マネジメントの資格とは?マネジメントに必要なスキルと役立つ資格

公開日: 更新日:
業務効率化
  • facebookシェアボタン
  • twiterシェアボタン
  • はてなブックマークボタン
  • pocketボタン
マネジメントの資格とは?マネジメントに必要なスキルと役立つ資格

目次

マネジメントに関連する資格は多数あります。

それらの資格を取得すれば、マネジメント能力を向上させることができ、マネジメント業務をするにあたってメリットとなるでしょう。

マネジメントに必要なスキルと役立つ資格を紹介します。

マネジメントに有用な資格とは?

マネジメントに有用な資格とは、資格を取得することで、マネジメント業務に必要なスキルを取得したり、伸ばしたりすることができる資格を指します。

ビジネスにおけるマネジメントとは、ヒト、モノ、お金を使いながら、組織が目標を達成するために、最大限の成果を出すことを指します。

そのためのスキルに関連する資格が候補になります。

マネジメントに必要なスキル

マネジメントには幅広いスキルが必要です。

具体的に、どのようなスキルが必要なのか見ていきましょう。

問題解決能力

組織を運営していれば、問題に直面することが必ずあります。

問題に直面した際に、冷静に対処をすることは、マネジメントに必要なスキルのひとつです。

経験も必要ですが、それだけではなく、現状を的確に把握して、論理的かつ客観的に問題を解決に導くことが大切です。

また、問題解決には迅速さも求められます。

リーダーシップ

組織を管理する立場の人には、リーダーシップが求められます。

組織をマネジメントする人材がリーダーシップを発揮することで、目標達成のためにビジョンを示したり、部下のモチベーションを維持したりすることが可能です。

プロジェクト遂行能力

組織やチームの目標を達成するためには、スケジュール管理をしたり、問題点を見つけて改善したり、さまざまな調整をしたりするなど、プロジェクトを適切にコントロールすることが必要です。

そのため、マネジメントをおこなう際には、プロジェクト遂行能力も必要になります。

コミュニケーション能力

マネジメントには、高いコミュニケーション能力を必要とする場面が多くあります。

たとえば、必要な情報をメンバーに伝達したり、取引先と交渉をしたり、部署間の調整をしたりする機会などがあげられます。

いずれも相手の意見や主張を理解し、自らの意見や要望を分かりやすく伝えて、話をまとめることが大切です。

マネジメント関連の資格を取得するメリット

マネジメント関連の資格を取得するメリットを紹介します。

スキルや知識が身につく

資格を取得するために学ぶことで、スキルや知識を体系的に身に付けることができます。

マネジメント業務の実践を通じてもスキルを得ることはできますが、現場によってはスキルに偏りが出ることがあり、自分がどの程度のスキルを身につけたのかも分かりづらいです。

資格を取得することで、スキルの証明ができます。

理論や専門知識に裏付けされた実務が可能

資格を取得することで、理論や専門的知識を習得することができます。

マネジメントは経験によってもスキルが身についたり、向上したりします。

資格を取得することで、経験だけではなく、理論や専門的知識によっても裏付けされた実務ができるようになるため、マネジメントに信頼感や安定性が加わるようになります。

年収アップやキャリアアップが可能

資格を取得することで、年収アップやキャリアアップに直接つながることがあります。

たとえば、企業によっては、対象となる資格を持っていると手当が支給されることがあります。

また、資格を取得することで、プロジェクトを任されたり、昇進や昇格のきっかけとなったりすることもあるでしょう。

マネジメントに有用な資格(ビジネススキル編)

ビジネススキルに関連した、マネジメントに有用な資格を紹介します。

ビジネスマネージメント認定試験

日本生活環境支援協会による認定試験です。

自立するための心理トレーニング方法や認知科学を活用した、従業員教育などの知識が問われます。

インターネットから申し込み、在宅での受験も可能です。

ロジカルシンキングマスター

日本生活環境支援協会による認定試験です。

帰納法や演繹法など論理的思考を構築するための、基礎知識や理論展開の方法などの知識が問われます。

インターネットから申し込み、在宅で受験します。

メンタルヘルス・マネジメント検定試験

大阪商工会議所と施行商工会議所が主催する検定試験です。

職場内の役割に応じた、メンタルヘルスケアに関する知識や対処方法を習得することができます。

年2回、全国15都市で実施されます。

ビジネス・キャリア検定試験

中央職業能力開発協会が実施する公的試験です。

職務を遂行するうえで必要となる知識の習得と。実務能力の評価を行うことを目的にしています。

8分野44試験から自分の職務にあった試験を受験することができます。

マーケティング・ビジネス実務検定

国際実務マーケティング協会が実施する民間試験です。

マーケティング理論やマーケティング実務知識、時事情報など、マーケティング実務の知識を総合的に判定します。

Web試験にて実施されます。

マネジメントに有用な資格(会計・経営編)

会計や経営に関連した、マネジメントに有用な資格を紹介します。

ビジネスマネジャー検定

東京商工会議所が実施する民間試験です。

管理職が身に付けておくべき、マネジメントや経営学などの基礎知識を、効率よく習得することができます。

年2回、インターネット経由で実施されます。

簿記検定

日本商工会議所と各地商工会議所が実施する検定試験で、公的資格になっています。

簿記に関する技能を検定するもので、原価計算初級、簿記初級、3級、2級、1級とあります。

団体試験やネット試験のほか、統一試験が各地で年3回、実施されます。

ビジネス会計検定試験

大阪商工会議所と施行商工会議所が主催する検定試験です。

3つのレベルに分かれており、財務諸表に関する知識や分析力が問われます。

3級と2級は年2回、1級は年1回、全国17都市で実施されます。

中小企業診断士

中小企業の経営課題に対応するために診断や助言を行う専門家であり、国家資格です。

第1次試験に合格後、第2次試験に合格して実務補習を修了または診断実務に従事するか、養成課程を修了することで、中小企業診断士に登録されます。

MBA

Master of Business Administrationの略で、経営学の大学院修士課程を修了すると授与される学位です。

日本語では、経営学修士や経営管理修士と呼ばれています。

日本及び海外のビジネススクールで取得できます。

マネジメントスキル向上に資格を活用しよう

マネジメントスキルに関連する資格はさまざまあります。

マネジメントに関連した資格を取得することは、マネジメントのスキルや知識を体系的に身に付けることができるため、マネジメント能力の向上が期待できます。

資格取得によるメリットもさまざまあるので、効果的なマネジメントをおこなうためにもぜひ活用してみてください。

よりよいチームをつくりたい方へ
実力派リーダーを目指す人のチームマネジメント

チームをマネジメントする立場の方に、身につけておきたいスキルや活用したい取り組み、マネジメントに役立つツールを紹介します。

主な内容

  • チームマネジメントとは
  • リーダーが身につけたい「スキル5選」
  • テレワーク時代に実践したい「3つの取り組み」

ダウンロード
Chatwork

Chatwork

Chatworkのお役立ちコラム編集部です。 ワークスタイルの変化にともなう、働き方の変化や組織のあり方をはじめ、ビジネスコミュニケーションの方法や業務効率化の手段について発信していきます。

  • facebookシェアボタン
  • twiterシェアボタン
  • はてなブックマークボタン
  • pocketボタン

関連記事