コスト削減のアイデアとは?経費削減の企業事例と実践のポイントを解説

公開日: 更新日:
業務効率化
  • facebookシェアボタン
  • Xシェアボタン
  • はてなブックマークボタン
  • pocketボタン
コスト削減のアイデアとは?経費削減の企業事例と実践のポイントを解説

目次

コスト削減を進めるときは、初期費用のかからない方法や固定費の削減から始めることが大切です。

無駄な経費を削減できると、長期的な経営の安定化につなげられます。

社内で実践するときにどのようなアイデアがあるのか、内容を知りたいと感じている方も多いのではないでしょうか。

アイデアを有効活用するためにも、コスト削減の事例と実践するときのポイントを解説します。

コスト削減にとりくむ目的とは?

コスト削減は、企業の事業活動における余分な経費を削減するために実施します。

できる限り経費を抑えることで、事業活動における利益を最大限に増やせるでしょう。

また、無駄なコストを省く過程で事業活動の見直しができるため、生産性の向上につながる効果が期待できます。

企業が実践できるコスト削減のアイデア一覧

企業が実践できるコスト削減のアイデア一覧を見ていきましょう。

光熱費・通信費の契約を変更する

光熱費・通信費の契約は、定期的に見直すことで、事業活動の継続にかかる固定費を抑えられます。

法人割引が適用されるプランをはじめ、ポイントが付与される内容もあるため、上手に有効活用しましょう。

たとえば、光熱費の節約方法として、照明を長期的に使えるLED電球に変更する方法や、古いエアコンを新しい製品に変える方法もあり、全体の経費を削減する効果が期待できます。

