ギグワーカーの意味とは?フリーランスとの違いや企業側の活用方法を解説

公開日: 更新日:
業務効率化
  • facebookシェアボタン
  • Xシェアボタン
  • はてなブックマークボタン
  • pocketボタン
ギグワーカーの意味とは?フリーランスとの違いや企業側の活用方法を解説

目次

インターネットを使って単発で仕事を受注する労働者のことを、ギグワーカーと呼びます。

プロジェクトごとに単発で依頼ができるため、企業は人材を正規雇用する必要がないという利点があります。

また、ギグワーカーを活用すると、経費削減や人材不足の解消が期待できます。

ギグワーカーとフリーランスの違いや、企業側のギグワーカーの活用方法について解説します。

ギグワーカーの意味とは

ギグワーカーとは、インターネットを使って単発の仕事を引き受ける労働者のことです。

ギグワーカーの働き方や経済活動のことをギグエコノミーと呼びます。

企業と直接雇用契約する働き方とは異なり、仕事ごとに単発で契約するという特徴があります。

企業は仕事内容に合わせてギグワーカーを雇用することで、経費削減や人材不足を解消することができます。

仕事と私生活のバランスを取りやすい

単発の契約となるため、本人の好きなタイミングや空き時間を活用して仕事を引き受けることができます。

たとえば、子育てと並行しながら働きたい方の場合、子どもの予定を優先させて働けるというメリットがあります。

スケジュールを調整しやすく、仕事に偏りすぎないライフスタイルを送りたい方に向いている働き方です。

好きな日時に働ける

ギグワーカーは、決められた曜日や時間帯に働かないという特徴があります。

空き時間にまとめて働いたり、予定がある日は自由に休みにしたりするなど、働き方を自由にコントロールできるという利点があります。

また企業の担当者にとっては、無理のないスケジュール調整を事前に行うことで、日程や時間に左右されずに仕事を依頼できるというメリットがあります。

能力を活かして仕事ができる

ギグワーカーは、個人の能力や経験を活かす働き方です。

インターネットのサービスに登録をすることで、スキルを活かした仕事の依頼を受けることができます。

企業の担当者は、プロジェクトで新しい人材確保が必要になった際に、ギグワーカーを探すことで、直接雇用を行わずに、人材確保することが可能になります。

ギグワーカーとフリーランスの違い

ギグワーカーとフリーランスには、仕事に従事する期間や、仕事の難易度などの点で違いがあります。

単発で仕事を請け負う

ギグワーカーは単発での契約が多い働き方で、フリーランスは継続性が高い契約が多い働き方です。

企業が人材を確保するときに、長期的にプロジェクトに関わることが想定されるときは、専業の働き手が多いフリーランスに依頼する方法を取るケースが多いです。

短期間や定期的に依頼したいときは、クラウドソーシングのサービスからギグワーカーの働き手に依頼すると、仕事の発注先を見つけやすくなります。

簡単に取り組みやすい仕事が多い

ギグワーカーの仕事は、単発で取り組める仕事内容のため、短いスパンで終わる簡単な仕事が多い傾向があります。

フリーランスの仕事は、単発から長期間の契約もあるため、難易度の低いものから高いものまで幅広い仕事内容があります。

仕事を依頼する企業は、依頼内容の難易度が低いものはギグワーカー、難易度が高いものはフリーランスに依頼するといいでしょう。

インターネットで仕事を請け負う

ギグワーカーは基本的に、インターネットのサービスを使って仕事を受注します。

フリーランスの仕事の受注方法は、インターネット以外にも、個人の人脈や対面で営業をかけて仕事を引き受けるなどという違いがあります。

単発や短いスパンで仕事の発注をしたいときは、インターネットのサービスを活用すると、ギグワーカーの働き手を効率よく探すことができます。

ギグワーカーを活用するメリット

企業はギグワーカーに仕事を依頼することで、雇用手続きの手間や時間、諸経費の削減をおこなうことができます。

ギグワーカーを活用するメリットについて解説します。

雇用の手間を省ける

ギグワーカーは単発で仕事を引き受けるため、企業が人材を直接雇用する手間が省けます。

雇用の手続きや申請を簡略化できるため、人材確保にかかる手間や時間を削減することができます。

また、契約の手続きを最小限にできるため、仕事を始めるまでのスピード感が早い点もメリットです。

コストの削減につながる

