「気づき」とは?気づき力が磨かれない原因と気づく力を高める方法を解説

公開日: 更新日:
業務効率化
  • facebookシェアボタン
  • twiterシェアボタン
  • はてなブックマークボタン
  • pocketボタン
「気づき」とは?気づき力が磨かれない原因と気づく力を高める方法を解説

目次

「気づき」とは、何かしらの問題点や違和感が目についたり、些細なきっかけからひらめきを得たりすることです。

日頃から気づく力を磨くと、自分の視野を広げられるメリットがあります。

気づき力が磨かれないときは、問題を解決する情報量が足りていない可能性があるでしょう。

自分の能力を磨くためにも、気づき力が磨かれない原因や、気づく力を高める方法を解説します。

そもそも「気づき力」とは?

「気づき」とは、何かしらの問題点に気づくことや、ひらめきを得ることです。

これまで見落としていた物事や、思わぬきっかけで新しい発見が見つかった、という経験がある人もいるのではないでしょうか。

そのような気づきができるスキルを「気づき力」といいます。

今まで気づかなかったものに目を向けると、新たな挑戦や成長のチャンスにつながるので、「気づき力」について理解を深めていきましょう。

気づく力を磨くメリット

気づきを得ると、仕事とプライベートの両方において以下のようなメリットがあります。

  • 行動のきっかけにできる
  • 自己成長できる
  • 視野が広がる
  • 周りからの評価が上がる

どんなメリットがあるのか、詳しく見ていきましょう。

行動のきっかけにできる

気づきを得られると「そうだったのか」と腑に落ちるので、新しい行動に挑戦する意欲が湧いてきます。

実際に行動して得られた実体験から、さらにまた新しい気づきを得られるでしょう。

新しいチャレンジへのハードルも下がり、仕事でもプライベートでも行動の幅が広がりやすくなります。

自己成長できる

気づきを得られると、自分を成長させるための行動が取れるようになります。

「この部分を改善してみよう」「目標を決めて行動しよう」という決意ができるので、向上心をもって物事に取り組みやすくなるのです。

たとえば、仕事で新しい勉強を始められるなど、能力を高めるきっかけにできます。

視野が広がる

気づきを得るためには、これまでの固定概念や思い込みにとらわれず、大局的に物事を見る必要があります。

俯瞰して物事を見られるようになると、多くの気づきが得られるので、自然と視野が広がりやすくなります。

視野が広がることで、心にゆとりができたり、さまざまなものに興味を持ちやすくなります。

周りからの評価が上がる

日頃からさまざまな出来事に気づける方は、周りに改善提案ができます。

問題が解消に向かうので、周りからは「頼りになる存在だ」と思われて評価が上がりやすくなるでしょう。

また相手の小さな変化にも気づけると、コミュニケーションが円滑になったり、フォローできたりするので、好印象になります。

気づき力が磨かれない原因

もっと早く気づけばよかった、と後悔する場面は誰しも経験があるかと思います。

それは普段の生活で気づき力が磨かれていないことに原因があるのかもしれません。

磨かれない原因には以下のような課題が挙げられます。

  • 情報量が足りていない
  • 言い訳して改善しない
  • 問題について思考しない
  • 雑念が多い

それぞれについて、詳しく解説していきます。

情報量が足りていない

気づき力を磨くには、考え方の基礎になる情報が必要です。

人間の気づきは、さまざまな情報の組み合わせで生まれる部分があります。

たとえば、新入社員は職場の仕事内容やルールを知らない場合が多く、情報が蓄積されていないといえます。

上記のような場合だと、気づき力が磨かれておらず、問題に対処できる範囲が狭くなります。

言い訳して改善しない

言い訳をして問題解決を先延ばしにしていると、気づきを得られにくいです。

自分が置かれている状況から目を背けてしまうと、気づきを得ることは難しいでしょう。

新しい発見を得るには、思考を停止させずに行動し続ける必要があります。

また、思い込みで「自分にはできない」とためらってしまうと、新たな気づきも得られにくいです。

問題視しない

うまくいかない事柄に対して、その原因は何かを問題視しないと気づきは得られにくいです。

「昔からこうやっているから」と、慣習に倣えば楽かもしれませんが、それは気づきを生み出しません。

もっとうまくできる方法はないか、と常に効率や能率を高める姿勢が大切です。

また、問題に気づいたときは、周りに意見を伝えて共有すると、気づきが得られやすくなります。

そのまま問題が放置されてしまうと、新しい気づきを得る機会や改善策を出し合うきっかけを失います。

