チームワークの仕事が苦手な原因とは?苦手を克服する方法やメリットを解説

公開日: 更新日:
業務効率化
  • facebookシェアボタン
  • twiterシェアボタン
  • はてなブックマークボタン
  • pocketボタン
チームワークの仕事が苦手な原因とは?苦手を克服する方法やメリットを解説

目次

仕事を進めるときは、チームで連携して、各自が自分の役割を考えながら動くことが求められます。

しかし、実際には思うようにチームで連携が取れていない場面も多いのではないでしょうか。

どのような原因があると、チームワークに苦手意識を持ちやすいのでしょうか。

チームワークの苦手を克服する方法について解説します。

仕事のチームワークが苦手な人の特徴

コミュニケーションに苦手意識を持っていると、チームで連携をとることが難しくなります。

仕事におけるチームワークが苦手な人の特徴を見ていきましょう。

他人を気にかけることができない

自分以外のメンバーの立場から物事を考えられないと、相手に対する配慮や気づかいが不足しがちになります。

チームワークを発揮するためには、仕事を進めるうえでお互いにサポートすることや、お互いに声をかけあう姿勢が大切です。

相手の気持ちに配慮しない言動や行動が多いと、人間関係に摩擦が生じ、チームワークに悪影響を及ぼしてしまいます。

強いこだわりを持っている

チームワークを高めるには、メンバー同士が足並みを揃えて行動する必要があります。

ただ、仕事の進め方に強いこだわりを持っている場合、細かい部分の指示や調整が多くなり、作業の進行が遅れ、チームワークを乱す原因となるでしょう。

周りにも自分自身と同じように行動することを求めてしまい、仕事の衝突が起きやすくなってしまいます。

コミュニケーションに苦手意識がある

自分自身を内向的だと感じていると、職場のコミュニケーションに緊張や不安を感じやすい傾向があります。

仲間同士で声をかけあって仕事を進めるよりも、ひとりで黙々と取り組むほうが向いていると思い込み、人間関係の疲れを感じやすく、チームワークに苦手意識を感じやすくなります。

貢献よりも自分の利益を優先する

自身にとって得になる行動を優先する人は、チームで連携がとりにくいです。

組織全体や、チーム全体の利益を考えられないと、メンバーをサポートする機会を失います。

チームとして最大限の能力を発揮できず、職場の生産性向上や作業効率化に支障をきたすでしょう。

仕事のチームワークが苦手に感じる原因

チームで連携するメリットが感じられないときは、仲間とのコミュニケーションに面倒を感じやすくなります。

チームワークでの仕事が苦手に感じる原因を見ていきましょう。

仕事を押しつけてしまう

社員同士で仕事を押しつけあう状況が発生する場合があります。

日常的に押しつけ合いが繰り返されると、メンバーは責任を回避するために、あえてコミュニケーションを取る機会を減らす可能性があります。

仕事の負担に偏りがあると、チームワークにデメリットを感じ、苦手意識が高まるでしょう。

ひとりで進めるほうが楽だと感じる

仕事の処理は仲間と進めるよりも、ひとりで進めるほうが楽だと感じている人は、チームワークに苦手意識を持ちやすいです。

たとえば、仕事の能力が高い人は、周りに頼るよりも自分で作業を進めるほうが早いと感じやすいでしょう。

チームで足並みを揃えて仕事に取り組むよりも、個人で進めるほうが楽だと感じる機会が多いと、チームワークに苦手意識を感じる原因になります。

信頼関係ができていない

チームで信頼関係が築けていない場合は、チームワークを億劫に感じやすいでしょう。

お互いに支え合える関係性ではないため、相手を尊敬できず、仕事を円滑に進めることが難しくなります。

仕事に対するモチベーションも低下してしまい、チームにストレスも感じやすくなるため、苦手意識が高まりやすくなります。

報連相を面倒に感じる

チームワークの活性化には、報告や連絡、相談を意識したコミュニケーションが必要不可欠です。

ただし、仕事の責任感が足りない場合や、仕事のミスやトラブルが多い場合は、上司やメンバーと共有することを面倒に感じやすいです。

意思疎通を図ることに手間を感じると、チームワークに苦手意識を持つ原因につながります。

仕事におけるチームワークの苦手を克服するメリット

チームワークの苦手意識を克服できると、組織とメンバーの両方に恩恵があります。

仕事におけるチームワークの苦手を克服するメリットを見ていきましょう。

仕事の生産性をあげられる

チームワークが高まると、報連相やコミュニケーションが活性化して無駄な作業が削減されます。
トラブルが起きたとしても、チームで連携を取りながら素早く対処しやすくなるでしょう。

