マインドマップとは?マインドマップの効果と書き方をわかりやすく解説

業務効率化
  • facebookシェアボタン
  • twiterシェアボタン
  • はてなブックマークボタン
  • pocketボタン
AWAY

目次

マインドマップは、仕事の情報整理やアイデア出しに役立つフレームワークです。

マインドマップを活用すると、テーマになるキーワードを決めて掘り下げていき、情報をわかりやすく見える化できます。

実際にビジネスの現場で取り入れると、どのような効果が期待できるのでしょうか。

マインドマップの書き方とともに解説します。

マインドマップとは

マインドマップは、情報整理やアイデア出しに役立つフレームワークです。

メインテーマを決めて、連想されるキーワードのイメージを単語でつないでいきます。

仕事で新しいアイデアを出したいときや業務改善を図りたいときなど、ビジネスのさまざまな場面で活用できる内容です。

マインドマップのフレームワークは、誰でも自由に取り組みやすいというメリットがあります。

マインドマップの目的

マインドマップで情報整理ができると、今まで気づかなかった新しいアイデアを発見する機会につながります。

また、テーマのキーワードから情報を掘り下げて見える化できると、内容が記憶に定着しやすくなり、物事の理解力を向上させられるでしょう。

仕事に取り組むときにマインドマップを使うと、個人やメンバーが視覚的にわかりやすい形で情報共有を進められます。

マインドマップの種類

マインドマップを書き出す方法には、いくつかの種類があります。

どのような内容があるのか一例を見ていきましょう。

放射状マップ

円グラフのように書き込む種類のマインドマップです。

テーマのキーワードを中心において、関連するキーワードを放射線状に書き出します。

外側になるほどキーワードの数が増えていく点が特徴です。

右型マップ

マインドマップのキーワードを右型に向けて書き出していく方法です。

全体が整理されていて見やすく、キーワードを階層ごとに掘り下げやすい特徴があります。

ツリー型マップ

上から下に向かってキーワードを掘り下げる種類のマインドマップです。

多くのキーワードを階層ごとに掘り下げたいときに向いています。

情報量が多くなるため、大きめの用紙を準備しておくと書き出しやすくなるでしょう。

組織図マップ

階層ごとに細かく分類できるマインドマップです。

組織図のように構造が明確で把握しやすいメリットがあり、大量の情報を書き出したいときに向いています。

マインドマップの効果

発想力や記憶力を向上させるには、フレームワークを活用する方法がおすすめです。

仕事の情報整理や課題解決にマインドマップを使う効果を見ていきましょう。

記憶力が高まる

マインドマップは、仕事で覚えておきたい内容があるときに活用できます。

マインドマップは頭のなかのイメージを書き出すため、ただ思い出すよりも記憶が定着しやすくなる効果が期待できます。

たとえば、仕事の手順を整理したいときに書き出すと、何度も確認できて復習になり、手順を覚えるまでの時間を早められるでしょう。

情報整理・アイデア出しに役立つ

マインドマップを使うと、商品開発などに役立つアイデアを思いつきやすくなります。

アイデアに煮詰まっているときは、キーワードを掘り下げると情報整理ができて、今までに思いつかなかったアイデアがひらめく機会につながるかもしれません。

ほかにも、仕事に集中できないときは、マインドマップに取り組んで情報整理を進めると、作業効率をあげる効果も期待できます。

問題解決能力が高まる

マインドマップのフレームワークに取り組むと思考力を養う機会につながるため、自力で考えて行動できる問題解決能力を高めやすくなります。

マインドマップを使って社員同士で情報共有ができると、業務の課題改善につながる効果が期待できます。

チームだけでなく個人で解決したい課題があるときも、キーワードを掘り下げて書き出すと解決に導きやすくなるでしょう。

マインドマップの書き方

実際に取り組むときの手順や意識しておきたいポイントを解説します。

メインテーマ・サブテーマのキーワードを決める

2518_mindmap (1).png

マインドマップの軸になるメインテーマのキーワードを決めましょう。

キーワードの範囲が広いときは、補助になるサブテーマを決めると、それぞれのキーワードから連想されるイメージを掘り下げやすくなります。

