オンラインマネジメントとは?背景やメリット、効果的に進める方法を解説

業務効率化
  • facebookシェアボタン
  • twiterシェアボタン
  • はてなブックマークボタン
  • pocketボタン
AWAY

目次

オンラインマネジメントとは、従業員のマネジメントをオンラインで実施することです。

テレワークの普及により、部下の管理を進めるときにオンラインでマネジメントをする機会が増えた背景があります。

部下とコミュニケーションを図ることで、仕事のモチベーションを向上させる効果が期待できるでしょう。

オンラインマネジメントのメリット、効果的に進める方法を解説します。

オンラインマネジメントとは?

オンラインマネジメントとは、従業員のマネジメントをオンラインで実施することです。

テレワークの導入にともない、部下の様子をオンラインのツールを活用して、マネジメントする必要性が出てきました。

部下の様子を見守るだけでなく、体や心の面で不調を感じていないかなど、仕事が円滑に進められるように部署全体をサポートしていきます。

オンラインマネジメントが注目される背景

社会情勢の影響や業務のデジタル化により、従業員の働き方が変化しています。

オンラインマネジメントが注目される背景について見ていきましょう。

テレワークの普及と働き方の多様化

新型コロナウイルス感染症の影響もあり、テレワークを導入する企業が増えました。

遠方で働く部下を管理するには、オンラインのツールを活用してマネジメントする必要があります。

また、フレックスタイムや時短勤務で働く従業員や、業務委託のフリーランスと一緒に働く機会があるなど、働き方の多様化により、マネジメントの幅が広がっている背景があります。

