マンダラートの作り方とは?マンダラートの例と営業活動に活かすメリットを解説

公開日: 更新日:
業務効率化
  • facebookシェアボタン
  • twiterシェアボタン
  • はてなブックマークボタン
  • pocketボタン
マンダラートの作り方とは?マンダラートの例と営業活動に活かすメリットを解説

目次

マンダラートは、仕事で新しいアイデアを出したいときや情報整理に役立つフレームワークです。

ビジネスの現場では経営を安定させるために、業務改善や商品開発のアイデア出しが重要になります。

上手に取り入れられると、職場の作業効率化や課題・問題の解消、営業活動などに活かせるメリットが期待できるでしょう。

ビジネスシーンで活用したいマンダラートの作り方を解説します。

マンダラートとは

マンダラートとは、アイデア出しや情報整理に役立つフレームワークです。

仏教の曼荼羅(マンダラ)をイメージにした正方形のマス目に思いついたアイデアを書き出します。

課題になるメインテーマをひとつ決めておき、関連するサブテーマを8つ決めて、残りのマス目を埋める形で掘り下げを進める方法です。

アイデアを出すと今後の行動を決めやすくなるため、目標達成のフレームワークとしても活用できます。

マトリックス法との違い

アイデア出しのフレームワークとして関連内容には、マトリックス法があります。

マス目などを使って掘り下げる点では、マンダラートと共通する面もありますが、マトリックス法では、2つの評価項目を用意して関連するキーワードを書き出すという意味で違いがあるでしょう。