雑念が多い

日々の生活に追われていると、雑念が多くなってしまいがちです。

課せられたタスクをこなすことで頭がいっぱいになっていると、仕事が作業のようになり、思考する時間がなくなります。

また、自分の感覚を閉ざしやすくなるので、気づきを得られる時間が減ってしまいます。

一人になる時間をもつなど、周りの情報をあえてシャットアウトする時間も大切です。

気づき力を高める5つの方法

気づきは、仕事やプライベートにおいても非常に重要です。

気づき力は、もともと高い人もいますが、自分で高める方法もあります。

気づき力を高める5つの方法を紹介します。

  1. 仮説を考える
  2. 幅広く本を読む
  3. 感情に目を向ける
  4. 小さな挑戦する
  5. 疑問や悩みを放置しない

日常生活で取り入れられる方法から実践してみましょう。

(1)仮説を考える

気づきを得るには、日頃から仮説を立てて生きるように意識するとよいです。

「○○であるならば△△かもしれない」という視点をもつことで、新しい方向から物事を捉えられます。

問題提起をするきっかけにもつながるので、物事の因果関係を考える習慣を身につけてみるとよいでしょう。

(2)幅広く本を読む

今まで自分が興味なかった分野を含めて、幅広い分野の本を読むのもひとつの方法です。

読書によってインプットされた情報は知識として蓄積され、気づき力を高められます。

活字の本がおすすめですが、苦手な人は漫画やエッセイ本などから始めてみるのもおすすめです。

本を読む習慣は、気づきを得られるだけでなく、人生を豊かにするきっかけにつながります。

(3)感情に目を向ける

自分の感情が動いたときは、気づきを得られるチャンスです。

「なぜ違和感を覚えたのだろう」とありのままの感情に向き合うことで、自分の本心を把握しやすくなります。

もしも、自宅で考えても集中できないときは、外に出て散歩をするのもおすすめです。

気分がリフレッシュして、自分の心と向き合う時間を作れます。

(4)小さな挑戦する

新しい挑戦により、これまでと違った視点や考え方に出会えます。

いきなり大きな行動をしようとするとブレーキがかかるので、まずは小さな一歩から踏み出してみましょう。

たとえば、自宅にある不要な物を捨てるといった行動でも構いません。

特に今まで体験したことがない挑戦をすると、新しい気づきを得やすくなります。

(5)疑問を放置しない

何かに対して疑問を感じたときは、その疑問を放置しないようにしましょう。

「わからないけど、みんなこうしてるから」と当たり前を受け入れるのではなく、「なぜ」という疑問の追求が、新しい気づきにつながります。

すぐに問題解決を図るのが難しい場合でも、今後どのようにすればいいのかを模索できるでしょう。

もしも、自分だけでは解決が難しいときは、周りの信用できる人に相談してみるものよいです。

気づく力は日々の訓練で磨かれる

気づく力を磨くためにも、日々の情報収集や小さな行動を意識しましょう。

物事の視野を広められるので、自己成長のきっかけにつながります。

自分の感情にも目を向けながら、日頃から訓練する習慣を身につけてください。

また、ビジネスにおいては、従業員のアイデアや気づきを拾い上げる体制の整備も大切です。

社内の情報共有を円滑に進める方法として、ビジネスチャット「Chatwork」の活用がおすすめです。

アイデアを共有するグループチャットを作成するなど、従業員の意見を聞き逃さない仕組みづくりができます。

従業員が仕事の悩みを共有する場としても使えるので、社内の問題解決を図り気づきを得る方法として「Chatwork」をご活用ください。

  今すぐChatworkを始める(無料)

Chatwork(チャットワーク)は多くの企業に導入いただいているビジネスチャットです。あらゆる業種・職種で働く方のコミュニケーション円滑化・業務の効率化をご支援しています。

Chatwork新規登録

テレワークをもっと活用したい方へ
明日から使えるオンラインコミュニケーション

オンラインコミュニケーションがますます一般的になる中、課題も明らかになっています。

オンラインコミュニケーションの課題と、課題に対する解決策を紹介します。

ダウンロード
Chatwork

Chatwork

Chatworkのお役立ちコラム編集部です。 ワークスタイルの変化にともなう、働き方の変化や組織のあり方をはじめ、ビジネスコミュニケーションの方法や業務効率化の手段について発信していきます。

  • facebookシェアボタン
  • twiterシェアボタン
  • はてなブックマークボタン
  • pocketボタン

関連記事