ギグエコノミーとは?ギグエコノミーの仕事内容例やメリットとデメリットを解説

公開日: 更新日:
業務効率化
  • facebookシェアボタン
  • Xシェアボタン
  • はてなブックマークボタン
  • pocketボタン
ギグエコノミーとは?ギグエコノミーの仕事内容例やメリットとデメリットを解説

目次

ギグエコノミーは、単発の契約で業務を引き受け、企業に雇用されない働き方や経済活動を指す言葉です。

企業の経営に関わる担当者は、優秀な人材を獲得するためにも、ギグエコノミーの概要を知る必要があるでしょう。

ギグエコノミーの仕事内容や、企業においてのメリットとデメリットを解説します。

ギグエコノミーとは

「ギグエコノミー」は、インターネットを通じて単発の仕事を引き受けることや、その経済活動を意味する言葉です。

また、そのような働き方をする人をギグワーカーといいます。

ギグエコノミーの「ギグ(gig)」とは、「ライブハウスなどを中心に、楽器を演奏する人が単発で仕事に取り組む」という言葉として使われています。

また、「エコノミー(economy)」には「経済」という意味があります。

ギグエコノミーの働き方は、空き時間を活用して働けるため、自由なライフスタイルを目指せるメリットが期待できるでしょう。

シェアリングエコノミーとの違い

シェアリングエコノミーとは、個人が所有するモノを中心に場所や時間、価値を提供する経済活動の形を指します。

一方ギグエコノミーは、ヒトを中心に個人のスキルや価値を提供します。

シェアリングエコノミーとギグエコノミーは、どちらも共通する部分はあるものの、モノまたはヒトに軸をおく意味で違いがあるといえるでしょう。

クラウドソーシングとの違い

ギグエコノミーと似ている言葉に、クラウドソーシングがあげられます。

クラウドソーシングは、サービスを利用する不特定多数の人に向けて、仕事の発注依頼や案件受注をおこなうプロセスを指します。

クラウドソーシングは、仕事の発注者視点である一方、ギグエコノミーは仕事の受注者視点や、その経済活動を指す意味合いで使われるという違いがあります。

ギグエコノミーが注目される背景

現在日本では、時代の流れとともに、少子高齢化で労働人口が減っていることから、企業の人材不足の解消をするためにも、ギグエコノミーの注目が高まっているといえます。

また、ギグエコノミーを支えるインターネットのサービスが普及し、在宅やテレワークの働き方に取り組みやすくなったという背景もあげられるでしょう。

多様な働き方が受け入れられている時代背景もあり、自由なライフスタイルを模索できる意味でも、ギグエコノミーが注目されています。[※1]

