「架電」の意味とは?ビジネスでの使い方を例文付きで解説

公開日: 更新日:
業務効率化
  • facebookシェアボタン
  • Xシェアボタン
  • はてなブックマークボタン
  • pocketボタン
「架電」の意味とは?ビジネスでの使い方を例文付きで解説

目次

「架電」(かでん)とは、相手に電話をかける行為を指す言葉です。

主にコールセンターや人材派遣業などの業界で使われることが多く、 架電と表現する場合には、自分から電話をかける行為を意味します。

架電の類義語には「通話」「電話する」などの言葉があげられます。

本記事では、「架電」の使い方についてビジネスシーンにおける活用場面をまじえながら例文を含めて解説します。

架電の意味とは?

架電(かでん)とは、電話をかけることを意味するビジネス用語です。

「架」には「かけ渡す」という意味があり、「かけ渡す」には「こちらから向こうにかける」という意味があります。

また「電」は「電話」を意味し、「架」の言葉と組み合わせて自分から電話をかけることを意味する言葉として使われています。

ビジネスでは「架電の件で」と伝えることで、簡略的に伝えられます。

架電と荷電の違い

「荷電」には「電気を帯びる」という意味があり、架電と同じく「かでん」と読みます。

荷電は物理などで使う言葉で、ビジネスで使う言葉ではありません。

ビジネスにおいてテキストで伝える場合は、変換ミスをしないように注意しましょう。

「架電」をビジネスで使う際の注意点

架電を使う際の注意点として、口頭で架電を伝えると「家電」など、別の言葉にとらえられる可能性があり、また、業界によっては伝わらない場合があります。

電話の仕事を扱う業界では一般的ですが、通常の企業だとそのまま「電話する」と伝えるほうがわかりやすいでしょう。

ほかにも、目上の人への使用は避け、なるべく丁寧な表現で会話した方が心象がよくなります。

目上の人に意味が伝わらない場合「相手が知らない言葉を使う失礼な人だ」と思われる可能性があります。

「架電」の使い方と例文

「架電」はビジネスシーンにおいて以下のような使い方をします。

  • 架電の件
  • 架電済み
  • 再架電
  • 架電リスト
  • 架電件数

それぞれの「架電」の使い方について例文を含めて解説します。

架電の件

「架電の件」は「電話でお伝えした件」という意味で使います。

通常の伝え方をするよりも、短い言葉で伝えられるメリットがあります。

  • 架電の件ですが、問題なく確認がとれました。
  • 架電の件について、詳細をお伝えさせていただきます。

架電済み

「架電済み」には「相手と電話で連絡がとれている状態」という意味です。

仕事において、連絡済みの内容を相手に伝える場面で使います。

  • 取引先の担当者には、架電済みです。
  • 企画の件について、責任者に架電済みです。

再架電

「再架電」には「再び電話をかける」という意味があります。

電話をかけた相手がいなかった場合、要件を伝えるために再度電話をかける際に使います。

  • 担当者が不在のため、後ほど再架電します。
  • 例の件について、先方に再架電して確認いたします。

架電リスト

「架電リスト」とは「電話をかける相手の情報をまとめた資料」という意味です。

たとえば、営業の部署において、既存顧客や新規顧客にアプローチをかける際に使います。

コールセンターなどにおいては、顧客をサポートする際に架電リストを使って対応する場合が多いでしょう。

  • 架電リストを作成しておくと、見込み顧客に効果的なアプローチをかけられます。
  • 例の件について、先方に再架電して確認いたします。

架電件数

「架電件数」には「電話をかけた件数」という意味があります。

たとえば、電話の仕事を担当する部署において「(特定の期間に)どのくらい電話の件数をかけたのか」ということを表現する際に使います。

  • 先月よりも架電件数を増やしていきます。
  • 架電件数を月に10%増やすことで、売上が大きく変わります。

「架電」を使う仕事内容

架電に関わる仕事には、以下のような職種が挙げられます。

  • コールセンター
  • 人材紹介業
  • 営業・営業事務職
  • 保険会社
  • 不動産
  • 配送業

「架電」を使う仕事内容の詳細を見ていきましょう。

コールセンター

コールセンターは、架電に関わる仕事内容の代表例に挙げられます。

担当する主な仕事内容は、以下の2種類にわかれています。

  • アウトバウンド:架電で企業や個人に向けて、営業のアポ取りなどを担当
  • インバウンド:顧客からの商品注文、問い合わせ対応などを担当

コールセンターの仕事では、事前に準備されたマニュアルやトークスクリプトなどを使って対応します。

似ている仕事には、カスタマーサポートなどが挙げられるでしょう。

カスタマーサポートでは、商品を利用している既存顧客に向けたサポートをおこなうことが中心ですが、コールセンターでは幅広い顧客層に対応する点において違いがあります。

人材紹介業

人材紹介業では、人材を求める企業と仕事に就きたい人をつなぐ役割を担います。

求職者に架電し、探している仕事内容のヒアリングや条件に合う仕事の斡旋をしたり、求人を掲載する企業に営業をかけて人材を紹介したりする業務などが代表的です。

営業・営業事務職

営業に関わる職種では、架電で顧客のサポートやアプローチをおこなう業務があります。

架電リストを作成してテレアポをする業務もあれば、既存の顧客に商品の使い心地はどうかなど、購入後のサポートを実施することも仕事のひとつです。

また、架電で市場調査やセミナーの案内などを実施するケースもあります。

基本的に営業職は、外回りなどを担当するケースが中心で、営業事務職は営業職のサポートをおこなうための事務的な仕事を担うことが多いです。

保険会社

保険会社では、商品の説明や提案などをおこなう際に架電する業務があります。

保険内容の確認や商品の見直しなど、テレアポによる営業は多くの保険会社が実施しています。