オンラインマネジメントのメリット

オンラインマネジメントを実施するメリットについて見ていきましょう。

部下のモチベーション維持に役立つ

オンラインマネジメントでコミュニケーションを図ることで、定期的に交流する機会ができるため、一緒に仕事をしている実感をもちやすくなるでしょう。

出社する働き方に慣れている人にとっては、テレワークで作業を進めることに慣れず、仕事の効率がかえって低下することがあります。

オンライン面談や会議で定期的に交流することで、部下のモチベーションを引き出す言葉をかけやすくなります。

質問・相談がしやすい雰囲気ができる

オンラインマネジメントは、従業員同士のコミュニケーションを活性化できるため、連携をとりやすくなる効果が期待できます。

たとえば、1on1や朝礼・夕礼のあいさつの機会を設けることで、部下と交流する機会をつくれるでしょう。

部下にとっては、仕事に関わる質問や相談をしやすくなるなど、テレワークにおけるコミュニケーション不足の課題をカバーしやすくなります。

仕事の様子を把握しやすくなる

オンラインのツールを使って、定期的にコミュニケーションを図ることで、部下のメンタル面に関わるサポートや声かけをしやすくなります。

テレワークでは、真面目な従業員は仕事を抱え込みすぎてしまい、上司が知らないところで残業を続けてしまうケースがあるかもしれません。

オンラインマネジメントをすることで、部下の様子を把握しやすくなり、部下が悩みを抱える前に対処しやすくなります。

オンラインマネジメントが難しいと感じる理由

リモートワークは、マネジメントの仕方が変わるため、慣れるまでは難しいと感じてしまうことがあります。

オンラインマネジメントが難しい理由について見ていきましょう。

信頼関係が築けていない

テレワークでは、上司から部下に対してコミュニケーションを図らないと、会話の機会が減って信頼関係を築けなくなります。

また、上司が部下を信頼できていないと、仕事を監視する体制になることがあるでしょう。

コミュニケーション不足に陥ると、チームに緊張感が生まれてしまい、信頼関係が構築できず、仕事が円滑に進められない原因になります。

労務管理・評価の方法が変わる

出社する働き方とは違い、テレワークでは労働時間や安全管理、評価など、マネジメントに対する対応が変わってきます。

テレワークの労務管理や評価は、ITツールを活用して記録を残すことが大切ですが、上司のITスキルによっては、スムーズな対応が難しくなるケースが考えられるでしょう。

また、仕事のプロセスが見えづらくなるため、結果に注目した評価方法を採用するなど、従来の評価方法と違い慣れないと感じることがあります。

オンラインマネジメントの方法

テレワークでオンラインマネジメントを実施するときは、部下を信頼することが大切です。

オンラインマネジメントの方法を見ていきましょう。

仕事のフィードバックを実施する

部下のモチベーションを下げないためにも、定期的に仕事のフィードバックを送りましょう。

ネガティブなフィードバックを伝えるときは、文章で送ってしまうと誤解を招いてしまうことがあるので、ビデオ通話で伝えるように配慮するのが賢明です。

ポジティブなフィードバックとともに伝えることで、部下の気持ちに配慮した伝え方ができます。

定期的に1on1を実施する

上司から部下に1on1を設けることで、仲間の前では相談しづらい悩みを打ち明ける機会がつくれます。

リモートワークにおいてやりづらいと感じている部分はないか、仕事で課題を感じているポイントはないのかなど、雑談を交えて本音を探っていきましょう。

たとえば、毎日5分間の1on1を設けることで、円滑なコミュニケーションを図っている企業事例が見かけられました。

仕事の状況に合わせて、部下の負担にならない範囲でとりいれてみましょう。

オンラインマネジメントツールを活用する

仕事の様子を見える化する工夫として、オンラインマネジメントに関わるツールを活用しましょう。

たとえば、ビジネスチャットのビデオ通話を活用して、朝礼と夕礼のあいさつをすることで、部下の様子を見ながら情報共有ができます。

クラウドツールを活用することで、労働時間や仕事に関する記録を残せるだけでなく、仕事のノウハウやプロジェクト管理の内容を把握しやすくなるでしょう。

作業内容・進捗状況を見える化する

オンラインマネジメントでは、仕事全体の流れをスムーズにするために、部署全体の作業内容や進捗状況を見える化する必要があります。

オンラインで共有できるクラウド型のツールを活用することで、テレワークでも簡単に内容を確認できて情報共有の流れを効率化できます。

また、情報が埋もれてしまわないためには、タスク化して管理する方法がおすすめです。

仕事の作業内容や進捗状況の記録を残すことで、部下を評価するときの参考にできます。

オンラインマネジメントを成功させるポイント

オンラインマネジメントを成功させるときに、意識したいポイントを見ていきましょう。

部下を褒める言葉を投げかける

テレワークでは、仕事の成果が見えづらくなることがあるため、上司から部下に声をかけて褒めることが大切です。

ひとりで作業を進めていると、仕事のモチベーションが低下することがありますが、上司に認められていると感じると、部下のやる気を維持できる工夫につながります。

「ありがとう」「迅速な対応で助かる」など、何か褒めるポイントがあるときは、短い言葉でも構わないので、積極的に伝えてみてください。

仕事の評価は結果を大切にする

テレワークは仕事の過程が見えづらいため、基本的には成果重視で評価する方法が適しています。

仕事のプロセスを評価する方法と併用するときは、定期的なオンライン面談で聞きとる機会を設けて、部下の様子や仕事ぶりを把握しましょう。

上司によって評価にバラつきがないように、評価する項目を決めて統一することが大切です。

オンラインマネジメントにChatworkを活用

オンラインマネジメントでは、部下とコミュニケーションを図りながら、信頼関係を築く工夫が必要です。

定期的にオンライン面談を実施したり、フィードバックをしたりするなど、ツールを活用して交流する機会を設けましょう。

オンラインマネジメントに関するツールには、ビジネスチャット「Chatwork」を活用する方法がおすすめです。

「Chatwork」はやりとりに絵文字やリアクション機能が使えるため、気軽にコミュニケーションをおこなえます。

ビデオ通話機能も備わっているので、1on1の実施にも活用できます。

オンラインマネジメントのツールとして、ぜひ「Chatwork」をご活用ください。

Chatworkを始める(無料)

Chatwork(チャットワーク)は30万社以上の企業に導入いただいているビジネスチャットです。あらゆる業種・職種で働く方のコミュニケーション円滑化・業務の効率化をご支援しています。

Chatwork新規登録
よりよいチームをつくりたい方へ
実力派リーダーを目指す人のチームマネジメント

チームをマネジメントする立場の方に、身につけておきたいスキルや活用したい取り組み、マネジメントに役立つツールを紹介します。

主な内容

  • チームマネジメントとは
  • リーダーが身につけたい「スキル5選」
  • テレワーク時代に実践したい「3つの取り組み」

ダウンロード
Chatwork

Chatwork

Chatworkのお役立ちコラム編集部です。 ワークスタイルの変化にともなう、働き方の変化や組織のあり方をはじめ、ビジネスコミュニケーションの方法や業務効率化の手段について発信していきます。

  • facebookシェアボタン
  • twiterシェアボタン
  • はてなブックマークボタン
  • pocketボタン

関連記事