オンオフを切り替えるコツとは?仕事に与えるメリットと企業ができる対策

公開日: 更新日:
業務効率化
  • facebookシェアボタン
  • Xシェアボタン
  • はてなブックマークボタン
  • pocketボタン
オンオフを切り替えるコツとは?仕事に与えるメリットと企業ができる対策

目次

オンオフの切り替えは、仕事とプライベートの両方を充実させるために重要です。

メリハリをつけることで、仕事に集中できるメリットがあるうえ、仕事とプライベートの時間を区別できるようになり、人生の充実度を高められるでしょう。

オンオフを切り替える方法とコツ、企業ができる対策を解説します。

オンオフの切り替えとは?

オンオフの切り替えとは、仕事とプライベートの時間にメリハリをつけるという意味があります。

この場合、オンは「仕事の時間」のことで、オフは「プライベートの時間」の意味合いです。

オンオフを意識することで、それぞれの時間を有効活用できて、人生が充実しやすくなります。

オンオフの切り替えが重要な理由

オンオフの切り替えがうまくできると、仕事時間に集中できて、プライベート時間を楽しむゆとりが生まれます。

心理的にはストレスを溜め込まずに済み、健康管理がしやすくなるでしょう。

社員の人生の充実度を高められると、企業にとっては離職率を下げる効果が期待できます。

オンオフの切り替えが仕事に与えるメリット

オンオフの切り替えが、仕事に与えるメリットについて見ていきましょう。

仕事時間に集中できる

仕事時間に集中してとりくめるため、効率よく作業を終わらせやすくなります。

また、心に余裕があるため、周りの仲間とのコミュニケーションを円滑に進めやすくなり、良好な人間関係を築きやすくなります。

健康管理ができる

仕事とプライベートの時間を区別できるので、心と体の健康管理をしやすくなります。

仕事時間に集中したあとは、プライベートの時間に切り替えて休息できるため、ストレスを溜め込まない工夫にできるでしょう。

生活リズムやワークライフバランスを整えられるメリットがあります。

プライベートの時間を楽しめる

仕事時間に区切りをつけられると、プライベートの時間を充実させることができます。

余暇の時間は、家族や友人と過ごしたり、趣味に打ち込んだりするなど、自分がやりたいことに挑戦できるでしょう。

心の安らぎを得られる時間になるので、仕事での疲れを癒すことができます。

オンオフを上手に切り替える方法

オンオフを上手に切り替える方法を見ていきましょう。

小さな目標を決めて仕事をする

仕事の時間に集中するには、今日一日とりくむ作業内容の目標を決めて、メモ帳に書き出す方法がおすすめです。

目標を紙やアプリに書き出すことで、時間を見える化できて、タスクマネジメントにつながります。

また「〇〇の仕事は一時間とりくむ」など、時間を区切ることで、仕事の集中力を高めやすくなるでしょう。

こまめに休憩する

仕事のオンオフを切り替えるのが上手な人は、こまめに休憩時間をとりいれています。

昼休みの休憩に関しても、合間に仕事をするのではなく、きちんと休むことが大切です。

仕事のパフォーマンスを落とさないためにも、しっかり休憩し、効率よく仕事を終わらせましょう。

整理整頓を心がける

デスクの整理整頓を心がけることで、作業に使う物の配置を把握できて、効率よく仕事を進められます。

また、自宅のなかについても、整理整頓を心がけることで、心理的に落ち着ける空間づくりができるでしょう。

趣味の時間を楽しむ

プライベートの時間に切り替えるには、趣味の時間を楽しんでリラックスする方法がおすすめです。

自分が好きなことに熱中できると、仕事の疲れを忘れることができます。

新しいことに挑戦したいときは、今まで挑戦したことがない趣味をつくるという手段もあるでしょう。

自分ひとりで楽しめる趣味から、友達や仲間と楽しめる趣味など、好みに合わせて有意義な時間を楽しんでください。

適度に体を動かす

デスクワークがメインの人は、平日座ったままの状態の時間が多いため、休みの日に体を動かすことで、運動不足を解消できます。

