コーチングとは?コーチングに必要なスキルとやり方をわかりやすく解説 

公開日: 更新日:
業務効率化
  • facebookシェアボタン
  • twiterシェアボタン
  • はてなブックマークボタン
  • pocketボタン
コーチングとは?コーチングに必要なスキルとやり方をわかりやすく解説 

目次

コーチングは対等な関係性を大切にしながら、相手に気づきを与えて主体的に行動できる人材を育成する方法です。

コーチングをおこなう立場の人は、どのようなスキルを身につけるとよいのでしょうか。

仕事の現場で取り入れたいコーチングのやり方を解説します。

コーチングとは

相手に対し、目標達成に向けて主体的な行動を引き出したり、気づきを与えたりする支援方法をコーチングと呼びます。

コーチングを担う人は、相手と対等な関係性を意識しながら、傾聴や共感、承認の姿勢を大切にして、能力を引き出せるようにサポートを進めなければなりません。

ビジネスやスポーツ、芸術など、コーチングはさまざまな場面に活用されています。

ビジネスシーンにおけるコーチングとは

ビジネスシーンでのコーチングは、上司が部下の能力を引き出すコミュニケーションを大切にしながら、部下の主体性を育成することが目的です。

上司が指示を出して終わりではなく、部下に気づきを与えられる質問を投げかけたり、成長につながる目標設定を掲げてもらい、目標達成に向けてアドバイスをおこなったりします。

信頼関係を築き、仕事へのモチベーションを高められるようなメンタル面のサポートを進めることも大切です。

ティーチングやカウンセリングとの違い

ティーチングは上下関係がある指導方法で、上司から部下に向けて指示を出すような形でコミュニケーションがおこなわれます。

一方、カウンセリングでは、相手の不安な気持ちや悩みを解消することを目的としたコミュニケーションをおこないます。

コーチングと比較すると、知識や経験を活かしてサポートやアドバイスをする意味では似ているものの、目的や指導方法に違いがあげられます。

コーチングを取り入れるメリット

職場全体の作業効率化や生産性アップを図るには、上司から部下に対して継続的にサポートに取り組む姿勢が重要です。

仕事のコーチングを取り入れるメリットを見ていきましょう。

信頼関係が構築されコミュニケーションが活性化する

上司が部下とのコミュニケーションを大切にすると、信頼関係が構築され、意思疎通がしやすくなります。

コミュニケーションが活性化すると、意見交換もしやすくなるため、課題や問題に対してスピード感持って改善に取り組めるようになるメリットも期待できるでしょう。

新入社員を育成するときに役立つ

仕事の進め方や職場環境に慣れていない新入社員に、上司のコーチングを取り入れることで、サポートしてもらえる環境が整うため、作業でわからないポイントがあるときに質問できたり、悩み事を抱える前に話を聞いたりするなど、コミュニケーションを円滑に進めやすくなるでしょう。

新入社員が成長できるような質問やアドバイスを繰り返しながら、組織の成長につながる人材育成を進められます。

コーチングを取り入れるデメリット

メリットの多いコーチングにもデメリットがあるため、取り入れる前にきちんと確認しておきましょう。

担当者によって効果が変わる

コーチングは担当者のスキルが足りないと、思うような効果を発揮できない可能性があります。

また、上司と部下の相性が悪いときは、お互いに心理的な負担がかかりやすくなり、思うようにサポートが進まない懸念もあるでしょう。

時間がかかって目的を見失うことがある

コーチングをおこなったとしても、部下によっては成長するまでに時間がかかってしまう人もいるでしょう。

長い時間がかかると、お互いに何のためにコーチングを取り入れているのか目的を見失いがちになるので、長期的な視点で人材育成をしているという認識を持つようにしましょう。

