仕事の確認不足や仕事の確認ミスの原因と仕事の確認不足や確認ミスを防ぐ方法

公開日: 更新日:
業務効率化
  • facebookシェアボタン
  • twiterシェアボタン
  • はてなブックマークボタン
  • pocketボタン
仕事の確認不足や仕事の確認ミスの原因と仕事の確認不足や確認ミスを防ぐ方法

目次

仕事の確認不足や確認ミスは、担当者の不注意だけでなく職場の環境が原因で起こってしまうこともあります。

確認不足や確認ミスが起きやすい作業工程や環境を放置したままにすると、トラブルが起きやすくなってしまうリスクを抱えるでしょう。

社員が働きやすい職場づくりを進めるためにも、企業側や管理職が仕事の確認不足や確認も巣を防ぐ対策や工夫を取り入れることが重要です。

仕事の確認不足や仕事の確認ミスの原因と防ぐための方法を解説します。

➤便利な業務代行サービスを活用しませんか?「Chatwork アシスタント」

月額3.5万円から発注可能!コスト削減できる業務代行サービスであなたの仕事をアシストします。

シゴトがはずむChatwork

仕事の確認不足・仕事の確認ミスによる弊害

仕事の確認不足や確認ミスが起きる環境を解決しないまま放置すると、作業がスムーズに進まず非効率になる弊害が起こります。

また、確認しておけばトラブルやミスが回避できた問題も、確認不足や確認ミスが続くことで頻発してしまいます。

トラブルやミスが多い状態では適切に業務が進まないだけでなく、職場や取引先の人間関係が悪化する要因につながりかねません。

仕事の確認不足や確認ミスによる弊害には、業務の生産性が下がることや仕事の信頼関係が築けない可能性があげられるため、放置せずに改善策を取り入れる必要があります。

仕事の確認不足や仕事の確認ミスの原因

職場でミスやトラブルが起きない工夫に取り組むには、現場の作業環境や体制を見直すことが重要です。

仕事の確認不足や確認ミスの原因を見ていきましょう。

二重で確認する体制が整っていない

仕事の失敗を防ぐには、自分以外の社員に内容を確認してもらい二重チェックする方法があります。

たとえば、取引先にデータを送信するときに数字や内容の間違いがないかを再度上司に確認してもらう作業が抜けると、あとからミスやトラブルに気づく可能性があるのです。

担当者以外に二重で確認してもらう機会がないと、仕事内容によっては確認不足とミスの原因につながります。

作業現場が忙しく人手不足

職場の人員が足りないときは、仕事の手が回らずに処理を急いでしまい、確認作業が雑になる場合があります。

納品や締切に間に合わせるために仕方ない面も出てしまうため、経営側が新しい人材確保や業務委託で現場の業務量を調整することが重要です。

仕事の確認不足とミスが起こるときは、作業現場が忙しく人手不足が解消できていない原因が考えられます。

作業工程が複雑で多い

業務の作業工程が単純化できていないときは、注意するポイントが多く失敗が起こりやすくなります。

たとえば、業務を同時並行でいくつも終わらせる必要がある場合、集中力が切れやすく作業の非効率化につながるのです。

職場の作業工程が複雑だったり、同時並行で細かい作業が多すぎたりすると、業務体制が整わずに仕事の確認不足とミスが起こる原因につながります。

仕事の確認不足や仕事の確認ミスにつながる場面や環境

仕事は再度確認しておくことでミスの予防につながる場合が多くあります。

どのような場面や環境で、仕事の確認不足や確認ミスにつながるのか見ていきましょう。

職場の環境が原因の場合

職場の作業環境が仕事を進める上で適切でない場合、確認不足やミスが起こりやすくなります。

たとえば、職場の人手不足で細部まで手がまわらない場面を始め、同時並行で作業を進める内容が多いとミスやトラブルが起きやすくなるのです。

仕事の確認不足や確認ミスにつながる環境には、経営陣や管理職によって職場環境が改善されないまま、現場の作業に負担がかかる状況があげられます。

取引先とのやりとりで確認不足の場合

取引先と仕事を進めるときは、お互いにメールや電話などで業務連絡を取り合い、認識の間違いが起きないように確認することが大切です。

たとえば、仕事の作業を進める上で気になるポイントを発見したときに、確認の連絡を入れずに作業を進めてしまうと、あとでトラブルにつながる可能性が考えられるでしょう。

取引先とコミュニケーション不足のまま作業を進めてしまうと、仕事の確認不足や確認ミスの場面につながります。

個人の思い込みで確認せずに進める場合

仕事を進めるときは、客観的かつ冷静に判断することが重要になるため、納品前や仕事の完了前に再度確認の工程が必要です。

たとえば、仕事のスケジュールで変更点があったときは、上司は知っているはずだと思い込んで報告しない状態だと、情報が共有できずにミスやトラブルにつながるかもしれません。