たとえば「業務の効率化」をメインテーマにした場合、システム・制度・人間関係・チームワークなどのイメージがあげられるでしょう。

それぞれのキーワードをつなげる曲線は、ブランチ(枝)と呼ばれており、関連性のあるキーワードをつなぎます。

関連性の強いメインテーマとサブテーマのキーワードは、線を太く結ぶようにすると関連性が見えやすくなるでしょう。

ただし、必ずしも曲線でつなぐ必要はなく、進めやすい方法で自由に書き出すなど、臨機応変に対応することが大切です。

用紙にキーワードを書き出す

マインドマップに取り組むときは、無地の大きい用紙やホワイトボード、または専用アプリを使いましょう。

用紙に書き出すときはメインテーマを中央において、サブテーマや関連キーワードを放射線状に書き出します。

大きい用紙を横に向けて使うとスペースにゆとりができるため、自由に内容を掘り下げやすくなります。

キーワードを整理・俯瞰する

マインドマップの作成を進めたあとは、キーワードを整理して再配置しましょう。

たとえば、メインテーマに関連する重要なキーワードが出てきたときは、並び順をかえて見やすい形に調整します。

全体を俯瞰しながら、モレやダブりがないように意識しましょう。

イラスト・色付きのペンを使うと見やすい

マインドマップを書き出すときは、色付きのペンやイラストで華やかなイメージに仕上げることがポイントです。

項目ごとに色の違いをつけると、情報を整理できて視覚的に理解しやすくなります。

また、イラストや画像を付け加えると記憶や印象に残りやすくなる効果が期待できるでしょう。

単語・構造ごとに書き出すとわかりやすい

マインドマップを書き出すときは、細かく単語にわけて書き出すと掘り下げやすくなります。

また、単語に関連する内容をまとめて構造ごとにわけると、全体の内容をわかりやすくまとめられるでしょう。

マインドマップの活用シーン

ビジネスの現場に役立つマインドマップの活用シーンを見ていきましょう。

タスクを見える化できる

マインドマップは、仕事の予定や作業工程を整理するときに役立ちます。

たとえば「新規プロジェクト」に参加するときは、関連キーワードとして「予定調整」「企画会議」「日時」など、気になっている要素をすべて書き出しましょう。

頭のなかにある情報を単語ごとに書き出すと、全体を俯瞰しながらタスクの優先順位を決めて作業に取りかかりやすくなります。

会議の資料に使ってイメージを共有できる

会議では参加者にわかりやすく内容を伝える必要があるため、マインドマップで情報を見える化できると説得力が増します。

資料にマインドマップを記載しておけば、言葉だけでなくイメージとして内容をとらえやすくなるでしょう。

マインドマップはビジネスの現場に役立つ

マインドマップを取り入れると、記憶力の向上や情報整理に役立ちます。

会議でわかりやすい資料を作成できたり、タスクの見える化を図れたり、ビジネス全般の課題解決に活用できるでしょう。

個人の課題解決だけでなく、仕事仲間とともに現状の課題を認識するよい機会につながります。

仕事の情報共有をスムーズに進めたいときは、ビジネスチャット「Chatwork」の活用が便利です。

マインドマップで出し合ったアイデアを共有するときにも役立つので、仕事の情報共有の手段にChatworkをご活用ください。

Chatworkを始める(無料)

Chatwork(チャットワーク)は30万社以上の企業に導入いただいているビジネスチャットです。あらゆる業種・職種で働く方のコミュニケーション円滑化・業務の効率化をご支援しています。

Chatwork新規登録
情報共有、本当にできていますか?
見えない危険度を簡単診断 組織の情報共有不足チェック!

このお役立ち資料では組織の情報共有不足を診断し、実態に合った解決方法を知ることができます。

  • 情報共有不足チェック
  • 診断結果詳細
  • 情報共有がもたらす効果

などを解説します。自社の現状を認識し、改善するための材料として活用してください。

ダウンロード
Chatwork

Chatwork

Chatworkのお役立ちコラム編集部です。 ワークスタイルの変化にともなう、働き方の変化や組織のあり方をはじめ、ビジネスコミュニケーションの方法や業務効率化の手段について発信していきます。

  • facebookシェアボタン
  • twiterシェアボタン
  • はてなブックマークボタン
  • pocketボタン

関連記事