会議の発言が思いつかない?会議の発言が思いつかない原因と対策

公開日: 更新日:
業務効率化
  • facebookシェアボタン
  • Xシェアボタン
  • はてなブックマークボタン
  • pocketボタン
会議の発言が思いつかない?会議の発言が思いつかない原因と対策

目次

会議の発言が思いつかないときは、場の雰囲気や本人が緊張しやすい原因が考えられます。

意見が求められる場面で適切に伝えられないと、上司からの評価や仕事に対する信頼を失う可能性があるでしょう。

コミュニケーション活性化を図るためにも、会議の発言が思いつかない状態をなくす工夫が必要です。

会議の発言が思いつかないときの対策を解説します。

会議の発言が思いつかない原因

会議の雰囲気や緊張のしやすさによって、意見交換が進まない状況につながります。

会議の発言が思いつかない原因を見ていきましょう。

完璧な発言が必要だと感じてしまう

会議で無駄のない意見を伝えようと意気込むと、発言の内容が思いつかなくなります。

上司や他部署のさまざまな人が参加する会議では、場にそぐわない意見を伝えてしまうと印象ダウンにつながりかねないため、失敗が許されないと感じてしまうのです。

完璧な答えが出てこないときは発言の意味がないと感じてしまい、考えすぎて発言内容が思いつかない原因につながります。

緊張しやすい側面がある

大勢の前で意見する場面が苦手な方は、会議で緊張してしまい言葉が出てこないときがあります。

上司や同僚からどんなふうに見られているのか周りからの評価を気にしすぎてしまい、本番で頭が真っ白になりやすいのです。

会議の発言が思いつかない原因には、緊張のしやすさがあげられます。

目的の理解不足・知識不足がある

参加者全体で会議の目的やテーマの共有が進んでいないときは、話し合いの意図を掴めなくなりがちです。

また、会議に求められる専門知識が不足すると話し合いに参加できず、発言したくても発言できない状態につながるでしょう。

会議で話し合いの方向性や双方の知識量が足りていないときは、発言が思いつかない原因になり、意見交換が活性化されないまま時間がすぎてしまいます。

周りの上司が否定的な態度を取る

会議で発言しづらい状況には、参加者の上司が部下の意見に対して全否定したり、高圧的な態度を取ったりする場面があげられます。

大勢の前で意見を伝えるのは誰でも緊張しやすい場面になるため、勇気を出してアイデアや意見を伝えたときの空気が重いとストレスを感じやすくなるでしょう。

上司の態度により会議にネガティブな印象ができると、モチベーションの低下から部下が萎縮してしまい、発言内容が思いつかない原因につながります。

発言者に偏りがあり会話に参加しづらい

会議で一部の参加者が発言を続ける状況は、会話に参加しづらい雰囲気ができます。

話し合いに参加するタイミングを見失ってしまったり、伝えようと思っていたアイデアをすべて発言されてしまったりするなど、伝える内容を見失う弊害が出てくるのです。

会議の発言が思いつかない原因につなげないためにも、発言者が偏らずに全員で参加できる雰囲気づくりが求められます。

会議の発言が思いつかないリスク

場面に合った適切な発言ができていないときは、周りから誤解されて仕事に自信を失いやすくなります。

会議の発言が思いつかないリスクを見ていきましょう。

上司からの評価が下がってしまう

仕事の課題を解消するために実施される会議では、アイデアや意見が出せない場合、上司から仕事のやる気がないと思われます。

会社の利益につながる積極的な行動力が足りない印象を与えてしまい、仕事の評価に影響が出てしまうので改善の姿勢が必要です。

会議の発言が思いつかないリスクには、上司からの評価が下がって仕事のキャリア形成や給料に影響を与える可能性があげられます。

コミュニケーションを取る気がないと勘違いされる

仕事は社員同士で連携して取り組む必要があるため、会議で発言が少ない場合、コミュニケーションを取る気がないと勘違いされやすくなります。

上司や同僚との人間関係がうまくいかない原因になるため、仕事を円滑に進めるためにも適度に意見を言い合える関係性が望ましいでしょう。

会議で意見を伝えられないと不誠実な対応に見えてしまう可能性があることは、会議の発言が思いつかないリスクにあげられます。

