人材マネジメントとは?人材マネジメントの基本や成功ポイントを解説

公開日: 更新日:
業務効率化
  • facebookシェアボタン
  • Xシェアボタン
  • はてなブックマークボタン
  • pocketボタン
人材マネジメントとは?人材マネジメントの基本や成功ポイントを解説

目次

人材マネジメントは、企業の目標達成のためにおこなわれる人材配置や教育などのことをさします。

人材マネジメントは適切におこなわないと、企業と従業員の方向性を乱しかねません。

適切な人材マネジメントをおこなうために、人材マネジメントの基本やメリット、成功のポイントを解説します。

人材マネジメントとは

人材マネジメントとは、企業理念に沿った活動をおこなったり目標を達成したりするために、企業に属する人材を適切に配置、評価、教育することなどをいいます。

企業が継続していくためには、人材が必要です。

企業にとって人材の能力を高めたり、適切に評価することで業務への意欲を維持させたりするなど、人材マネジメントをおこなうことで、企業存続だけでなく、他社より優位に立つことや、自社の強みを前面に出すこともできます。

 

人材マネジメントが注目される背景

かつて日本の雇用形態は、終身雇用が一般的でした。

しかし、副業やテレワークなど多様な働き方が生まれたり、少子高齢化が進行したりすることで、企業に求められるものも変化しています。

企業は、変わりゆく社会情勢に適応しながら市場で生き残るために、人材マネジメントをおこない、自社の強みを出したり、他社より優位に立ったりする必要があります。

そのため、従業員のスキルアップを図ったり企業への満足度を向上させたりすることが求められます。

人材マネジメントの要素

人材マネジメントには、6つの要素があります。

人材マネジメントを構成する要素を詳しく解説していきます。

 

人材の獲得

企業理念に共感した人材や、企業の目標を達成できる人材を獲得しましょう。

企業理念に共感した人材や目標に向かって努められる人材は、業務に意欲的の場合が多いため、企業の強みの強化につながります。

自社に必要な人材を獲得するためにも、自社の目標と採用する人材の要素を明確にしておく必要があるでしょう。

 

人材の育成

従業員ひとりひとりの能力を向上させるために、人材の育成をおこないましょう。

企業が他社より優位に立てるかは、経営戦略の内容だけでなく、経営戦略に沿って実際に現場で働く従業員の力が大切です。

従業員のスキルアップのためにOJTやOff-JTをおこなったり、資格取得を促進したりしましょう。

 

評価

人材の評価を適切におこないましょう。

人材の評価とは、資格取得や営業成績、個々の働きなどによって昇給や昇格制度を設けることです。

成果を上げても評価されず、給与が横ばいのままの場合、従業員のモチベーション低下につながります。

従業員のモチベーションアップ、維持のためにも評価制度は定期的に見直すようにしましょう。

 

処遇

適切な給与や福利厚生を設定しましょう。

たとえば、従業員の業務成績や働きなどによってボーナスやインセンティブを適切に与えることは、モチベーションや業務への意欲が高まるきっかけになります。

また、勤務年数に応じた休暇制度や、独自の福利厚生を設けることも、従業員満足度の向上につながるでしょう。

 

配置・異動

人材を配置・異動するときは、適材適所でおこないましょう。

従業員の能力や性格を考えることなく配置・異動をおこなうと従業員のモチベーション低下や、離職にもつながる可能性があります。

従業員を適切な部署に配置・異動することは、業務意欲を向上させることができ、企業の継続的な経営維持も可能となるでしょう。

 

休職・復職・退職

人材への休職・復職・退職を適切におこないましょう。

たとえば、心身疲労などで休職したい場合や、育児休暇明けに復職をしたい場合などに、スムーズに復職できるようサポート体制を整えておく必要があります。

退職の場合もスムーズに対応できるよう、社内ルールなどを予め全体に共有する必要があるでしょう。

人材マネジメントをおこなう基本のプロセス

人材マネジメントをおこなうには、基本のプロセスがあります。

人材マネジメントにおいてもPDCAサイクルを回すことが大切です。

プロセスに沿ってPDCAサイクルを回し、最適な人材マネジメントをおこないましょう。

 

課題を洗い出す

人材マネジメントをおこなうために、まずは課題を洗い出しましょう。

企業の目標達成を阻害している課題は何かを見つけます。

たとえば、業務が忙しくて従業員のモチベーションが低下している、従業員を育てる環境が整っていないため従業員のスキルアップを図れない、などがあげられます。

課題を洗い出せないと改善もできないため、自社の課題を正確に見極めるようにしましょう。

 

必要な人材要素の確認

自社の課題が洗い出せたあとは、課題解決のために必要な人材の要素を確認します。

必要な人材の要素は、スキルだけに目を向けるのではなく、企業理念への共感や仕事への意欲など、細かく設定する必要があります。

設定した人材要素は、人材マネジメントの担当者で共有し、誰もが共通したイメージを持てるようにしておきましょう。

そうすることで、課題解決にそぐわない採用や育成をしてしまうリスク回避につながるでしょう。

 