企業の人材不足を解消するには、新しい人材を雇用する必要があります。

直接雇用の場合は経費がかかるというデメリットがありますが、単発で契約できるギグワーカーは経費を抑えられるというメリットがあります。

企業は、プロジェクトごとに最小限のコストで人材を確保することができます。

単発で仕事を依頼できる

ギグワーカーは、仕事内容ごとに依頼ができるため、単発で定期的に発注依頼をすることができます。

また、能力が高いギグワーカーと出会えると、単発の契約でも安定的に仕事を依頼することもできるでしょう。

ギグワーカーを活用するデメリット

企業がギグワーカーと一緒に仕事を進める際に、注意しておくべきポイントがあります。

ギグワーカーを活用するデメリットについて解説します。

社内にノウハウが蓄積しにくい

ギグワーカーは、企業が直接雇用するわけではないため、ギグワーカーのノウハウを企業に蓄積できないという懸念があります。

ノウハウを蓄積するのが難しいということは、運用方法によっては長期的なメリットにつながらない可能性があります。

機密情報漏洩の可能性がある

セキュリティ面においては、ギグワーカーの責任や対応に依存してしまう可能性があります。

ギグワーカー側のセキュリティ対策が不十分だと、機密情報が漏洩する可能性があります。

企業側から事前に注意すべきポイントを共有することや、安全に使用できるツールを用いるなどの工夫が必要です。

ギグワーカーを活用できる仕事例

さまざまな仕事内容に、ギグワーカーの能力を活かすことができます。

ギグワーカーを活用できる仕事例を見ていきましょう。

Webデザイン

インターネットのサイトなどのデザインに関わる仕事を、Webデザインと呼びます。

Webデザインには、バナー制作やホームページの更新など、単発から長期的に渡ってギグワーカーに依頼できる仕事があります。

コンサルタント

経営や仕事に関わるアドバイスやサポートに取り組む仕事を、コンサルタントと呼びます。

企業の経営を安定的に継続させたいときは、客観的なアドバイスをコンサルタントから受けるという手もあります。

ギグワーカーにコンサルタントを依頼することで、単発から短期間のプランで業務改善のカウンセリングを行うことが可能です。

ライティング

インターネットの記事執筆などを代行する仕事を、ライティングと呼びます。

コピーライティングや取材記事作成、書籍や雑誌記事の作成などがギグワーカーに依頼できます。

企業の代わりにホームページやブログの記事執筆の代行を依頼でき、単発からの長期間の契約にも対応できます。

ITエンジニア

情報技術に関する知識や技術を活かす仕事を、ITエンジニアと呼びます。

システムやアプリの開発や設計、プログラミングなどの仕事をギグワーカーに依頼できます。

企業はギグワーカーのITエンジニアに依頼することで、事業の運営に関わるシステム開発や設計などのサポートを得ることができます。

ギグワーカーとの連絡手段にChatwork

インターネットから単発で仕事を引き受け、自分の裁量で自由に働ける点が、ギグワーカーの特徴です。

フリーランスとの違いは、長期間の契約を含めて直接営業や人脈を使って仕事を獲得する点です。

企業側が活用したいときは、インターネットのサービスから効率よく受注者(ギグワーカー)を探しましょう。

ビジネスチャット「Chatwork」は、ギグワーカーと企業をつなぐ連絡手段として活用できます。

チャットでやりとりを進めながら、オンライン面談を行うこともできます。

Chatworkはセキュリティ面の安全性が高く、情報漏洩の対策も行えます。

ギグワーカーとの連絡手段にChatworkの導入をご検討ください。

  今すぐChatworkを始める(無料)

Chatwork(チャットワーク)は多くの企業に導入いただいているビジネスチャットです。あらゆる業種・職種で働く方のコミュニケーション円滑化・業務の効率化をご支援しています。

Chatwork新規登録

Chatworkの社外連携の効果とは?
社外の相手をChatworkに招待する 〜社外連携のすごい効果〜
ダウンロード
Chatwork

Chatwork

Chatworkのお役立ちコラム編集部です。 ワークスタイルの変化にともなう、働き方の変化や組織のあり方をはじめ、ビジネスコミュニケーションの方法や業務効率化の手段について発信していきます。

  • facebookシェアボタン
  • Xシェアボタン
  • はてなブックマークボタン
  • pocketボタン

関連記事