コーチングの効果的なやり方

コーチングに取り組むときの効果的な方法を見ていきましょう。

課題や現状を振り返る

部下にとって、業務などで乗り越えたい課題などがある場合、上司に相談しながら振り返る機会が必要です。

部下が話しやすいよう、場の空気が重くならない雰囲気作りをするためにも、雑談を交えて話すようにしましょう。

部下が仕事に抱く不満や成長したいポイントについて、本音を引き出せるよう、さまざまな質問を投げかけるようにしてください。

目的・目標のゴールを明確に決める

部下が達成したいゴールを明確にしてから、行動をするようにしましょう。

まずは、目標達成後にどのような自分になっていたいのか、未来の姿に対するイメージを膨らませてもらいます。

ポジティブな感情を引き出してモチベーションを高められるように、部下の話に耳を傾けて、なるべく否定しないように意識しましょう。

行動につながる計画を立てる

部下が実際にどのような行動に取り組むのか、段階ごとの計画を立てて実践しましょう。

さらに、目標達成までの締め切り日を決めておくと、集中的に取り組みやすくなります。

小さな行動を積み重ねていく形で、少しずつ改善して成果を引き出せるように工夫しましょう。

経過・結果を見て継続的にフォローする

目標設定後に部下を放置しないよう注意しながら、定期的に声をかけるなどしながら様子を見守りましょう。

目標設定の計画がどのくらい達成できているのか、方向性は合っているのかなど、コーチングを担う者として部下を導けるようにサポートを続けてください。

コーチングを効果的に取り組むポイント

ビジネスの現場で、コーチングを効果的に取り組むためのポイントを見ていきましょう。

意見交換を大切にして価値観を押しつけない

コーチングでは、部下の考え方や価値観を否定しない姿勢が大切です。

まずは相手の話を受け入れるように心がけましょう。

「何を考えているのか?」を意識することで、誤解や衝突につながるコミュニケーションが避けられます。

役立つ資格を取得する

どのようにコーチングを取り入れるとよいのか、学びを深めたいときは資格を取得するという方法があります。

  • 日本コーチ連盟認定の資格
  • 国際コーチング連盟(ICF) 認定コーチ資格
  • 生涯学習開発財団認定コーチの資格

これらはビジネスの現場でおこなうコーチングにも応用できるため、スキルアップとして取り組んでみるのもいいでしょう。

コーチングに求められるスキル

コーチングに求められるスキルを見ていきましょう。

傾聴するスキル

コーチングのコミュニケーションでは、部下の話を否定せず、受け入れる姿勢を大切にします。

言葉だけでなく表情や仕草など、話を聞くときに興味を示す態度を意識しましょう。

相手の感情に寄り添いながら、共感する姿勢を見せて信頼関係を築くことが重要です。

承認(評価)スキル

仕事の取り組み方などに対し努力を感じられるポイントがあれば、素直に言葉にして伝えることが大切です。

承認スキルを身につけることで、コミュニケーションが円滑になるだけでなく、相手の仕事に対するモチベーションを引き出す機会につなげられます。

質問スキル

部下の成長をうながすために、気づきを与えられるような質問をしましょう。

質問のポイントでは、「はい」「いいえ」で答えるクローズド・クエスチョンではなく、オープン・クエスチョンで「何が考えられるのか?」と、部下の意見を引き出す問いかけをしましょう。

コーチングはあくまでサポート役なため、部下が答えやすい雰囲気づくりをしながら、質問をすることを意識してください。

ビジネスにおけるコーチングの活用例

ビジネスの現場でコーチングを取り入れられる例として、部下の人材育成や管理職の育成、新入社員の育成やストレスマネジメントなどがあげられます。

コーチングを取り入れることは、部下が仕事とプライベートの両方を図れるように、メンタル面の管理や相談に乗る機会をつくるなど、組織のコミュニケーション活性化をおこなうという意味でも重要になるでしょう。

コーチングのサポートに「Chatwork」を活用しよう

ビジネスの現場でコーチングを取り入れることは、業務を円滑に進めるための信頼関係の構築だけでなく、組織のコミュニケーション活性化や業務の生産性をあげる効果も期待できます。

ビジネスチャット「Chatwork」は、部下とのコミュニケーションの活性化にも効果的なコミュニケーションツールです。

メールや電話などの従来のビジネスコミュニケーションの方法と比較して、チャット形式で気軽にやりとりができることにくわえ、ビデオ通話機能も搭載されているため、状況や場面に応じたコミュニケーションを選択することもできます。

本記事で紹介したとおり、コーチングで大事なのは「傾聴」「承認(評価)」「質問」を活用してコミュニケーションを密にとり、信頼関係を築くことです。

「傾聴」「承認(評価)」「質問」を意識したコミュニケーションは、普段から「Chatwork」を活用することで簡単におこなうことができるため、コーチングの効果的な実践に役立てることができます。

また、タスク管理機能も備わっているため、情報の共有漏れ防止や、課題や現状の振り返りなどにも活用できるでしょう。

>タスク管理機能に関する記事はこちら

ビジネスチャット「Chatwork」は無料で簡単に使いはじめることができます。

下部の「今すぐChatworkを始める(無料)」よりすぐに、手軽さを体験できます。

普段からコミュニケーションを気軽におこなうことで信頼関係を構築し、効果的なコーチングを実践するためにも、ぜひChatworkの活用をご検討ください。

今すぐChatworkを始める(無料)

Chatwork(チャットワーク)は多くの企業に導入いただいているビジネスチャットです。あらゆる業種・職種で働く方のコミュニケーション円滑化・業務の効率化をご支援しています。

Chatwork新規登録
コミュニケーションを効率化したい方へ
自社に合うツールが見つかる「コミュニケーション診断」

組織ではさまざまな「連絡ツール」が使われています。使いこなしや効率化に悩む方は多いのではないでしょうか。 『コミュニケーション診断テスト』で、自社のコミュニケーションの課題を理解し、効率化のヒントを知りましょう。

【主な内容】

  • 会社で利用されている「連絡ツール」を理解する
  • 診断テストで会社の現状を把握する
  • 自社にあった「連絡ツール」を活用する

ダウンロード
Chatwork

Chatwork

Chatworkのお役立ちコラム編集部です。 ワークスタイルの変化にともなう、働き方の変化や組織のあり方をはじめ、ビジネスコミュニケーションの方法や業務効率化の手段について発信していきます。

  • facebookシェアボタン
  • twiterシェアボタン
  • はてなブックマークボタン
  • pocketボタン

関連記事