職場の単純接触効果とは?職場で単純接触効果を活かすメリットと方法

公開日: 更新日:
業務効率化
  • facebookシェアボタン
  • twiterシェアボタン
  • はてなブックマークボタン
  • pocketボタン
職場の単純接触効果とは?職場で単純接触効果を活かすメリットと方法

目次

職場の単純接触効果とは、仕事を通して会話や見かける機会が何度もあると、相手に対する好感度が高まる状態を指します。

単純接触効果を人間関係にうまく応用できると、お互いの関係性が良好にできるメリットが期待できるでしょう。

職場のどのようなタイミングで単純接触効果の機会につながるのでしょうか。

職場の単純接触効果とは何か、職場で単純接触効果を活かすメリットと方法を解説します。

単純接触効果とは

何度も接しているうちに、相手に対してよい印象をもちやすくなる状況は、心理学で単純接触効果(ザイオンス効果)と呼ばれています。

たとえば、職場で話す機会がないときも、何度か廊下や休憩室で見かけるうちに親近感がわくなどの例は単純接触効果といえるでしょう。

単純接触効果は、メディアの広告やマーケティングに活用されており、知らない芸能人でもCMで何度も見かけるうちに、好感度があがっていく例があげられます。

単純接触効果は、人以外の音楽などの物に対しても当てはまるものです。

職場の人間関係でコミュニケーションを円滑に進めたいときも、単純接触効果をうまく活用することで役立てることができるでしょう。

職場の単純接触効果につながるタイミング

同じ会社で働いていると、職場を通して何度も顔見知りの社員を見かけるときがあります。

職場の単純接触効果につながるタイミングを見ていきましょう。

同じフロア・部署で働いているとき

職場で接する機会が少ないときでも、同じ空間で働く仕事仲間のことは、意識に入れながら働いているものです。

また、部署以外の同じフロアで働く社員と会話の機会がないときも、なんとなく見かけたことがあると単純接触効果が起こる可能性が高まるでしょう。

職場の単純接触効果につながるタイミングには、同じフロアや部署で仕事仲間と働くときがあげられます。

休憩や廊下で見かけるとき

部署以外で関わりのない社員でも、出社や退社時に廊下ですれ違ったりする機会があります。

また、休憩中にいつも同じ時間に仕事仲間を見かけると、相手に興味をもつきっかけやコミュニケーションが生まれやすくなるのです。

職場の休憩室や廊下で何度も同じ人を見かけるときも、職場の単純接触効果のタイミングにつながります。

仕事で見かける機会があるとき

別の部署から仕事の相談に来た社員を見かける機会があります。

同じフロアで働いていない場合でも、何度か見かけたり軽い雑談をしたりするうちに親近感がわくものです。

職場の単純接触効果につながるタイミングには、仕事で別の部署の社員を見かけるときがあげられます。

職場で単純接触効果を活かすメリット

仕事の人間関係で相手によい印象がもてると、コミュニケーションが円滑に進められます。

職場で単純接触効果を活かすメリットを見ていきましょう。

仕事仲間と信頼関係が築ける

職場で働く社員と話す機会ができると、少しずつ警戒心がとけて関係性がつくられていくものです。

相手の立場になりながら会話に耳を傾けて、仕事を通して意見交換や課題を乗り越えるうちに信頼できる仕事仲間になれます。

職場で単純接触効果を活かすには、仕事のサポートや声かけを通して仕事の仲間同士で信頼関係が築けるところがメリットです。

後輩に指導が進めやすくなる

後輩に信頼できる先輩だと感じてもらえると、指導するときも適切に本題を伝えやすくなります。

始めのうちはコミュニケーションが取りづらいと感じていても、何度もやりとりを進めていくうちに親近感が芽生えるものです。

職場で後輩を教育するときの指導が進めやすいメリットが単純接触効果に期待できます。

部署以外の人と会話の機会ができる

単純接触効果で部署以外の人に興味をもつきっかけができると、コミュニケーションの機会につなげられます。

たとえば、昼休みの休憩室で何度も見かけるときは、きっかけを見つけて雑談ができれば、会社で新しい友人ができる可能性もあるでしょう。

職場で単純接触効果を活かせると、部署以外の人間関係の輪を広げて会話する機会が生まれるメリットがあります。

揉めごとが減らせる

単純接触効果で相手を良心的に見ている場合、仕事でミスが起きたときもトラブルが大きくなるリスクが避けられます。

お互いのコミュニケーションが円滑に進みやすいため、仕事の本題を建設的に伝えやすくなり、個人的な先入観にとらわれずに会話が進められるでしょう。

職場で単純接触効果を活かすメリットには、余計な人間関係のトラブルを生まないところがあげられます。

