カタルシス効果とは?例やメリット、ビジネスに役立つ活用方法を解説

業務効率化
  • facebookシェアボタン
  • twiterシェアボタン
  • はてなブックマークボタン
  • pocketボタン
AWAY

目次

カタルシスとは、心の浄化をあらわす言葉です。

言葉や行動で自己表現することで、心のなかにある感情を浄化する作用が働きます。

ビジネスシーンでも注目されており、上手に活用することで相手との信頼関係を築く工夫になるでしょう。

カタルシス効果の例やメリット、活用方法を解説します。

カタルシス効果とは?

カタルシスとは、心の浄化をあらわす言葉です。

心のなかにあるネガティブな感情に対して、言葉や行動で表現することで、ネガティブな感情を解放し安心感を得る効果が期待できます。

ビジネスの現場では、人間関係における信頼関係の構築やメンタルヘルスケアに活用されている内容です。

カタルシス効果の由来

カタルシスは、ギリシャ語で「浄化」という意味があります。

哲学者のアリストテレスの著書が由来になっているといわれています。

カタルシス効果の身近なシーン例

カタルシス効果の身近な例をみていきましょう。

芸術作品に触れるとき

芸術作品を見たときに心が動かされることがあります。

たとえば、本や映画、音楽などがあげられるでしょう。

芸術作品に感情移入することで、エネルギーをもらえるだけでなく、感動して涙を流してしまうこともあるかもしれません。

カタルシス効果には、芸術作品に触れて心が浄化されるといった例があります。

誰かに悩みを聞いてもらうとき

自分以外の人に悩みを打ち明けたとき、心のなかのモヤモヤがスッキリすることがあります。

つらい気持ちに共感してもらうことで、安心感が生まれ涙を流すこともあるでしょう。

心の浄化作用は、信頼できる人に相談して理解してもらえたときに起きやすくなります。

スポーツ・イベント観戦するとき

スポーツやイベント観戦するときも、カタルシス効果が得られると考えられています。

たとえば、スポーツ観戦の場合、観客と選手たちと盛り上がれるときに一体感が生まれて、感情を発散することで心の浄化作用が得られるでしょう。

また、自身でスポーツにとりくんで体を動かすことでも、カタルシス効果を得られる可能性があります。

カタルシス効果のメリット

カタルシス効果を活用することで、仕事や生活の質を向上できます。

カタルシス効果のメリットをみていきましょう。

自己表現ができる

創作活動に打ち込むことで、自己表現ができるためカタルシス効果を得やすくなります。

不安やストレスの感情を上手に発散できるだけでなく、自己表現のスキルや言葉で気持ちを伝えるコミュニケーションスキルを磨けるでしょう。

信頼関係が築きやすくなる

周りの人から相談を受けたときは、頭の片隅にカタルシス効果のことを意識しておくとよいでしょう。

相手の話をさえぎらず、素直な気持ちで話してもらうことで、相手は「話をしっかり聞いてもらえた」と満足感を得やすくなります。

また、相談した側は相手に安心感を覚えるので、今後の信頼関係が築きやすくなるメリットがあるでしょう。

ビジネスの現場で応用すると、上司と部下が信頼関係をつくるときに役立ちます。

メンタルヘルスケアにつながる

自分の感情を浄化できるカタルシス効果は、ストレスの緩和に期待できます。

言葉で感情を伝えて涙を流したり、安心感を得たりする行為は、心の健康維持においても重要です。

ビジネスの現場でカタルシス効果を活用できると、緊張感やストレスを緩和でき、メンタルヘルスケアにつながるでしょう。

カタルシス効果の活用に必要なスキル

カタルシス効果は、ビジネスの現場で活用できます。

カタルシス効果を発揮したいときに、必要なスキルをみていきましょう。

傾聴力

相手の話を聞く側が、カタルシス効果を引き出したいときは、自分の意見を言わずに耳を傾けることが大切です。

また、無理に話を聞き出そうとせず、相手の話したいペースで話してもらうことを意識しましょう。

とくにビジネスシーンでは、傾聴力のスキルを身につけることで、部下にとっても話しやすい雰囲気をつくることができます。

表現力