印刷・電気・水道代の節約を徹底する

社員にもコスト削減の意識を高めてもらえるように、社内で周知を進めましょう。

オフィスの電気をこまめに消したり、水道の蛇口を流し続けたりしないなど、小さな積み重ねが経費削減につながります。

また、重要でない書類を印刷するときは、白黒印刷に設定して裏紙を使うなど、職場全体で実践をしてみてください。

交通費を最小限に抑える

社員の通勤にかかる交通費は、最短距離で申請してもらいましょう。

定期代は、3・6ヶ月分のまとめ買いで対応してもらう方法もあります。

出張費用にかかる交通費も、出張パックやビジネスプランを選んでもらうなど、できる限り経費を抑えられる方法を採用しましょう。

オフィス賃料・広告宣伝費の見直しを検討する

オフィス賃料がかかりすぎているときは、移転することも視野に入れましょう。

テレワークやフリーアドレスを導入して、オフィススペースを縮小する方法もあげられます。

また、事業活動のターゲット層に合わせて別の広告に変更できないか、費用に見合う効果が出ているのかなど、再検討することで大幅な経費削減に期待できるでしょう。

バックオフィス業務をアウトソーシングする

アウトソーシングを利用することで、長期的な視点で見たときに、人件費を削減する効果が期待できます。

たとえば、総務・経理・人事などのバックオフィス業務は、業務の一部を外部サービスに委託することが可能です。

また、社員の仕事時間を確保したり、長時間労働を予防したりできるなど、社内の作業効率化や生産性の向上につながります。

クラウド型のツールを導入してDX化を図る

クラウド型のツールには、ビジネスチャットや電子契約のツール、会計システムなどがあげられます。

長期的な視点で見たときに、DX化は作業工程を省く効果が期待できたり、ペーパーレス化で備品の削減につながったりするなど、社内全体のコスト削減に期待できるでしょう。

クラウド型のツールは、インターネット環境があれば場所を問わずに利用できるため、テレワークの準備を進める方法としても役立ちます。

消耗品費の節約・中古品の購入を検討する

仕事に使うボールペンなどの消耗品費は、まとめ買いの対応で価格が安くなる場合もあります。

また、OA機器・通信機器・社用車などを中古品で購入したり、リースやレンタル利用したりするなど、削減できるポイントがないか検討してみましょう。

補助金・給付金を活用する

事業活動の内容に合わせて、国の補助金・給付金で利用できるものがあれば申請してみましょう。

たとえば、下記の一例があげられます。

  • IT導入補助金
  • ものづくり補助金
  • 事業承継補助金

費用の補填ができるため、社内のDX化の推進や新しい事業活動を始めたいときにも役立ちます。

コスト削減のポイントと注意点

コスト削減のポイントと注意点を見ていきましょう。

固定費の削減を優先する

経費には、売上高に左右されない人件費・光熱費などの固定費、売上高に合わせて増減する原材料費・販売手数料などの変動費があげられます。

変動費の削減を進めたいときは、取引先に価格交渉を進める必要が出てくるため、削減が難しい可能性もあるでしょう。

まずは、削減を進めやすい固定費から優先的にとりかかる方法がおすすめです。

コスト全体を見える化・整理する

企業の事業活動において、経費の一覧を並べて数字で見える化することが重要です。

どの部分にどのくらいの経費が使われているのか、コスト全体を整理することで、費用がかかるポイントや削減すべき項目を検討できます。

目標の数値を決めて社内共有する

社内全体でコスト削減の意識を高めるためにも、目標の数値を決めて社員に共有しましょう。

「半年先までに経費を〇%削減する」など、具体的な目安を決めることで、社員の行動をうながす工夫につながります。

現場の負荷が重くならない方法を取り入れる

社員には、コスト削減を何のためにするのかをきちんと説明し、現場の意見や負担を無視しないよう注意しながら、行動をうながす配慮が必要です。

コスト削減で無理な目標を掲げると、社員のモチベーションを下げる要因につながるため、現実的な目標を立てましょう。

企業におけるコスト削減の事例

各業界におけるコスト削減の事例を見ていきましょう。

製造・物流業界

製造業では、工場内の光熱費を抑えるために、LED照明や省エネ効果が期待できる空調機器を導入することで、長期的にかかる経費の削減を実現しています。

初期費用がかかる方法では、ロボットを導入する方法で人件費の削減を実現している例もあげられるでしょう。

物流に関わる業務に関しては、アウトソーシングや拠点をまとめる方法で、経費削減を進める事例などがあります。

医療業界

医療業界では、医療関係の備品・薬剤の在庫管理を徹底して、過剰在庫や期限切れによる廃棄を削減しています。

また、医薬分業で病院外に調剤薬局を設けてもらうなど、全体の作業効率化と生産性の向上を図る仕組みを導入している流れです。

光熱費・水道費・損害保険・委託料の見直しなど、運営にかかる細やかな部分まで見直すことで、全体の経費削減につなげています。

コスト削減の推進にChatworkを導入

コスト削減のアイデアは、固定費を削減する方向性から始めるようにしましょう。

また、社内に向けて経費削減の意識を高めるように働きかけることも大切です。

ビジネスチャット「Chatwork」は、メールや電話に比べてチャット形式でやりとりができるため作業効率が向上するうえ、DX化推進にもつながります。

社内全体のコミュニケーションコスト削減にもつながるため、コスト削減のアイデアのひとつとして「Chatwork」の活用をご検討ください。

  今すぐChatworkを始める(無料)

Chatwork(チャットワーク)は多くの企業に導入いただいているビジネスチャットです。あらゆる業種・職種で働く方のコミュニケーション円滑化・業務の効率化をご支援しています。

Chatwork新規登録

業務効率化の方法を検討中の方におすすめの資料
業務効率化ツール一覧
ダウンロード
Chatwork

Chatwork

Chatworkのお役立ちコラム編集部です。 ワークスタイルの変化にともなう、働き方の変化や組織のあり方をはじめ、ビジネスコミュニケーションの方法や業務効率化の手段について発信していきます。

  • facebookシェアボタン
  • Xシェアボタン
  • はてなブックマークボタン
  • pocketボタン

関連記事