PEST分析とは?PEST分析の目的と例をわかりやすく解説

公開日: 更新日:
業務効率化
  • facebookシェアボタン
  • twiterシェアボタン
  • はてなブックマークボタン
  • pocketボタン
PEST分析とは?PEST分析の目的と例をわかりやすく解説

目次

経営戦略やマーケティング分析を進めるときは、PEST分析を使う方法が便利です。

政治・経済・社会・技術の外部環境から、機会と脅威につながる要因を探っていきます。

自社に影響を与える外部環境の要因を知れると、事業改善につながるアイデア出しや行動に取り組めるメリットがあるでしょう。

ビジネスの現場で活用されるPEST分析の目的と例を解説します。

PEST分析とは

経営戦略やマーケティング分析に使えるフレームワークです。

PEST分析では、企業に影響を与える4つの外部環境から分析します。

  • 政治
  • 経済
  • 社会
  • 技術

上記のマクロ環境について、さらに機会(チャンス)と脅威(危険・リスク)につながる内容を掘り下げます。

自社に影響を与える外部環境の要因を把握できると、今後の経営について変化に対応できる対策を打ちやすくなるでしょう。

政治(Politics)

企業のビジネスは、政治の方針に影響を受けます。

  • 法律の規制や緩和、法律の改正など
  • 税金制度に関わるもの(増税、減税など)
  • 政権交代による影響
  • 裁判制度など

場合によっては、事業内容の分野に規制が入ったり、市場のルールが変わったりする場合もあるでしょう。

企業は政治の情勢を分析しながら、今後の体制や方針を再検討する必要があります。

経済(Economy)

経済の情勢が変わると、企業の利益やマーケティング面に影響を与えます。

  • 景気動向、消費動向
  • 物価(インフレやデフレなど)
  • 経済成長率(GDP)
  • 雇用情勢(賃金、雇用率や失業率の増減など)
  • 株価や為替、金利や原油価格など

たとえば、物価が変わると製品づくりのコストに影響を与えます。

景気動向によって企業の売り上げが左右される場合があるため、日々注目しておきたいポイントです。

社会(Society)

社会の情勢は消費者の行動を変えるため、企業の事業活動に影響を与えます。

  • 人口動態(密度、構成、少子・高齢人口など)
  • 流行、世論
  • 文化、ライフスタイル
  • 社会問題(事件など)
  • 教育、言語、宗教など

事業活動を継続するには、消費者の生活に合わせた新しい商品やサービスの展開が求められます。

技術(Technology)

技術に関する情勢が変わると、事業活動の未来に影響を与えます。

  • IT技術、IoTやICTなど
  • ビッグデータ、AIの活用(情報収集と分析など)
  • イノベーション
  • クラウド、マーケティングツールなど
  • 新技術の開発(代替、生産技術など)
  • 特許(取得、消滅)
  • インフラ