仕事のモチベーションが下がる

会議で発言が思いつかないセルフイメージができると、仕事のコントロール感がなくなって自信を失いやすくなります。

会社で会議の予定が入るごとに悩みを抱えてしまい、ますます会議の発言が思いつかない悪循環に陥るでしょう。

会議の発言が思いつかないと、仕事のモチベーションが下がって影響が出てしまうリスクを抱えます。

会議の発言が思いつかない状態をなくす対策

会議の雰囲気を調整しながら、意見交換が進めやすい工夫を取り入れることが大切です。

会議の発言が思いつかない状態をなくす対策を見ていきましょう。

反対意見は建設的な言い方で伝える

会議における上司の態度で部下が萎縮しないように、部下に意見を伝えるときの言い方に気を配りましょう。

否定的な態度や言葉で伝えるのではなく、話題を広げるような切り口で質問を投げかけたり、穏やかな口調で話したりすると意見交換が活性化しやすくなります。

会議の発言が思いつかない状態をなくす対策には、反対意見を伝えるときに建設的な言動を心がける姿勢が大切です。

会議の目的を共有してレジュメを配布する

会議で話し合う目的やテーマの理解不足を減らすためにも、参加者に概要をまとめたレジュメを配布する方法がおすすめです。

全体の流れが把握できれば、緊張を減らす工夫につながるだけでなく、アイデアや意見をまとめるときの助けになるでしょう。

進行役が会議の目的をあらためて参加者に伝えながら、認識を共有するためにレジュメを渡すと、会議の発言が思いつかない状態をなくす対策につながります。

仕事に関わる勉強会を取り入れる

会議で知識不足による意見交換ができない状態を防ぐためにも、社内全体のスキルアップを図る勉強会を取り入れましょう。

営業時間を使ってオフィス内の会議室やスペースを活用しながら、専門の講師を呼んで授業に取り組む方法もあります。

勉強会を通して知識不足を解消する対策ができると、会議の発言で質の高い情報交換ができるでしょう。

事前に伝える内容をメモでまとめておく

完璧主義や緊張しやすい傾向を自覚している方は、会議の内容を事前に把握できるときは予習すると当日の不安を減らせます。

また、会議中の内容について箇条書きでメモを取ったり、思いついたアイデアをまとめたりすると、発言するタイミングでメモに目を通しながら伝えられるでしょう。

会議の話し合いで伝える内容をメモでまとめておくと、頭のなかが整理できて緊張感が減り、発言が思いつかない状態をなくす対策につながります。

仲介役や進行役を設けて調整する

参加者全員が意見を発信できる工夫につなげるには、仲介役や進行役を設けて場の雰囲気づくりに取り組みましょう。

発言者に偏りがあると会話に参加しづらくなるため、間に入ってほかの参加者に声をかけて意見を投げかけます。

会議の発言が思いつかない状態をなくす対策には、全員が会話に参加できるタイミングを調整する役割が重要です。

会議の発言が思いつかない状態をなくす雰囲気づくりが重要

個人の特徴や場の雰囲気が整っていないと、会議で意見交換が活性化できない原因につながります。

対策として、反対意見を伝えるときの言い方に気を配りながら、仲介役を設けて場の雰囲気づくりに取り組みましょう。

ビジネスチャット「Chatwork」は、会議の発言が思いつく工夫にできるレジュメの共有をデータで進めやすいメリットがあります。

オンライン会議でメモを取るときも役立つため、会議の雰囲気づくりを意識しながらChatworkをご活用ください。

  今すぐChatworkを始める(無料)

Chatwork(チャットワーク)は多くの企業に導入いただいているビジネスチャットです。あらゆる業種・職種で働く方のコミュニケーション円滑化・業務の効率化をご支援しています。

Chatwork新規登録

ムダな会議ばかりしていませんか?
ムダな会議を徹底削減!会議の効率化
ダウンロード
Chatwork

Chatwork

Chatworkのお役立ちコラム編集部です。 ワークスタイルの変化にともなう、働き方の変化や組織のあり方をはじめ、ビジネスコミュニケーションの方法や業務効率化の手段について発信していきます。

  • facebookシェアボタン
  • Xシェアボタン
  • はてなブックマークボタン
  • pocketボタン

関連記事