プレスリリースとは?効果や構成、書き方のポイント、配信方法を解説

業務効率化
  • facebookシェアボタン
  • twiterシェアボタン
  • はてなブックマークボタン
  • pocketボタン
AWAY

目次

広報活動は、企業にとって欠かせない活動のひとつです。

この記事では、プレスリリースの言葉の意味や種類、メリットや効果、書き方のポイントについてわかりやすく解説します。

プレスリリースの基本的な構成や、配信方法についても紹介します。

プレスリリースとは

プレスリリースとは、マスコミなどの報道機関向けに企業の情報をまとめた文章や資料のことです。

プレスリリースを使ってマスコミなどに情報提供をおこない、自社ではない第三者的な立場から報道してもらうことにより、世間からの注目や信頼を得ることがプレスリリースの目的とされています。

ニュースリリースとの違い

プレスリリースと似た言葉として、「ニュースリリース」があります。

プレスリリースは、報道機関(プレス)向けに作成されるのに対し、ニュースリリースは報道機関に限らず、社会に幅広く情報発信するという点が異なります。

広告との違い

プレスリリースは、広告とも異なります。

広告は報道機関ではなく、消費者向けにおこなわれる情報発信です。

広告は、消費者に自社の商品やサービスを買ってもらうことを目的としている、という点でも違いがあります。

プレスリリースの種類

プレスリリースの種類としては、以下のようなものがあります。

  • 新商品の発売情報
  • 新サービスのリリース
  • 新規事業のスタート情報
  • 既存サービスのリニューアル
  • サービスや価格の変更
  • 合併や会社設立の情報
  • キャンペーンやイベント情報
  • 企業の業績
  • 企業の人事情報
  • 経営に関する企業情報

種類によって、構成や打ち出し方が異なるので、プレスリリースの内容に応じて臨機応変に対応するようにしましょう。

企業がプレスリリースを配信することの効果

企業がプレスリリースを配信することには、さまざまな効果があります。

具体的な効果について解説します。

費用対効果が高い

プレスリリースは、作成と配信にかかる時間や労力が少なく済むため、低コストで作成可能です。

低コストながら、幅広い層への情報発信や売上向上などといった、さまざまなメリットが得られるため、費用対効果が高いといえるでしょう。

テレビや新聞などへの広告出稿で、金銭的に高いコストがかかることと比較すると、プレスリリースの費用対効果の高さは魅力のひとつといえます。

幅広い層に情報を発信できる

プレスリリースは、報道やメディア関係者はもちろん自社の社員や家族、世間一般の人たちなど、幅広い層に情報発信が可能です。

プレスリリースは、報道機関から発表されるのと同じタイミングで、自社のホームページなどでも掲載することで、株主や取引先などのステークホルダーにも広く情報を発信できます。

ビジネスチャンスにつながる

プレスリリースによって、提携先を探している経営者や投資家にも情報を届けられます。

プレスリリースを出すことで、投資家に投資先として選んでもらえたり、業務提携の打診がきたりするなど、ビジネスチャンスにつながる可能性があります。

自社の新商品やサービスが魅力的なものであれば、プレスリリースは大きなアピールチャンスとなるでしょう。

売上につながる可能性がある

プレスリリースによって、広く自社の製品やサービスの情報が認知され、売上向上につながる可能性もあります。

企業の人事や経営に関する情報発信から、企業のブランドイメージを確立することで、一般消費者からの信頼を獲得することもできるでしょう。

消費者からの信頼があれば、数ある競合の商品やサービスのなかから自社を選んでもらえる可能性も高まります。

プレスリリースの基本的な構成

プレスリリースの基本的な構成を紹介します。

配信日

配信日は、ほとんどの場合ページの右上に記載されます。

メディアでは日々、数多くの情報が配信されており、情報の新しさも重視される時代です。

「この情報がいつのものなのか」を示す配信日は重要な情報なので、忘れないようにしましょう。

配信者(正式名称)

