リーダーシップとマネジメントの違いとは?必要スキルや習得方法も解説

業務効率化
AWAY

目次

リーダーシップとマネジメントは、仕事をするうえで重要なスキルですが、混同して使われることも多いスキルです。

リーダーシップとマネジメントは、求められる役割やスキルが異なります。

リーダーシップとマネジメントの違いについて、解説していきます。

リーダーシップとは

リーダーシップとは、目的を遂行するために、チームメンバーを導くスキルのことを指します。

リーダーシップを発揮できると、業務遂行、目的達成を目指すなかで、メンバーが自主的に行動することをうながせます。

業務遂行や目的達成のためには、達成するためのビジョンを明確にする必要があります。

そのためには、チームメンバー全員が同じ方向を向き、統率力のある組織になることが必要です。

リーダーシップをとるためには、チームをまとめるスキルだけでなく、問題が発生したときに迅速に解決するスキルも求められます。

問題が発生したときには、メンバーに解決を指示するのではなく、自身が主体となって解決へ導くことが重要です。

マネジメントとは

マネジメントとは、業務遂行や目的達成のために業務を管理・分析することです。

マネジメント(management)という英単語の直訳は、管理や経営という意味を持ちます。

vマネジメントとは、業務の目的達成のための組織管理を目的としたスキルのことで、メンバーのスキルを分析し、適材適所に配置したり、業務計画と実務の進捗状況に問題はないかなどを分析する役割を担います。

また、マネジメントは「チームメンバー」の単位ではなく、「組織」という大きなくくりで活動するため、法令遵守の促進や組織に有益な活動を取り入れるなどの役割も担います。

リーダーシップとマネジメントの違い

リーダーシップとマネジメントは、目的達成のために管理するのがチームメンバーか組織かという違いがあります。

またリーダーシップとマネジメントは、さらに細かい点にも違いがあります。

 

担う役割の違い

リーダーシップが担う役割は、掲げたビジョンに対し、チームメンバーを導く方向性を定めることです。

方向性を定めたあとは、メンバーが自主的に行動できるようにサポートします。

リーダーシップを発揮する人は、メンバーを支配するのではなく、業務をスムーズに遂行できるように方向性を示すことが大切です。

一方でマネジメントが担う役割は、達成したい目標に対し、対象となる人物や事柄を管理することです。

目標を達成することがマネジメントの役割のため、目標達成までの進捗管理だけでなく、目標達成のために必要なメンバーのモチベーション管理なども役割のひとつです。

 

思考・スキルの違い

リーダーシップは、正しい方向へメンバーを導くという役割があり、誠実さや柔軟性というスキルも求められます。

そのため、リーダーシップを発揮する人が誠実で、メンバーから信頼されていないと、リーダーシップの役割を全うできなくなってしまいます。

また、目標達成のために計画が変更される場合や、トラブルが発生した場合は、柔軟に対応することも求められます。

マネジメントは、目標達成に必要とされる業務を管理する役割を担い、冷静な思考やリスク回避能力が求められます。

そのため、トラブルが起きた場合も感情的にならず、冷静に論理的に物事を分析し、業務計画を修正することが求められます。

マネジメントは、業務を管理するだけでなく、リスク回避のためにベストな業務計画を立てるスキルも求められます。

 

活躍する場面の違い

リーダーシップは、新規事業をはじめるときや、現在の事業を進展させたいときに役立つスキルです。

リーダーシップは、未来を見据えた長期的な視点を持ち、活動することが求められます。

そのため、未来へ向けたビジョンを掲げ、ビジョン達成のための業務改善や、新しい手法を採用しながら、事業を発展させていくことが必要とされます。

一方でマネジメントは、事業を成功させたいときに役立つスキルです。

成功を目指すのではなく、確実に成功させることを目的としています。

マネジメントは、現実をとらえ、短期的な視点で、活動することが求められます。

そのため、現実的な視点で事業の進捗や問題を把握し、ベストな進行ができるよう管理することや、物事を調整することが必要とされます。

リーダーシップとマネジメントに求められるスキル

リーダーシップとマネジメントは、担っている役割や求められるスキルも異なります。

共通して求められるスキルもあれば、リーダシップとマネジメントそれぞれに求められるスキルもあります。

それぞれのスキルについて解説します。

 

共通して求められるスキル

リーダーシップとマネジメントに共通して求められるスキルは、行動力や意志力、コミュニケーション力です。

まず、リーダーシップとマネジメントは、メンバーを率いる力や目標を達成させる力が必要です。

そのため、強い意志を持ち、役割を果たすことが必要となります。

さらに、トラブル発生時に主体的に取り組むことや、計画の修正などをおこなう必要もあるため、行動力や決断力といったスキルも求められます。

いずれのスキルも、コミュニケーション力がなければ存分に発揮することはできません。

たとえば、目標を達成するという意志を貫くには、メンバーを鼓舞することや、改善案を伝えるなどのコミュニケーションが欠かせないからです。

 