マンダラートの効果

ビジネスシーンでマンダラートを使うと、作業効率化やアイデア出しの方法につながります。

実際に取り組むときに、どのような効果が期待できるのかを見ていきましょう。

使い勝手がいい

マス目にアイデアを書き出すだけなので、用紙とペンがあればいつでも内容を掘り下げられます。

簡単に取り組めるフレームワークになるため、ルールさえ押さえていれば気軽に実践できるメリットがあるでしょう。

アイデアのバリエーションが増える

81個以上のマス目を埋めてキーワードを掘り下げるため、アイデアの数を出したいときに向いています。

用紙に書き出す過程で、今まで思いつかなかったアイデアが出てきやすくなるでしょう。

考えや情報の整理ができる

仕事に集中できないときや悩みを抱えているときは、マンダラートを使うと頭のなかを整理できます。

さまざまなキーワードを用紙に書き出すことで雑念を振り払うことにつながり、注意力が散漫になる機会を減らせるでしょう。

組織や社員の目標達成に活用できる

職場の部署で達成したい目標を掲げるときは、マンダラートを使ってアイデア出しや仕事の進め方を検討できます。

どのような行動を取るべきなのか、社員同士で改善方法を認識できるメリットがあり、組織全体の目標達成につながる行動に期待できるでしょう。

課題・問題の解消につながる

ビジネスの現場では、社員同士にしかわからない課題・問題が発生する場面が出てきます。

マンダラートでアイデア出しを進めると、現状を変える方法を思いついて行動に移しやすくなるでしょう。

マンダラートの作り方とポイント

用紙に書き出す方法で取り組むときは、大きめの用紙に書き出すとわかりやすく内容を整理できます。

マンダラートの作り方とポイントを見ていきましょう。

9×9=81のマス目を準備する

マンダラートのマス目は、9つごとに区分けして9×9=81マス(ひとつのマス目は3×3)を準備しましょう。

81マスは基本になるため、81マス以上のマス目を設定しても問題ありません。

軸になるひとつの課題を中央に書く

マンダラートで掘り下げたい課題になるメインテーマを中央のマス目に書き出します。

たとえば「部署全体の売り上げアップ」など、解決したい課題を置くなどがあるでしょう。

軸は重要なポイントになるため、キーワードの掘り下げ段階でまとまらないときは、再度メインテーマを調整します。

1つの課題の周りに関連する8つのテーマを書く

メインテーマを中央においたあとは、周りの残り8マスにサブテーマのキーワードを書き出しましょう。

たとえば「人材育成」「市場戦略」など、補助になるキーワードを置きます。

中央以外のマンダラートに書き出すときの軸になるため、掘り下げやすい内容を検討して記載しましょう。

関連する8つのテーマを残りのマス目の中央に書く

中央の9マスを埋めたあとは、周りに3×3のマス目が8つ残ります。

先ほど中央に書き出した8つのサブテーマは、残り8つのマス目の中央にひとつずつ書き出しましょう。

2533_mandarat.jpg

残りのマス目をすべて埋めていく

サブテーマのキーワードをそれぞれの中央に書き出したあとは、サブテーマから連想されるイメージについて、残りの空白があるマス目に書き出します。

たとえば「人材育成」をサブテーマにした場合、関連キーワードには「オンラインの勉強会」「面談の実施」などが考えられるでしょう。

メインテーマで書き出したときと同じように、サブテーマのキーワードに関連する内容を8つずつ埋めていきます。

穴埋めが難しいときはテーマを再調整する

マンダラートでは、最低81マスを埋めるという目標でキーワードを検討します。

ただ、取り組む過程でキーワードの掘り下げが難しい場合も出てくるでしょう。

どうしても思いつかないときは、メインテーマやサブテーマのキーワードを調整すると、関連キーワードが出しやすくなります。

マンダラートを営業活動に活かすメリット

個人の課題を解決するときに役立つだけでなく、チームワークを発揮する場面でも活用できます。

マンダラートを営業活動に活かすメリットを見ていきましょう。

売り上げアップに期待できる

目標達成のアイデア出しや今後の行動について、整理するときにマンダラートが役立ちます。

売り上げアップに必要な項目について書き出せるため、社内の社員同士で方向性を共有する機会にできるでしょう。

人材育成やマネジメントに役立つ

マンダラートは課題・問題を解決するときの手段として活用できます。

たとえば、営業活動で発生するトラブルに対応できる能力を鍛えられるでしょう。

また、社員が自主的に考えて行動できるスキルを高めやすくなり、社内の人材育成やマネジメントに活用できます。

仕事のモチベーションアップにつながる

マンダラートを使うと情報整理につながって行動の方向性が明確になります。

困難な状況に立ち向かうときは、現状を正しく認識して行動すべき内容を理解できると、仕事でモチベーションを低下させず、課題に立ち向かいやすくなるでしょう。

マンダラートの例

ビジネスで新しい商品を開発するには、アイデア出しや市場分析を進める過程が必要です。

たとえば、マンダラートを使って「市場分析」を進める方法をメインテーマに設定した場合、サブテーマには「自社のデータ収集・分析」「マーケティング会社に依頼する」などの項目があげられます。

さらにサブテーマからキーワードを掘り下げると「自社のデータ収集・分析」の場合は、「ダイレクトメールでアンケート調査」「システムの情報整理」などの関連キーワードがあげられるでしょう。

商品を売り出すときにマンダラートを活用すると、どのような行動を取るべきなのかが明確になるメリットが期待できます。

マンダラートはビジネスの課題解決に役立つ

思いつくアイデアを気軽に出しやすいマンダラートは、初心者でも取り組みやすいフレームワークです。

ビジネスの現場では、アイデア出しから課題・問題の解消につながる行動が求められます。

マンダラートで情報整理ができると、営業活動の目標達成に貢献できるなど、さまざまな場面に応用できるメリットがあります。

有益なアイデアを思いついたときは、仕事のメンバー同士で情報共有ができると、課題・問題の解消や目標達成につなげやすくなるでしょう。

仕事の情報共有をスムーズに進める手段として、ビジネスチャット「Chatwork」を活用しましょう。

Chatworkは、メールや電話に比べて、チャット形式で気軽にメッセージのやりとりができます。

マンダラートのアイデアを共有するときにも役立つため、仕事の情報共有の手段にぜひChatworkをご活用ください。

Chatworkを始める(無料)

Chatwork(チャットワーク)は多くの企業に導入いただいているビジネスチャットです。あらゆる業種・職種で働く方のコミュニケーション円滑化・業務の効率化をご支援しています。

Chatwork新規登録
知らなかった!Chatworkの便利な活用ヒント集
Chatworkを10倍使いこなす!使い方のヒント

Chatwork(チャットワーク)使っているけど、チャット機能だけしか使っていない…なんてことはありませんか?

Chatworkで業務を進めているみなさまへ、Chatworkをより便利に使うためのヒントをお伝えします。

この資料一冊で、業務をより効率的に進めるためのChatworkの機能や活用方法がまるわかりです。

明日から使える具体的なヒントが満載ですので、ユーザーのみなさまはぜひ参考にしてください。

ダウンロード
Chatwork

Chatwork

Chatworkのお役立ちコラム編集部です。 ワークスタイルの変化にともなう、働き方の変化や組織のあり方をはじめ、ビジネスコミュニケーションの方法や業務効率化の手段について発信していきます。

  • facebookシェアボタン
  • twiterシェアボタン
  • はてなブックマークボタン
  • pocketボタン

関連記事