報連相が伝えやすくなる

相手に対しての好感度が高まると、仕事の報告や連絡を気軽に取りやすくなります。

何か相談ごとがあるときは、本人がひとりで抱え込まずに済むため、問題が大きくなる前に対処できるのです。

気軽に話しやすい状態が維持できるため、職場のコミュニケーション活性化にも期待できるでしょう。

職場で日常的に軽い雑談を意識してコミュニケーションが取れると、単純接触効果が活かせて仕事の報連相が伝えやすくなるメリットがあります。

職場のコミュニケーションに単純接触効果を活かす方法

社員同士がお互いにサポートできる関係性をつくるには、意見を交換し合って信頼関係をつくることが重要です。

職場のコミュニケーションに単純接触効果を活かす方法を見ていきましょう。

軽い雑談を心がける

まずは職場でお互いの警戒心をとくためにも、仕事に関する会話の回数を増やす方法がおすすめです。

交流の機会が深まってきたら、軽い雑談として仕事以外の話題から共通点を見つけられると、お互いの距離感を縮められるでしょう。

簡単な雑談を日ごろから心がけると、コミュニケーションを通して単純接触効果を活かす方法につながります。

あいさつを意識する

基本的なコミュニケーションとして、仕事仲間に出勤時や退勤時にあいさつするように心がけましょう。

また、廊下や休憩室ですれ違うときも、簡単にあいさつの声かけをしておくと丁寧な対応につながります。

職場のコミュニケーションであいさつを意識すると、単純接触効果を活かす方法につながり会話のきっかけが生まれやすくなるのです。

仕事を手伝う機会をつくる

職場でお互いの関係性を良好にしたいときは、相手の困りごとをなくすために仕事を手伝う方法があります。

お互いが何度も協力し合っていくと信頼関係ができて、仕事に対する連携がとりやすくなるでしょう。

職場のコミュニケーションに単純接触効果を活かす方法には、相手のサポートにまわって仕事を手伝う機会をつくることが大切です。

ビジネスチャットで会話の機会を設ける

ビジネスチャットのグループチャットを使って会話を進めると、職場全体で交流する機会が生まれます。

職場で個人的に話す機会が取れないときも、仕事のやりとりを通して交流するきっかけにできるでしょう。

職場のコミュニケーション活性化のためにも、ビジネスチャットで仕事の会話を通して単純接触効果を活かす方法につなげてみてください。

職場の単純接触効果で仲間同士の信頼関係が築ける

職場内で何度も見かけたり会話をしたりするうちに、相手に対する好感度が高まる状態が、単純接触効果です。

単純接触効果を職場で活かせると、仕事仲間と信頼関係を築きながら、報連相の活性化や揉めごとが減らせるなど、コミュニケーション活性化に役立つメリットがあるでしょう。

実際に職場で活かすときの方法には、軽い雑談やあいさつを心がけること、仕事を手伝う機会をつくることを取りあげました。

また、ビジネスチャット「Chatwork」を利用することで、職場のコミュニケーションが活性化につながります。

Chatworkのビデオ通話の機能を使ってオンライン会議も可能ですし、グループチャットを使えば仕事仲間とのやりとりを円滑に進められます。

職場の単純接触効果で仲間同士の信頼関係を築くためにも、気軽にコミュニケーションが取れるChatworkの導入をご検討ください。

Chatworkを始める(無料)

Chatwork(チャットワーク)は多くの企業に導入いただいているビジネスチャットです。あらゆる業種・職種で働く方のコミュニケーション円滑化・業務の効率化をご支援しています。

Chatwork新規登録
チームに足りないものはありませんか?
チームコミュニケーションの活性化

チームでの仕事には、コミュニケーションが必須です。

活発なコミュニケーションによって、チームメンバーが「意思疎通」できるようになるだけではなく、メンバー同士が「良好な関係性」を築き、チームとしての成果を最大化することにつながります。

一方、チームコミュニケーションを活性化するために、何から手をつければよいのか分からない方も多いのではないでしょうか。

本資料では、まずは簡単なチェックリストによって自分のチームの現状を把握した上で、「生産性」と「エンゲージメント」の2つの側面からチームコミュニケーションを活性化する手段をお伝えします。

ダウンロード
Chatwork

Chatwork

Chatworkのお役立ちコラム編集部です。 ワークスタイルの変化にともなう、働き方の変化や組織のあり方をはじめ、ビジネスコミュニケーションの方法や業務効率化の手段について発信していきます。

  • facebookシェアボタン
  • twiterシェアボタン
  • はてなブックマークボタン
  • pocketボタン

関連記事