5フォース分析とは?脅威の説明や進め方、メリット、企業事例を解説

業務効率化
  • facebookシェアボタン
  • twiterシェアボタン
  • はてなブックマークボタン
  • pocketボタン
AWAY

目次

多くの競合他社が存在し、社会情勢の変化スピードも速い現代では、企業にとって自社が成長するための戦略を立てることは重要な課題です。

この記事では、事業環境の分析に役立つ「5フォース分析」について、わかりやすく解説します。

5フォース分析が役立つシーンやメリット、実際の進め方や企業での活用事例についても紹介します。

5フォース分析とは

5フォース分析は、業界全体の競争要因や競合について分析するためのフレームワークです。

アメリカの経営学者マイケル・ポーターにより提唱された考え方です。

マイケル・ポーターは、業界の競争状態について知ることが経営戦略を考える際に重要であるとして、以下の5つの脅威となる競争要因が収益性にかかわっていると説いています。

  • 既存競合他社との業界内での競争
  • 業界への新規参入企業
  • 代替品の存在
  • 買い手(顧客)の脅威
  • 売り手(サプライヤー)の交渉力

5フォース分析が誕生した背景

5フォース分析が誕生した背景としては、企業競争の激化があります。

業界内での競争の激化にくわえ、近年では他業界の企業も競合となりうる状況であり、企業が生き残るための競争は激しさを増しています。

たとえば、書店業界にとって、同様の店舗型の書店のみならず、多様な品ぞろえと電子書籍の販売をおこなう大手通販サイトという他業界が脅威となっている状況です。

企業にとってさまざまな脅威を洗い出し分析することで、効果的に自社の収益性を高めるために、5フォース分析が誕生しました。

5フォース分析における5つの脅威

5フォース分析において分析対象となる5つの脅威は以下のとおりです。

  • 業界内での脅威
  • 業界への新規参入者の脅威
  • 代替品の脅威
  • 買い手(顧客)の脅威
  • 売り手(サプライヤー)の脅威

それぞれ具体的に解説します。

業界内での脅威

基本的にどの業界においても、競合他社が存在しています。

競合となる企業の数や規模などによって、競争の激しい業界もあるでしょう。

収益を上げるためには、自社の知名度や資本力をふまえ、業界自体の将来的な成長率や規模、競合他社について分析が必要です。

業界への新規参入者の脅威

業界には、常に新しい競合他社が参入してくる可能性があります。

異業種からも参入しやすい業界であれば、とくに多くの新規参入者があらわれる可能性も高く、競争も激しくなるでしょう。

新規参入者にこれまでの競合にはなかった技術やブランド力などがある場合、大きな脅威となる可能性もあります。

代替品の脅威

市場では、自社の製品やサービスの価値にとって代わるような代替品が登場する脅威もあります。

顧客にとってより便利なものや安価な製品やサービスが登場すれば、自社製品からの乗り換えが起こる可能性があります。

買い手(顧客)の脅威

買い手(顧客)の交渉力が強く、買い手市場であるような場合、買い手の存在も脅威となります。

買い手の交渉力に対抗するために、自社の価格を下げるなど、価格競争が激化し、結果として自社の売上が減少する可能性もあるでしょう。

買い手とのパワーバランスも、5フォース分析の分析対象となります。

売り手(サプライヤー)の脅威

売り手(サプライヤー)の力が強い場合、原材料の確保や自社製品の価格設定に悪影響となる可能性があり、脅威となります。

業種によっては、高値であっても欠品などを防ぐために、売り手(サプライヤー)の言い値で商品確保をしなければならない状況も想定されます。

5フォース分析をおこなうメリット

5フォース分析をおこなうことによって、どのようなメリットがあるか紹介します。

脅威を予測し事前対策ができる

5フォース分析をおこなうことで、自社を取り巻く業界の環境を適切に把握し、脅威となる存在を早期に把握できます。

その結果、脅威への対策も速やかに立てることができ、自社のポジションを守ることも可能です。

自社の強みや課題を発見できる

5フォース分析によって明らかになった5つの脅威と比較することで、自社の強みや課題を発見しやすくなります。

自分の会社の状況を自分たちで客観的にとらえることには難しさもありますが、競合他社などの比較対象があることで、自社の状況を分析しやすくなるでしょう。

予算配分の予測ができる

5フォース分析で脅威を適切に把握することで、事業の収益性を適切に見積もり予算配分を効果的におこなうことができるでしょう。

新規参入する場合、その業界において収益を上げる難易度を適切に見積もることが可能なため、収益性に見合った予算配分の予測も可能になります。

成長戦略の明確化につながる

自社を取り巻く外部環境や脅威を知ることで、「この業界の中で自社がどのように生き残っていくか」という成長戦略が明確になります。

競合他社の存在や、業界のトレンドなどは、自社の力で変えることは難しいため、状況を適切に判断し、自社のあり方を時代に順応させていくことが重要です。

5フォース分析の進め方

ここでは架空の例として、ラーメン屋を想定した5フォース分析の進め方を紹介します。

業界内での脅威

まずは、すでにあるラーメン屋(競合他社)を洗い出し、どのような店舗があるのか分析します。

