スケジュールの管理方法と効果的なスケジュール管理のやり方

公開日: 更新日:
業務効率化
  • facebookシェアボタン
  • twiterシェアボタン
  • はてなブックマークボタン
  • pocketボタン
スケジュールの管理方法と効果的なスケジュール管理のやり方

目次

スケジュール管理方法は、仕事の流れをスムーズに進めるためにも重要なポイントです。

職場の仕事がスケジュールどおりに進むと、作業効率化が図れて業務の生産性を高められるメリットがあります。

スケジュール管理が重要な理由には、どのような項目があげられるのでしょうか。

スケジュールの管理方法と効果的なスケジュール管理のやり方を考えていきましょう。

スケジュール管理方法とは?

仕事の予定を調整して管理するときは、アナログやデジタルのツールを活用できます。

スケジュール管理の具体的な方法を見ていきましょう。

アナログで見える化する

スケジュールを見える形にまとめるには、アナログのツールを活用する方法がおすすめです。

  • メモやノートに予定を書き出す
  • カレンダーにふせんや手書きで予定を書き込む
  • ホワイトボードを使って進捗状況を管理する

アナログのやり方には、職場内にあるツールを有効活用できるメリットがあり、誰でも使いやすいスケジュール管理方法です。

デジタルツールを使う

デジタルツールは、場所にとらわれずにスケジュールが確認できるメリットがあります。

  • デジタルのカレンダーで予定を共有する
  • ToDoリストでタスク管理する
  • ビジネスチャットを使って情報共有する

共有できるツールがあると、出張で出社していないときも、部署の社員がどのような予定に取り組んでいるのかが把握できて便利です。

デジタルツールで管理すれば、アナログよりも効果的かつ効率的にスケジュール管理ができる場合も多くあるでしょう。

タスク管理やチェックリストを使う

作業の細かい見落としを防ぐためにも、タスク管理やチェックリストを使う方法が便利です。

  • 作業に漏れがないか納品前にチェックリストで確認する
  • ビジネスチャットのタスク管理の機能を使う

予定をうっかり忘れてしまうリスクが避けられるため、作業が想定どおりに進めやすくなります。

細かいスケジュール管理が必要なときは、タスク管理やチェックリストを併用する方法をお試しください。

スケジュール管理のやり方が重要な理由

職場の仕事を円滑に進めるためにも、計画を立てて予定どおりに実行できる工夫は重要です。

スケジュール管理のやり方が重要な理由を見ていきましょう。

職場に合った管理方法を使うため

スケジュールの管理方法は、仕事や職場の環境に合わせたツールで情報共有しやすい内容を選ぶ必要があります。

たとえば、職場の人数が多いときにアナログの管理方法に頼ると、全員の予定を効率よく管理できず、業務が非効率になる影響が出てしまうでしょう。

スケジュール管理のやり方は、本来の目的である作業効率化を図る意味でも、職場に合った方法を取り入れることが重要です。

予定にゆとりをもたせるため

計画どおりに仕事を進行させるには、前倒しで作業に取り組んでおくことが大切です。

仕事のスケジュール管理が不適切で調整できないと、仕事の作業にかかる時間が把握できず、締切に間に合わなくなる影響が出てしまいます。

スケジュール管理のやり方が重要な理由には、仕事の納品が間に合うようにゆとりのある予定を立てて実行する上でも重要です。

コミュニケーション活性化で信頼関係をつくるため

職場の仕事は、ひとりで作業を進めているわけではないため、お互いの予定を把握して協力し合える関係性が求められます。

スケジュール管理のツールがあると予定が見える化できて、気になるポイントがあるときも、相手に声をかけて確認しやすくなるでしょう。

管理ができていないときは、仕事の進め方ですれ違いが起こり、コミュニケーション不足でミスやトラブルにつながる影響が出てしまうのです。

職場のコミュニケーションを活性化させて、お互いの信頼関係をつくることがスケジュール管理のやり方が重要になるでしょう。

スケジュール管理方法を適切にする効果

仕事で無駄をなくしながら作業が進められると、成果を出しやすくなります。

スケジュール管理方法を適切にする効果を見ていきましょう。

業務の効率化につながる

スケジュール管理ができていると、新しい予定が入ったときやトラブルが起きたときも、作業を調整しながらスムーズに対応できます。

作業にかけられる時間はどのくらいあるのか、どの日時に空きがあるかなど、全体の状況を見極めながら進められるでしょう。

仕事のスケジュール管理方法を適切にすると、作業全体の時間や仕事の取り組み方がわかり、無駄な作業や工程を省けて業務の効率化につながる効果があります。

残業時間が減らせる

仕事のスケジュールを組んでおくと、抱えている仕事がどのくらいあるのか把握しやすくなり、集中して作業に取りかかれます。