チームワークの苦手を克服すると、仕事の生産性があがり、全体のミスを減らす効果が期待できます。

周りからの評価を高められる

チームに貢献する意識が高まると、上司や同僚からの評価が上がりやすくなります。

「あの人に任せると間違いない」という信頼感を得られるため、職場において重要な仕事や役割を担いやすくなります。

チームワークを発揮することは、メンバーの能力を最大限に引き出しやすくなるなど、組織にとってもメリットがあります。

仕事の充実感を得られる

チームで信頼関係が構築できると、職場の人間関係が良好になりやすいです。

仲間のために仕事をサポートするなど、ともに苦労を乗り越えながら働くことができます。

仕事に充実感を得やすくなり、仕事の時間を有意義なものにできます。

仕事におけるチームワークの苦手を克服する方法

コミュニケーション活性化や作業効率化を図れる工夫を取り入れることは、チームの連携において大切なことです。

仕事におけるチームワークの苦手を克服する方法を見ていきましょう。

進捗状況を見える化する

進捗状況を見える形でまとめることで、チーム全体の状況が把握しやすくなります。

スケジュールや進捗状況を共有するには、ホワイトボードを用いたタスク管理や、共有データの作成などが有用です。

メンバーの仕事の進捗状況を把握することは、作業効率化にもつながります。

チームの役割分担を決める

メンバーの仕事を役割分担することは、チームがスムーズに機能することにつながります。

リーダーやサブリーダー、調整役などの役割を決めることで、仕事の負担が誰かひとりに偏ることを防げます。

仕事の役割があると、チーム内でどのような行動を取るべきなのか、意思決定や行動するときの基準にすることもできます。

会話の機会を増やす

意識的にコミュニケーションを増やすことで、メンバー同士の信頼関係が構築しやすくなります。

報告するときに軽い雑談を交わしたり、休憩時間にランチを一緒に食べたりする方法があげられます。

少しずつお互いの価値観を知ることで、相手に対する理解を深めることができます。

チームワークの苦手意識を克服する方法につながるでしょう。

ビジネスチャットで情報共有する

通話やチャットでやりとりができるビジネスチャットは、チームのコミュニケーション活性化に役立ちます。

仕事が忙しくコミュニケーション不足になりやすいときも、ビジネスチャットを使うことで報告や連絡の漏れを少なくすることができます。

上司に直接相談しづらい悩みがあるときも、チャットの機能を使って話す機会をつくることができます。

ビジネスチャットは、チームワークの苦手意識を解消しながら、チームワークの活性化にも役立つツールです。

仕事におけるチームワークの苦手克服にChatwork

チームの信頼関係が構築できていないと、連携をとることが難しくなり、チームワークに苦手意識を感じる原因につながります。

チームワークの苦手を克服するには、まずはメンバー同士で会話の機会を増やすことが重要です。

ビジネスチャット「Chatwork」は、コミュニケーション活性化に役立つツールです。

グループチャットを使えば、仕事全体のコミュニケーションコストを削減することができます。

チームワークの苦手意識を克服したいときは、仕事の報連相やコミュニケーション活性化にChatworkの導入をご検討ください。

Chatworkを始める(無料)

Chatwork(チャットワーク)は多くの企業に導入いただいているビジネスチャットです。あらゆる業種・職種で働く方のコミュニケーション円滑化・業務の効率化をご支援しています。

Chatwork新規登録
チームに足りないものはありませんか?
チームコミュニケーションの活性化

チームでの仕事には、コミュニケーションが必須です。

活発なコミュニケーションによって、チームメンバーが「意思疎通」できるようになるだけではなく、メンバー同士が「良好な関係性」を築き、チームとしての成果を最大化することにつながります。

一方、チームコミュニケーションを活性化するために、何から手をつければよいのか分からない方も多いのではないでしょうか。

本資料では、まずは簡単なチェックリストによって自分のチームの現状を把握した上で、「生産性」と「エンゲージメント」の2つの側面からチームコミュニケーションを活性化する手段をお伝えします。

ダウンロード
Chatwork

Chatwork

Chatworkのお役立ちコラム編集部です。 ワークスタイルの変化にともなう、働き方の変化や組織のあり方をはじめ、ビジネスコミュニケーションの方法や業務効率化の手段について発信していきます。

  • facebookシェアボタン
  • twiterシェアボタン
  • はてなブックマークボタン
  • pocketボタン

関連記事