計画を立てる

必要な人材の要素が明確になったあとは、人材獲得のための計画を立てます。

人材を獲得する方法は、外部から採用する方法と、自社の従業員を教育する方法があります。

どのようなスケジュールで採用と育成を進めるのか、いつまでに人材を獲得するのかなど、具体的な期間と必要なコストを明らかにします。

課題解決が人材ではなく企業体系にある場合は、適切な人事配置をおこなったり、福利厚生を見直したりすることを求められるでしょう。

 

情報共有

課題解決へ向けての計画が作られたあとは、経営陣から現場の従業員まで、全員に情報共有をおこないます。

人材マネジメント担当者や経営陣だけでなく現場の従業員まで計画を知ることで、スキルアップ教育への意欲向上につながったり、試験的に福利厚生を導入する場合は協力を得られたりするでしょう。

課題解決へスムーズに向かうためにも、現場の従業員まで情報共有をすることが大切です。

 

プランの実行

計画を立て、従業員へ情報を周知したあとは、プランの実行に移ります。

プランを実行する際には、計画外の出来事が起きたり予想に反した状態に陥ったりすることもあるでしょう。

想定外の出来事が起きた場合にすぐ対応できるように、プラン実行中は進捗や状況確認を怠らないようにしましょう。

状況に応じて、プランの修正をする必要があります。

 

実行結果の評価と振り返り

プラン実行後は、実行結果の評価と振り返りをおこないます。

プランを実行したことで課題解決につながったのか、つながらなかった場合何が問題だったのか、解決の達成度はどの程度かなど、プランの評価と良かった点、改善点を洗い出します。

実行結果の評価と振り返りをおこなうことで、次の計画立案や人材要素の確認に役立てることができ、より最適な人材マネジメントをおこなうことができます。

人材マネジメントを成功させるポイント

人材マネジメントを成功させるためには、PDCAサイクルを回すだけでなく、ポイントを押さえる必要があります。

人材マネジメントを成功させるポイントを4つ解説します。

 

企業の方向性とすり合わせる

人材マネジメントは、企業の方向性とすり合わせておこないましょう。

人材マネジメントは、企業の目標達成や他社との差別化のためにおこないます。

そのため、企業の方向性と合わせた人材マネジメントをおこなわないと、人材が目指す方向と企業の目指す方向が異なり、目標達成ができないだけでなく、企業の強みもぶれてしまう恐れがあるでしょう。

企業と人材が同じ方向を向くためにも、人材マネジメントは企業の経営理念や方向性をよく理解することが大切であり、従業員にも理解させる必要があります。

 

個人目標を持たせる

人材マネジメントを成功させるために、従業員ひとりひとりに個人目標を持たせましょう。

企業に属していると、企業のトップから従業員へ一方的に指示やノルマが言い渡されることがあります。

トップダウンの企業体系では、従業員の自立性が育ちづらく、強制されてはモチベーションの低下にもつながるでしょう。

従業員に個人目標を持ってもらうことで、従業員自身がひとつひとつ納得をしながら業務に取り組めます。

 

フレームワークを活用する

フレームワークを活用することも、人材マネジメントを成功させるポイントです。

たとえば、カッツ理論を活用し、一般従業員にはテクニカルスキルを重点的に教育し、管理職にはコンセプチュアルスキルの研修を実施するなど、従業員の役職に適した教育をおこなうことで、スキルアップにつながります。

ほかには、SWOT分析により外部要因と内部要因を明確にすることで、自社の課題を見つけ出しやすくなります。

 

情報共有をきちんとおこなう

人材マネジメントでおこなう内容を、従業員に情報共有しましょう。

評価制度の変更や部署移動などの周知に抜け漏れがあった場合、一部の従業員にとっては突然の通告になるため、モチベーションの低下や企業に対して不信感を抱くことにつながりかねません。

情報共有に抜け漏れがないよう、コミュニケーションツールなどを活用し徹底するようにしましょう。

人材マネジメントの効果最大化にChatworkを活用

人材マネジメントを成功させるためには、情報共有も大切なポイントのひとつです。

ビジネスチャット「Chatwork」を活用すれば、スピーディーな情報共有ができます。

Chatworkは、従来のメールや電話に比べて、チャット形式で気軽にやりとりができるうえ、タスク管理機能もあるため情報の見逃しなどのリスクを軽減することができます。

タスク完了の有無の確認もできるため、リマインドも効率よくおこなえるでしょう。

人材マネジメントの情報共有に、ぜひChatworkの導入をご検討ください。

  今すぐChatworkを始める(無料)

Chatwork(チャットワーク)は多くの企業に導入いただいているビジネスチャットです。あらゆる業種・職種で働く方のコミュニケーション円滑化・業務の効率化をご支援しています。

Chatwork新規登録

よりよいチームをつくりたい方へ
実力派リーダーを目指す人のチームマネジメント
ダウンロード
Chatwork

Chatwork

Chatworkのお役立ちコラム編集部です。 ワークスタイルの変化にともなう、働き方の変化や組織のあり方をはじめ、ビジネスコミュニケーションの方法や業務効率化の手段について発信していきます。

  • facebookシェアボタン
  • Xシェアボタン
  • はてなブックマークボタン
  • pocketボタン

関連記事