バリューチェーンとは?バリューチェーン分析の例とマネジメント方法

公開日: 更新日:
業務効率化
  • facebookシェアボタン
  • Xシェアボタン
  • はてなブックマークボタン
  • pocketボタン
バリューチェーンとは?バリューチェーン分析の例とマネジメント方法

目次

バリューチェーン(価値連鎖)とは、企業の事業活動における付加価値の連鎖です。

事業活動の例として、生産や出荷物流、販売などのさまざまな工程が連携し合って消費者に商品が届けられることがあげられます。

それぞれの工程にどのような付加価値があり、どのように価値が連鎖しているのかを把握できると、企業の利益や経営を安定させる戦略につなげられるでしょう。

バリューチェーン分析の例とマネジメント方法をわかりやすく解説します。

バリューチェーンとは

企業の事業活動における付加価値(バリュー)を生み出すポイントがどこにあるのか、掘り下げられるフレームワークです。

たとえば、事業活動では生産や出荷物流、販売など、さまざまな工程を経て消費者に商品が提供されます。

バリューチェーンでは、事業活動において単体の工程だけで価値を見出しているのではなく、総合的な流れで価値連鎖を生み出していると考えます。

バリューチェーンは自社の強みや弱みを知り、コスト削減や競合他社との差別化を図りたいときに活用できます。

バリューチェーンとサプライチェーンの違い

バリューチェーンは「事業活動全体の流れや活動」に価値連鎖があるという意味があり、サプライチェーンは「事業活動の物やお金の流れ」自体を指す意味で違いがあります。

どちらも事業活動の改善につながる視点を整理できるという意味では、共通する面もある内容です。

前者は価値連鎖、後者は供給連鎖の意味があると理解しておきましょう。

バリューチェーンマネジメントとは

バリューチェーンを無駄なく管理する方法は、バリューチェーンマネジメントと呼ばれます。

自社の事業活動は、主活動と支援活動から付加価値や価値連鎖を生み出しており、上手に管理して運用できると、顧客に最大限の価値を提供できるでしょう。

バリューチェーンを構成する要素

バリューチェーンを構成する要素には、主活動と支援活動があげられます。

どのような活動内容になるのかを見ていきましょう。

主活動

バリューチェーンで商品の生産から消費に関わる活動の流れは、主活動と呼ばれています。

商品が消費者に届くまでには、さまざまな工程をクリアする必要があるでしょう。

  • 購買物流
  • 製造
  • 出荷物流
  • マーケティング・販売
  • サービス

主活動は上記の工程に分類できて、どのようなポイントで付加価値が生まれるのかを明確にできます。

支援活動

バリューチェーンで商品の生産から消費の流れに関わらない活動は、支援活動と呼ばれています。

裏方から主活動を支えるような内容で、事業活動において欠かせない項目です。

  • 全般管理
  • 人事・労務管理
  • 技術開発
  • 調達

支援活動は上記の工程に分類できて、事業活動をサポートする意味で価値を生み出します。

バリューチェーン分析の目的とメリット

企業が市場の競争に生き残るには、自社や競合他社の強みを知る分析が求められます。

バリューチェーン分析の目的とメリットを見ていきましょう。

競争優位を目指せる経営戦略が立てられる

自社の強みや弱みを理解できるバリューチェーン分析は、企業が生き残るための経営戦略につながります。

市場のシェアを伸ばして安定化を図るなど、長期的な経営活動を有利に進める計画を実行できるでしょう。

利益の最大化

バリューチェーン分析で自社の付加価値や価値連鎖を知ることで、商品の改善や新商品の開発に活用できます。

社内の課題や問題を解消する機会にもつながり、事業全体で価値連鎖を高められるため、利益を最大限に引き出せる効果が期待できるでしょう。

コスト削減につながる

バリューチェーン分析では自社の活動について、付加価値の内容にどのくらいのコストがかかっているのかを把握できます。

部署や活動ごとに内容を分析できると、無駄にコストをかけている部分を見える化できるでしょう。

企業全体のコスト削減につながり、余った費用を別の用途に活用する機会が生まれます。

競合他社と価値を差別化できる

自社の商品やサービスには、同じ市場で販売する別の企業が存在します。

利益をあげるには、同じ製品でもオリジナルの要素を出して、競合他社とは異なるサービスを展開することが重要です。