新規の顧客にアプローチして商品提案する場合もあれば、既存顧客に商品の見直しを提案するケースもあり、保険に関わる幅広い知識が求められます。

不動産

不動産においては、賃貸などを仲介する際に、顧客と架電でやりとりをおこなうことがあります。

具体的には、賃貸などの内見予定の調整や、相談者の質問に答える業務があげられます。

ほかにも、既存顧客からのクレーム対応やカスタマーサポートの業務などを担う部署もあります。

配送業

配送業は、集荷や再配達の依頼など顧客から連絡がくる場合が多いですが、折り返しの連絡で架電業務が発生する場合があります。

配達時間との兼ね合いもあるため、簡潔に架電業務を済ませる必要があります。

架電の仕事に向いている人

架電業務は電話にて顧客や取引先とコミュニケーションをとるため、一定のスキルが求められる業務です。

架電の仕事に向いている人の特徴を見ていきましょう。

  • 気持ちの切り替えが上手い
  • 冷静に対応できる
  • コミュニケーションが上手い

それぞれの詳細について解説します。

気持ちの切り替えが上手い

架電の仕事内容は、どのような電話内容であったとしても、すぐに気持ちを切り替えられるような人が向いています。

トラブルやクレーム対応をおこなう機会も多いため、感情を引きずってしまうと次の仕事に影響が出てしまう恐れがあるからです。

ほかにも、架電の営業で失敗したときに「次につながる」など、前向きにとらえられるような人物像が理想です。

冷静に対応できる

架電の仕事内容は、どのような状況でも冷静に対応できる人が向いています。

仕事内容の傾向としても、電話をかけてきた相手から、不満などをぶつけられる場面も少なくありません。

聞き上手な人や伝え方が上手な人など、相手の気持ちをくみ取って対応できるような人物像が求められます。

コミュニケーションが上手い

架電の仕事内容は、人とコミュニケーションを図るのが苦にならない人が向いています。

たとえば、相手のトーンに合わせて話し方を変えるテクニックや、共感するといった姿勢が必要になります。

どんな相手に対しても、相手の気持ちに合わせて対応できるようなスキルが求められます。

「架電」の類義語

架電と同じような意味をもつ表現を紹介します。

  • 通話
  • 発信
  • 電話する
  • 呼び出し

「架電」の類義語を見ていきましょう。

通話

「通話」には「電話で話をする」という意味があります。

たとえば「通話する」という使い方や、接尾語のような形で「通話サービス」「通話回数」といった使い方もします。

発信

「発信」には「電波を発する」という意味があり、架電における「発信」には「相手に電話をかける」という意味で使います。

電話番号を入力、もしくは登録した電話帳からコールする形で、相手に電話をかけるという意味で使います。

電話する

「電話する」には「電話機を使って通話する」という意味があります。

現代においては、スマートフォンなどから通話をするという意味でも使います。

「電話する」は誰にでも意味が伝わる言葉なので、架電を言い換える表現として使えます。

呼び出し

「呼び出し」には「(人を)呼び出すこと」という意味があります。

架電においては、電話をかけた相手につないでもらうために、ほかの人に相手を呼んでもらうといった例があげられます。

「架電」の対義語

「架電」の対義語には以下のようなものがあります。

  • 受電
  • 入電
  • 着電

架電と合わせて使えるように覚えておきましょう。

受電

「受電」には「電力の供給を受ける」という意味があります。

また、電話対応をする際の「受電」には「かかってきた電話を受ける」という意味があります。

主に「相手から電話の着信があること」や「電話に対応する」といった場面で使います。

入電

「入電」は「電報などが来る」という意味であり、電話対応をする際の「入電」には「(取引先や顧客からの)電話がかかってくる」という意味があります。

着電

「着電」には「電報などが到着する」という意味があります。

ビジネスシーンでは、相手から「電話がかかってきた」という場面で使うことがあります。

架電の際は「Chatwork」を併用する方法もおすすめ

架電には「電話をする」という意味があり、言葉を簡略化できるという意味でも、電話に関わる業界で使われています。

ただ、業界以外の人には伝わらないこともあるため、取引先や顧客には「電話の件について」など、わかりやすい形で伝えましょう。

相手に合わせた言葉を使うことで、コミュニケーションの流れを円滑に進められます。

また、ビジネスにおいては複数の相手と通話で、商談や打ち合わせをおこないたい場面もあるのではないでしょうか。

複数人の相手と通話をするなら、ビジネスチャット「Chatwork」の活用がおすすめです。

Chatworkでは、通話をしながら画面共有もできるので、遠方にいながらでも画面上で資料を共有できます。

また、ビデオ通話を使えば、電話とは違って対面している感覚で顔を見て話すことが可能です。

>Chatworkの通話機能(ビデオ/音声通話機能)に関する記事はこちら

架電業務の際には、ビジネスチャット「Chatwork」を是非ご活用ください。

  今すぐChatworkを始める(無料)

Chatwork(チャットワーク)は多くの企業に導入いただいているビジネスチャットです。あらゆる業種・職種で働く方のコミュニケーション円滑化・業務の効率化をご支援しています。

Chatwork新規登録

電話が業務の妨げになっている?
電話を多用する組織・しない組織の6つの違い
ダウンロード
Chatwork

Chatwork

Chatworkのお役立ちコラム編集部です。 ワークスタイルの変化にともなう、働き方の変化や組織のあり方をはじめ、ビジネスコミュニケーションの方法や業務効率化の手段について発信していきます。

  • facebookシェアボタン
  • Xシェアボタン
  • はてなブックマークボタン
  • pocketボタン

関連記事