作業量が多いと感じるときは、事前に周りの社員に協力してもらい、負担を分散する手配ができるでしょう。

仕事をコントロールしやすくなって残業時間が減らせることは、スケジュール管理方法を適切にする効果に期待できます。

優先順位が把握しやすくなる

スケジュール管理で作業を見える化すると、緊急度や重要度の高い作業が把握しやすくなります。

同時並行で多くの仕事を担当している場合、どの仕事から手をつければよいのか頭を整理する機会につながるでしょう。

優先順位が把握できると仕事の対応がスムーズになることは、スケジュール管理方法を適切にする効果にあげられます。

部署全体の生産性があがる

社員同士でスケジュールを把握できていると、意思決定や行動までのスピードが早くなります。

お互いにチームワークを発揮しながら連携し合えるため、無駄のない作業の進め方で効率的に仕事が進められるでしょう。

スケジュール管理の方法を適切にすると、部署全体の生産性をあげる効果が期待できます。

スケジュール管理方法の効果的なやり方とツール

仕事内容をわかりやすく見える化できるツールを使うと、職場全体の進捗状況が把握できます。

スケジュール管理方法の効果的なやり方とツールを見ていきましょう。

PCの共有フォルダで進捗報告する

簡単に進捗状況を共有したいときは、作業の内容ごとにわけてデータを作成し、項目を完了したタイミングで更新するようにしましょう。

作成データの内容は、下記のような項目を記載します。

  • 担当者名
  • 作業名
  • 作業の開始日、完了日
  • 進捗状況

お互いに作業がどのくらい進んでいるのか、簡単に確認できるところが利点です。

作業の進捗状況を把握するには、PCの共有フォルダに社員が共有できるデータを作成して管理する方法が効果的なやり方につながります。

ホワイトボードを使う

ホワイトボードに仕事内容をふせんでまとめる方法は、職場の仕事を見える化できるおすすめの方法です。

それぞれのタスクを未着手・進行中・完了などに区分して、ふせんで貼りつけると部署全体の進捗状況やタスクが把握できます。

アナログでスケジュールを管理するときは、ホワイトボードにふせんを貼って管理する方法が効果的です。

カレンダーで予定を管理する

社員の細かい作業状況を把握するには、時系列でスケジュールがわかりやすく確認できるカレンダーがおすすめです。

どの日程や時間帯に会議や面談の予定があるのか把握できて、全体の予定調整が進めやすくなります。

個人で覚えておきたい内容については、デスクに卓上カレンダーがあるとすぐに予定を確認できて便利です。

職場でデジタルのカレンダーを取り入れると、各自のスケジュールが共有できて効果的なスケジュール管理方法につながります。

ビジネスチャットを使う

職場でコミュニケーションを取りながら、業務全体の管理を進められるビジネスチャットは便利なツールです。

グループチャットでタスク管理の機能を使えば、作業の進捗状況を社員同士で共有できます。

予定調整の連絡が必要なときも、チャット式のやりとりでコミュニケーションコスト削減につながり、返信のスピードが早くなるメリットがあるでしょう。

スケジュール管理方法の効果的なやり方には、ビジネスチャットのツールを導入すると、仕事全体の効率化を図れて便利です。

スケジュール管理方法にChatwork

スケジュールの管理に取り組むときは、アナログやデジタルのツールを使って見える化する方法があります。

効果的なスケジュール管理のやり方は、PCの共有フォルダで進捗報告、ホワイトボードを使う方法、カレンダーでの予定管理の方法など職場や業務内容によってさまざまあるでしょう。

また、スケジュール管理方法として、ビジネスチャット「Chatwork」を使う方法もあり、タスク管理の機能を使えば、社内のスケジュール管理がスムーズになるメリットがあります。

グループチャットを使うと効率よく意見交換や進捗も確認できるため、スケジュール管理方法の手段としてChatworkの導入をご検討ください。

上手にタスク管理するために必要なプロセスがわかる!
すぐに使える!タスク管理を極める5つのプロセス

日々の業務を効率よくこなすためには、タスク管理を上手におこなうことが必要不可欠です。タスク管理をするためのノウハウを一冊にまとめました。

これを読めば、タスク管理をするプロセスが詳細に分かります。

また、タスク管理をする方法には、紙や付箋などのアナログツールだけではなく、タスク管理向けのソフトウエアなどデジタルツールも存在します。それぞれの利点や使い分け方を理解することで、タスク管理の効率化にお役立てください。

ダウンロード
Chatwork

Chatwork

Chatworkのお役立ちコラム編集部です。 ワークスタイルの変化にともなう、働き方の変化や組織のあり方をはじめ、ビジネスコミュニケーションの方法や業務効率化の手段について発信していきます。

  • facebookシェアボタン
  • twiterシェアボタン
  • はてなブックマークボタン
  • pocketボタン

関連記事