リーダーシップをとるのに求められるスキル

リーダーシップをとる人には、適切な目標を設定する力やカリスマ性といったスキルも求められます。

適切な目標設定ができていないと、メンバーのモチベーションが低下する恐れがあるでしょう。

また、ビジョン実現に必要な業務量や業務内容の見極め、メンバーのモチベーションを維持することも求められます。

メンバーに方向性を示し、その方向へ導くこともリーダーシップをとる人の役割です。

 

マネジメントするのに求められるスキル

マネジメントする人には、実現可能な計画を作成する力や、進捗管理能力といったスキルも求められます。

マネジメントは、目標達成のために計画を立て、計画どおりに業務が進行するよう進捗を管理するという役割を担います。

目標達成のために過重労働を強いるような計画を立てたり、予算を大幅に超えるような資金計画を作ったりすることがないように管理することが求められます。

また、計画どおりに業務が進行できるようメンバーを適材適所に配置したり、必要であれば計画の調整をおこなったりすることも重要な役割です。

リーダーシップとマネジメントのスキル習得方法

リーダーシップとマネジメントのスキルを習得する方法はさまざまです。

スキルを習得するために、取り組みやすい方法を試してみてください。

 

研修や講座を受ける

研修や講座で、リーダーシップとマネジメントスキルの習得が可能です。

企業によっては、勤務年数が長い社員を対象に、リーダーシップやマネジメントを学べる研修をおこなうこともあります。

リーダーシップやマネジメントスキルを学べる講座を開講している企業は多数あるため、自社で開講してない場合も受講することは可能です。

 

e-ラーニングで学習する

スキルを習得するために、e-ラーニングを利用する方法もあります。

e-ラーニングとは、インターネット環境とPCやスマートフォンなどの機器があれば、繰り返し学習できるシステムのことです。

e-ラーニングは、業務の合間など、自分の都合がいいときに学習できるメリットがあります。

また、テキストを用いないため、学習のための準備の手間がかからない点は、企業にとってメリットでしょう。

 

関係する書籍を読む

リーダーシップやマネジメントのスキルを習得する方法は、企業に頼るだけではありません。

自身でリーダーシップやマネジメントに関わる書籍を読むことも、スキルの習得に役立ちます。

理解しやすそうだと思う書籍を手に取ってみたり、インターネットで評価の高い書籍を探してみたり、自分にあったスタイルでスキルを習得することができます。

 

コーチングを受けスキルを体験する

相談者が抱えている課題の解決方法を、相談者自らが発見できるようにサポートする手法のことをコーチングと呼びます。

コーチングのスキルは、リーダーシップやマネジメントに必要なスキルのため、実際にコーチングを体験することも習得のうえで有用です。

実際にコーチングを受けることは、研修や書籍では得られなかった「体験」として自身の力になるため、よりリアルにスキルを理解することにつながります。

 

実務経験を積む

スキルを習得するためには、実務経験を積むことも大切です。

リーダーシップとマネジメントに必要なスキルは、研修や書籍で学ぶだけでは十分ではありません。

なぜなら、頭で理解したつもりでも、実際にイレギュラーな事態が起こった場合、教科書通りに対処できるとは限らないからです。

研修や書籍などで理解したスキルを習得することや、イレギュラーな事態に対応できるようになるためにも、実務経験を積むことは必要です。

リーダーシップとマネジメント能力の発揮にChatwork

リーダーシップにはビジョンを掲げ、メンバーを導くという役割があり、マネジメントには、目標達成のために計画を立て進捗管理するという役割があります。

リーダーシップもマネジメントも、役割や必要な思考、スキルに違いはありますが、それぞれ目標達成のためには欠かせない役割です。

目標達成にはリーダーシップとマネジメント能力を発揮することが求められますが、そのためにビジネスチャット「Chatwork」の活用が有用です。

Chatworkはチャット形式でメッセージを送ることができます。

メッセージを送る相手も個人からチームメンバーを集めたグループまで、また業務に応じてグループチャットを作成することもできます。

グループチャットで業務の進捗を全員で共有することができるため、目標達成に向けて全員の足並みや方向性を揃えることが可能になります。

リーダーシップとマネジメント能力を発揮し、目標を達成するためにも、Chatworkをぜひご活用ください。

Chatworkを始める(無料)

Chatwork(チャットワーク)は30万社以上の企業に導入いただいているビジネスチャットです。あらゆる業種・職種で働く方のコミュニケーション円滑化・業務の効率化をご支援しています。

Chatwork新規登録
よりよいチームをつくりたい方へ
実力派リーダーを目指す人のチームマネジメント

チームをマネジメントする立場の方に、身につけておきたいスキルや活用したい取り組み、マネジメントに役立つツールを紹介します。

主な内容

  • チームマネジメントとは
  • リーダーが身につけたい「スキル5選」
  • テレワーク時代に実践したい「3つの取り組み」

ダウンロード
Chatwork

Chatwork

Chatworkの中の人です。お役立ちコラムの編集者として、ワークスタイルの変化に伴うコミュニケーションと組織のあり方など発信していきます。

関連記事