ギグエコノミーの仕事内容の例

インターネットを使って引き受けられるギグエコノミーの仕事は、さまざまな内容があります。

ギグエコノミーの仕事内容の例を見ていきましょう。

ドライバーの仕事

ドライバーの運転免許をもつ人が、インターネットのサービスやアプリに登録し、空き時間を使って配達などができます。

具体例として、フードデリバリーの仕事があり、アプリの利用者が注文した商品を自宅に届けることで収入を得られます。

宿泊場所を提供する仕事

自宅や空き家のスペースを宿泊施設として提供するサービスがあげられます。

貸し出したい人は専用のサービスなどに情報を登録し、宿泊者の利用があると報酬を受け取れるという仕組みです。

在宅ワークの仕事

インターネットのサービスなどを活用し、個人のスキルを提供して報酬を得る方法です。

ギグエコノミーの在宅ワークの例には、Web制作やプログラミング、ライターや翻訳、イラストレーターなどの幅広い内容があります。

主にクラウドソーシングなどのサービスを利用して、仕事の受注や発注をすることが多いです。

ギグエコノミーが企業にもたらすメリット

新しい人材の雇用が難しいときやコストを削減したいときに、ギグエコノミーで働く人材に仕事を依頼する方法が活用できます。

ギグエコノミーが企業にもたらすメリットを見ていきましょう。

雇用不足を解消できる

ギグエコノミーで働く人材に仕事を依頼することで、企業の人手不足問題を解消できます。

思い切って外部のサポートを借りることで、社員の仕事量を減らし長時間労働の解消にも期待できるでしょう。

人件費を削減できる

直接雇用で従業員を確保するよりも、ギグエコノミーで働く人材に仕事を依頼することで、人件費を削減できるメリットがあります。

企業として人材を確保したいものの、予算が厳しいと感じられるときは、思いきって外部の人材に依頼する方法を視野に検討してみるのもいいでしょう。

幅広い人材・スキルを確保できる

社内で新しいプロジェクトや企画を立ち上げるときは、専門分野に特化しているギグエコノミーで働く人材に仕事を依頼すると効率的でしょう。

仕事内容に合わせて協力をあおげるため、自社に不足している人材を補えるメリットがあります。

ギグエコノミーが抱えるデメリット

企業がギグエコノミーで働く人材に協力をあおぐ際は、注意したいポイントがあります。

ギグエコノミーが抱えるデメリットを見ていきましょう。

品質が安定しないことがある

ギグエコノミーで働く人材は、能力に個人差があるため、企業が求める仕事の品質や成果を得られない場合があります。

単発で仕事を請け負うため、企業にとって相性のよい人材を見つけるまでに時間がかかるデメリットもあるでしょう。

責任やセキュリティの問題がある

インターネットを使って仕事を進めるギグエコノミーは、メールやビジネスチャットのやりとりだけで、直接対面せずに仕事を進めるケースも多くあります。

組織の働き方とは違い、セキュリティ面に関して教育や研修の機会を設けにくいという懸念があるでしょう。

仕事で問題が発生したときの責任をどうするのか、セキュリティ面の対策は十分に取れているのかなど、ギグエコノミーで働く人に依存しない運用が重要になります。

技術やノウハウが蓄積されない

ギグエコノミーで働く人材は単発で仕事を引き受けるため、企業はプロジェクトごとに人材を確保しなければいけません。

そのため、直接雇用の社員とは違い、人材が得た技術やノウハウを蓄積しにくいというデメリットがあるでしょう。

ギグエコノミーの導入に必要なこと

ギグエコノミーで働く人材に仕事を依頼するためにも、社内体制を整えながらギグエコノミーの理解を進めることが大切です。

ギグエコノミーの導入に必要なことを見ていきましょう。

最新の労働法を把握

ギグエコノミーは直接雇用に比べると、労働時間や保険などが適用されない現状があります。

ただ、今後の時代が移り変わるなかで、ギグエコノミーの働き方に適用できる法律が整備される可能性もあるでしょう。

企業として最新の労働法を把握しながら、お互いの立場を尊重し合える適切な形でやりとりができるよう、ギグエコノミーの理解を深めるようにしましょう。

タレントマネジメント

ギグエコノミーで働く人材がもつ能力を最大限発揮できるように、企業側は適切な評価や指導に取り組む必要があります。

能力が見込まれる人材については、単発の仕事で終わる形でなく、長期的に継続して仕事を依頼したり、直接雇用を検討したりするなど、広い視野で企業戦略に活かしましょう。

ICT・デジタル化

ギグエコノミーの導入には、人材の確保や仕事を依頼する手段に社内のデジタル化が必要です。

オンラインでやりとりができるツールを導入することで、ギグエコノミーで働く人材と仕事のやりとりをスムーズに進められるようになるでしょう。

ギグエコノミーの導入にChatworkを活用しよう

ギグエコノミーは、インターネットを活用して単発で仕事を引き受ける働き方です。

企業がギグエコノミーで働く人材からサポートを得ると、人材不足の解消やコスト削減など、さまざまなメリットが期待できるでしょう。

ビジネスチャット「Chatwork」は、メールに比べてチャット形式で気軽にやりとりができるので、ギグエコノミーで働く人材と企業をつなぐ連絡手段に活用できます。

無料プランからお試しの利用ができ、PCのブラウザからだけでなく、スマートフォンのアプリをダウンロードして使うことも可能です。

ギグエコノミーで働く人材との連絡手段に、ぜひChatworkをご活用ください。

  今すぐChatworkを始める(無料)

Chatwork(チャットワーク)は多くの企業に導入いただいているビジネスチャットです。あらゆる業種・職種で働く方のコミュニケーション円滑化・業務の効率化をご支援しています。

Chatwork新規登録

[※1]出典:]厚生労働省「人口減少社会」に対応できる企業を目指して~多様就業型ワークシェアリングの取組方法~」
https://www.mhlw.go.jp/bunya/roudouseisaku/worksharing02/
※本記事は、2022年3月時点の情報をもとに作成しています。

テレワークをもっと活用したい方へ
明日から使えるオンラインコミュニケーション
ダウンロード
Chatwork

Chatwork

Chatworkのお役立ちコラム編集部です。 ワークスタイルの変化にともなう、働き方の変化や組織のあり方をはじめ、ビジネスコミュニケーションの方法や業務効率化の手段について発信していきます。

  • facebookシェアボタン
  • Xシェアボタン
  • はてなブックマークボタン
  • pocketボタン

関連記事