チェーン店もあれば個人経営のお店もあり、他社の規模もさまざまです。

どのようなサービスや商品提供をおこなっているか、知名度や資金力なども分析します。

業界への新規参入者の脅威

ラーメンは、世間一般的にみて、万人から好まれる食べ物のひとつです。

そのため、企業はマネをしやすく、新規参入の脅威があるといえます。

代替品の脅威

スーパーやコンビニでは、高品質なカップラーメンやチルド、冷凍麺が販売されています。

手軽に購入できることなどから、代替品の脅威の高さがあるといえるでしょう。

買い手(顧客)の脅威

チェーン店や個人店など、ラーメン屋は数多く存在しています。

買い手側に多くの選択肢があるため、ラーメン屋は買い手市場であり、買い手の交渉力は強い状況です。

売り手(サプライヤー)の脅威

店舗を経営する場合、不動産会社とのやりとりが必要です。

そのため、売り手(サプライヤー)の脅威も大きいといえるでしょう。

5フォース分析をおこなう際の注意点

5フォース分析をおこなう際の注意点について紹介します。

客観的なデータも集める

5フォース分析のデータを集める際、人の手でおこなう分析である以上、完全に思い込みや希望的観測を完全に排除することは難しいでしょう。

しかし、そうした思い込みが分析結果に影響し、自社の収益を左右してしまうため、感情の入り込む余地のない客観的な数字のデータなどを集め、冷静に分析する必要があります。

分析単位の設定を明確化する

5フォース分析では、分析対象とする期間を3か月にした場合と1年にした場合で結果は異なるでしょう。

競合他社についても、どこまでを「競合」としてとらえるのか、といった分析単位の違いは、分析結果に影響を及ぼします。

事前に分析単位の設定を明確にしておきましょう。

5フォース分析の企業事例

5フォース分析の具体的事例について、紹介します。

店舗経営型のアパレル業界の事例

店舗経営をおこなっているアパレル企業は、国内にも数多く存在し、競合による業界内の脅威は強いといえるでしょう。

ネット販売事業者による新規参入などはあるものの、新規で店舗型のアパレル展開をする参入障壁は高い状況です。

洋服のサブスクリプションサービスなど、新しいサービス展開があり、代替品の脅威は高いといえます。

アパレル店の店舗について、類似した店舗は数多く存在しているため、買い手(顧客)の交渉力は高い状況です。

店舗数が多く規模の大きい企業の場合、出店もしやすく、売り手(サプライヤー)の交渉力は弱いといえるでしょう。

航空業界の事例

国内における航空業界の数は少ないものの、低価格を打ち出している企業の存在から価格競争が激化しており、競合の脅威は高めです。

航空機やサービス提供の難易度を考えると、国内における新規参入の障壁は高く、脅威は少ないでしょう。

代替品の脅威について、オンライン化が進んだことから、これまでは航空機を使い海外出張や現地視察などをおこなっていたものが、オンライン会議に代わるなど代替品の強い脅威があります。

価格競争の激しさと、国内においては新幹線などほかの移動手段という選択肢もあるため、買い手(顧客)の交渉力は強い状況です。

航空機は海外メーカーの依存度も高く、燃料費高騰の影響も受けやすいため、売り手(サプライヤー)の交渉力も強い脅威といえるでしょう。

5フォース分析の効率化にChatworkを活用

5フォース分析は、5つの環境要因を分析することから、自社の成長戦略を立てるフレームワークです。

メリットも多くありますが、情報を客観的に分析する必要があるなど注意点もあります。

5フォース分析においては、客観性維持のためにも、チーム単位でおこなうことが望ましいです。

分析を効率化させるためには、ビジネスチャット「Chatwork」を活用することがおすすめです。

ビジネスチャット「Chatwork」は、メールや電話に比べて、チャット形式でスムーズな情報伝達ができるうえ、操作性もよく、多くの企業で導入されています。

ビジネスチャット「Chatwork」を活用しながら、5フォース分析をおこなってみてはいかがでしょうか。

Chatworkを始める(無料)

Chatwork(チャットワーク)は30万社以上の企業に導入いただいているビジネスチャットです。あらゆる業種・職種で働く方のコミュニケーション円滑化・業務の効率化をご支援しています。

Chatwork新規登録

ビジネスチャットを知りたい方におすすめの資料
ビジネスチャット完全ガイド

このお役立ち資料ではビジネスチャットの特徴や導入メリット、メール・電話などとの違い、ビジネスでの活用方法をまとめました。

昨今では、テレワークの必須ツールともいわれるビジネスチャット。 導入にむけて情報収集中の方のための資料です。

  • ビジネスチャットとは
  • 特徴や導入メリット
  • ビジネスチャット選びのポイント

などを解説します。貴社のビジネスチャット導入にあたっての情報収集の一助になれば幸いです。

ダウンロード
Chatwork

Chatwork

Chatworkのお役立ちコラム編集部です。 ワークスタイルの変化にともなう、働き方の変化や組織のあり方をはじめ、ビジネスコミュニケーションの方法や業務効率化の手段について発信していきます。

  • facebookシェアボタン
  • twiterシェアボタン
  • はてなブックマークボタン
  • pocketボタン

関連記事