配信者である企業情報の表記も必要です。

略称は使わず、「株式会社○○」など正式名称を使います。

タイトル・見出し

何のプレスリリースなのか、一目でわかるようなタイトルをつけましょう。

見出しを入れる場合は、どのようなプレスリリースの内容なのか、要点がわかるような形で作成してください。

リード文

プレスリリースの内容について、すばやく情報の全体を把握できるように、リード文も必要です。

リード文では、プレスリリースの概要がわかりやすくまとまっていることが理想です。

本文

本文では、具体的なプレスリリースの情報をのせます。

必要に応じて、商品画像や業績内容をまとめたグラフなど、視覚的情報も使うとわかりやすいです。

問い合わせ先

問い合わせ先の記載も忘れないようにしましょう。

プレスリリースについての質問や、業務提携を希望する企業担当者などから連絡がくる可能性があります。

プレスリリースを書くときのポイント

プレスリリースを書くときのポイントを紹介します。

タイトルは端的にわかりやすく

タイトルは長くなりすぎないように、短い言葉で端的にわかりやすくするのがポイントです。

たとえば、スマートフォンで表示されることを想定すると、タイトルが長すぎると途中で切れてしまったり、改行されて読みにくくなってしまいます。

詳細の内容を知りたくなるような、インパクトのあるタイトルを意識しながら作成してみましょう。

5W1Hを意識する

プレスリリースの内容を書くときには、5W1Hを意識しましょう。

5W1Hとは、以下の5つの英単語の頭文字をとったものです。

  • When:いつ
  • Where:どこで
  • Who:だれが
  • What:何を
  • Why:なぜ
  • How:どのように

プレスリリースを書くときには、5W1Hの要素を入れて、わかりやすい文章となるようにしましょう。

です・ます調で統一する

プレスリリースは、語尾をです・ます調で統一するのが一般的です。

文章作成の基本としても、「です・ます調」と「だ・である調」は統一する必要があるため、混ざらないように注意しましょう。

数字を扱うときは正確かつ具体的にする

業績発表やキャンペーンの開催期間など、数字をプレスリリース内で使用する際には、正確かつ具体的に記載するようにしましょう。

たとえば「約30%」といったあいまいな表記よりも、「34.5%」と正確かつ具体的な数字を記載する方が、読者に与える信用度も高くなります。

画像や動画を活用する

プレスリリースでは、画像や動画を使うこともあります。

新商品のリリースに関するプレスリリースなどでは、言葉で説明するよりも、実際の画像や動画がある方が情報を伝えやすいケースもあるでしょう。

プレスリリースの配信方法

プレスリリースの配信方法について紹介します。

外部の配信サービスを利用する

プレスリリースの配信をおこなうウェブ配信サービスなど、外部の配信サービスを利用する方法があります。

外部の配信サービスを利用することで、配信サービスが契約している複数のニュースサイトに掲載できます。

各配信サービスに登録して、プレスリリースのテンプレートを使用して配信するのみのため、利用や作成が簡単なのもメリットです。

メディアに直接送る

新聞や雑誌社、ウェブメディアやテレビ局などの各種メディアに直接プレスリリースを送る方法もあります。

メディアに興味をもってもらえる内容であれば、取材依頼が来る可能性もあるでしょう。

自社が新聞やテレビにとりあげられれば、大きな宣伝効果を期待できます。

自社のメディアに掲載する

自社のメディアがある場合、自社メディアでプレスリリースを配信する方法もあります。

自社メディアであれば、すでに自社に興味のある人が見ている可能性が高く、プレスリリースにも興味をもって読んでもらえる可能性が高いでしょう。

プレスリリース作成に「Chatwork」を活用しよう

プレスリリースの配信は、自社の広報活動をおこなううえで重要なとりくみのひとつです。

プレスリリースを配信することで、幅広い層への情報発信が可能となり、ビジネスチャンスの獲得や売上向上といったメリットも期待できます。

プレスリリースを作成するためには、自社内の複数部署からの情報収集や、関係部署への原稿の確認が必要となることもあるでしょう。

幅広い情報収集や、関係者への効率的な確認依頼を実現させるためには、ビジネスチャット「Chatwork」の活用がおすすめです。

「Chatwork」は、チャット形式で気軽にやりとりができることにくわえ、グループチャット機能やタスク管理機能を活用することで、複数人で素早く情報共有することもできます。

タスク管理機能を活用して、プレスリリースの確認依頼をおこなうことで、納期切れや共有漏れがなくなり、効率的な進行管理が実現できるでしょう。

> Chatworkのタスク管理機能に関する記事はこちら

ビジネスチャット「Chatwork」は、無料で簡単に使いはじめることが可能です。

下部の「今すぐChatworkを始める(無料)」よりすぐに、手軽さを体験いただけます。

ビジネスチャット「Chatwork」をプレスリリース作成に活用しながら、プレスリリースを効率的に作成し、企業の情報発信に役立ててみてはいかがでしょうか。

今すぐChatworkを始める(無料)

Chatwork(チャットワーク)は30万社以上の企業に導入いただいているビジネスチャットです。あらゆる業種・職種で働く方のコミュニケーション円滑化・業務の効率化をご支援しています。

Chatwork新規登録
日常シーン別にビジネスチャットの使いどころがわかる!
こんな時、ビジネスチャットがあったら超便利!シーン別活用編

「ビジネスチャットは知っているが、日常的な業務における具体的な活用メリットが分からない・・・」そのような方に向けて、「ビジネスチャットによって業務の進め方がどう変わるか」「ビジネスチャットで何が便利になるのか」具体的な活用シーンを集めました。

日常業務のシーン別に、ビジネスチャットの活用イメージを広げるためにお役立てください。

ダウンロード
Chatwork

Chatwork

Chatworkのお役立ちコラム編集部です。 ワークスタイルの変化にともなう、働き方の変化や組織のあり方をはじめ、ビジネスコミュニケーションの方法や業務効率化の手段について発信していきます。

  • facebookシェアボタン
  • twiterシェアボタン
  • はてなブックマークボタン
  • pocketボタン

関連記事