人材管理とは?人材管理の仕事内容やメリット・課題について解説

公開日: 更新日:
業務効率化
  • facebookシェアボタン
  • twiterシェアボタン
  • はてなブックマークボタン
  • pocketボタン
人材管理とは?人材管理の仕事内容やメリット・課題について解説

目次

人材管理の仕事は、人材の採用や評価、育成など、社員の管理に関わる重要な役割を担います。

ただ、現場で人材管理を進める際に、課題を抱えてしまい、思うように対応が進まない場面もあるかもしれません。

人材管理の効率化を図るためには、どのようなツールやシステムを導入するとよいのでしょうか。

人材管理の仕事内容やメリット・課題の改善方法について解説します。

人材管理とは?

人材管理部門の役割は、社員ひとり一人の情報を管理し、能力を活かせるように適切にサポートすることがあげられます。

たとえば、人材育成・採用・配置・異動・評価などが人材管理の仕事内容としてあげられます。

事業活動を円滑に進めるには、社員が安心して仕事に取り組める仕組みを整備する必要があり、その役割を担うのが人材管理部門です。

人材管理と人事・労務管理との違い

人材管理の仕事は、人材の評価・育成・採用・配置など、「社員に関わる管理」です。

一方、労務管理の仕事は「職場の労働環境を整える管理」です。

職場で働く人を管理する仕事が人材管理、職場の環境を支える仕事が労務管理という違いがあげられます。

人材管理の仕事内容:人材育成

社員のキャリアアップを図るには、社員の人材育成が欠かせません。

社員個人のスキルやマネジメント力が向上することは、企業に貢献できる人材の育成につながります。

社内の教育体制を整える方法の一例は、下記のとおりです。

  • 外部の機関から研修サービスを取り入れる
  • 資格が取得できる研修や制度を整える
  • 新入社員の教育にOJT研修などを取り入れる

人材育成をおこなうことで、仕事の能力向上やコミュニケーション能力向上につながるため、社内でさまざまな教育方法を検討し、実践することが大切です。

人材管理の仕事内容:人材採用

新卒採用や中途採用は、人材管理の重要な仕事です。

企業の未来を担う人材を雇用するために、事業計画を確認しながら、採用計画や採用方針を考える必要があります。

人材採用に関わる仕事内容の一例は、下記のとおりです。

  • 求人の掲載
  • 応募者の選定
  • 面接の準備
  • 採用に関わる手続き

求人の掲載には、人材紹介サービスなどを活用しながら、競合他社の求人内容の確認も事前に進めておくことが大切です。

担当者は、どのような人材が必要なのか、求められるスキルは何かなど、各部署の管理職から情報収集をおこなう必要もあります。

人材管理の仕事内容:人材配置・異動

新入社員や中途社員を、適正に応じてどの部署に配置するかを検討することも、人材管理の仕事のひとつです。

異動後の部署で人手不足が予想されるときは、新しい人材の確保を進める方法を検討する必要もあります。

配置先や異動先の部署の社員と相談し、人材の能力を最大限に発揮できる場所を慎重に選んでいく必要があります。

人材管理の仕事内容:人材評価

仕事の成果を測る評価制度の整備は、人材管理の重要な仕事内容です。

昇給・昇格・インセンティブなど、適切で公正な評価制度が整っていることは、社員のモチベーション維持にもつながります。

社員が長く働きたいと思える職場づくりを進めることは、離職者を増やさないためにも重要なことです。

人材評価の方法として、目標管理制度・360度評価などの評価方法を取り入れながら、社員に不満感を与えない評価制度を整える必要があります。

人材管理に取り組むメリットや目的

職場の環境づくりや経営の安定化には、人材管理を適切に進めることが重要です。

人材管理に取り組むメリットや、人材管理の目的を見ていきましょう。

人材の能力を発揮しやすい職場になる

社員が高いパフォーマンスを出すためには、適切な評価制度、成長できる教育制度の整備など、働きやすい環境を整えることが重要です。

人材管理は、企業の経営戦略にもつなげる目的で実施されており、社員の能力を最大限に引き出せるため、組織と社員の両方にメリットがあります。

長期的な経営の安定化につなげる

人材管理には、社会のグローバル化や労働人口の変化を見据え、時代の流れに対応した運営が求められます。

たとえば、国際的な人材を雇用したり、業務委託でフリーランスと協同したり、多様な働き方に適応できる事業体制を整えることも大切です。

経営を長期的に継続させるという目的だけでなく、柔軟な人材管理や雇用を進めることで、顧客の多様なニーズに応えられる事業につながることも期待できます。

人材管理で解決を目指したい課題

人材管理を進める際に、解決を目指したい課題について見ていきましょう。

人材の情報をまとめて管理できていない

部署ごとに社員情報が保管されている場合、組織運営に活かすことが難しくなります。