バリューチェーン分析を使うと自社と競合他社について、強みと弱みを洗い出す機会につながり、価値を差別化できるメリットがあります。

バリューチェーン分析の方法

効果的にバリューチェーン分析を進める方法を見ていきましょう。

自社のバリューチェーンを出していく

業種によって内容は変わるものの、自社に合わせた付加価値の洗い出しを進めましょう。

自社の事業活動に関わる付加価値の例には、料金の回収方法やサービス内容、技術やマーケティングなどがあげられます。

振り返りをしたあとは、項目を主活動と支援活動に分類しましょう。

  • 主活動:購買物流、製造、出荷物流、マーケティング・販売、サービス
  • 支援活動:全般管理、人事・労務管理、技術開発、調達

まずは自社の事業に関わる活動について、付加価値を振り返りましょう。

自社にかかるコストを確認する

洗い出した付加価値について、どのくらいの費用がかかっているのかを洗い出しましょう。

付加価値の例として、料金の回収方法やサービス内容、技術やマーケティングなどをあげた場合、それぞれの活動に年間にかかる費用を部署別に記録します。

自社の強み・弱みを出していく

自社の各活動について、それぞれの強みと弱みを洗い出しましょう。

正確に分析を進めるためには、できる限り多くの人から意見を聞き出すことが大切です。

自社だけでなく、競合他社の強みと弱みも一緒に探りましょう。

VRIO分析を使う

VRIOは「経済的な価値・希少性・模倣可能性・組織」4つの意味があり、それぞれ項目から、自社や他社を含めた価値を比較検討する内容です。

バリューチェーン分析で自社と競合他社の強みと弱みを掘り下げたあとは、VRIO分析の4項目から内容を分析します。

企業の経営資源を確認でき、経営戦略で付加価値を活用する方法を検討できるでしょう。

バリューチェーン分析が活用される業界の例

バリューチェーン分析がどのような業界に活用されているのか例を見ていきましょう。

製造業の例

製造業は商品企画や流通、販売など、さまざまな工程を経て消費者に届けられる流れです。

そのため、製造業は自社の利益だけではなく、事業活動に関わる他社企業の利益など、全体の流れを考えて価値連鎖が生み出されています。

また、それぞれの工程を掘り下げて独自の強みと弱みを活かしながら、競合他社にはない独自のサービスを提供しています。

小売業の例

小売業では、消費者が商品の購入に価値を感じられる仕組みづくりを実施しています。

たとえば、商品の調達方法にインターネットを使ったり、アフターサービスを充実させたりするなど、消費者のニーズに合わせた対応に取り組んでいる流れです。

農業の例

農業の生産から消費までの流れにおいて、さまざまな付加価値を連鎖させる活用方法は、フードバリューチェーンと呼ばれています。

たとえば、運送にかかるコストの削減、インターネットを使った販売方法など、各業者が連携し合って事業活動が円滑に進められる価値を生み出しているのです。

農業の利益を最大化する仕組みができると、生産者だけでなく消費者にとっても、新しいサービスを利用できる機会につながります。

バリューチェーン分析は経営戦略に活用できる

自社の付加価値について、どのような価値連鎖があるのか検討できると、競合他社との差別化を図る経営戦略につながります。

バリューチェーンで自社と競合他社の特徴を掘り下げながら、コスト削減や利益を生み出す仕組みづくりに活用しましょう。

ビジネスチャット「Chatwork」は、社内の情報共有をスムーズに進めるコミュニケーション手段です。

バリューチェーン分析の結果を共有するときにも活用できるでしょう。

社内のコミュニケーションコスト削減にもつながるため、企業の付加価値の連鎖につなげる機会として、ぜひChatworkをご活用ください。

  今すぐChatworkを始める(無料)

Chatwork(チャットワーク)は多くの企業に導入いただいているビジネスチャットです。あらゆる業種・職種で働く方のコミュニケーション円滑化・業務の効率化をご支援しています。

Chatwork新規登録

業務効率化の方法を検討中の方におすすめの資料
業務効率化ツール一覧
ダウンロード
Chatwork

Chatwork

Chatworkのお役立ちコラム編集部です。 ワークスタイルの変化にともなう、働き方の変化や組織のあり方をはじめ、ビジネスコミュニケーションの方法や業務効率化の手段について発信していきます。

  • facebookシェアボタン
  • Xシェアボタン
  • はてなブックマークボタン
  • pocketボタン

関連記事