新しい技術が取り入れられると、商品の質を向上させて顧客の満足度を高められるなど、企業の経営戦略につながります。

PEST分析の目的

ビジネスでの活用について、PEST分析にどのような目的があるのかを見ていきましょう。

自社に影響を与える外部環境を把握するため

企業の事業活動は、政治・経済・社会・技術などの外部環境の要因によって影響を受けます。

PEST分析を使うと、事業活動を取り巻く現状を知る機会につながり、将来起こりうる影響を予測しやすいでしょう。

変化に対応できる経営戦略を立てるため

事業活動を安定的に進めるには、日々変化する情勢について柔軟に対応する姿勢が求められます。

また、外部環境の要因から受ける影響は、企業にとってメリットとデメリットの両方があるため、チャンスを掴んで危険を避けることが大切です。

PEST分析を活用した経営戦略を立てて、競合他社や動向に左右されない経営方針を立てましょう。

フレームワークを併用して活用するため

PEST分析は、SWOT分析や3C分析など、ほかのフレームワークとともに活用するときに役立ちます。

経営戦略やマーケティングの情報収集や分析など、フレームワークの精度をあげる効果が期待できるでしょう。

PEST分析の方法と注意点

効果的に分析を進めるためにも、情報収集や分析、項目の分類が大切です。

PEST分析の方法と注意点を見ていきましょう。

PESTの項目ごとに情報収集する

企業の事業活動に関わる分野について、政治・経済・社会・技術の4項目からそれぞれ内容を掘り下げましょう。

すべての項目を細かく情報収集する必要はなく、自社に影響を与える外部環境の要因を整理するために情報収集を進めます。

PEST分析に取り組むときは「新商品の開発」「市場調査から経営戦略を立てる」など、取り組む目的やゴールを明確にするように注意しましょう。

情報収集した内容を事実・解釈に分類する

政治・経済・社会・技術の情報収集を終えたあとは、それぞれの外部環境の要因を「事実」と「解釈」にわけましょう。

事実とは、情報やデータから読み取れるそのままの内容を指しており、解釈とは、情報やデータから個人的な予測を立てる主観的な内容を指しています。

注意点として、正確な分析結果を引き出すためにも、事実の裏付けがある情報の活用が大切です。

事実をさらに機会・脅威に分類する

情報収集から分類した「事実」の内容について、さらに「機会」と「脅威」にわけましょう。

機会(チャンス)とは、事業活動の成果につながる項目を指しており、脅威(危険・リスク)とは、事業活動によくない影響を与える避けたい項目を指しています。

ただ、状況や見方を変えると機会が脅威、または反対に変わる可能性もあるため、決めつけずに検討することが大切です。

分類が難しいときは、どちらにも当てはまらない項目にわけておきましょう。

機会・脅威を短期と長期に分類する

機会と脅威に分類したあとは、要因が起きる期間を「短期」と「長期」にわけておきましょう。

近い未来に起こると予想される場合は短期、遠い未来に起こると予想される場合は長期に分類します。

時間軸を意識して分類しておくことで、取り組む優先順位を整理しやすくなるでしょう。

分析内容を行動に移す

分類をすべて終えたあとは、実際の行動につなげられるようにアイデアを検討します。

機会・脅威で分類した短期・長期の視点を踏まえながら、緊急度や重要度の高い内容は、早めの対応を意識しましょう。

PEST分析を応用できるフレームワークの例

PEST分析で外部環境の要因を分析したあとは、内部環境の要因を探れるフレームワークを活用すると幅広い視点から分析できます。

応用できるフレームワークの例として、SWOT分析と3C分析を見ていきましょう。

SWOT分析

経営戦略を立てるときに活用できるフレームワークです。

自社の内部環境(S=強み、W=弱み)と、市場や競合他社などの外部環境をプラス(O=機会)とマイナス(T=脅威)4つの要因に分類します。

PEST分析は外部環境を掘り下げて分析する一方、SWOT分析は自社の内部環境を含めて分析する違いがあるでしょう。

まずはPEST分析で外部環境の分析後、SWOT分析で内部環境の分析を済ませると、分析を進めやすくなります。

3C分析

商品開発など、マーケティング分析に活用できるフレームワークです。

自社(強みと弱みなど)、市場・顧客(ニーズや動向など)、競合(市場シェアやライバルの状況など)3つの視点から分析を進めます。

PEST分析と併用することで、さまざまな視点から情報収集と分析を進められるメリットが期待でき、今後の経営戦略につながる計画を立てやすくなるでしょう。

PEST分析の活用例

ビジネスの現場に応用されているPEST分析の例を見ていきましょう。

携帯電話に関する業界

携帯電話は最新のIT技術や通信技術など、多くの技術を合わせて持ち運びができる設計を実現しています。

現在では、政治や社会の動向に合わせた低価格に対応したキャリアが発売されるなど、消費者の需要に合わせて、今後とも新しいサービスの展開が期待できるでしょう。

自動車に関する業界

自動車は社会情勢に合わせたニーズを取り入れるために、環境に配慮した製品づくりに取り組んでいます。

また、自動車を個人で所有するという時代だけではなく、他者と共有して使うサービスが展開されており、消費者の動向に合わせたサービスの展開が今後とも注目される内容です。

コンビニに関する業界

コンビニ業界では、社会の需要や消費者の行動に合わせた多くのサービスを展開しています。

政治や社会の情勢を見据えた、キャッシュレス支払いやセルフレジの導入などがあり、時代の流れやニーズを掴んだ施策を提供できているといえるでしょう。

PEST分析は経営戦略に役立つフレームワーク

PEST分析で外部環境を知ることで、企業に影響を与える要因について対策を検討できます。

政治・経済・社会・技術の4つの視点を使いながら、今後の経営戦略を立てるときの参考にしてみてください。

ビジネスチャット「Chatwork」は、ビジネスの情報共有をスムーズに進めたいときに役立ちます。

PEST分析から得られた情報を社内で共有するときにも活用できるため、作業効率化を図れる連絡手段の導入を進めたいときは、ぜひChatworkをご活用ください。

Chatworkを始める(無料)

Chatwork(チャットワーク)は多くの企業に導入いただいているビジネスチャットです。あらゆる業種・職種で働く方のコミュニケーション円滑化・業務の効率化をご支援しています。

Chatwork新規登録
ビジネスチャットの組織利用を考える方におすすめの資料
組織利用のメリットと実戦に向けた3ステップ

このお役立ち資料ではChatworkを企業や組織で利用することで得られるメリットをまとめました。

組織の業務効率化を実現するためには、皆が同じ情報を得ることができる環境を整える必要があります。加えてセキュリティの観点からも組織でアカウントの管理ができる状態にしておくことが理想的です。

  • Chatworkの組織利用のメリットや効果
  • 組織的なChatworkの利用事例
  • 組織的なChatwork利用に向けた3つのステップ

などを解説します。貴社の業務効率化実現の一助になれば幸いです。

ダウンロード
Chatwork

Chatwork

Chatworkのお役立ちコラム編集部です。 ワークスタイルの変化にともなう、働き方の変化や組織のあり方をはじめ、ビジネスコミュニケーションの方法や業務効率化の手段について発信していきます。

  • facebookシェアボタン
  • twiterシェアボタン
  • はてなブックマークボタン
  • pocketボタン

関連記事