仕事の確認不足や確認ミスの場面につなげないためにも、社内マニュアルの作成や確認表を作るなど、個人の思い込みで進めないための対策が求められます。

仕事の確認不足や確認ミスをなくす工夫や対策

働きやすい環境を整えることで、作業効率化につながる職場づくりを目指せます。

仕事の確認不足や確認ミスをなくす工夫や対策を見ていきましょう。

業務内容を見直して作業工程を簡略化する

仕事の作業工程が複雑すぎるときや同時並行の作業が多いときは、できる限り社員の負担が減らせるように作業工程を改善しましょう。

管理職が社員と相談しながら、確認不足や確認ミスが起きる根本的な原因を探りつつ、作業が単純化できるように工夫します。

仕事の確認不足や確認ミスをなくす対策には、確認の手順が減らせるような作業工程の簡略化の方法を取り入れてみてください。

作業の確認表をつくってデスクに貼る

仕事の確認不足をなくすためにも、作業の完了前や送信前に確認表を作って目の見える場所に貼りつける方法がおすすめです。

思い込みで確認ミスにつながる可能性が減らせるため、失敗のリスクが少なくなるでしょう。

各デスクに貼りつける形で工夫しておけば、部署内全体で作業を効率化させながら、仕事の確認不足や確認ミスをなくす対策につながります。

仕事量の調整に業務委託や人材を確保する

職場の人手不足からミスの原因につなげないためにも、第三者に仕事を任せる業務委託や新規雇用の募集をかける方法があります。

社員の仕事量が調整できるだけでなく、残業時間を減らす対策にできて業務に対する集中力が持続しやすくなるでしょう。

職場の人手不足や仕事量が多すぎるときは、業務委託や人材を確保して仕事の確認不足や確認ミスをなくす対策につなげてください。

プレッシャーを与えないように配慮する

仕事を進める過程で上司からの厳しい言動が続くと、部下が心理的な負担を感じて仕事の確認不足やミスが増える原因につながります。

たとえば、仕事のスピードを重視するあまり、部下に仕事を急かす高圧的な態度を取ってしまうと、確認する機会を逃しやすくなってミスが増える可能性があるのです。

仕事の確認不足や確認ミスをなくす対策には、部下の集中力を奪わないように上司は建設的な言動を心がけて、部下にプレッシャーを与えない配慮が求められます。

マニュアルを作成して作業工程を可視化する

仕事のどのようなポイントで確認が必要なのか把握するためにも、仕事全体の流れや工程をマニュアル作成で可視化しましょう。

仕事の手順を誰が見てもわかりやすい形でまとめておくことで、作業を覚えるまでの時短につながり全体のミスを減らす工夫につながります。

まずは仕事全体の流れを可視化できるマニュアルを作成しておき、確認すべきポイントが把握しやすい工夫を取り入れて仕事の確認不足や確認ミスをなくす対策につなげましょう。

仕事の確認不足や確認ミスをなくす対策にChatwork

確認不足やミスが起きる原因には、二重で確認する体制が整っていないことを始め、作業現場の人手不足や作業工程の複雑さが考えられます。

仕事の確認不足や確認ミスをなくす方法には、業務内容の見直しや作業工程の簡略化、マニュアルと確認表の作成や人材の確保、上司の言動による配慮などを取りあげました。

職場で作業効率化を図るには、業務のコミュニケーション活性化につながるビジネスチャット「Chatwork」を使う方法もおすすめです。

報連相の流れが円滑にできて作業で確認したいときもスムーズに連絡ができるので、仕事の確認不足や確認ミスをなくす対策にChatworkをご活用ください。

Chatworkを始める(無料)

Chatwork(チャットワーク)は多くの企業に導入いただいているビジネスチャットです。あらゆる業種・職種で働く方のコミュニケーション円滑化・業務の効率化をご支援しています。

Chatwork新規登録
チームに足りないものはありませんか?
チームコミュニケーションの活性化

チームでの仕事には、コミュニケーションが必須です。

活発なコミュニケーションによって、チームメンバーが「意思疎通」できるようになるだけではなく、メンバー同士が「良好な関係性」を築き、チームとしての成果を最大化することにつながります。

一方、チームコミュニケーションを活性化するために、何から手をつければよいのか分からない方も多いのではないでしょうか。

本資料では、まずは簡単なチェックリストによって自分のチームの現状を把握した上で、「生産性」と「エンゲージメント」の2つの側面からチームコミュニケーションを活性化する手段をお伝えします。

ダウンロード
Chatwork

Chatwork

Chatworkのお役立ちコラム編集部です。 ワークスタイルの変化にともなう、働き方の変化や組織のあり方をはじめ、ビジネスコミュニケーションの方法や業務効率化の手段について発信していきます。

  • facebookシェアボタン
  • twiterシェアボタン
  • はてなブックマークボタン
  • pocketボタン

関連記事