体を動かすことでリフレッシュにつながり、気分転換になるでしょう。

オンオフの切り替えを企業がサポートする方法

オンオフの切り替えを企業がサポートする方法を見ていきましょう。

営業時間外に電話・メールをしない

社員がオンオフを切り替えられるように、営業時間外はできる限り仕事の電話やメールをしないようにしましょう。

たとえば、休日に電話やメールをかけない決まりを設けることで、社員が安心してプライベート時間を過ごせます。

取引先や顧客に対しても、営業時間外の連絡は、翌日や休日明けの対応になると伝えておきましょう。

持ち帰り残業をさせない

仕事の残業時間が多いと、自宅で仕事をしなければいけない状況になることがあります。

ただ、持ち帰り残業が発生すると、社員の心身の負担が増えてしまうでしょう。

残業をなくす働きかけを実施するためにも、業務フローや体制の見直しをしましょう。

有給休暇を取得させる

社員の休みを確保できるように、社内全体で有給休暇の取得を推進しましょう。

有給休暇が形だけにならないように、管理職が気軽に使える雰囲気をつくることが大切です。

有給休暇以外には、育児・介護休暇など、社内で休暇がとれる制度を整えておきましょう。

>有給休暇に関する記事はこちら

オンオフを切り替えるコツ

オンオフを切り替えるコツを見ていきましょう。

帰宅後は部屋着に着替える

仕事モードからプライベートの時間に切り替えるには、仕事の服から部屋着に着替えることが大切です。

部屋着に着替えることで、体の締め付け感がなくなり、リラックスできる時間だと認識できるため、オンオフを切り替えやすくなります。

不安は紙に書き出す

自宅に帰宅したあとに、仕事の不安が残るときは、不安な気持ちを紙に書き出すといいでしょう。

ノートに気持ちを書き出したり、携帯のメモ帳に打ち込んだりして正直な気持ちを表すことで、気持ちを整理する機会にできます。

テレビ・携帯を見ない時間をつくる

どうしても気持ちの切り替えが難しいときは、何も考えない時間を過ごしてみましょう。

テレビや携帯を見ない時間を決めておくと、ゆっくりと過ごす時間がとりやすくなります。

また、自宅に帰宅したあとは、仕事のことをなるべく考えないことがポイントです。

寄り道して気分転換する

会社と自宅の往復になりがちな人は、寄り道して気分転換を図る方法がおすすめです。

いつもと違う道を通ってみるなど、小さなことでも構いません。

同じ日々の繰り返しを改善できて、気分転換につながるでしょう。

オンオフの切り替えは仕事とプライベートの両立に重要

オンオフの切り替えができると、仕事とプライベートの区切りをつけやすくなります。

ワークライフバランスを整えやすくなり、人生を充実させやすくなるでしょう。

企業にとっては、離職率や休職率を低下させる効果が期待できます。

企業側がサポートするときは、営業時間外の電話やメールをしないなど、社内体制を調整することが重要です。

社内体制を調整する方法のひとつには、ビジネスチャット「Chatwork」の活用がおすすめです。

営業時間外は、メッセージやタスクの通知をオフに設定できるため、コミュニケーションにおける仕事時間とプライベートの切り替えがしやすくなります。

オンオフの切り替えのサポートに、ぜひ「Chatwork」をご活用ください。

  今すぐChatworkを始める(無料)

Chatwork(チャットワーク)は多くの企業に導入いただいているビジネスチャットです。あらゆる業種・職種で働く方のコミュニケーション円滑化・業務の効率化をご支援しています。

Chatwork新規登録

コミュニケーションを効率化したい方へ
自社に合うツールが見つかる「コミュニケーション診断」
ダウンロード
Chatwork

Chatwork

Chatworkのお役立ちコラム編集部です。 ワークスタイルの変化にともなう、働き方の変化や組織のあり方をはじめ、ビジネスコミュニケーションの方法や業務効率化の手段について発信していきます。

  • facebookシェアボタン
  • Xシェアボタン
  • はてなブックマークボタン
  • pocketボタン

関連記事