリサービスが豊富に用意されています。

自分が想像している以上に、実は日々の生活の中にはスキマ時間が多く存在しています。

わずかなスキマ時間であっても、1年も積み重ねれば、膨大な情報収集時間に充てられます。

電車の待ち時間や入浴時間など、スキマ時間を見つけては情報収集を実践してみましょう。

得た情報をアウトプット&共有する

情報収集をおこなう最終目的は、情報収集で得た情報を活用し、業務を効率よく進めて会社の利益を生み出すことです。

どんなに優れた情報を得ていたとしても、チームや社内のメンバーにアウトプットや共有しなければ宝の持ち腐れになってしまいます。

上司に提出する企画書や社内外に向けたプレゼン資料は、自分の情報収集力を発揮する場でもあります。

企画書や資料を読んだ相手が思わず納得してしまうものに仕上げるために、失敗を恐れず積極的にアウトプットや共有の回数を重ねることも大切です。

情報収集がうまい人になるならChatworkが役に立つ

情報収集では、複数のツールを使って情報収集をおこなうことも多く、得た情報はアプリごとに分散され蓄積されていきます。

情報をリマインドしたり共有したりする際には、ツール間の行き来が必要となるため効率的とはいえません。

そこで、情報収集のターミナルとしてビジネスチャット「Chatwork」を活用するといいでしょう。

Chatworkでは、グループチャットごとにメッセージのやりとり、タスク管理、ファイルの共有をひとつの画面で完結させることが可能です。

また、Chatworkはメールに比べてメッセージのやりとりが気軽におこなえるので、情報のアウトプットや共有の回数も自然と増えていきます。

必要な情報をリマインドしたいときも、Chatworkの検索機能を使えばすぐに探し出すこともできるため、情報収集や管理にかかる時間を大幅に短縮することができます。

情報収集をうまくできるようになるために、Chatworkを上手に活用してみましょう。

チームに足りないものはありませんか?

チームコミュニケーションの活性化

チームでの仕事には、コミュニケーションが必須です。

活発なコミュニケーションによって、チームメンバーが「意思疎通」できるようになるだけではなく、メンバー同士が「良好な関係性」を築き、チームとしての成果を最大化することにつながります。

一方、チームコミュニケーションを活性化するために、何から手をつければよいのか分からない方も多いのではないでしょうか。

本資料では、まずは簡単なチェックリストによって自分のチームの現状を把握した上で、「生産性」と「エンゲージメント」の2つの側面からチームコミュニケーションを活性化する手段をお伝えします。

ダウンロード
Chatwork

Chatwork

Chatworkの中の人です。お役立ちコラムの編集者として、ワークスタイルの変化に伴うコミュニケーションと組織のあり方など発信していきます。

関連記事