たとえば、個人情報やスキル、人事評価や勤怠管理など、人材に関わる情報が個別に管理されている状況が当てはまります。

古い情報から新しい情報まで、さまざまな情報の一元管理を進めるために、システムを導入するなど、効率的に人材管理を進める必要があります。

管理システムの導入にコストがかかる

管理システムの導入を進めたいものの、コストがかかることから、導入が難しい場合もあります。

費用や運用にかかるコストをおさえたい場合は、クラウド型のシステムがおすすめです。

ただし、取りあつかうときのセキュリティの問題、担当者のセキュリティに対する意識の問題など、社内で教育が必要になる場合もあります。

人材に対して柔軟な対応が求められる

人材管理は、グローバル化や労働人口の変化など、多様な働き方に対応することも重要です。

ただ、グローバル人材の確保や英語研修など、多様な働き方に対応するために必要な社内制度の整備が不十分な場合、スムーズに対応できないという課題もあります。

社員を採用する方法だけではなく、別の企業や個人と協同して仕事にとりくむコラボレーションワークなどの推進も必要です。

人材管理にとりくむポイントと方法

社員の能力を最大限に引き出すためには、システムの導入と運用が重要です。

人材管理にとりくむポイントと方法について見ていきましょう。

クラウド型の管理システムを導入する

社員の情報を一元管理する際に、比較的コストがおさえられ、導入が進めやすいクラウド型のシステムがおすすめです。

クラウド型はインターネット環境があれば、場所を問わずに運用を進めることができます。

ほかにも、オンプレミス型・パッケージ型の種類がありますが、コストや導入手順を考慮すると、クラウド型が使いやすいタイプといえます。

新しい研修・制度を導入する

人材育成・評価などを適切に進めるためには、社員や組織の成長につながる研修や制度の導入・運用が求められます。

たとえば、新入社員や中堅社員のスキル向上のために資格取得の制度を導入したり、インセンティブ制度で成果を出した人に報酬を与えたりするなど、社員のスキルアップやモチベーション維持につながる内容がいいでしょう。

社内の課題を見つめ直し、現場の意見を取り入れながら、改善につなげましょう。

バックオフィスサービスを使う

人材不足をはじめ、仕事量の負担を軽減するには、裏方の事務全般をサポートしてもらえるバックオフィスサービスの利用もおすすめです。

バックオフィス業務を効率化できるシステムの導入だけでなく、人材管理の仕事をアウトソーシングするという方法もあります。

人件費などのコスト削減につながる効果も期待することができます。

タレントマネジメントを取り入れる

タレント(企業の社員)の能力を最大限に引き出すために、戦略的にマネジメントにとりくむことを「タレントマネジメント」と呼びます。

社会情勢の変化、多様な価値観をもつ人材の確保、労働市場の変化など、企業の人材管理は時代に合わせて変化していくことが大切です。

人材管理のコミュニケーションツールにChatwork

人材管理には、人材育成・採用・配置・異動・評価など、企業経営に関わる重要な仕事内容が多くあげられます。

社員が「働きやすい」と感じる職場を目指すためにも、人材管理を適切に進められる制度やシステムの導入が必要です。

人材管理の仕事で、社員や各部署の管理職と円滑にコミュニケーションを進める際に、ビジネスチャットを活用することで業務連絡を効率化することができます。

ビジネスチャット「Chatwork」は、クラウド型のサービスで、操作方法や画面がシンプルで使いやすい点が特徴です。

人材管理のコミュニケーションツールとして、ぜひ「Chatwork」をご活用ください。

Chatworkを始める(無料)

Chatwork(チャットワーク)は多くの企業に導入いただいているビジネスチャットです。あらゆる業種・職種で働く方のコミュニケーション円滑化・業務の効率化をご支援しています。

Chatwork新規登録
コミュニケーションを効率化したい方へ
自社に合うツールが見つかる「コミュニケーション診断」

組織ではさまざまな「連絡ツール」が使われています。使いこなしや効率化に悩む方は多いのではないでしょうか。 『コミュニケーション診断テスト』で、自社のコミュニケーションの課題を理解し、効率化のヒントを知りましょう。

【主な内容】

  • 会社で利用されている「連絡ツール」を理解する
  • 診断テストで会社の現状を把握する
  • 自社にあった「連絡ツール」を活用する

ダウンロード
Chatwork

Chatwork

Chatworkのお役立ちコラム編集部です。 ワークスタイルの変化にともなう、働き方の変化や組織のあり方をはじめ、ビジネスコミュニケーションの方法や業務効率化の手段について発信していきます。

  • facebookシェアボタン
  • twiterシェアボタン
  • はてなブックマークボタン
  • pocketボタン

関連記事