カタルシス効果を引き出すには、言葉や行動で相手に伝える表現力が必要です。

誰かに話を聞いてもらうときは、自分なりの言葉やジェスチャーで表現することで、心の浄化作用を引き出せるでしょう。

想像力

カタルシス効果を引き出す方法には、創作活動にとりくむ方法があります。

創作活動で表現するには、想像力が必要です。

芸術作品に触れる機会をつくるなど、さまざまな体験をとおすと想像力を高められるでしょう。

カタルシス効果を活用する際の注意点

カタルシス効果を引き出したいときに、注意したい点をみていきましょう。

自己開示を忘れない

信頼できる人に話を聞いてもらうときは、自分の気持ちを正直に伝えましょう。

心理学の言葉では自己開示と呼ばれており、相手との距離感を縮めたいときにも役立ちます。

ありのままの気持ちを伝えられないと、不満が残ってしまい、心の浄化作用を得にくくなるでしょう。

聞き上手になる

誰かのカタルシス効果を引き出したいときは、相手の話をさえぎらないことが大切です。

聞き上手になることで、相手は「話を聞いてもらえた」と満足感を抱き、カタルシス効果も得やすくなります。

また、相手の話したいことだけに触れて質問を投げかけるなど、相手にとって抵抗のある話は避けておくことが鉄則です。

ビジネスにおけるカタルシス効果の活用例

ビジネスでカタルシス効果を活用するときの例を見ていきましょう。

マーケティング分析に活かす

自社の商品を購入する顧客層について、どのような体験を得たいのか考えるときに役立ちます。

たとえば、商品を購入してストレスを解消したいというニーズを満たせるようにする、といった方法があげられるでしょう。

マーケティング分析に活かすときは、顧客の感情の動きを分析することも重要です。

新入社員の育成に活かす

社内で新入社員を育成するときは、上司が部下の話に耳を傾けることが重要です。

面談や教育を担う担当者が傾聴力を身につけることで、部下に学びや気づきを与えられる機会が増えるでしょう。

また、新入社員との信頼関係も構築しやすくなります。

営業活動に活かす

営業先に訪問するとき、相手の悩みに触れる機会が多いのではないでしょうか。

傾聴力のスキルを活かすことで、相手のカタルシス効果を引き出しやすくなり、相手にとって「話していて信頼できる人」と認識してもらえる可能性があります。

カタルシス効果はビジネスに応用できる

カタルシス効果は、心の不安やストレスを浄化できる方法のひとつです。

ビジネスの現場でも、営業先や新入社員の話に耳を傾けることで、相手のカタルシスを引き出しやすくなるでしょう。

カタルシス効果を引き出すコミュニケーション方法には、ビジネスチャット「Chatwork」の活用もおすすめです。

メールや電話に比べて、チャット形式で気軽に会話ができるだけでなく、ビデオ通話機能もあるので、コミュニケーションの手段を相手や状況に応じて選ぶことができます。

ビジネスの現場でカタルシス効果を引き出す工夫に、ぜひ「Chatwork」をご活用ください。

Chatworkを始める(無料)

Chatwork(チャットワーク)は30万社以上の企業に導入いただいているビジネスチャットです。あらゆる業種・職種で働く方のコミュニケーション円滑化・業務の効率化をご支援しています。

Chatwork新規登録
よりよいチームをつくりたい方へ
実力派リーダーを目指す人のチームマネジメント

チームをマネジメントする立場の方に、身につけておきたいスキルや活用したい取り組み、マネジメントに役立つツールを紹介します。

主な内容

  • チームマネジメントとは
  • リーダーが身につけたい「スキル5選」
  • テレワーク時代に実践したい「3つの取り組み」

ダウンロード
Chatwork

Chatwork

Chatworkのお役立ちコラム編集部です。 ワークスタイルの変化にともなう、働き方の変化や組織のあり方をはじめ、ビジネスコミュニケーションの方法や業務効率化の手段について発信していきます。

  • facebookシェアボタン
  • twiterシェアボタン
  • はてなブックマークボタン
  • pocketボタン

関連記事